000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋葉の街のオタクマスター

秋葉の街のオタクマスター

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

2007年01月02日
XML
カテゴリ:オタク論
NHK教育で外国語講座を担当する講師陣。

その人達による新年会。

そんなシチュエーションの番組が放送されました。

注目すべきはスペイン語講座を担当する、貫禄(かんろく)のある御仁(ごじん)。

日本のアニメが好きで、「タッチ」をはじめいくつも作品をスペイン語に翻訳したのだという。

さらには「マジンガーZ」の主題歌を、日本語Verとスペイン語Verの二通りで大熱唱

あんた、何しに日本に来とるんじゃ―!

と思ったら、その直後、男性講師陣が「ロケットパンチ」が各国でどのように表現されているかで、大盛り上がり。

スペイン語、イタリア語、フランス語のバージョンが紹介されていました(ハズ)。

日本のマンガオタクな講師は一人じゃなかったのか・・・

フランス語講師のお話では、ヨーロッパで日本語を勉強する人の何割かは、日本のマンガ読みたさに学ぶのだとか。

非常に意欲的だそうで・・・。

昔、SF小説を原著で読むために英語を学んだ、SFマニアの日本人みたいなものか。

それにしても、私が観た部分で言うと、どういうわけか日本に興味を持つ外国人・・・特に欧米人は、日本の伝統か武道かマンガに興味を持つ。

マンガの、いったい何が、文化も歴史も思想も宗教も伝統も、まったく違う欧米人の興味を引くのでしょうか?

マンガは現代の浮世絵なんですかね。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007年01月03日 02時08分40秒
コメント(2) | コメントを書く
[オタク論] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

みかづき紅月の館 みかづき紅月さん
ケルトの夢 shimikotoshioriさん
ま、てきとうに Me162さん
DeepPineApple oboro2004さん
ハナスカ87 ハナスカ87さん

コメント新着

わぴこ@ はわ… き、気になる…! よんでみたくなっちゃう…
SHU@ Re:君はX68000を知っているか?(11/08) 去年X68000のイースが発売されてます。5イ…
匿名希望@ Re:ニンジャスレイヤー〜勘違いしているのは作者か我々か(01/17) コンプエース連載版は続けて読んでます。…
秋葉原愛好家@ Re[1]:初コミケ(12/29) 匿名希望さん、いつもありがとうございま…

© Rakuten Group, Inc.