860666 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

金魚屋バンビーーノのブログ

全443件 (443件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

October 9, 2019
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
10月6日(日)湘南らんちゅう会の品評大会に参加しました。

この日の天気は曇り空。一気に秋めいた気候で、途中雨がぱらつき肌寒さも感じましたが、少し動く分には過ごしやすかったです。

今年は50周年の大会と言うこともあり、入会し、参加しました。
湘南は近所の会だし、日らんが大阪、名古屋の時は多くの人がバスで一緒に行ったりと親交があり、知った顔も多いので、とても楽しむことが出来ました。


当歳魚の部は地元会員の松藤氏が見事な魚を見せてくれました。いつもお孫さんを連れて来て一生懸命動いてくれる地元の会員が一番になってくれた事が端から見ても本当に嬉しかったです。ご本人はもとより、他会員が一緒になって喜んでいたのがとても印象的でした。
んで、我らが村ちゃんもしっかりと西大関に。この人、去年から参加した大会は全て優等に入賞しております。茶化しちゃってばかりですが、本当に凄いこと。


自分も手ぶらじゃつまらないので、まさかの当歳魚を出品しました。
オール3点でこの位置と、決して喜べる成績ではないですが、何年かぶりに当歳魚を数ヶ月自分で飼って会に出せたことと、元の魚主に育った姿を見せられたこと、その元魚主に勝った事が嬉しかったです。


二歳魚の部は横浜の村田村コンビが東西大関に。
溜め池でもダントツで目立っていたのが村田氏の魚。横浜でも優等でしたね。
田村氏の魚は作りと仕上げ力でこの位置に来たと思います。
一番を決めるときに何故か意見が割れていましたが、ここの順位が逆になったらそれはおかしな事です。
まあ、良い結果でした。


親魚の部も魚がしっかりと揃っておりました。

年間総合優勝は安田英一氏。
各部門で優等入賞&二歳、親ととんでもない球数を持ってこられておりました。
今年は地元会の記念大会だからと数を抱えておられましたからね~。良い結果になりました。
(1点差で村田さんが2位だったそうです。あぶないあぶない笑)


本当に雰囲気が良く、終始楽しい気分で過ごすことが出来ました。
他会との折り合いもあるのでなんとも言えないですが、来年からも参加したいです。


車で30~40分くらいの場所ですが、この辺りの渋滞はえげつないもので、帰りは2時間掛かりましたけども。。。


次回は19日(土)に房総らんちゅう会に伺い、翌日20日(日)は足柄へ行きます。






Last updated  October 9, 2019 01:59:42 PM
September 25, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月22日(日)横浜観魚会の品評会に参加しました。

この日の天候は曇り。
暑くなくて過ごしやすい一日でした。

隣接する商業施設のオープンと重なり、直前にバタバタとしてしまいましたが、皆様に早く来場して頂いたことで混雑は事なきを得て、無事に開催することが出来ました。
今年も遠方から北は青森、南は四国の徳島、香川、愛媛まで沢山の愛好家が集いました。

今年は割りと余裕を持って参加していたのですが、安定の写真ゼロ。
しかし、動画は撮って来ました。



激戦の当歳魚の部を制したのは我らがえっさん!
今年は他会で苦戦していたようですが、横浜で東大関獲得。持ってますね。強運。
そしてピッタリと西大関に付けたのが鈴木友来。呼び捨て(笑)
尾の魅せ方、使い方が非常に良い魚でした。魚名も今年はちゃんと漢字で考えて付けた様ですが、スベってたと思います(笑)。
立行司には我らが村ちゃん!
魚を見て直ぐに「村田さんの魚だ!」とわかって嬉しくなりました。去年も各会で優等魚を数匹出しておりましたが、今年はまた魚も作りも違いますよね。文化の日も期待してます。
取締一には吉野さん。この方、忘れそうになると良い魚を持って現れます(笑)。
この日の魚も審査の流れが少し変わっただけで大関の位置にいたと思います。
取締二には丸山さん。狙って持ってきた横浜仕様の魚をしっかりと優等に乗せてくれました。

この日の当歳魚、私的に面白いのが小役の魚達。
我らが鈴木の兄ぃの魚は来場者の多くが褒めちぎる、芸術作品の様な見事な魚でした。私も久々に鈴木さんの”本気”を見た気がします。
鈴木さんの魚が立行司で、房総の作本君や、徳島の平田さん、もっちゃんこと望月さんの魚が優等に絡む並びも見たかったなと個人的に思います。
前頭下位まで本当に良魚が揃っており、愉しんで見ることが出来ました。



二歳魚の部は私の東京の相棒、三宅雅也が東大関を獲得。
横浜で初めての東大関?と思いきや、優等が横浜本大会では初めてとのこと!
そう言えば日らんで優等を獲得した魚もその年の横浜では小役でしたね。。。
まあ、良かった良かった。おめでとう。



親魚の部は中々面白い戦いがありました。
昨年の日らん立行司のチャボくんこと田村氏の魚が一次審査では5人の審査員がオール5点の25点満点。そして三宅雅也の魚は2人が4点で23点。
このまま東西大関が決まっても良いのですが、横浜の審査は二次審査で大きな洗面器に魚を一緒に入れてぶつけます。二匹を見比べると魚が良いのはチャボくんの魚ですが、親魚らしさ、東大関にふさわしいのは?と問われると三宅君の魚なんですよね。
結果、三宅君のが東、チャボくんのが西となりました。誰もが納得の素晴らしい審査を見させて頂きました。
私の二人の相棒の熾烈な戦いを見てちょっと感慨深いものがありましたね~。親魚の部での戦いと言うところがまたねぇ。
ただ、三宅雅也の魚作りの真髄は取締一の魚にあります(笑)。私はこの魚だけを褒めます(笑)。

この二人、東錦の部でも三宅君が当歳で取締二に入賞、チャボくんが親魚で西大関と大暴れ。
(東錦の部は写真も動画も撮れてません。殆ど見れてもいません。。。)
私はというと、今年はまさかの手ぶら。横浜に入会以来初めての事です。それなりの魚は持っていたんですが、売ってしまったり、★にしてしまったり。。。本当に情けない。。。
今は当歳魚をチョロチョロとやっている程度です。。。


そんなこんなで今年も沢山のドラマがあり、とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。
去年とかも楽しかったハズなんですが、なんだか「久々に凄い楽しかった」という感覚です。


参加された皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。
四国から参加された方々の帰りの飛行機を心配しておりましたが、松山空港行きは無事に飛んだ様ですが、徳島行きが欠航になってしまったそうで、翌日に帰られたとのこと。
結果的にもう一泊して楽しまれたみたいで良かったですが(笑)
本当にお疲れ様でした。


次回は10月6日(日)の湘南らんちゅう会50周年大会に参加予定です。
ここもとても楽しみです。






Last updated  September 28, 2019 08:05:19 PM
September 20, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
横浜観魚会からのお知らせ、直前にバタバタとすいません。
簡潔に言うと、

・とにかく早めにお越しください。
・入口が変わりましたので間違えないでください。
・入口で誘導員に「横浜観魚会に来た」と伝えてください。


以上が重要案件です。
遠方からの来場者が多い会なのに、本当に申し訳ないですが、「なにしろ早めに来てください」と言うのが最重要なお願いです。
当初、開会を遅らせるとか悠長に考えておりましたが、それは訂正、取り消します。
この新施設「ブランチ横浜」はこの週末の連休期間中に100万人の集客を想定しているそうです。
100万人ってとんでもない数ですからね。具体的に県名を出してしまいますが、香川県の総人口が大体それくらいですので、少しは想像出来るでしょう。
広告もかなり打っており、テレビ等にも相当数取り上げられているそうです。
市場前の道路は相当な混雑が予想されます。
ですので、特に魚の出品を予定されている方は、迂回などは考えずにとにかく早く、9時前には到着するくらいのつもりで来て頂けると良いかと思います。
「遅れても待ってくれるならギリギリの到着でいいかぁ」なんて思って来る人がいるかもしれませんが、基本的には待ちません!
いや、会員に電話等もらえれば、多少は待ちますが、10時ギリギリに来るつもりの人を待ってたら開会がお昼になってしまう可能性があります。そのくらい混むみたいです。
あと、電車で来られる方も入口では同様に「横浜観魚会の~」と伝えてください。
もちろん、会からも誘導員を出す予定です。

ご迷惑を掛けますが、宜しくお願いします。
是非、ブランチ横浜を、あ、間違った、「横浜観魚会」を楽しんでいってください(笑)
品評会場からブランチ横浜へは、ちょっと歩きますが徒歩で行けると思います。時間を見て遊びに行くのは大いにアリですからね。

とは言え、金魚の人達、朝早いのは得意だと思いますのでそれほど心配はしてません(笑)
が、安全運転で気を付けてお越しください。






Last updated  September 20, 2019 05:26:48 PM
September 12, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月8日(日)岡山錦鱗会に参加しました。
先日の山梨同様、私的都合で今年は行けるか微妙なところでしたが、行かないわけにはいかないでしょう。と言うことで少し無理して行きました。結果的にやっぱり行って良かったです。


大雨だった昨年の大会とは打って変わり、快晴過ぎる程の陽気。
「暑いけど海からの風があるから良いねぇ」なんて言ってたのは朝のうちだけで、時期外れの容赦ない日差しで激しい日焼けをしてしまいました。
でも個人的には雨の大会よりは全然良いです。

結果は動画のみで


激戦の当歳魚の部。
私が参加する品評会の中で、間違いなく全国大会の次に高いレベルを見せるのが岡山錦鱗会の当歳魚の部だと感じております。
出品魚数が桁違いですし、9月2週目という早い時期の開催ですので、魚タイプもかなりばらつきがあります。審査も大変だろうなと思います。
そんな中を制したのが村上暢彦氏。見事な魂魚でした。見た瞬間に「うわっ」と思う魚でしたね。
個人的な見方、好みで言うと優等魚のうち「良い魚だなぁ、好きだなぁ」と思うのは4席、5席の魚ですが、東大関にするならどれ?と聞かれたら迷い無く村上氏の魚を上げるでしょう。
そういう魚でした。
あ、もちろん西大関、立行司も素晴らしい魚でした。
私的には7席の川村氏の魚が堪んないです。
前頭下位まで何度も往復してると本当に歩き疲れてしまうんですが、本当に楽しめるので、何度も何度も魚を見ておりました。
今年から審査が6人の点数制になったことも大きく影響もあったと思いますが、魚並びは良い意味でバラバラ。なにしろ出品数が多いので並びがバラつくのは必然で、変に並びが揃ってもそれはそれで不自然だし、見る側もつまらなさを感じてしまうかもしれません。
入賞を逃した魚の中にも本当に良い魚がゴロゴロとおりました。
思い返しても楽しさがよみがえってくる当歳魚の部でした。


二歳魚も朝、溜め池を見て「今年は魚が揃ってるなぁ」「審査が大変そうだなぁ」と感じました。
しかし溜め池の中でも目立っていたのが三宅氏の魚と武下氏の魚でしたね。しっかりと東西大関に上がって来ました。
武下氏、ミスター西大関継続中です(笑)

昨年の全国大会から予感はしておりますが、2019年の二歳魚はレベルが高い気がします。
他会はどうでしょうか?


親魚の部も今年は魚が良く揃っておりましたね。
そんな中でやっさんこと神奈川の安田氏が役魚に3匹も入賞させており、地元の仲間としてはそれだけでちょっとテンションが上がりました。

今年も本当に楽しい大会でした。本当に行けて良かったです。


大会後は恒例の高尾氏宅訪問。

いつもと変わらぬ光景で当然の様に各池に良魚がおります。
芸術レベルの魚作りに本当に溜息が出ますね。ここの魚を見て心を動かされないらんちゅう師はいないでしょう。
今年も楽しみにしております。

そして柏野会長宅を訪問。

今年から飼育場をリニューアルされたそうで、なんとも格好良い雰囲気になっておりました。給排水も機能的に行うことが出来、所々に観葉植物が配置され、どこかおしゃれなカフェ感も漂う、居心地の良い空間になっておりました。ちょっと良く言いすぎ?(笑)
魚も幾つか掬って見せてもらいましたが、しっかりと出来ておりました。これまでの柏野氏の魚に色々と+アルファされている部分があったりと、とても楽しみな魚がおりました。

写真は失念しましたが、この後はマルカで堪能させて頂きました。
柏野会長、本当にいつもいつもありがとうございます。

会後の反省会では無いけど、振り返って意見を交換し合える時間って本当に大事だなと、最近特に思います。



訪問記として別記事にするボリュームでは無いので、前日、翌日のことも。

まずは土曜日に高松空港へ。田淵君に迎えに来てもらい、田淵家をチラ見。本当にチラ見(笑)
毎年同じような管理をして同じような魚が出来たら誰も苦労はしません。
悩んで悩んで試行錯誤してあれこれと自分で考えて魚を作ってください。
ただこのゆとり、変に強運を持っており、翌日の品評会では役魚ゲットというミラクルを起こしたりします。私はなんせボロクソに言いましたから(爆)。結果、私のアドバイスなど、彼には全く響いてないでしょう(泣)

続いて伺ったのが新居浜の佐藤氏宅。

少数精鋭ながら佐藤氏らしい魚が複数おりました。
なんてこと無い魚でも佐藤氏が持っていると言うことでワクワクさせられます。
田淵と魚を分けたりしてるハズなんですが、パッと見た池ヅラが全くの別物でした。
思い返しても「楽しみだなぁ」「あれをどう仕上げるのかなぁ」という魚が数匹おります。

続いて伺ったのが西条の津島氏宅。
飼育場写真は失念・・・。
バンビーーノのヤフオク出品魚等を見て「今年の津島さん、魚が良いみたいだね」と周囲からも沢山聞かれるのですが、この人は毎年魚が良いですからね。
津島氏はもちろん、ストイックに誰よりも真剣に魚に向き合って作っている部分もあるのですが、本当に魚作りを楽しまれており、どこかで我々仲間を魚で笑わせようとしている部分も大いにあります。
いくら周囲に魚が良いと言われても本人が気に入らなければ簡単に手放してしまったりと、強いこだわりと信念を持って魚を創られております。
その辺はらんちゅうの商売人では無いことの強みなのでしょう。
もちろん、今年もしっかりと楽しみな魚がおりました。ただ個人的には来年の津島氏の魚が楽しみであります(笑)

岡山の大会の後、もう深夜でしたが松山の川本氏宅に訪問しました。
写真は失念。
今年は訳あって帰りの飛行機を松山発にしておりましたので、伺うことが出来ました。
川本氏は「魚がおらん」と言ってましたが、そんな事は無く、しっかりとおりましたね。
二歳も面白そうな魚がおりました。
会と出品魚がはまれば良い結果が出るでしょう。

そして会翌日、竹内誠司氏宅を訪問しました。
写真は・・。
まだまだ各池に魚が沢山残っておりましたね。
ただ、この日は前日同様にめちゃめちゃ暑く、私も日焼け跡が火照り、汗も噴き出し、魚を見る集中力が続きませんでした。その為、洗面器に魚を掬って見せてもらう事はしなかったですが、各池に数匹、やはり光る魚が目に付きました。
二歳、親もなんだか凄いのがおりましたね。
日本一魚も健在でした。楽しみにしております。

松山組はまた来月見に行けるので、本当に軽くお邪魔した程度でした。


とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
お相手くださった皆様、ありがとうございました。


帰りですが、あの台風の時でしたので・・・。
松山空港からその日最初に飛び立った飛行機が17時でした。
14時の飛行機を予約してたのに・・・。
羽田空港に着いてからも帰りの首都高が渋滞で、帰宅時間が22時でした・・・。
それでも車で空港に行ってた事が幸いでした。電車で行ってたらOUT。電車は止まってましたからね。
幸い、家の方は大きな被害もなく、停電も無かったみたいで無事でした。


今年は東部大会が無いので、次は横浜観魚会です。
とても楽しみです。






Last updated  September 15, 2019 04:19:24 PM
September 3, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月1日(日)山梨錦城会の品評会に参加しました。

直前まで今年は行けないかもと言う状況でしたが、行けて良かったです。




天気はやや曇りという、過ごしやすい陽気。それでもお昼くらいにはムシムシと暑くなってきました。


小山会長の開会挨拶


今年は石丸中部本部長も来場されておりました。

◆当歳魚小の部 審査結果◆


東大関 山梨 庄村 清
溜め池でも一際目立っており、ダントツで一番の魚でした。


西大関 神奈川 村田祐則
我らが村ちゃん(笑)。魚が良いです。


立行司 長野 武田広幾
優等魚のみ二次審査で格付けをするのですが、見事に立行司らしい魚がハマりましたね。綺麗な魚でした。


取締一 岐阜 鈴木友来
魚に名前を書いちゃダメですね(笑)。力強さのある良い魚でした。


取締二 函南 江藤芳一
まとまりのある、バランスの取れた良魚でした。

東関脇 三島 神尾昭司
西関脇 一宮 石井 茂
東小結 長野 木暮 實
西小結 山梨 村上由希也
勧進元一 山梨 庄村 清
勧進元二 埼玉 千葉和夫
行司一 山梨 小山徹志
行司二 富士 齋藤宏典
脇行司一 埼玉 千葉和夫
脇行司二 長野 小林 哲
※ここの会、行司が二枚しかないです(汗)


当歳両部門の審査をさせて頂きましたが、毎年、特に小の部は本当に良い魚が並びますね。魚が揃ってます。小役まで動画を撮るべきでした。

◆当歳魚大の部 審査結果◆


東大関 三島 御手洗逸夫
昨年の全国大会で優等入賞の御手洗氏。今年も魚が良さそうです!


西大関 神奈川 村田祐則
二部門で大関獲得。去年、今年と魚が本当に良いので、どうやら本格的に復活されたようです(笑)
バンビーーノとしても数年ぶりに魚を出してもらいました。


立行司 清水 川口久男
川口さんのこの魚。審査で見て「上手いなぁ」と感じました。


取締一 山梨 庄村 清


取締二 岐阜 鈴木友来

東関脇 浜松 鈴木克巳
西関脇 新潟 富岳雄一
東小結 三島 御手洗逸夫
西小結 三島 下山敏春
勧進元一 一宮 林 達夫
勧進元二 富士 齋藤宏典
行司一 山梨 村上由希也
行司二 山梨 林部春雄
脇行司一 岐阜 鈴木友来
脇行司二 三島 下山敏春



◆弐歳魚の部 審査結果◆


東大関 山梨 小山徹志
やや小振りながら、溜め池でもダントツで目立っていました。バランス抜群。小山さんらしい良魚でした。


西大関 長野 中根利夫


立行司 山梨 庄村 清


取締一 埼玉 千葉和夫


取締二 長野 山崎晴彦



◆親魚の部 審査結果◆


東大関 山梨 小山徹志
昨年の二歳の部東大関。崩れること無くしっかりと貫禄を付けておりました。


西大関 長野 木暮 實
会によっては親魚らしさという部分でこちらの魚が上に来るかもしれませんが、この日は魚質、仕上がりの差で上の魚に軍配が上がったと思います。溜め池ではこの東西大関が完全に抜きん出てましたね。良い魚でした。


立行司 山梨 小山徹志


取締一 長野 木暮 實


取締二 長野 中根利夫



本当に雰囲気が良く、参加者皆さんがニコニコと楽しそうにしている会です。
特別になにかあったわけでは無いですが参加した方々が「楽しかった」と口を揃えます。
私も本当に楽しかったです。  ・・帰りの渋滞以外は・・・。

来年は70周年記念大会と言うことですので、是非、足を運んでみてください。







Last updated  September 5, 2019 07:21:14 PM
August 26, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
8月18日(日)横浜観魚会の第三回研究会に参加しました。

気が付けば開催日からブログアップまで随分と経ってしまいましたので動画のみで。



安田さん、加藤さんの横浜コンビがアツいです。
若者がもっと頑張れ。って魚を通じて言われている気がします。



次回、9月22日(日)はいよいよ本大会です。
沢山の方の参加、見学をお待ちしております。






Last updated  September 2, 2019 06:34:38 PM
July 23, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
7月21日(日)横浜観魚会の第二回研究会に参加しました。

この日は曇り空。気温は高めで少し蒸す陽気でした。
昨年と打って変わって、今年の梅雨は長いですね。魚作りに多大に影響しそうですが、いかがでしょうか。


矢作会長の開会挨拶


研究会前には交換会も行われました。
数はかなり少なかったですが、なかなかのハイレベル。

この魚は、研究会に出しても間違いなく上位に入賞したことでしょう。


東錦も交換会が行われます。


らんちゅう、審査の様子。

この日はT山氏が来られないと言うことで、かなり久々に審査を外してもらい、撮影係をしましたが、洗面器の高さがとても絶妙で首が辛く、集中力も無くなってしまい、会場の暗さもあり、本当に写真が酷かったです。本当に恥ずかしいレベルの写真。。。
最初から構えずにiphoneでサクサクと撮ってた方がよっぽど綺麗だったと思います。
なので写真は掲載しません。
更に言うと会翌日から頸椎の痛みがぶり返してしまい、PCでの編集作業がきつくなりました。
魚の入荷も増え、忙しくしなきゃいけない時期に。。。フルストレス。
当面、会での撮影は控えます。


この日は人も魚も少なめでした。
今回、審査を外れたこともあり、審査前の溜め池をしっかり見ましたが、大体予想通りの順位になりましたね。
まあでも、飛び抜けた様な魚はいなかったイメージです。



東錦の審査の様子


アズマも随分少なかったですね。





早く梅雨明けして欲しいなぁ。






Last updated  July 24, 2019 05:51:06 PM
June 24, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
6月16日(日)横浜観魚会の第一回研究会に参加しました。

開催日からブログアップまで随分と開いてしまいました・・・。
実はちょっと頸椎をやってしまっており、PCで作業出来る時間が限られている状態でして、週に多くて二、三回のオークション出品が手一杯なんです。長距離の運転とPC作業が一番しんどいので、できる限り控えております。
日常生活にはほぼ支障なく、PC&運転中以外はコルセットもしていないので見た目も普通ですので心配はご無用です。
そんなわけで簡素にお送り致します。
ま、いつもと変わらない感じですが(汗)


矢作会長の開会挨拶


一位の魚が違いました。抜けてるとかそういう意味でなく、一位にせざるを得ない魚でしたね。
加藤さんが大爆発でしたね。今年も期待です。
大の部の審査に入りましたが、全体的に魚が良く、順位付けが難しかったです。ですので魚が良くても欠点や癖のある魚は残念な結果になってしまいました。



この数年、一回目の研究会小の部の一位二位が固定されてしまったおりますね。
小の部、特に出品数も少なかったですが、魚質が良く楽しめました。



東錦の部。アズマの人は自然採卵が多く、魚がそれほど育っていないので、らんちゅうに比べるとサイズも随分小さく、出品数も極端に少なかったですが、上位の魚の質はかなり高かったのではないでしょうか。



いよいよ今年も始まりましたね。
体のこともあり、今年もあちこち伺うことは少ないと思いますが、楽しんでいきたいと思います。






Last updated  June 26, 2019 04:54:17 PM
April 16, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月14日(日)好鱗会の二歳会にお邪魔しました。


曇り空で気温の割りにはちょっと肌寒さのある天候でした。


佐野会長の挨拶

会場に着くなり「審査やってよ」と。
東部で審査をする様になってから審査依頼は基本的にすんなり引き受ける様にしてますが、この日はなんとなく気が乗らず。。。
ずーっと断り続けましたが、最後は押し切られる形で一成氏と二人で審査させて頂きました。
難しい審査でした。。。

審査結果


東大関 原田勝彦 府中市


西大関 小山高弘 葛飾区


立行司 新倉健次 練馬区


取締一 小山高弘 葛飾区


取締二 丸山克昌 所沢市

洗面器審査で、審査後も並び替えたりしないので、動画は一応、一匹ずつ撮りましたが、今回は載せないでおきます。
ザッと見るなら少々下手でも写真の方が見やすいでしょ。


アットホームで和やかで楽しい時間を過ごすことが出来ました。

次週は房総らんちゅう会の二歳会に行きたいのですが、午後開始というのが悩ませるところ。
帰りを考えると。。。。行けたら行きたい。






Last updated  April 18, 2019 07:45:42 PM
March 26, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
3月24日(日)湘南らんちゅう会の二歳会にお邪魔しました。

昨年は一度も行けてなかったので久々の訪問。
我が家から30分少々の場所なので遊びに行く感覚で行けます。

前週の横浜の二歳会時同様、良く晴れておりましたが、朝の気温は2℃くらい。かなり冷え込んでました。
会場は陽も良く当たり、昼近くは気温も上がったので暖かかく、品評会日和と言える天気でした。


昨年から二歳会、研究会は洗面器審査になったそうです。


一席、高橋氏の魚が魚質の良さでは抜けていたかと思います。
二席、我らが村田さん。しっかり作り込んでましたね。前週の横浜の辛い審査(?)でも出てれば良いところに入ったと思います。
三席、やっさん、地元会での戦い方が憎い(笑) 洗面器を叩いたのは私ではありません(汗)

魚数も集まっており、楽しめました。

湘南らんちゅう会、今年は50周年と言うことですので10月一週目の日曜日、お近くの方もそうでない方も是非、足を運んでください。
私も魚を持って参加しようと思ってます。






Last updated  March 26, 2019 07:36:57 PM
このブログでよく読まれている記事

全443件 (443件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

PR

Free Space

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.