010482 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フィガロ157のブログ

フィガロ157のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

フィガロ157

フィガロ157

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.04.17
XML
テーマ:ニュース(99391)
カテゴリ:カテゴリ未分類

埼玉県新座市の県立新座総合技術高校と、

コンビニエンスストア「ミニストップ」が、

お惣菜を共同開発した。

 


 新座総合技術高校は、佐久間博正校長の

もとで約720人の生徒が学んでいる県立の

学校です。この学校とコンビニエンスストア

「ミニストップ」は、総菜「さとさつハート

コロッケ」を共同開発し、5日から埼玉県内の

約120店舗で数量限定で販売しています。



この商品開発は、ミニストップと埼玉県が締結

した包括連携協定に基づいて開発されたもので

す。この協定は、地域の教育機関と企業が連携

し、学生の実践的な学びを促進することを目的

としています。その一環として、同校の生徒た

ちは、ミニストップからの依頼を受けて、総菜

のアイデアを考案しました。 埼玉県の高校生が

考案した総菜をミニストップが商品化するのは

初めてのことであり、地域の学生の才能やアイ

デアを活かす試みとして注目されています。

 この取り組みは、地域社会と学校が連携して

教育を充実させる一例として、他の地域でも模倣

される可能性があります。

 


ミニストップとの協力により、学生たちは総菜の

アイデアを考案し、商品開発のプロセスに参加す

ることで、実践的な学びを得ることができました。

このような包括連携協定に基づく取り組みは、地

域社会との連携を強化し、学生たちの教育やキャ

リア形成に貢献しています。この商品は、地域の

産業界と教育機関が連携して生まれたものであり、

学生たちにとって貴重な経験と成長の機会となっ

ています。

 

このような取り組みは若者の創造性やアイデアを

活かし、新しい価値を生み出すことができる可能

性を示しています。若者が自ら考え、行動するこ

とで、社会に新しい風を吹き込むことができるの

ではないか。


 

ミニストップの取り組みは、地域と若者の連携を

通じて新たなビジネスチャンスを生み出し、地域

社会の活性化や若者の成長を支援するモデルとし

て注目されています。今後もさらなる地域との連

携や若者支援の取り組みが期待されています。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.17 18:42:43
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.