010381 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フィガロ157のブログ

フィガロ157のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

フィガロ157

フィガロ157

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.04.06
XML
テーマ:ニュース(99382)
カテゴリ:カテゴリ未分類

キリンホールディングス(HD)は、アニメ

ファンがクリエイターの健康をサポートでき

る新事業「YoKIRIN(ヨキリン)」を2024

年春から開始する。ファンから集めた金額を

ポイントとして制作会社に分配するプラット

フォーム型事業だそうで、飲料大手のキリン

がアニメ支援という斬新な事業に乗り出した

のは、1人のオタク社員の影響なのだそうです。



キリンHDは、アニメ業界が長時間労働や過度

のストレスにさらされていることを認識し、

その改善に貢献したいと考えているようです。


 

アニメ業界の長時間労働についてはこちらを参照​。



アニメ作品は、多くの人々が関わる複雑なプロ

セスを経て制作されます。まず、原作や脚本の

執筆が行われ、それをもとにキャラクターデザ

インや背景美術などのアートディレクションが

行われます。また、声優のオーディションや録

音、音楽の制作、アニメーションの作画なども

行われます。

このような制作プロセスは非常に複雑であり、

多くのスタッフがそれぞれの役割を担当して

います。しかし、アニメ市場の成長に伴い、

制作会社は人手不足に悩まされています。

アニメ業界にも競争があり、多くの作品が

同時期に制作されるため、優秀な人材の数が追

いつかない状況が生じる時もあるとのこと。




  アニメ作品の制作には長い時間と労力がかかる

こともあります。特に、高品質なアニメーション

を作り上げるためには、細かい作画や動きの調整

に時間をかける必要があります。しかし、制作ス

ケジュールを守るためには、限られた時間内に作

業を完了させる必要があります。このクオリティ

とスケジュールのバランスを保つことは、制作ス

タッフにとって非常に難しい課題であり、長時間

の労働などスタッフの健康問題にも注力しなくて

はいけいないところです。


 

本件について毎日新聞を読んだところ​、、、


「YoKIRIN(ヨキリン)」は、アニメファンが月額

1口2200円から参加できるもので、アニメ制作会社

の作品の制作過程や舞台裏、監督のインタビューな

どの限定コンテンツが楽しめるものだという。これ

により、アニメファンの作品に対する理解が深まり、

ファンは作品に対する愛着や興味を深めることができます。


 その一方で、ファンの参加費はポイントに転換し、

登録する制作会社に均等に分配するという。制作会社

はそのポイントを使って、健康サポート事業を手がけ

る企業のサービスを利用できる。例えば、キリンが販

売する免疫維持をサポートする独自素材「プラズマ乳

酸菌」を配合した飲料やサプリのほか、フィットネス

ジムなどを手がけるコナミスポーツのサービス提供な

どを予定する。


 上記の「YoKIRIN(ヨキリン)」を発案したのは、

キリンHDヘルスサイエンス事業部の奥村雄実さん

で、生粋のアニメオタクといい、特に好きな「新

世紀エヴァンゲリオン」は、映画最新作「シン・

エヴァンゲリオン劇場版」を映画館で50回以上視

聴するほどという。作品を支援したいと原作の漫画

やフィギュアなどの購入もしてきた。

 


「YoKIRIN(ヨキリン)」は、アニメファンや

クリエーターが健康を気にかけることができる

場を提供するだけでなく、クリエーターの健康

を支援するための資金を募ることも可能だ。

これにより、アニメ業界の健康問題に対する意

識が高まり、支援が行われることで、より良い

環境でクリエーターが活動できるようになるこ

とが期待されています。アニメファンやクリエ

ーターにとって、「YoKIRIN(ヨキリン)」は

健康をサポートする重要なツールとなることだ

ろう。このようなサービスは、アニメ業界の発

展に貢献するだけでなく、ファンと制作会社の

絆を強化するプラットフォームとして注目され

ています。「YoKIRIN(ヨキリン)」は、アニ

メファンと制作会社の間のコミュニケーションを

円滑にし、相互の利益を促進する役割を果たすも

のになるのではないか。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.06 14:44:08
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.