000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

駆け出し記者の一期一会

駆け出し記者の一期一会

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2008年07月21日
XML
カテゴリ:音楽
このあいだも書いたように、毎日のようにコンサートや展覧会のリリースが送られてくる。

いくつもある美術館やギャラリーに古今東西のお宝が陳列され、
いくつもあるコンサートホールでは今日も誰かが渾身の名演を聴かせる。

あれも見たいこれも聴きたいと思うけれど、もちろん全部に行くことは不可能である。
ほとんどのものを見もせず、聴きもせず、日々は過ぎてゆくのだと思うと、時々憂鬱になる。

音楽関係で目についた海外ものだけでも、英国ロイヤルバレエ団が終わったと思ったら、アメリカン・バレエ・シアターの公演が始まり、札幌で今やっているPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)は最後に今月末東京公演をやるし、この春フィラデルフィア管が来ていたと思ったら、9月にムーティ指揮ウィーン・フィルが来る、10月にサロネン指揮ロス・フィルが来る、11月にラトル指揮ベルリン・フィルが来る、ゲルギエフ指揮ロンドン響も来る…ああーどーすんの。でも即完売だわね…

オペラだって、新国立劇場で年がら年中何かやっている上に、海外からも引っ越し公演がある。
記憶に残っているチラシだけでも、2006年メトロポリタン歌劇場日本公演、キエフ・オペラ、ボローニャ歌劇場、2007年ベルガモ・ドニゼッティ劇場オペラ、ベルリン国立オペラ、今年はイタリア・スポレート歌劇場とか、このあいだウィーンフォルクスオペラが来ていて、秋にはウィーン国立歌劇場も来るし、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの日本公演というのもあるらしい。

こういう企画の華やかなチラシやリリースを眺めるだけでワクワクするけれど、
ほとんどは自分が行くことは思いもよらず、仕事柄、これはリストに載せる、これはどうせ
もう即日完売だから別にいいやとか、これはぎりぎりまでチケットがあるらしいから、
告知記事書こうかな、などということを考えるだけだった。

だって、こんなに行けませんよ。まず、日程と時間帯がなかなか合わない。
それに、チケットの値段が高すぎる! ベルリン国立歌劇場だって、
現地だとせいぜい100ユーロぐらいでじゅうぶん良い席が取れたものだと思うと、
ふん、海外引っ越し公演なんて行かなくていいや、とすねてしまう。

しかし、今月始め、いつものように手元にたまったチラシの束をめくり、
目をスキャナのように走らせていて、あらためて引っかかったリリースがあった。

「パリ国立オペラ 初来日公演 世界の最先端を走るパリ・オペラ座がついに日本へ!」

へーえ、パリ・オペラ座って日本に来たことがなったんだ…
もう何でもかんでも東京に来ていると思っていたので、ちょっと意外だった。

次のページをめくると、左端にいきなり縦書きで、でかでかと、

「パリからの衝撃!!」

ときた。その横には細かい字で、

「ヨーロッパ・オペラ界の風雲児ジェラール・モルティエ総裁に率いられ、
世界のオペラ界を強力にリードしてきた『パリ国立オペラ』。
彼らの総力を挙げた、日本への引っ越し公演がついに実現する。
世界最大級のオペラ・カンパニーが満を持して届けるプロダクションは、
エポック・メイキングな話題作4作品。その作品に触れる時、
あなたは知の最前線に立つ。」

うわ~誰が書いたんですか、この文章!? と感心しながら既に私は引き込まれていた。
セールストークに弱いというか。
しかも、演目の一つは、興味がありながら、これまで見る機会のなかった「トリスタンとイゾルデ」である。というより、あとの演目はさっぱり知らないものばかりだった。そうか、トリスタンとイゾルデだよ!
さらに、鬼才ピーター・セラーズ(最近名前を知ったばかりで恥ずかしいが)の大胆演出に、
ビル・ヴィオラの映像(これも確か森美術館で展覧会をやっていたのに見損ねた)を駆使と書いてあるのを見て、「これは行くしかない!」と思ったのだ。

しかし、7月にもなってからチケットを買おうとすると、チケットぴあだと5万円のA席以上しか
残っていない。

「えーっ!ごまんえーん!? やめとけ。2人分だったら、家電が買える」

という夫の反応はまあ予想通りだった。(いや、なにも2人でとは言ってないんだけど…)
その場の会話はすぐに切り上げたものの、あきらめたわけではない。
チケットぴあだけではわからんと、翌日、公演事務局がある東京音協に電話した。
もちろん、個人的にである。すると、なんとB席が残っていると言うではないか!
このとき、電話に出てくれた方はとても感じがよくて、残っているB席のうち、
1階のやや端のほうだけど、S席のエリアからさほど遠くない席が、2階の後ろのほうや真ん中でも
3階から見下ろすのに較べたら断然オススメですよ、とアドバイスもしてくれた。
ここはもう即決! チケットを押さえてしまってから事後報告である。

「いや、日程からしても、最終日7月31日の木曜午後の回しか行けないし、
 問い合わせてみたらB席が残ってたのよ!」
それでも、4万2千円するのだが、最初の「5万円」が衝撃だったので、いくぶんマシだと思ったらしい。
「このあいだもらった自分のボーナス(ほんのわずかだけど)で買うからいいでしょ?
木曜の午後だから、残念だけどあなたは行けるわけがないし、3時始まりだからそんなに遅くならないし」

とかなんとか、もう買ってしまったのでどうこう言われてもしょうがないが、
いちおう家族も納得したようだ。(有無を言わせず)

これだけいろいろある大東京の催し物三昧の中で、どれを選んで行きますか?

たまたま出会うことのできる芸術というのは、絵にしろ音楽にしろ、無数にすれ違う人々の中で、
たまたま友達になったり恋人になったり夫婦になったりするのと同じように、
きっと特殊なご縁があるのだろう。
自分で選んでいるようだけど、選ばせるのに何かの力が働いているとしか思えない。

というわけで、「清水の舞台から飛び降りる」気持ちで自分で大枚はたいたパリ国立オペラ。
期待に胸が高鳴ります。

パリ国立オペラ初来日公演。東京公演は7月23日から始まります。
(今、公式サイトを見るとまだB席も残っているようだ。直前だからかもしれない)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2008年07月22日 07時41分52秒
[音楽] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

harvestみのり

harvestみのり

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

ガムザッティの感動… gamzattiさん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ほよほよ部屋 ほよほよぴょんさん

コメント新着

harvestみのり@ Re:やけど(09/02) みなさん、温かいコメントありがとうござ…
ユニ育しようよ♪/重度脳障害児のママ/こがに@ Re:やけど(09/02) あ・・・「ヤケド部分にアロエを切ったも…
ユニ育しようよ♪/重度脳障害児のママ/こがに@ Re:やけど(09/02) すっごくヒリヒリしませんか?私もよく、…
ハハ@ 病院に行った方が? 大きなやけどですね。水ぶくれが破れたあ…
らんこ@ お大事に! もう遅いアドバイスだけど、やけどをした…

フリーページ

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.