059457 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぼくの昭和ノスタルジー物語

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


トノリン

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

フリーページ

ニューストピックス

2019年03月30日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ウィンク今回は「森永製菓のディズニーキャラメル」です。



​ディズニー映画(長編アニメーション)第1作の「白雪姫」は、大阪で母と一緒に観に行きました。

たしか「通天閣」の近くだった記憶があります。

その後、1960年に「お菓子屋」に登場したのが「ディズニーキャラメル」でした。
流石にバッタ屋的安価なお菓子を置くだけの「駄菓子屋」にはなかったと思います。



ちょうどシールが子供の間でブームでしたが、「グリコキャラメル」のおまけのように、ディズニーキャラが動くバッヂが付いてきました。

これは裏がテープのようになっていて、紙を剥せばどこにでも貼ることが出来ました。



丸と四角のバッヂが中心で、「ドナルドダック」「シンデレラ」「グーフィ」「プエルート」「ミッキーマウス」などのキャラクターが、口を開けたり、顔の位置を変えたり、顔の表情を変えたりしていました。

しかし、バッヂの種類が決まっていたためと、ディズニーキャラではない絵が多く出てきたため、やがて飽きて買わなくなりました。

それでも懐かしいお菓子でした。






​​​​​​
​​






最終更新日  2019年03月30日 21時09分41秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.