000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

癒し生活応援サイト happy flower

2007.05.15
XML
カテゴリ:
flower08-2_300x225.jpg


最近、夢のことばっかり書いてますね 月
もともと夢は見るんですが、特にここのところ
夢見が激しくて・・^^;

昨夜は 一晩中見ていた感じで、朝起きたら
ぐったりしていました。

珍しく血なまぐさい夢を見てしまって。。
思わず夜中に目が覚めました。

なんか部屋にいたら、天井から
血がしたたり落ちてくるんですしょんぼり
母も一緒にいたのですが、掃除しても
おいつかないくらい。。すごく生々しかった。。

ハートがざわざわして仕方なかったので、
思わずミカエルに助けを求めながらまた寝ました。

今度は 何か頭にふわふわしたものを
かぶせられて、不気味に笑う声が。。

気持ち悪いと思ったとたん、すぱーんと
かぶせられたものがはじけとんで、
声も聞こえなくなりました。


そしてこの後は、長ーーい夢を見ていました。

天から降りてきたMにいさま。。じゃなくて
今度は「ちびミカエル」←夢の中でそう呼んでました。

このちびミカエルは、夢の中では私自身でした。
首には、自分の身分?をしめす丸い札みたいな
ものをかけていました。


さて、このちびミカエルは、闇の波動を持つ人たちを
浄化するために、地球に降りて地上で戦っていました。
ただチビだからか、ひとりでは満足に戦えないらしく、
天に剣を向けて、天上にいるミカエルからエネルギーを
おろしてもらいながら、戦っています。


でも、だんだんミカエルからのエネルギーが届かなくなって、
結局捕まってしまいました。
私は子供だったためか、殺されることはなく、
養父母(&監視役)がつけられることになりました。


私は、なぜかその人たちに興味をもちました。
そして、その人たちが持っている機械を貸してもらったんです。
その機械は、指をはさむような構造になっていて、
わたしも指をはさんでいたら、頭がぼーーっとしてきて、
自分は誰か、なぜ降りてきたのかを忘れてしまいました。


でも「私はなにか大切なことを忘れている」っていう
感覚がふっと湧き上がってきていて、
あるとき、それは何なのか、外に探しにいくことにしました。


私の正体を知っている闇の勢力のトップの人は、
私がすべてを思い出して、逃げ出したと勘違いして、
養父母たちとともに、私の後を追ってきました。


で、いきなり背後から首のあたりをばっさり切られ、
血が背中に流れました。

そしたら、背中に描いてあった入れ墨のような
ものが血で消えて、そこから羽根が生えてきて、
自分は何者か、自分の任務は何か、思い出しました。


でも結局、浄化することはできませんでした。。
その人たちと仲良くなってしまったから。
どうしてもその人たちを斬れませんでした。

また闇の人たちも、私に情が移っていて、
すべてを思い出した私を殺せませんでした。

お互いに、このことは内緒にしようって
思っていました。。


こんなストーリーを朝まで見てました。
なんかファンタジーみたいですよねスマイル


あまりにもリアルな夢だったため、
過去に似たような状況があったのでは?? なんて
思ってしまいました・・・。


目覚めてぱっと時計を見たら「5:55」でした。

シートベルトをしっかり締めてください。
大きな人生の変化がやってくるからです。
心を静かにして自分自身を見つめ、感じ続けてください。

という意味があるみたいです。

そして、夢の中でも数字が出てきました。
カルテみたいなものを見せられて、
33:33って書いてありました。

普通はマスターが側にいますよって意味だけど、
なんかちょっと違う気がします。なんとなく・・。

それにしても最近はぐっすり寝たって感じがしないです。
今日も早寝しなくちゃ。。






最終更新日  2007.10.26 16:31:39
コメント(8) | コメントを書く
[夢] カテゴリの最新記事

PR

楽天プロフィール


☆ふらわぁ☆さん

東方神起とJYJ。。5人を愛してます☆

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
東方神起・JYJ  ジェジュン(〃▽〃) 

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

☆ふらわぁ☆@ Re[1]:ブログ移行のお知らせ(06/14) Walking Elkさん >深読みされるといけ…
☆ふらわぁ☆@ Re[1]:ブログ移行のお知らせ(06/14) Walking Elkさん コメントありがとう! …
Walking Elk@ Re:ブログ移行のお知らせ(06/14) さっき送信したコメントで、「がんばって…

ほしいものリスト

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.