1345287 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ニーハオ中国

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Recent Posts

Category

Freepage List

fortune

瀋陽で日本語教師をしていた2002年夏に中国人の夫となる人に出会い、2004年に結婚。西安、ウルムチ、大連、済南と引越しを重ね、2008年の始まりとともに、本拠地北京に戻ってきました。2008年秋に長男、2011年春に長女が誕生。下の子も幼稚園に行き始めたので、近くの会社で翻訳や日本語教師の仕事をしています。
2017/03/27
XML
カテゴリ:日本生活
土曜日の早朝5時すぎに会社の同僚たちと別れ、
ひとり東京駅へ向かいます。
朝6時ののぞみに飛び乗り、大阪へ。

新幹線でウトウトするうちに、2時間半はあっという間に過ぎ、
新大阪に到着。
ホームで朝食を食べて少し休んだ後、
駅のロッカーにスーツケースを預け、
バスで大阪大学中之島センターに向かいます。

中之島なんて、ほんと久しぶり。
少し早めに到着したので、水辺を散歩。
水のある街っていいなぁ~。。。

IMG_1934
IMG_1934 posted by (C)つばめ

翌日、殺伐とした北京に戻る身としては、
この美しく整った平和な風景が目にしみます。

結局、会の始まる10時ぎりぎりに会場へ。
ほとんどの方がすでに着席されていましたが、
中に、見覚えのあるお顔が。
そう、半年前に北京から日本に本帰国された友人でした。
奇遇とはこのことをいうのですね。

さて、研究報告会。

日本の公立小学校における外国人児童生徒の
ルーツ言語の学習にまつわる
いくつかの研究報告があったのですが、
まず、わが子が通う中国の現地小学校で、
公費で継承日本語教育が行われるなどありえない話ですので、
そのような取り組みが日本の公立小学校で
なされているということに、大きな驚きを覚えました。

と同時に、日本で生まれ育った外国人の子供たちで、
ルーツ言語を親からあまり継承されておらず、
明らかに日本語のほうが強い子供に対して、
わざわざ義務教育を行う場所である公立学校で
ルーツ言語を教える意義というのは
どのようなところにあるのだろうか、
という疑問も湧いてきました。

小学校の途中で外国から日本に転入してきた場合、
元住んでいた国の言葉でのフォローというのは
必要なのかもしれませんが、お話を伺う限り、
日本生まれで日本語のほうが強い外国人児童が多いようで、
そうであれば、「日本語支援」という面だけから考えると、
ルーツ言語を介して日本語力を向上するというような
まどろっこしいことをしなくても
直接日本語で日本語を支援したほうが
むしろ効果が上がるのではないかという気もしました。
(研究では、日本語で日本語学習をフォローした場合と、
 ルーツ言語を伸ばすことを通じて
 日本語学習をフォローした場合の比較というのは
 ありませんでしたので、実際どうなのかは分かりませんが)。

そこをあえて、日本語指導のための加算教師が、
ルーツ言語がほとんど継承されていない子供たちに対し、
日本の公立小学校で、ルーツ言語で読み聞かせをしたり、
その他ルーツ言語を伸ばす指導を行うその意義は、
言葉の面だけではない、別の教育的な理由があるのだろうと
私には感じられました。
そして、今後にわたってもっと多くの外国人を
受け入れていくことになるだろう
日本という国の形を考える時、
そのような外国にルーツを持つ子供を
国の一員として、地域の一員として、学校の一員として、
どのように受け入れていくのがよいのかということは、
日本が自身の問題として、真に考えなければならない
問題なのだろうと感じさせられました。

言葉の面だけでなく、
「外国人を日本社会に受け入れる」という
より大きな観点からみて、今回の研究報告で伺った話は、
日本の未来を見据えた、大変先進的な試みであると感じました。

今回、「子供科研」の研究成果報告会を聞くことができ、
ひと口に海外で親の言葉を学ぶ子供たちといっても、
国によって、場所によって、
本当に大きな違いがあることを痛感させられました。
中国という大環境の中で親の言葉である日本語を
なんとか身につけようとしているわが子ばかりを見ていては
分からない別の視点を得ることができ、
参加して本当によかったと思っています。

それに何より、継承語という言葉を提起された
中島先生にお会いしてみたいという
ミーハ-心もあって、今回の報告会に参加したので、
本物の中島先生にお会いして少しでもお話できたことは、
私にとってとても大きな意味のあることでした。
(実はこれがわざわざ片道飛行機を無駄にしてまで
 研究会に参加した一番の理由です笑。)

つづく。

↓大阪・心斎橋。子供が生まれて以来、一度も来てなかったかも
(うちの子8歳ってことは、もしかして、少なくとも8年以上~!?)。

IMG_1950
IMG_1950 posted by (C)つばめ

IMG_1957
IMG_1957 posted by (C)つばめ





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/03/27 01:12:04 PM
コメント(0) | コメントを書く

Calendar

Archives

2017/03
・2017/02
2017/01

Comments

mugicha@ Re:春節後の2週間、日本の小学校と幼稚園に通いました(03/08) つばめさん yomogicha 改めmugichaです …
つばめ@北京@ Re[1]:編入と体験入学の扱いの違い(03/10) 〉katzさん コメントをありがとうございま…
yomogicha@ Re:春節後の2週間、日本の小学校と幼稚園に通いました(03/08) ごぶさたしてます ひとりめちゃん、ふた…

Favorite Blog

ホンコンスターオー… ホンコンスターオーさん
鴨緑江の街丹東生ま… 丹東鴨緑江さん
所長サンの哲学的投… 所長サンさん
YINGXI in Beijing YINGXIさん
お気楽?北京生活-… るいすいさん

Headline News

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.