2508049 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

R-BEAR 非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)

PR

全1316件 (1316件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

模型

2019.12.11
XML
カテゴリ:模型


ほぼ、機体の塗り分けができました。

特に厄介なのは尾部の塗り分け。

チタンの色が画像では飛んでいるが、かなりマスキングを繰り返しての塗装です。



これが済んだら、エナメルで墨入れと全体のウェザリング。



機体下部の方が全体的に白っぽいので銀塗装が生きていますね。

最後に仕上げたのは垂直尾翼のセンサーの黒、水平尾翼の前端部分のクロム塗装です。

塗っては剥し、剥しては貼る繰り返しにはかなり疲れました。

今日はエアブラシのハプニングもあって作業はこんなところで終了します。






最終更新日  2019.12.11 20:00:53
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:模型


朝から塗装作業をしていてやたらと噴射の具合が悪い。

金属色を塗装するとどうもメタリックの塗料の破片が詰まっているようだ。

塗料ノズルを外してクリーニングブラシで中を掃除しようとノズルキャップとニードルキャップを外した途端、手からハンドピースが落下。

アルアルなのか塗料ノズルの方から床に落下・・・・ぐさりと刺さるという事態に。

一気に塗料ノズルを破損してしまいました・・・・

GSIクレオスに電話をかけて、在庫を確認・・・SP-264Aは廃版商品ではありますが在庫はあるという事。

ホッとして現金書留でパーツ請求をしてきた。

しかし、おっ待てよ。確かまだ新品の同商品が工具在庫の中にあるはず。



ありました。(笑)

行きつけの模型屋さんが廃業されるときには必ず挨拶に行って何かしらを買い込んでいたことを思い出したのですわ。

どこの模型屋さんかもう10年以上も前の気がするので忘れましたが、投げ売りで売ってくださったので0.3ミリのハンドピースを2個買ったのでした。

塗料ノズルを今まで使ってきたハンドピースに移植。

新しい塗料ノズルが届いたら、新品に付ければ、またまた新品の状態で使えますね。

塗装も今までのハンドピースを引き続き使えるので・・・

助かりました。(笑)

0.5㎜のもオリンパスのトリガー型もまだ新品で在庫があるはず。

当分、エアブラシには困りませんな。

一番古い現役のハンドピースは30年以上の古参の0.5㎜で当時はニードルストッパーもない時代ですね。

大事に使っているんだよ。(笑)






最終更新日  2019.12.11 11:45:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.10
カテゴリ:模型


本日は朝早く京都市内に出ていましたのそれからの塗装です。

被らない場所は一気に塗り上げました。

尾翼、噴射口の辺りのメタリックはマスキングを何度もしますからとりあえず一色だけ。

明日、乾燥具合を見て二色目にかかります。

ノーズコーンの塗り分けはこんな感じで仕上がりました。

そこそこ奇麗に塗り分けられたかなと思っています。



WW(ワイルド・ウィーゼル)敵防空網制圧のための精鋭機がG型ですね。

したがって垂直尾翼には特徴的なセンサーが付いています。

この色なのですが、迷彩色で塗られているものもあるみたいですが、キット間場合は機番を特定しますのでインスト通りの白を塗装しました。

後は、水平尾翼のパネルの塗り分けなのですが基本の色としてスーパーシルバー2を塗装しました。

後はこの上から重ねて色目を変えていきます。この辺りは目立ちますから頑張らねば。






最終更新日  2019.12.10 16:49:39
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.08
カテゴリ:模型


本日ネオジム磁石が着弾しました。

2ミリ×1ミリの大きさです。つまり直径2ミリ、厚さ1ミリのネオジム磁石です。

以前秋葉原で買ったのは、直径2.5ミリ、厚さ1.5ミリのものでした。

10個で248円。

今回は一まわり小さなものです。100個+おまけ10個(3ミリ×1ミリ)で580円。送料180円でした。

これだけあれば模型のエンジンカウルの着脱にかなりの威力を発揮しそうです。

1/72のキットにも組み込めそうなくらい小さいですわ。

どっかに無くさないようにチェックですね。

机の下に落ちたらかなり発見は難しそう。






最終更新日  2019.12.08 21:10:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.07
カテゴリ:模型


ハセガワのF-4EJのデカールが到着するまで並行して作っていたタミヤイタレリのF-4Gの塗装にかかりました。

タミヤの指定はタミヤ製アクリル塗料なのですが、近所に売ってないので手持ちのMr.Hobbyの塗料で。

一番明るい色はXF-59のデザートイエローなのですが、実機と比較するとちょっと赤みが入っているような気がします。

実機はどちらかと言うと緑がかつたイエローと言う感じなのです。(いやー、私は完全な赤緑色弱赤色盲なので、色というのは弱いのですが・・・色彩検査をすると上位5%に入る感覚らしいのですが、どーなっとるねん)

兎に角、自分なりの色を作ってみました。イエローFS33531にグリーンFS34102を少量混ぜて緑色の少し入ったイエローを作りました。

実機の色に近づいた感じです。

画像では白く発色していますが・・・(笑)



FS34102のグリーンとロシアン・グリーンで三色迷彩をしてみました。

緑二つの差が分かりにくいわ・・・orz

迷彩マスキングをして吹けばいいのですが、邪魔くさいので空気圧を下げて、ニードルを絞り、フリーハンド塗りです。(余計にボケ幅が分からんと来た)(笑)

あああいい加減だわ。

これから機体後部のメタリック色の塗り分けをします。

マスキングを施したところです。



実機です。

こっちの方がはっきりしている。調色は難しいわ。






最終更新日  2019.12.07 01:15:59
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.06
カテゴリ:模型


ユーチューバーのせなすけさんが書いている「シタデルカラーの教科書」到着。

もともとは「ウォーハンマー」というゲームの駒(キャラクター)用の塗料なのですが、ガンダムやキャラものに十分使えて、発色がとてもよさそうです。

ただ、ポンド立てになりますので、日本ではかなり高価な塗料となりますね。

置いているところも少ないし。

シタデルカラーは気になっていたものの、キャラクター塗料のイメージが強くて、多分スケールものには使わないだろうと思います。

しかしながら、プロの塗装師せなすけさん(実に若い)の作例や、チャンネルを見ていると私の在庫に一応ナウシカやルパン三世、ドラゴンボールなんかのキャラもの模型がないこともないので、どんなものか興味がありました。

とりあえず、芸術大学かを卒業しておられるのか、塗りへのこだわりが半端ないです。

2017年ホビージャパンにデビューしてこの道の第一人者かな。

作例をお見せしたいのですが、著作権上さすがにそれは・・・

特にミレニアムファルコンの塗装を見ていると目から鱗が。

女性が化粧をしているような錯覚に陥りました・・・

こちらで見ていただくと良いかな。

https://www.youtube.com/channel/UCucE8e2-Yi3s60_vNl5KFdA






最終更新日  2019.12.06 16:47:02
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:模型


ハズキルーペを持っているのですが、さすがに模型の塗装作業には危険が伴います。

だって高いんだものね。

塗装作業に使っているのは1.6倍の簡易ルーペです。

ジョーシンの支払いカウンター前に売っているものですね。

確かにハズキルーペに比べると歪みがあるのですが、そう長い間連続的に使う訳でないので。

500円切っているかな。



中身はこんな感じです。

以前に使っていたものはつるの付け根からポロリと折れちゃいました。

この辺りの作りがいい加減ですね。

以前は黒を買いましたが、今回は白で。

YouTubeのTTMさんではないけれど白めがねでね。






最終更新日  2019.12.06 11:54:33
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.01
カテゴリ:模型


1985年製のF-4EJの模型のデカールです。

奇麗なのもので大丈夫かなと思っていたのですが崩壊しました。

このキットは長い間模型店の棚に寝ていたものなので保存状態がどうなのかわかりません。

ただ、新品キットとして買っているからね。(笑)

ハセガワに請求すれば実費で分けてはくれるんだろうけれど。

出来る限りやってみたいな。

いつも行っていた馴染みの模型店があれば確実にもう一枚デカール押さえておくんだが、この辺りができないので情けないな。



リキッド・デカール・フィルムをザクっと塗ってみました。どこまで生き返るか問題ですね。

見た目元気そうなデカールなので残念です。



五月に、ここまでヤラレていたアオシマのデカールが復活したんだから何とかなるでしょという楽天志向。

頑張ってみよう。

かなりヤバいが、こんな感じになったよ。







最終更新日  2019.12.01 19:50:32
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.28
カテゴリ:模型


機首の塗装が完成しました。

後は少々のリタッチをしましょう。

それにしてもここまで時間がかかったなぁ。

凸モールドから、パネルラインを引き直し、凹彫りに変換(完全ではもちろんないですが雰囲気です)。

6か月近い模型自粛期間を挟んでいるとはいえ、やっとです。

やっぱり、機首まで来ると締まりますね。

オレンジ色の翼端はどうよ、と思っていたのですが全体を見ると、なかなか良いですね。






最終更新日  2019.11.28 13:06:52
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.27
カテゴリ:模型


今日は尾翼と排気口周りを塗装しました。

結構、マスキングで時間がかかります。



落下しかけたキットを受け止めて、まだ乾燥しきってない塗装面を触ってしまうというアルアル・・・

メッチャ凹みますね。






最終更新日  2019.11.27 19:13:26
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1316件 (1316件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.