136072 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

伊豆沼風景

PR

プロフィール


ペンギンスタイル

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

コメント新着

blackberry2@ Re:スナイパーな気分(11/05) はじめまして。 「伊豆沼」でいろいろ検…
ペンギンスタイル@ Re:コクガンも心配(09/28) GOOSEさん おっしゃるとおりです。コクガ…
GOOSE@ コクガンも心配 海岸の地形が変化し、ワカメ、ノリ等の養…
ペンギンスタイル@ Re:まったく同感!(08/21) GOOSEさん データをありがとうございまし…
GOOSE@ まったく同感! 私の勤務先(仙台市内高校)の校庭では、0…

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2012年03月17日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
伊豆沼・内沼では春に堤防に火入れして、ヨシなどを大規模に焼く野火という作業を行っています。しかし、放射能汚染されているため、焼却灰にどの程度の放射性物質が含まれるか心配です。
 渡良瀬遊水地では、ヨシから42Bq/kg、下草の焼却灰から780Bq/kgの放射性セシウムが検出され、安全性の確証が得られないため、ヨシ焼きが中止となりました。なにはともあれ伊豆沼でもデータが必要です。堤防4箇所でヨシを試験的に刈って調べてみました。
 4箇所平均でヨシ本体から67.5Bq/kg(範囲:57~102)、その焼却灰から1050Bq/kg(範囲:450~2110)の放射性セシウムが検出されました。このデータをもって再度会議を行ったところ、基準値はないものの渡良瀬遊水地での事例があること、予防原則を適用すべきという観点から、土地改良区の方々など含めた主催者全員一致で野火は中止となりました。
 もしデータがなければうやむやのまま野火を行ってしまい、放射能汚染された焼却灰を周辺地域に飛散させることになっていました。あらためて、データの大切さが身に染みました。







最終更新日  2012年03月17日 15時01分56秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.