010476 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フィガロ157のブログ

フィガロ157のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

フィガロ157

フィガロ157

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.04.07
XML
テーマ:ニュース(99391)
カテゴリ:カテゴリ未分類


​​本件について読売新聞によると​、​西友は4月

3日に、北海道と九州から撤退すると発表し

た。札幌市の9店舗をイオン傘下のイオン

北海道に、九州の69店舗を、中国・九州地

方などでスーパーを展開するイズミに譲渡す

る。本州に経営資源を集中させることで、物

流の効率化とともに人材育成などへの投資を

増やす考えだ。譲渡する店舗の従業員の雇用

は、いずれも確保されるという。

 
 全国に324店舗を持つ西友は、収益力の

向上に向けた事業改革を進めている。北海道

からの撤退で、物流などの効率化を図る狙い

があるとみられる。


 



 西友は、今後、本州地域での店舗展開を強化

する予定で、これには新たな店舗の開設や既存

店舗のリニューアルが含まれます。さらに、オ

ンラインショッピングやデジタル技術の活用を

通じて顧客サービスの向上を図り、競争力を強

化することでしょう。 この撤退と譲渡により、

西友は経営のリスクを軽減し、事業の効率化と

成長を目指すことが期待されています。

 今後の展開には注目が集まっており、西友が

地域密着型のサービスを充実することになれば、

顧客満足度の向上が期待できるでしょう。これ

により、地域のニーズに合わせた商品やサービス

を提供することができ、顧客の支持を得ることが

できるだろう。


 
西友の今後の展開には、地域の需要や競合状況

などの要素が影響を与えることが予想されます。

西友は現在、全国で324店舗を運営している。

大久保恒夫社長は、この度の撤退と譲渡につい

て「最も熟知する本州で最高の価値を提供する

ために、経営資源を集中させる」とコメントし

ている。

 



 一方で、札幌市内にある​西友の9店舗を170億円

で買収するイオン北海道について読売新聞を読むと
​、

この買収する9店舗すべてで営業を継続し、10月

以降、既存店や競合店などの立地環境も踏まえて、

店名を「イオン」や「マックスバリュ」などに変更

する
方針イオン北海道は札幌市内で95店舗を運

営している。市内の好立地にある西友の店舗を取得

し、道内での競争力を高める思惑がある。


 

 イオン北海道は、今回の買収により北海道地域に

おける店舗数を拡大し、地域密着型のサービスを提

供することで顧客満足度を向上させることができる

だろう。また、イオングループ全体のシナジー効果

を最大限に活用し、北海道地域における総合スーパ

ーマーケットとしての地位を強化することが期待さ

れています。今後もイオン北海道は、地域社会との

連携を深めながら、お客様にとってより良いショッ

ピング体験を提供していくことで、地域経済の発展

に貢献していくことだろう。

 






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.07 16:11:46
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.