1377344 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

社長日記 アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック株式会社】

PR

サイド自由欄



2018/09/24
XML
カテゴリ:社長日記
彼岸法要とは、同じ仏教国でも、インド・中国にはなく、日本だけで行われている仏事だそうで、春分・秋分の前後1週間に行われます。
しかし、若い世代は、仏事よりバカンスに忙しいようです。

神峯山寺の彼岸法要は、春は、嶺峰院において一門僧侶で彼岸法要が行われ、秋は、僧侶の墓回向が行われます。
春・秋共に、亡き人そのものと言われるお塔婆を戴き、墓前で供養をします。

受付を済ませ、塔婆を受けとり、入念に墓掃除を済ませたら、お坊さんを迎えに行き、墓前で厳粛な読経がされます。
生前の両親を想い浮かべ、しばし両親との会話の時間です。

もっと昔は、この9月中旬といえば、太陽が真西に沈むため、浄土があるとされる西を、最も身近に感じられ、墓参りをするのでなく、仏の世界へ行くことを願い、自らの行動を慎んだそうです。

仏の世界へ行くための六つの修行徳目として、「六波羅蜜」があります。
布施=物惜しみしないこと
分け与えること
持戒=規律を守ること
忍辱=耐え忍ぶこと
精進=努力すること

禅定=心を静かに保つこと
智慧=良く考えること 

彼岸へ行くための修行ではなく、現実の社会で身につける修行と考えます。
仏教に縁をいただき、感謝・感謝です。

それにしても神峯山寺では、台風21号の風で、信じられない倒木被害がありました。





合掌






最終更新日  2018/09/24 06:41:38 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.