全司法労働組合近畿地区連合会

フリーページ

全司法近畿地連のホームページ


人気blogランキング
楽天ブログランキング
2007年08月14日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 最低賃金改定の目安を審議していた中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)は8月10日、2007年度の地域別最低賃金について、6~19円(全国平均14円)の引き上げを目安とする答申をまとめ、柳沢伯夫厚労相に提出しました。

 現行は、最高が東京の719円、最低は青森や沖縄など610円で、全国平均は673円。示された引き上げ目安額は、東京・大阪などAランクが19円、滋賀・京都・兵庫などBランクが14円、奈良・和歌山などCランクが9~10円、青森・沖縄などDランクが6~7円。となっています。

 目安が時給で示されるようになった02年度以降で最大の上げ幅です。02年~04年が現状維持、05年、06年が5円未満であることからすると、今回の9円から19円の引き上げ額は、格段に大きいことを示しています。ワーキングプアやネットカフェ難民の実態が告発される中で、マスコミに取り上げられ、国会に最低賃金法改正案が提出されるなど情勢を動かしてきた世論と運動の反映だと思います。

 しかし、Dランクではフルタイムで働いても年収は約130万円。貧困と格差が広がるなか、大幅引き上げを求める労働者の要求にはほど遠く、すでに100円以上ある地域格差を拡大しかねない内容となっており、引き続くたたかいが重要です。

 これまでの審議では、労働者側が50円以上を求めたのに対して、使用者側が、大企業の下請けいじめはそのままに、中小企業の経営難を理由に大幅引き上げに反対したため、合意に至らず、公益委員が示した目安額を答申に盛り込みました。

 今後、この目安を受けて各地方審議会が月内にも各県ごとの引き上げ額を答申し、その結果に基づき都道府県労働局長が地域別最低賃金額を決定することになっており、地方でのたたかいが課題となっていきます。

 われわれにとってみても、最低賃金の引き上げは、労働者全体の賃金の底上げにつながり、それによって民間賃金が改善されることから、公務員賃金の引き上げに結びついていきすし、非常勤職員の賃上げ圧力にもなっていきます。最低賃金の課題は、官民一体となってとりくんでいかなくてはいけない課題といえます。






最終更新日  2007年08月14日 12時16分53秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 gpqkcoy@ YYlNXvDjxcO zhaSST <a href="http://xthmjys…
 ndyylqijj@ HjTuGCqkhMJ l2q09S <a href="http://ejjezxs…
 fnztpfcqgv@ fnztpfcqgv Wow, cool man, big thanks! <a href…
 こうべのひと@ 地連ブログ日記はええなあ 久しぶりの長い記事、読ませていただきま…
 gongon@ お世話になりました ご苦労さまでした。おかげさまで、この1…

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.