000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

天若湖アートプロジェクト BLOG

PR

X

Recent Posts

Calendar

Comments

オサル@ Re:中嶋政樹写真展~地図にない村(09/24) すみません!いったいどこをリンクしよう…
実行委員長@ Re: Re:リンクを貼らせていただいていいですか? >オサルさん  ありがとうございます。…
オサル@ Re:中嶋政樹写真展~地図にない村(09/24) 実行委員長さん ありがとうございます。…
実行委員長@ Re:リンクを貼らせていただいていいですか?(09/24) >オサルさん  コメントありがとうござ…
オサル@ リンクを貼らせていただいていいですか? こんばんは。オサルと申します。子供の頃…
Sep 24, 2008
XML
カテゴリ:ニュース
 天若湖アートプロジェクトの実施にあたってはいつもお世話になっている、南丹市日吉町郷土資料館にて開催される写真展のご案内です。足繁く天若・中地区に通った写真家、中島政樹氏の作品を通じて、地域の記憶を辿ります。
 既に開催されておりますので、是非ご観覧下さい。




南丹市日吉町郷土資料館 平成20年度秋季企画展

中嶋政樹写真展~地図にない村



●会期:平成20年9月20日(土)~11月30日(日)

 9:00~17:00(入館は16:30まで)

●休館日:毎週火・水曜日

●入場料:大人200円、高大生150円、小中生100円(20名以上は2割引)



●開催趣旨

 昭和36年3月、桂川水系上流の京都府船井郡日吉町(現・南丹市日吉町)に多目的ダムを建設する構想が発表されました。
 水没する天若・中地区は勿論日吉町はこれに強い衝撃を受け、対策組織を設け、交渉にあたっていくことになります。
 この建設構想発表から十数年が経過した昭和55年2月から昭和62年3月の住民の離村式まで中嶋政樹氏は天若・中地区で撮影をしました。
 中嶋氏の被写体はダム建設によって水没、住民が離散する村ではありませんでした。度々撮影に訪れるうちにに知り合った天若の人々とその人々が織りなす営みが中心でしたが、友人もまた離村を前にした人々であり、必然的に離村を前にした天若・中地区の姿を記録することになりました。
 一人の写真家の交流が残した写真を通じて、ありし日の天若・中地区に思いを馳せていただけましたら幸いです。




南丹市日吉町郷土資料館
http://www.be.city.nantan.kyoto.jp/hiyoshi-shiryokan/






Last updated  Sep 25, 2008 12:10:16 AM
[ニュース] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.