742834 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

南カリフォルニアの青い空


2014.09.20
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 10616363_10152789695876694_8376600280408760985_n.jpg

枯れたあと

チャンスある花

捨てる人

拾ってそだてる

人ここにあり



*

これは、2年前にグレッグが誰かのゴミ箱から拾ってきたものを

私がそだてたのですが、沢山つぼみをつけました。 

人間もおなじだとおもいます。

まだまだ、立ち直れる人を見捨ててはいけないと思うのです。

 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.09.21 02:22:19
コメント(4) | コメントを書く

2014.09.19
カテゴリ:カテゴリ未分類

今日は、スコットランドが、元の独立国になるかどうかの

選挙をしてますね。

私は、娘と一度一緒に、イギリス、スコットランド、フランス、クロアチア、イタリア

のコースで旅をし、次には、娘もどきのジュリーの結婚式にまた行きました。

 

 ジュリーは、留学生として、一年間私の娘になったクロアチアの子ですが、大学を

卒業したころは、ユーゴスラビアは内戦中で、父親の苗字がサルビアだったために

いじめにあって、仕事が手に入らず、イタリアに子守りにいったりしてました。

そこでボーイフレンドになった男性がスコットランドの人で、婚約したので彼女も

後を追っていきました。

ところが、彼は結婚していたのですよ。さあ、それからです、ジュリーと私は

毎日のように、メッセの交換です。彼女はネット・カフェから、なけなしのお金を

使っていたので、私はちょくちょく送金しました。 長い話を短くすると、死ぬだ

国にかえるだ、、、、と、何度もだだをこねてた彼女をはげましていました。

あるひ、ひょんなことで、

エジンバラ大学の壁に「大学院・奨学金学生応募」の広告をみて、私にすぐ

連絡してきました。「だめもとで、うけなさい。国に帰っても仕事ないでしょ?」と

何度も話、結果は4人の一人に選ばれて、音楽博士になったのです。卒業するまで

 私は、何度も送金しました。学費、寮、おこずかいがでるのですが、アルバイト

やっても、結構大変だったようです。国元の家族も食べるのにやっとの状態でした。

やがて、同じ奨学金学生のオランダ人と結婚。今は二人の子供の母親で、

夫婦でアイルランドのクイーンズ大学の教授をしてます。 

 1015696_10152785987176694_42778434318232065_o.jpg10658740_10152785996546694_1676894239778543474_o.jpg10351143_10152785996946694_4437624960043822225_n.jpg

 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.09.19 08:46:04
コメント(4) | コメントを書く

2014.09.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
先月ピアノを教えているときに、部屋を横切ったのを見た切り、
 
どこかにかくれた、野鼠、もう、経験済みなので、食品倉庫は
 
たいていガラスの器にいれてあるのですが、プラスチックの
 
片栗粉の新しい入れ物のふたをかじり、棚は粉だらけフンと
 
粉だらけになりました。何度、Have a Heartといって、
 
生け捕りのかごをおいても、エサだけどって、逃げちゃうのです。
 
一匹だと思っていたら、どうやら、妊娠していたらしく、グレッグが、
 
「今日は二匹いたよ」というのであせりました。
 
ネズミ算じゃないけど、本当に、次々と子供をうむからです。
 
やっと、母親をつかまえたので、子ネズミは食べるものを探しに
 
でてくるわけです。ちいさな、生け捕りの箱を仕掛けておいたら、
 
一度に二匹もはいってました。頭と胴体は3センチくらいの、
 
小さなネズミですが、おしっこのくさいこと。
 
食器洗い機の下に隠れていたらしく、流しの下にフンをみつけたので、
 
そこにしかけたら、数分後にはいってましたから、自然公園に、
 
放してきました。 
 
10702231_10152783299171694_2076578816881333758_n.jpg 





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.09.18 11:27:47
コメント(4) | コメントを書く

2014.09.17
カテゴリ:カテゴリ未分類

左前足に、骨の癌ができたので切断手術をしたことは書きました。

今日で10日目ですが、一週間前から歩きたがってじっとさせるのが

大変だったようです。やっと、抜糸したので、公園につれてったと

娘のブログに出てたので、シェアーします。

良くがんばったねえケンジ。

10669990_10202719752700074_9038276626678854214_n.jpg 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.09.17 09:15:29
コメント(8) | コメントを書く

2014.09.16
カテゴリ:カテゴリ未分類

秋が近づくと、メキシコ文化の「死者の日」がやってくる。

つまり、お盆祭りのような行事で、しゃれこうべだらけになるのだが

グレッグが副業としてやっている、陶器のしゃれこうべで、美術展を

やるグループも少なくない。

 

先々週、サンディエゴに配達し、今日は サン・バーナディノの美術館

からも買いにきたので、まだ支払はないが、グレッグが収入を見込んで

「今夜は食い放題の寿司につれてってやる」と言ったので、お腹が

いっぱいいなるまでたべてきた。 回転寿司と馬鹿にするべからず(笑)

この店にはもう、15年位通ってるので、 そして、必ず板さんたちに

ビールをごちそうするので、 我々がすわると、次々に好きなものが

目の前に並ぶ 。注文寿司と同じなのだ。食事中は写真をとらなかったが、

いくら、はまち、貝柱、ほっき貝、 タイ、鯵などが、何もいわなくても

でてくる。

10422095_10152779819521694_2210887974406337043_n.jpg10610835_10152779819831694_4990452915737500719_n.jpg 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.09.16 14:08:39
コメント(4) | コメントを書く

2014.09.15
カテゴリ:カテゴリ未分類

今の私に、ピッタリな詩を見つけたので、日本語に訳してみました。

I no longer have patience for certain things,

not because I’ve become arrogant, but simply because

I reached a point in my life where I do not want to waste

more time with what displeases me or hurts me.

I have no patience for cynicism, excessive criticism and demands of any nature.

I lost the will to please those who do not like me, to love those who do not love me and

to smile at those who do not want to smile at me.

私は、もうある種の事に対して我慢するのをやめた。これは自分が横柄になったというわけではなく、只たんに、私自身が気に障ることや、傷つく結果になるような事に費やす時間が惜しいと思うところに到達したからだ。もう皮肉、過度の批判、あれこれの要求などに対する忍耐力など無い。私のことを嫌う人におべっかつかったり、好きでもない人を好きになろうとしたり、微笑んでも、微笑み返しもしない人でも仲良くしようと努力する気力も失せた。

 

I no longer spend a single minute on those who lie or want to manipulate.

I decided not to coexist anymore with pretense, hypocrisy, dishonesty and cheap praise.

I do not tolerate selective erudition nor academic arrogance.

I do not adjust either to popular gossiping. I hate conflict and comparisons.

I believe in a world of opposites and that’s why I avoid people with rigid and inflexible personalities.

In friendship I dislike the lack of loyalty and betrayal.

I do not get along with those who do not know how to give a compliment or a word of encouragement.

Exaggerations bore me and I have difficulty accepting those who do not like animals.

And on top of everything I have no patience for anyone who does not deserve my patience.”

私は、嘘をついたり人を利用しようとする人とは一分として付き合わない事にした。見せかけ、偽善、不正直そして安っぽい賛美を言う人とも共存しないと決めた。選抜的な博学や学術傲慢な態度には我慢できない。ゴシップにも口を合わせることもしない。争いも比較もきらいだ。私は世の両論を信ずるから、頑(かたくな)で融通のきかない人をさける。忠義を守らず、裏切るような友達は嫌いである。人を褒めたり、激励することをしらない人とは仲良くなれない・ 大げさな人は飽き飽きするし、動物の嫌いな人を好きになるのはさらに難しい。そして、何をおいても私の我慢強さを受け入れる価値のない人に対する忍耐力は全くなくなった。

- José Micard Teixeira (words Meryl Streep live by

ホゼ・ミカルド・テイセイラ(メリル・ストリープが教訓としてる詩)






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.09.15 23:22:17
コメント(3) | コメントを書く

2014.09.14
カテゴリ:カテゴリ未分類

 私は、夢を叶えるというのは、自分だけの夢でなく、人の夢を叶える手伝いも

やがては、私自身の夢を叶えてくれるのと同じだとおもってるから、多くの人の

夢をたすけてきた。 

姉妹ともいえるくらい親友である二人は、ツアーの添乗員を何十年もやっている。

一人は今アフリカ(この写真を送ってきた)、一人はイタリア旅行中で、

二人はもう行ったことのない場所を探す方が難しいくらい、殆どの国にいっている。

スチュワーデスか、添乗員は、私の夢であったから、私の替わりに夢を叶えてくれてるのだ。

この二人が、短大を卒業してすぐに、英会話をならいに我が家に来た時、

私は小学校のクラスのヘルパーとしておいてくれるよう校長にたのみ、

一年私の子供達と通った。そのころ小学生だったわが子がもう45,43になってる

から、随分昔の話である。 

二人には、運転も教えたから、免許もこちらでとった。

日本に帰ってすぐに、二人は特別な旅行会社に勤務し、もう30年くらいになるだろうか?

ベテランである。今では、スマート・フォーンがあるので、LINE につなげて、

三人でよく会話をするが、二人とも、ちょくちょく写真を送ってくる。これは

リアルタイムで受け取ったものである。

10346599_10152775051441694_4791184094583767142_n.jpg10426546_10152775053376694_6993538117480028763_n.jpg10599391_10152775052416694_1914898904467042091_n.jpg 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.09.14 09:16:22
コメント(4) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ブログリンク

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

花紀行(4023)-ダイ… New! 宮じいさんさん

食事が終わったらお… いねねさん

晩酌のおつまみはソ… 美しい姿勢とモデルウォーキングさん

冷えとり靴下♪ VARADAさん

「南京大虐殺」は中… sumie'sさん

コメント新着

Hirokochan@ Re[1]:捨てる人・拾う人(09/20) New! ナイトサファリさん >昨日まで・・・私が…
ナイトサファリ@ Re:捨てる人・拾う人(09/20) New! 昨日まで・・・私が創設した少年野球の大…
Hirokochan@ Re[1]:捨てる人・拾う人(09/20) ぬかしんぼ8689さん >本当にそうですね。…
ぬかしんぼ8689@ Re:捨てる人・拾う人(09/20) 本当にそうですね。 学校で悪いことをし…
Hirokochan@ Re[1]:思い出の日(09/19) ナイトサファリさん >最後が良ければ・・…

フリーページ

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.