619233 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

空と猫と、海と犬と、風と馬と

PR

Free Space


- 馬たちに生きる場所を -
◇500円から協力できます◇
競走馬に余生を!

☆東日本大震災義援金☆
募金報告もきちんとされてます
誠実に東日本大震災を支援

+1クリックで5円が被災地へ+
1クリックで5円の支援!

被災地の子供の未来へクリック


地域活性化プロジェクト



チベットに自由と人権を!

地方競馬を応援しよう

廃食油の回収で立派に地球を防衛する商店です

動物たちの生存権を擁護

メールはこちらへ

Wishlist

Rakuten Profile


blackberry2さん

息子に 『普通のお母さんがほしい…』 と言われました。

フォローする

Freepage List

Favorite Blog

テモ 反省・・?中・… New! あきてもさん

初節句 New! meron1104さん

流氷船オーロラ号か… New! natsumi_s_58さん

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Mobile

ケータイ
スマートフォン

 

2015.02.28
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

JRAはまったく不案内だけれど

亡くなられた後藤浩輝騎手を

天国のシゲルスダチは

この時のように心配そうに見つめているのかな


(右下[You Tube]をクリックすると大きな画面で見られます)


晩秋、凍結防止に庭の散水栓を水抜きする前に植木鉢を洗った
その冷たい洗い水が溜まったところにトンボがはらり
水に写るボロボロの自分を見て苦笑してるよな風情です
水の匂いに寄ってきたのは
ほとんどの仲間が姿を消した寒さの中でなお
卵を産み命を繋ごうとしているのかな
「こんな所に産んでも無駄」だとか「卵が孵化する確率はゼロ」だとか
思い悩みもためらいもせず
晩秋のトンボ


同じく晩秋、玄関のガラスの上で
触っても逃げないほど寒さで動きの鈍くなった蜂が
やっと雲間から降り注ぎはじめた日の暖かさを
ありがたそうに背中に受けていました
最期の太陽 最期の恵み
邪魔をしないようそっとドアを閉めました
晩秋の蜂


冷たい雨にカラスもずぶ濡れ
羽も抜けかけてるけどさ
瞳は嘆いていないのさ
雨の日のカラス


こんな風に みんな死ぬまで生きている

だからヒトも

死ぬまで生きよう






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.02.28 23:19:15

2015.02.23

土曜日(2/21)に平取町の二風谷工芸館でアイヌ文様刺繍を初体験してきたのやら、
シィービーツアーズ「アイヌ文化とびらとり温泉ゆから」の写真をまとめるのは、
後日にしようっと。

縫い目ヘロヘロ、私の初アイヌ文様刺繍。

アイヌ文様刺繍体験


さっぽろ東急百貨店で2/25(水)まで催されている「松山の物産と観光展」に
砥部焼たちもたくさん来ていると知りたまらず会いに行く道すがら、
「パンとおとも」(札幌駅前通地下歩行空間・クラシェ)にトキメク。

パンとおとも クラシェ
「パンとおとも」2015/03/01(日)まで
チ・カ・ホ(札幌駅前通地下歩行空間) 北1条イベントスペース東側にて

道産小麦など北海道の素材でパンを焼くパン屋さんたちだけでなく、
パンに「おとも」してパンと食卓や暮らしを盛り立てる
コーヒー、チーズ、道産材の木工品(バターナイフやトレイ、パン皿)、
北海道産のはちみつ屋さん、スープ屋さんが
入れかわり立ちかわり出店販売。

Sweets GUPPY(岩見沢市幌向北)「しあわせのカンパーニュ」。
かなり大きなパンなのに今日の夕飯に2人で食べたら、
しみじみ美味しくムシャムシャが止まらずもう半分しか残ってません。
しあわせのカンパーニュ

いつものように写真はすべてお店の方の了解を得てから撮ってます。
みなさん「どんどん撮ってください。もういいんですか?」なんて笑顔で快諾してくださり、
写しやすいように手で支えてくれたり位置をずらしてくれたりと、
お忙しい中ありがたやお手伝いしてくれる方もいて。
(家に持ち帰ってから撮ったの以外はiPhoneで撮影)

Sweets GUPPY スイーツグッピー


国産天然・荒井養蜂場(北広島市大曲)「シコロのはちみつ」。
字づらが「ジゴロのはちみつ」に似ています(それがどーした)。
話している途中でかなりご近所にあるということが判明して「なーんだ」。
シコロ=和名キハダ。黄色い内皮はオウバクという生薬として漢方などに使われる。
爽やかな風味のはちみつです。
北海道産天然はちみつ 荒井養蜂場


「燻製コーヒー」なるキテレツなコーヒー豆を販売していた
RITARU COFFEE(札幌市中央区北3西26)
なんでも、焙煎したコーヒーを冷燻(低温で燻製)したんだそうです。
まだ飲んでおらず、明日飲んでみるのが楽しみ。
RITARU COFFEE リタルコーヒー


天然酵母パン パネトーネ(滝川市)「天然酵母のラスク」は
こういう催し以外では今のところ滝川のパネトーネでしか買えないらしく、
パンをくわえた牛・ひつじ・ヤギのめんこいイラストと相まって
素通りできないオーラが漂っています。
天然酵母パン パネトーネ ラスク

が、このあと向かったさっぽろ東急百貨店「松山の物産と観光展」で
「良質」な空間を構築していたgL-Leather(愛媛県松山市)でICカードケースを買った折、
ひとりで店番をしながら革製品を作っていた彼に、
「北海道のラスク、食べてみて」と置いてきたくなったので置いてきました。
gL-Leather ICカード入れ


ためつすがめつしてやっと選んだ
左上から中田窯、永立寺窯、雲石窯。
砥部焼 中田窯 永立寺窯 雲石窯


たっぷり乗せられた呉須は角度によって光って見えます。
"雲石"窯のだから光っているのじゃないけれど。
雲石窯






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.02.24 00:45:30

2015.02.04
テーマ:北海道綺譚(140)

羅臼のみなさまへ 暴風雪お見舞い申し上げます


ちょっと天気図が違っていたら
札幌や旭川に降っていたかもしれない大雪
なんだか申し訳ない気持ちになります


ラウスで思い出しました。
昨秋、羅臼ビジターセンター(設置/環境省 管理運営/知床財団)に立ち寄り
親切にいろいろと教えてもらった際に、
ガラスケースの中に展示されているのを見た瞬間
一目惚れして買ってきたガラス作品ふたつ。
羅臼町のガラス工房 「知床硝子/Stained Glass Works Shiretoko-glass」
浅沼久美子さんの作品。
青いのはエゾテンの足跡、シトリン(黄水晶)みたいな色のはヒグマの足跡(の一部)、
どちらも実際の足跡をもとに作られたほぼ実物大の足跡(足型?)だそうです。
知床硝子/Stained Glass Works Shiretoko-glass

買ったものの、オーナメントのように窓辺で光を透かせて吊るすには
釣り糸を通す穴もないし。
電話で知床硝子さんに尋ねたら、
ペーパーウェイトとして作ったけれど自由に使ってくださいって。

時おり手に取り眺めてはニンマリしています。


知床へ向かう途中、
砂利かと思ったらじゃがいも満載のダンプを何度も見かけました。
じゃがいも運搬トラック


ボンズホーム/BON'S HOME(斜里町ウトロ)
栗じゃがいもの「よくばりグラタン」。
栗じゃが芋のグラタン・よくばりグラタン

貴重な知床のじゃがいもを冬はシバレさせないよう夏は腐らないよう
手間ひまかけて保管し、熟成し味が濃くなってから提供・発送しているそうです。
ボンズホーム 栗じゃがいも

ボンズホーム 栗じゃがいも


秋の知床五湖。
秋の知床五湖


来訪者が絶えない知床自然センターの裏手を、
澄ました顔して闊歩するエゾシカ。

「うっ、背後から"変なオバサン"の気配・・・」
知床のエゾシカ

「振り向くな、見たら石になるぞ!」
「おう・・・ シカも怖ぇ~」
知床のエゾ鹿


知床ノーブルホテルの部屋から眺めた夕日。
ウトロ 夕日

この時はウトロに泊まり翌日ラウスへ向かったんだけど、
目の前に広がる知床の海の音を聞き海風に吹かれながらの温泉露天風呂は
そりゃあ心の澱(おり)まで飛ばしてくれるほど心地よいものだったけど、
次はラウスでゆっくり過ごしたいなぁ。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.02.05 00:21:29

2015.01.14
テーマ:北海道綺譚(140)
カテゴリ:犬やら猫やら

すっかり明けてしまったけれど、平成27年「ひつじ年」らしい写真をば。


おおっ、なんとも利発そうな犬たち!
牧羊犬
(オイオイ、なんも"「ひつじ年」らしい写真"でないべさ、犬だべさ)


マグマ大使を呼んでいるのか、笛を吹く男性。
この方はかつてのマモル少年で、十勝岳からマグマ大使がどーんと登場!
なんてね~~~
ボーヤファーム/BOYA FARM
(オイオイ、なんも"「ひつじ年」らしい写真"でないべさ、人間だべさ)


なんもだホレ、
彼が笛を吹きはじめるとあ~ら不思議、
丘に散らばっていた羊たちが徐々に集団を形成し
右往
ひつじ

左往
ボーヤファーム/BOYA FARM


牧羊犬が笛の指示で羊たちを追っていたんです。
Sheepdog show/シープドッグショー


指令1・「羊たちを扉の向こうへ」、ミッション完了!お見事!
Sheepdog show BOYA FARM


休む間もなく次の指令を受け、走るっ!
Sheepdog show BOYA FARM/シープドッグショー ボーヤファーム


チームプレイで追い込むっ!
Sheepdog show BOYA FARM/シープドッグショー ボーヤファーム


ひつじ「後ろに犬、前に変なオバサン、近年稀に見る最悪のポジションざます」
「へへっ、"直進してオバサンを踏んづけさらに前進"させてみたい・・・」
Sheepdog show BOYA FARM/シープドッグショー ボーヤファーム


生き生きと指令を待つ牧羊犬たち。
ボーヤファーム 牧羊犬


次の指令は「狭い囲いの中に羊を追い込む」、
だけど羊たちは「こんな狭いところに入るのイヤだわよ~」と渋っています。
Sheepdog show BOYA FARM/シープドッグショー ボーヤファーム


しかし牧羊犬には逆らえず「不本意だが」という表情で囲いの中へ。
Sheepdog show BOYA FARM/シープドッグショー ボーヤファーム


こっそり逃げた羊も取りこぼさんぞ。
ボーヤファーム


逃げる途中で鉢合わせした「サフォーク 毛刈り前・毛刈り後」の見本みたいな2匹。
サフォーク羊 毛刈り前 毛刈り後


ふた手に分かれて逃げていた彼らも徐々に追い込まれていきます。
ボーヤファーム シープドッグショー


そしてやっぱり「不本意だが」という表情で囲いの中へ。
しかしながら柵の間から脚がはみ出している羊もおりますし、これ以上奥へは・・・
BOYA FARM/ボーヤファーム


これ以上奥へは・・・ 進めました・・・ 進まされました・・・
牧羊犬に追われ不本意ながら進んでしまいました。
が、羊の上に羊、単一種でブレーメンの音楽隊、
天は羊の上に羊を乗せちゃうのね諭吉、な様相に。
BOYA FARM/ボーヤファーム

ボーヤファームのシープドッグショー(Sheepdog show/BOYA FARM)は
十勝の池田町にある食事も美味しい「十勝まきばの家」で4月下旬~9月に開催されています。
へへっ、ばんえい十勝と合わせてどうぞ ^^

ばんえい競馬は冬の朝調教ツアーも圧巻です。(私も申し込み完了!)
詳しくは、ばんえい十勝HP-【お知らせ】朝調教ツアーのご案内 をご覧下さい。


line


東日本大震災をテーマにした舞台「ノクターン-夜想曲」(倉本聰作・演出)の全国公演が、
1/10(土)に富良野市の富良野演劇工場で幕開けしました(演劇集団「富良野GROUP」公演)。

北海道各地~岩手~福島~東京~岡山~大阪~山口~広島~愛知~
三重~静岡~ふたたび福島~戻って北海道の七飯町、鷹栖町と巡り、
千秋楽は十勝の幕別町百年記念ホール。

1/18(日)までつづく富良野演劇工場での公演はほぼ完売だそうですが、
1/16(金)19時開演のチケットだけ若干残っているそうです(1/14現在)。

深呼吸しがてら、富良野で観ます。
昨年のうちに予約しておりまして、1/16に富良野へ行きます。

今朝、エゾアムさんに電話したら奇跡的にプリンまだあるよ、って。
翌1/17は「地吹雪・吹きだまり・ホワイトアウト」の場合をのぞき、
プリンの受け渡しに麓郷からさらに奥へ平沢まで。

大きな馬が曳いてくれる馬そりなら吹雪もへいちゃらなんだけど、
ヒトもクルマもへなちょこなもんでさ。

まさか、1/16のチケットが残っているのは、
私が避けられてのことだべか。
はたまた、ニット帽をかぶると「黒板五郎」ばりな
ツレのせいだろうか(笑






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.01.14 15:42:23

2014.12.26
テーマ:北海道の酒(62)
カテゴリ:飲み物語

長い無沙汰のあとだって 小林酒造は心地よい


「北の錦 新酒を楽しむ忘年会」、
平成26年12月20日(土)北海道夕張郡栗山町・小林酒造にて。

北の錦 小林酒造 煉瓦

予定表にピシッと「15時00分~蔵見学プレミアムツアー」と書かれていたそれは、
南杜氏の語り口に癒されつつ、「つまみ食い」ならぬ「つまみ飲み」は興味深く。

洗米作業中の蔵人さん、
酒米の吸水具合を見極め「今だ!」と腹を決めエイッと脱水機へ。
北の錦 小林酒造 洗米

水を孕んだ酒米の重さはいかばかりか、
見ているだけで腰が痛くなりそうな。

小林酒造では「米が水をどれだけ吸ったか」の前に、
「(吸水前の)米の水分量」にも注意をはらっているそうです。
風土やお天気や保管状況や仕込み時期や、
きっとひと風ひと雨で違ってくる繊細な事がらなのでしょう。


ポカポカと暖かい麹室では蒸されたお米と麹菌が
ミニオンのようにせっせと働いておりました。
北の錦 小林酒造 麹室

シバレルこの時期、確か気温が30度以上もある麹室にずっと居たいと思ったけど、
数日のうちに私にはきっと有毒で極彩色のカビがはえはじめ、
酒造りに多大なご迷惑をかけるに違いないと想像できたので諦めました。


今年は常より余裕をもって仕込み期間を長く、一度に仕込む量も少なく、
小さ目のタンクで日にちを変えて幾つか仕込んでみたりと、
実験的で繊細で楽しみな挑戦をされているそうです。
北の錦 小林酒造 酒母

こちら↑はまだ"粥状"でしたが、この段階でもうタンクごと風味が違います。


もうすぐ"売ってるお店にしか売ってない"「冬花火(純米大吟醸)」になるらしい醪(もろみ)は、
ごくごく極上の飲んだこともない乳酸飲料を彷彿とさせる味わい(?)でございました。
北の錦 小林酒造 醪


倉庫を見上げたときや古い煉瓦に触れたとき
「永遠」なんてないと分かっていても「消えずにいてほしい」と思ってしまう。
北の錦 小林酒造 倉庫

柱↑に「日本高圧ヒューム管」の文字、
酒造りの他にもいろいろな事業をされていた(いる)名残り。
(参考まで:「レンガ積み職人が遺した建造物 ~ 北海道編 (I)」)

使われていない倉庫の中から古い酒造りの道具たちが偶然見つかり、
小林専務がfacebookで「里親(引き取り先)を」と呼びかけたら
日本中から引き合いがきてあっという間に運び出されきれいに片付いたそう。
万が一にも倉庫が崩壊し酒道具が下敷きになるなどして使えなくなる前に
役立つ場所が見つけられ託せてよかったとホッとした表情で話してくれました。
いつかあるとき、北海道から遠く離れた山深い里や海沿いの小さな町で、
「北の錦」とか「栗山・小林酒造」の文字を見かけ、
「おや?」と首をかしげる人いくたりか。

映画「ぶどうのなみだ」のロケ地にも(エリカのアパート・回想シーン)
小林酒造の敷地内にある工場跡が使われたそうです。


だけど しぼりたての新酒が勢ぞろいしちゃう 「新酒を楽しむ忘年会」だもん
北の錦 新酒を楽しむ忘年会 純米高酸味26BY

それぞれ旨いので、それぞれ飲みすぎると、
とんでもなく飲みすぎることになる。


なめみそ、揚げた酒粕、サバ缶と酒粕のペーストなど、アテも勢ぞろい。
なめ味噌(山形)


ずっと水切りしておいてくれた絹ごし豆腐を胡麻油だけでじっくりと揚げ、
日本酒を煮切って手作りしたポン酢で食べさせてくれる人なんて、
小林さんの他になかなかいるもんじゃない。(私の周りにはいない)
北の錦 新酒を楽しむ忘年会 揚げ出し豆腐


五感に恵みの沁みわたる忘年会をありがとう。


***
 

話は飛ぶけど、
ハーゲンダッツのCMで流れる心地よい曲が

記憶の底からルパート・ホルムズの「エスケイプ」を釣り上げた。

Rupert Holmes - Escape (The Piña Colada Song)






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.12.28 01:06:31

2014.11.15

11/14(金)にnhk BSプレミアムシネマで放送されていた「戦火の馬/War Horse」
今はこの映画と向き合う元気などありませんって思いつつ家人に言えなくて、
ところどころ見てしまいました。


そういうわけで(?)10/7に訪れた十勝の本別町にある
本別町歴史民俗資料館「軍馬の嘶(いなな)き/戦没軍馬遺産」・軍馬鎮魂碑

十勝には 遠い日の馬を思いやる やさしいひとがいるのでしょう
たわわに手向けたとりどりの花 飲めや唄えの供物たち
広々わたる十勝の風や カラコロ木の実にエゾリスの気配
どうかさびしくありませんよう

軍馬鎮魂碑とどんぐり


かつての旧陸軍省軍馬補充部十勝支部 その木造建築の窓
透明な骸(むくろ)と見過ごされることもおありでしょうが
日ごと季節ごと姿を変える万象や
跡地に建つ北海道立農業大学校へ通う若者たちの成長を映し
どうかさびしくありませんよう

北海道立農業大学校内 旧日本陸軍軍馬補充部木造宿舎


本別町を訪れた理由は、
3年ほど前に大連満鉄旧跡陳列館で偶然見つけて購入してきた馬鈴を
全国的にも珍しい軍馬遺産資料なども展示する本別町歴史民俗資料館に託すため。
(大連で馬鈴に出会ったときのブログはこちら)

私が持っていても年月とともに霧散したり捨てられたりするかもしれないし。
素朴な音で鳴るんです、どうぞよろしく、預かってやってください。
馬鈴


本別町歴史民俗資料館「軍馬の嘶き/戦没軍馬遺産コーナー」の一部。
(わざわざ迎えてくださった館長の田野さんに了解を得て撮影)
本別町歴史民俗資料館 軍馬

かつての戦場で収集された遺品なども展示されています。
本別町歴史民俗資料館 軍馬


あの「キレイマメ」シリーズなど「豆のまち」としても知られる本別町は、
全て十勝産大豆で作られた納豆たちがなまら美味いやまぐち醗酵食品
醤油・味噌・こうじ・漬物・味噌漬カーマンベールなどの渋谷醸造株式会社
安政2年京都発祥の甘納豆でおなじみ岡女堂などなどお楽しみがいっぱい。
酪農も盛んなことから明治乳業本別工場もあり、
偶然ですが蘇州で働く息子の知人も以前この工場で働いていたそうです。
今その方は中国で安全なヨーグルトを作り普及させようと頑張っているんですって。
おや、食べ物の話ばかり(笑


そうだった、先日新さっぽろサンピアザを通りかかったとき、
何やら興味深いものが並んでいそうな気配に立ち寄ってみたのは、
11/5~11/7まであつべつ区民協議会主催で開催されていた
「第5回厚別歴史写真パネル展」。

昭和13年に厚別西の山口家で大切に育てられた馬が軍用馬として出征した時の写真。
賢く丈夫そうなこの馬も遠い戦地から戻ってくることなく、
大好きなお父さんや坊やと二度と会えないまま命を落としたのでしょう。
厚別歴史写真パネル展 軍用馬出征
(許可を得てiPhoneで撮影)

こんな美しい農耕馬の写真もありました。
向こうに北海道百年記念塔が見えるので昭和45年以降の写真だと思われます。
厚別歴史写真パネル展

他にも面白い企画や風景などいろいろ展示されていたのに、馬に釘付け(笑


忘れない、北海道全体、いや日本全体が馬に助けられて生活していただけでなく、
戦禍の時など馬の犠牲の上に成り立っていた時代が確かにあったこと。


本別町美里別の軍馬鎮魂碑。
本別町軍馬鎮魂碑


草むらの中から聞こえるカサコソ
こんなにたくさんどんぐり食べたのだぁれだ
軍馬鎮魂碑とどんぐり

水の流れる音がどこからか聞こえる静かな場所でした。

「鎮魂」と刻まれた碑にはお盆でもお彼岸でもないフツーの10/7だったのに、
人里離れた場所なのに、
豪奢な花々やお酒や京極の名水や・・・ ありがたいことです。
あと鮭トバかカンカイあったら、ここで宴会できるんでないかい?
鎮魂
(りんごは私から。帯広で高速降りて調達しましたっ)

「オイオイまだ帰らないのかよ、参ったなぁ」というように頭をかく息子のシルエットが
偶然映り込んでいた碑文の御影。
この碑が建立された経緯は こちら や こちら上 や こちら 
本別町 軍馬鎮魂碑

「願わくば ・・・ 墓碑のもとに集わんことを」
大連で見つけた君の鈴、遅くなったけどこっちに届けておいたよ。

酪農王国十勝らしく軍馬鎮魂碑と並んで牛の慰霊碑も。
手向けるためでしょうか、隣接する土地でいろんなお花が育てられていました。
軍馬慰霊碑とホオズキ

秋ならば 例えばホオズキ
イヌサフランにクジャクチョウ
花粉に突っ伏す蜂のお尻 おやおや小さくアリの姿も
だからきっと さびしくないよね

イヌサフランにクジャクチョウ


本別町西仙美里の旧陸軍省軍馬補充部十勝支部があった場所に建つ
北海道立農業大学校。
北海道立農業大学校

その敷地内にはまだ軍馬補充部時代の建物が残っていました。
(バロン西もこちらに住んでいた時期があったそうです)
旧日本陸軍軍馬補充部十勝支部官舎

大事に修繕され集会所として使われているらしい建物も。
旧日本陸軍軍馬補充部十勝支部官舎

軍服姿で大きな馬に跨る写真の記憶や母らが語る断片をつなぐと
私の祖父(大田良市)はここから軍馬付きの獣医として
家族とともに旧満州のハルピンへ赴任したと思われ、
これらの木造家屋を使ったりこの辺りを歩いたりしていたのかもしれません。

あゝ いちめんの赤い実
あなたがいた秋にも ありやなしや

軍馬補充部十勝支部跡に赤い実(本別町)






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.12.28 01:29:14

2014.10.27

(副題:馬はどうした?いつものことだが、あんた帯広競馬場へ何しに行ったんだ?)
 

日本で、世界でただ一ヶ所、
もう北海道十勝は帯広市にしか残っていない「ばんえい競馬」

ずっと赤字で廃止か存続か想像しただけで胸が苦しくなる綱渡りが続いていますが、
今年の6月に「2013年度は黒字に」という報道がありました。

ナイター開催やイベント、宣伝活動など運営側の努力、
長年ばんえいを支え守り続けてきた地元や全国のファンの応援はもとより、
漫画「銀の匙」の絶好調そして映画化でナウいヤングな(死語ダブル使い)ファンが増えたり、
手軽に100円からばんえいを下支えできる(ときどきお金が増えていて驚くこともある)
インターネット投票(楽天競馬とか、オッズパークとか)が好調なことなどのおかげでしょうか。

まだまだ楽観はできませんがひとまずホッ。
ただ、賞金額は全国で最低(一般競争だと1着でも5万円とか。JRAとは雲泥の差)ですし、
厩舎、厩務員さん、騎手、ばん馬生産農家、馬主さんなどなど携わる全ての人たちへ
苦労に見合った報酬が行きわたるようになるといいなぁ。
そうしてずっと次の世代へつながっていってくれればと・・・(祈


帯広競馬場に隣接する地産地消のたまり場「とかちむら」のゲートを抜けると
ししゃも国だった。
かぐわしく白い煙の向こうから「十勝産ししゃもをどうぞ」という優しい声がして
一目で新鮮でふくよかなオスとメスだと分かるししゃもと割り箸が目の前に差し出された。
十勝産ししゃも

あーうまかったー

10/26、ぼちぼち漬物や越冬用の野菜も並ぶ「とかちむら」でししゃもを配っていたのは
「十勝産のししゃも」と染め抜かれたハッピの方々。
十勝産ししゃも
紫竹ガーデンカフェでお茶を飲みながら窓越しに撮影)

ししゃもを美味しく焼いていたのは弟子屈産の「北海木炭」
どーだ!弟子屈って読めるかい?えっ、そこ?(答え;てしかが)


そしてサカナくんも羨ましがる(かもしれない)ししゃものかぶり物にロックオン!
「写真を撮らせてください」とお願いしたら、ししゃも帽を脱いで私に貸してくれようと・・・
ご親切にも「自分がししゃも帽をかぶって記念撮影したらいいべさ」と思われたようですが、
いやいや、私がコレをかぶった姿は想像しただけで恐ろしい。ししゃもマン、すてき~
十勝産ししゃも 帽子

「十勝産ししゃもオス10匹・メス10匹入り1箱2,000円」というお買い得価格で即売も。
(あ、輸入の危ないインチキししゃももどきの値段と比べないでね)

「食べて美味しいと思ったら、よかったら買ってってね~」という
穏やか~なオススメの仕方が心地ようございました。
味と品質に自信があるからでしょうね。
(十勝産ししゃもは"とかちむら産直市場"でも売っている時期アリ。価格等はお問い合わせを)

おっと、場内のモニターに「10/27 第10レース 広尾サンタランド30th杯 ししゃも特別」!
ししゃも特別

シャケ特別とかー、花咲ガニ特別なんてのもあるのかなー

(馬はどうした?いつものことだが、あんた帯広競馬場へ何しに行ったんだ?)


きれいな菊の花が見えたので引き寄せられるように近づくと、
「どうぞ」と北見の和種ハッカ「まんよう」の苗を手渡されました。
売っているのかと思いサイフを出しかけたら「いやいや無料です」って!
近所の園芸店などで探しても見つけられなかった和種ハッカの苗、
仕方なく来春に岩手の紫桜館から取り寄せようと思っていたほど育ててみたかった植物ゆえ、
ご褒美をもらった気分(ホクホク
和種ハッカ苗 まんよう 北見

この日10/26に行われたBG2「第35回北見記念」に協賛してのプレゼントだそうで、
喜ぶ私を見て「お好きなだけお持ちください」とおっしゃって下さいましたが、
なにせ高速バスの旅、ふたつだけ。ありがと~ 無事に育ったら写真送るねぇ~
北見物産展

(馬はどうした?いつものことだが、あんた帯広競馬場へ何しに行ったんだ?)


帯広競馬場入ってすぐのインフォメーションにて、
500円赤い羽根共同募金するともらえるリッキーピンバッジ(帯広市限定)。
2種類ありまして、1000円募金したら2種類とももらえました。
赤い羽根共同募金 帯広市限定リッキーピンバッジ

限定1500個、お早めにどうぞ!

(馬はどうした?いつものことだが、あんた帯広競馬場へ何しに行ったんだ?)


とかちむら産直市場内にはモ~累計1500万部突破のコミック「銀の匙」日本で唯一のショップ
『大蝦夷農業高校銀匙購買部 帯広支店』もございます~
銀の匙購買部 とかちむら ばんえい競馬

競馬場内には映画「銀の匙」で使用された痛車ならぬ「痛ソリ」なども展示されておりました。
映画「銀の匙」美術道具展


券売所の裏あたりでアートな気配を漂わす「ばんえいぎゃらりー」。
ばんえいファン、馬好き、馬の絵がスキ、古い懐かしい写真好きには堪らない空間です。
ばんえいぎゃらりー BANEI GALLERY

(馬はどうした?いつものことだが、あんた帯広競馬場へ何しに行ったんだ?)


やかましい、こう見えてもちゃんとばんえい競馬観戦だってしたわい!

ほぼ休止ブログだし、ばんえい2013年度黒字だし、
常より楽な気持ちで観戦できたような気がします。

この日の馬場は乾燥ぎみで、砂塵に煙ったこの写真もベンチに座ったまま撮りました。
へ?「楽な気持ち」じゃなくて「さらに腰が重くなったので楽して撮ってる」だけだろうって?
センショウレディー ばんえい
2014/10/26 3R 7・センショウレディー(牝3) 尾ヶ瀬騎手
士幌町の六車さんち生まれ 馬主・浅野勝善さま 谷厩舎

数年前の写真ですが、砂に煙っていない時の尾ヶ瀬騎手を見たい方はコチラ↓
尾ヶ瀬騎手

あー、馬かわいい







Last updated  2014.10.28 18:43:48

2014.08.28
テーマ:北海道綺譚(140)

暑い盛りのころに紹介したら涼をお届けできるかもなぁ、と思っていた「雪とキリン」の写真。

ありゃもうすっかり八月の底が見え、朝夕めっきり涼しくなりました。


3月の半ば旭川市にある旭山動物園では、
雪を食べるキリン


キリンが雪食ってました。ぱふっ!
雪を食べるキリン


「食べすぎると冷えてお腹をこわしますよ」と話しかけたら、
こっちを向いて「余計なお世話じゃ」と言いたげに舌をペロリ。
旭山動物園 キリン


キリンと間近に、且つキリンの目の高さで対峙できる設計の旭山動物園の飼育舎。
ということは、
キリンが土屋アンナ風に「あ゛~!?」↓とガン飛ばしてくることもあるわけで、
Giraffe Asahiyama zoo

こんな時は先に目をそらした方が負けです(たぶん)。
どうぞ目をそらすことなくしっかり見返す心構えを持ってお出かけください(笑


八月も仕舞いとなりますと、昼間でもトイレが涼しい。
ほんの少し開けた窓から入ってくる風が一日中ひんやりしている事実に気づいたとき、
「あゝ、すでにはつあき(初秋)か」と合点しました。

ソレイアード カフェカーテン


札幌では育たないかもと思いながら蒔いたホーリーバジルが元気に育っています。
(別名;ガパオ、トゥルシー、カミメボウキ)
このホーリーバジルを使ったタイ料理「ガパオライス」、
テレビで取り上げられたりHottoMottoの新メニューに採用されたり、
巷ではガパオライスが流行ってるってかい?
札幌でタイ料理をお作りの方々、
もし生のガパオが必要でしたらどうぞうちの庭から持ってっていいですよ。
って、ココで住所を公表するわけにもいかないが・・・
もし草花野菜ボーボーの変な家の前で育つガパオを見つけ使いたいなと思ったら、
玄関のベルを押してみてください。
ホーリーバジル、ガパオ、トゥルシー

うちは、ホーリーバジル(ガパオ)が「大量のオゾンを発生する」ことなどから
「種を取って友だちにあげよう」みたいな運動があると聞いて、
「一年草だし生育旺盛でもないし日本の生態系に影響なさそうかな」と育ててみました。
が、「パクチー=酔って風呂におぼれた時に味わったバスクリンの香り」、
「八角やシナモン=漢方薬、もしくは小さいとき無理やり飲まされオエッとなったシロップ薬」
としか思えない体質のため、このホーリーバジル群もスムージーに少量混ぜる・
お茶にして飲むくらいしか活用しておりません。(補足:山椒も苦手です)
茨城の花さん、種が取れたら送るねぇ~

このホーリーバジルの種はコチラ↓で入手しました


そんなホーリーバジルの横にある物干しにかけたタオルの上で「ジジジィ~」と鳴くのは?
鳴くバッタ?

そばで他の物をドタバタ干しても逃げないからモデルになってもらったわい。
この写真をツレに見せて「この鳴く虫は何であるか?」と尋ねたら、
「クソバッタ」と言い捨てた。
そんなひどい正式名称があるものかと、途方に暮れました。

ひょっとすると「逃げない」んじゃなくて、
つい真正面から私を見ちゃって恐怖のあまり動けなくなったのかもしれないね。
逃げない鳴くバッタ


ふつ~のイタリア~ンなバジルも例年どおり、トマトの脇を固めています。
バジル

バジルもそんなに大量に食べないんだけど。
十年ほども前だったろうか、若い友人が若く有能なイタリア料理店のシェフと結婚してね、
何かの拍子に彼が「生のバジルが足りない!」と言ったときスワッと届けてあげられる私、
なんて場面を妄想しながら毎年育てていたんだけれど。
お店を閉めたことは予約の電話を入れた時に彼女から聞かされていましたが、
こちらからは理由を尋ねなかったんだ。
去年の今ごろ何年かぶりで彼女たちと会ったとき、
他の娘から「あまり人には言ってないけれど突然死されたんですって」と知らされました。
今年も蒔いたバジルの種。
きちんと美味しい料理を作る彼でね、妄想で終わった「バジルお届け」なのに、
バジルを見るたび思い出します。
彼女へ: あなたが幸せになるのが供養だ!


ピーマンのようでピーマンでない、ベンベン♪
かぐらなんばん


「牛の角突き」で有名な新潟県山古志村特産の「かぐらなんばん」、
楽天の「太田種苗」で種を見つけて懐かしくなり育ててみたら札幌でも何とか収穫開始!
かぐらなんばん

山々に包まれ波のようにつづく起伏をでんでん虫のような道がめぐり、
美しい棚田に鯉の錦がひるがえり大きな牛を愛でる人が住む、
そんな山古志の気候風土でないとあの辛さの中に甘みとコクやうま味も共存する
かぐらなんばんは出来ないと、「牛の角突き」を拝見したとき
偶然に隣り合わせた長岡市内に住む方が教えてくれました。
新潟県中越地震の時には地野菜である「かぐらなんばん」の種を懐に
避難された方もいらっしゃったとか。

行きたいけれどなかなか山古志へは伺えないので、
札幌で育てたナンチャッテかぐらなんばんを食べては懐かしんでいます。
種とワタはほの辛く、皮は甘く・・・

札幌でお暮しの新潟出身の方、
もし草花野菜ボーボーの変な家の前で育つ「かぐらなんばん」を見つけ懐かしく思ったら、
玄関のベルを押してみてください ^^

かぐらなんばん、
新潟のトマトと煮込んでアラビアータみたいなパスタソースを作ったらお土産に良さそう。
唐辛子とチョコレートの組み合わせなんてのもあるし、
焼きそばの具に細切りを加えたらピリ辛やきそばの出来上がり。
ワタや種ごとオリーブオイルで焼いたのをスープカレーにトッピングしたら、
こりゃまた最高だと思います!







Last updated  2014.08.29 20:49:12

2014.07.12

十勝の鹿追町で道産子馬たちと暮らすIさんから届いた
平成26年7月20日(日)に開催される「第53回鹿追町競ばん馬競技大会」へのお誘いメールには
会場や大会の様子が分かってありがたいパンフも添付されていました。(感謝)

img062 - コピー.jpg

存続が危ぶまれ昨年で最後という報道もあったけど、
詳しくはこちら / 継続に至った「午年に止められない by鹿追町長」な経緯はこちら
今年も襷(たすき)ならぬ手綱(たづな)が繋がったようです。

風土のどこまでもおおらかな十勝の鹿追町でございます。
きっと美味しい出店もたくさん並んでいるに違いありません、フフフ。

アトラクションの「300kgの麦かんロールを人間5人で転がすレース」も気になります。
置戸町の人間ばん馬などもそうですが、馬一頭で軽々と曳ける重量に
ヒトが大勢で取りかかって四苦八苦しているのを見ると「やっぱり馬は大したもんだなぁ」と
ちょっと誇らしい気分になるのです。
私は分類学上「ヒト」に属するのに、ね。

img063 - コピー.jpg


先月(6/21,22)、はじめてツレと一緒に訪れた岩手県遠野市にて
復活したSL銀河に遭遇する。

SL銀河 JR釜石線

ひと駅ごと宮沢賢治‎さんにエスペラント語の名前を授けられ
それはピカリと地上に散りばめられた小さな星々のようなJR釜石線では、
人だかりや混雑に巻き込まれることなくSL(C58 239)を堪能することができます。

JR盛岡支社「SL銀河情報」遠野市SL停車場プロジェクト推進室

なんと6/14には「馬とSLの併走イベント」も催され大好評だったとか。
かつて石炭や木材を力の限り運び人や産業を支えた歴史の双璧をなす
馬とSLが相まみえたその雄姿、見たかったなぁ~

ふたりで行ったからできるワザ↓、上↑の「写真を写してるヒトを写す」(笑
SL銀河 釜石線


第39回東北馬力大会・馬の里遠野大会会場にて。
写真はツレがしっかり撮っているだろうからいいやー、と、
私は知人の馬運車の中に座って写真を撮ったり、楽(ラク)してました。
遠野馬力大会2014

ボクらのともだち「新燕号」、今年は勝てなかったけど無事にゴール!新燕号

レース後、心なしか去年よりちょっと年を取ったように見えた9歳の君。
新燕号

手を伸ばし背伸びして君の額の真ん中をポリポリ掻きながら、
「あなたには大事な馬搬の仕事があるんだから、絶対に怪我しちゃダメだよ」と
ツレとふたりでくり返し言い聞かせてたんだ。
怪我なくゴールしてくれて本当にありがとう。

馬搬=古くから伝わる馬を使った木材の搬出作業「地駄曳き」。重機が入れない山でも作業でき、
地表を荒らさない地球に優しい集積方法だが、木材価格の下落や機械化で技術継承が難しい。
詳しくは 
コチラ とか コチラ 

昨年、積載量750kgのレースで優勝した新燕号、
今年参戦したのは積載量825kgのレース。
遠野馬力大会

新燕号の持ち主が腰を痛めてずっと山から木を運び出す仕事を休んでいたこともあり、
本来のコンディションではなかったのかもしれません。
いや、それに何しろ825kgだし・・・

新燕号、平成26年も7/26,27,28と開催される福島県伝統の祭り「相馬野馬追」へ
重さ20kgといわれる甲冑を身に着けた武将を乗せてのお行列などを手伝うため馳せ参じるとか。
見かけたら声をかけてあげてください。期間中、あまり暑くなりませんように・・・

お昼ごはん準備中の馬運車の中に、
なぜか北海道限定生ビール「サッポロクラシック」が並ぶ(笑
馬運車でランチ

霜降りっぽい厚切りのラム肉ジンギスカンをご馳走になったのですが、
甘さに頼りすぎないタレといい「遠野ジンギスカン」が人気の理由が分かりました。

遠野ならでは、「お父さんにカッパの髪型にされたんだ」と言いながらポニーに乗っていた男子、
素敵です!
河童ヘアー

母へのお土産は、彼女曰く「懐かしい味」だという「凍み大根」を
道の駅みやもりの店頭に並んでいた分ぜんぶ。
凍み大根

今回は、いわて花巻空港からレンタカーでの移動だったおかげで、
遠野にある上閉伊酒造のワンカップ「SLたいのしいねっ♪遠野カップ」など
重たいものも宅配にせずお持ち帰り(遠野駅前「旅の蔵 遠野」売店で発見)。
SLたのしいねっ♪遠野カップ

帰りの空港へ向かう途中、nhk「日曜美術館」で見て気になっていた
花巻市東和町にある「萬鉄五郎記念美術館」にも立ち寄ることができました。
萬鉄五郎記念美術館






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.07.15 00:10:06

2014.04.29
テーマ:北海道綺譚(140)

北ノ 宮島沼ニ ヲリマス

御用ノ方ハ ドウゾ

目印ハ 頭上ヲ通ルマガンニ 「アハハ」ト 「オ帰リ」ト 手ヲ振ルオバサン


昨日(2014/4/28)の夕まづめ、北海道美唄市宮島沼にてマガンのねぐら入り。

宮島沼 夕日


手前の草むらが岸、向こうが就寝準備中のマガン。
沼に入ってジャブジャブ数歩で手が届きそう。
そんな無粋なことはしないけど、たぶん沈むし。

マガンねぐら入り

自然や動物の近くではカメラのフラッシュも大きな声や音も厳禁です。
(特に早朝のねぐら立ちを観察するときは驚かせることのないよう更に注意を)


残雪を横目にマガンたち(黒い点々)が各々のエサ場から鳴き交わしながら戻ってきます。

宮島沼 


札幌から宮島沼に着くまでずっと空は鈍色(にびいろ)でね、
今日は鈍色を濃くして暮れゆくのだろうと思いながらマガンの声に浸っていました。
(ワタシ、マガンノ鳴キ声スキー、トテモ癒サレル、CDホシイ)

宮島沼


三脚+カメラ2台の人が「今日はひょっとすると面白くなりそうな気がします」と教えてくれたのに、
この時もま~だ「このまま闇(漆黒)が降りてくる」と思い込んでいました。

宮島沼


だけど、黒い輪郭だったマガンたちの、
日暮れが経る常に抗って色を現し映えはじめるを見て

宮島沼夕景


あゝ、これは夕映えの色だ

夕日に映えるマガン


マガンの翼を

残雪とマガン


マガンのお腹をダイダイに染める

wild goose


春の夕焼け

Miyajima Marsh,Wild Goose


落日の帯に愛しい輪郭が浮かび上がる

宮島沼 夕焼け


って教えてくれた「宮島沼水鳥・湿地センター」のOさん、いつもアリガトー

宮島沼 落日


古今東西「春はあけぼの」と言われているけれど(言いだしっぺは清少納言ちゃん?)、
春はあけぼののみならず。
春の夕暮れも、
いや、春夏秋冬朝昼晩、天然はいつだって美しい。

宮島沼夕景


東北で見守られながら越冬したマガンたち、
そこからビュンビュン北海道にたどり着いてさ、
その渡りで痩せてさ、
北海道で必死に体力戻してさ、

(小麦など農家の皆様には申し訳なく・・・「マガンが降り立つ畑の小麦粉」とか「お米」とか、
それらを使ったお菓子や酒類など加工品も、発売されたら絶対買います!)

そろそろ遥か遠くロシア極東の繁殖地へ旅立つ(旅立った)マガン。

飛来数やねぐら立ち・ねぐら入りの時間など、
詳しいことは宮島沼水鳥・湿地センターFacebook
宮島沼日記をチェックだべさ。

あ、圧搾法のなたね油(北海道美唄産)も発売中だべさ。


夜空にマガンのお腹の白色を朧に浮かび上がらせた大きな大きなV字編隊が
私の部屋の真上を幾群れも渡って行ったあの秋の夜
どこからか聴こえてくる懐かしい鳴き声を訝しみ窓を開け夜空を見上げ君たちを見つけたんだ
あの夜をふたたびと願うのは欲張りだろうか
眠りを貪る自分が窓の上空を渡って行く君たちに気づかないでいるだけかもしれないが






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.04.30 00:02:03

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.