006187 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Aisha1579のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

Aisha1579

Aisha1579

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2023.10.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

でもごゆっくりなさってください。ご用がございましたら、いつでもお呼びください。すぐにまいります」

 

 彼女は、精一杯の笑みとともにテーブルをはなれていった。

でもって、フードコートや「マド」じゃあるまいし、何時間もねばれるわけはない。

 

 あ、おれは関西人なので「マドナルド」は「マク」ではなく「マド」と呼んでいる。

 

 そういえば、ハンバーガーとかフライドポテトとかナゲットが喰いたくなってきた。それをいうなら、「ケタ」のフライドチキンも喰いたいし、さらには「ミド」のドーナツだって喰いたい。

 

 現代にいた、​子宮內膜增生​ ファーストフードはあまり喰う方ではなかった。そういうものよりかは、コンビニで弁当やサラダを買っていた。

 

 喰えない状況だと、無性にファーストフードが喰いたくなるから不可思議である。

 

「うまそうだな」

 

 伊庭が笑顔でいい、副長とともに椀を掌にとった。

 

 ならばおれも。

 と、椀に掌を伸ばしかけてはたと気がついた。

 

 し、汁粉がない。

 

 テーブル上を見渡すと、おれのまえには汁粉だけでなく湯呑みもない。

 

 なんてこった。

 

 彼女、みかけによらずうっかりさんなんだな。

 

「彼女はうっかりさんじゃないよ。きみのことがみえていなかったんだ」

 

 右横の俊春が、にやにや笑いながら右耳にささやいてきた。

 

「きみが透明人間だからみえなかったわけじゃない。おれたちのイケメンにかすんでしまい、きみはまったく眼中になかったってわけさ」

 

 追い打ちをかけるように、左横の俊冬が左耳にささやいてきた。

 

「失礼なことをいうなよ。おれだってきみらとおなじ人間の男だぞ。見た目だってかわりないじゃないか」

……

……

 

 俊冬と俊春は、なにゆえかだまりこくってしまった。

 

I'm so sorry. おれたち、人間じゃないから」

 

 俊冬の悪意ある笑みをみながら、『そういう問題じゃないって』ってツッコみそうになったがやめた。

 

 不毛な会話をかわしたからといって、汁粉があらわれるわけではない。

 

 その瞬間、俊春が自分のまえにあるそれをこちらにすべらせた。

 

「ぼくらは食べないから」

 

 かれは、そういってから華奢な両肩をすくめた。

 

 俊冬も自分の分を島田に譲っている。

 

「いいのか?じゃあ、ありがたく。そういえば、きみらの身体構造はどうなっているんだ?喰っているところをみたのは、記憶にあるかぎりでは一度だけの気がするけど」

 

 京にいたの話である。

 

「ああ、あれね。あれは、義姉役のお美津さんに頼んで重湯にしてもらってたんだ。ぼくらは、贅肉はもちろんのこと筋肉をつけるわけにはいかないからね。動きが鈍くなるから。だから、生きていけるだけの栄養分しか摂取しないんだ」

 

 俊春はいかにも簡単なことのようにいうが、食はの根源。その欲も、ほかのどんな欲よりも強いのがフツーである。

 

 その欲もないのか?

 

 それならばいったい、かれらはなにが愉しみで生きているんだろう、ってどうでもいいかもしれないが心配してしまう。

 

 もっとも、俊春の分の汁粉を味わいながらだと、心配するもなにもあったもんじゃないけど。

 

「うまかった。たしかに、並ぶだけのことはある」

「ええ、たしかに。かわいいお嬢さんもいますしね」

 

 副長に嫌味を投げつける伊庭は、さすがである。

 

 テーブルをはさんで向こう側に並んで座っている二人にあらためてを向け、ドキッとした。

 

 二人のことが好きだから、ではない。だんじてちがう。

 尊敬しているからってわけでもない。

 

 死ぬ運命にある二人だからである。しかも、半年も経たないうちの話である。

 

 創作的に表現すれば、死へのカウントダウンがはじまっているといっても過言ではない。

 

「主計、あからさまに流し目を送るんじゃない。かわいらしいお嬢さんなら兎も角、むさいに送られてもうれしくもなんともない。気色悪いだけだ。なあ、八郎?」

「ひどい。いまのはひどすぎますよ。そもそも、流し目なんて送っていませんし」

「主計はBLですから」

 

 俊冬がぼそりといった。それから、しれっと湯呑みの茶をすすった。

 

「ち、ちがう。おれはBLではない」

 

 思わず、テーブルをたたいて立ち上がってしまった。

 またしても、いわれのない断言をされてしまった。

  いつの間にかほかに客の姿はなく、おれたちだけになってしまっている。

 

 汁粉、売り切れてしまったんだ。

 でっ、そうそうに閉店したらしい。

 

 あのかわいらしい店員さんは、約束どおりおれたちのためだけに店を開放してくれているっていうわけだ。

 

 それはそうと、BL呼ばわりされて力いっぱい否定するのは当然だろう。

 

 いまこの場にいる面子のなかで、BLの意味がわからないのは伊庭だけである。

 

「あの……。『ビーエル』っていったいなんだい?」

 

 その伊庭が尋ねてくるのは、これもまた当然といえば当然のことである。

 

 自分以外はしっていて、しかもしっている者全員が意味ありげににやにや笑いながらおれをみているのだから。

 

「なんでもありませ……

「衆道ってこった」

「好きってことだ」

「男の人しか好きになれないことです」

「より男がいいというわけだ」

「男しかみえないんです」

 

 おれの全力否定にかぶせ、いくつもの説明がかぶった。

 

「え?みんないっせいだったから、よくきこえなかったよ」

「きこえなくっていいんです……

「ボーイズラブ。つまり、男性同士の恋愛で、主計は八郎君に抱かれたいというわけだよ」

 

 またしてもおれにかぶせてきたのは、俊冬である。

 かれは、かれのいまある頬の傷なんてかわいいものではなく、顔面を八つ裂きにしてやりたいほどさわやかな笑みとともに、地獄レベルの勘違いをかぶせてきた。

 

 しかも、生々しすぎる。

 

 ちょっとまてよ、俊冬。

 おまえ、誠に親父に恩を返したいって思っているのか?

 

 そう勘繰りかけて思いなおした。

 

 そんなことを勘繰ったところで、ムダなだけである。

 

 どうせそれとこれとは、つまり、「おれを護るのといじるのとは別物だってことだよ」ってしれっといってのけるだけだろうから。

 

 それにしても、いじりすぎやしないか?

 

「いまのは、いまのは嘘なんです。いえ、意味はあっていますが、おれのことではありません」

 

 ここは冷静に対処せねば、さらにドツボにはまってしまう。

 

「いいじゃない。

 






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.10.21 22:15:40
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X