000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Refreshing-wind-blows

PR

Recent Posts

Category

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2022.01.17
XML
カテゴリ:Paciffic-league


共同通信より

「ドカベン」の漫画家、水島新司さん死去

「ドカベン」「野球狂の詩」などで知られる漫画家の水島新司さんが10日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。82歳。新潟市出身。

漫画家の水島新司さん死去 「ドカベン」「あぶさん」

「ドカベン」「あぶさん」「野球狂の詩」などの野球漫画で知られる漫画家の水島新司(みずしま・しんじ)さんが10日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。82歳。新潟市出身。葬儀は家族のみで行った。喪主は妻修子(しゅうこ)さん。
18歳で漫画家デビュー。1970年、剛速球投手の藤村甲子園を主人公にした「男どアホウ甲子園」で人気を得た。女性投手の水原勇気が変化球を武器にプロ野球で活躍する「野球狂の詩」、山田太郎ら「明訓高校」の個性的な球児たちが甲子園で戦う「ドカベン」、大酒飲みの強打者、景浦安武がパ・リーグでプレーする「あぶさん」などヒット作を連発した。

時事通信より

漫画家の水島新司さん死去、82歳 「ドカベン」「あぶさん」の作者

「ドカベン」「あぶさん」など人気野球漫画で知られた漫画家の水島新司(みずしま・しんじ)さんが10日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。82歳だった。新潟市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻修子(しゅうこ)さん。幼少期から漫画に親しみ、1958年にデビュー。70年、球投手を主人公にした「男どアホウ甲子園」がヒットし、人気漫画家の仲間入りを果たした。
高校球児の青春を描いた「ドカベン」は72年に連載開始。個性豊かなキャラクターや躍動的な画風が際立ったシリーズは、世代を超えて多くの野球ファンに親しまれた。5シリーズにわたり、2018年まで46年間描き継がれた。変化球を巧みに操る女性投手がプロ野球で活躍する「野球狂の詩(うた)」、酒豪の強打者・景浦安武を主人公に40年以上連載が続いた「あぶさん」などヒット作を連発し、野球漫画の第一人者としての地位を確立した。
水島さん自身もプロ野球の南海ホークス(後にダイエー、現ソフトバンク)の大ファンとして知られた。「ドカベン」の主人公・山田太郎に風貌が似ていることで人気を集めた故香川伸行さんらプロ野球選手にもファンが多かった。小学館漫画賞、講談社出版文化賞など多数の漫画賞を受賞。2005年には紫綬褒章を受章した。

私がいなくなっても、その後に続く人が、
作り上げてくれる。私もそう信じます。

(大河「八重の桜」新島襄)

だれしも離別は悲しいものにきまっている。
それは相手が何者であろうとも、
離別ということ自身のうちに悲しみがあるのである。

(谷崎潤一郎)

人生無離別 誰知恩愛重
(潁州にて初めて子由と別る二首 蘇軾)
人生、離別無くんば、誰か恩愛の重きを知らん。
(人生に別離が無かったら、人は恩愛の重さを知ることができない)

仏は常にいませどもうつつならぬぞあはれなる
人の音せぬあかつきに、ほのかに夢に見えたまふ

(梁塵秘抄)
(仏様は私たちのそばにいつもいらっしゃるけれど、
現実の世界ではこの眼で見ることはできない。
けれど、まだ人が寝静まっている暁の夢の中に、
ちらりとお姿をお見せになることがあるよ)

速報で入っていたのを見てびっくり・・。
謹んで哀悼の意を表します。

私が野球好きになったはじまりは、ドカベンと野球狂の詩。
あれは小5の時だったか・・アニメを見てドハマリ。漫画にも挑戦しました。
同じ団地に住んでいた私の1つ上の女の子にお兄さんが居たので
お兄さんによませてもらいました。

好きなキャラ・・私はませた小学生だったみたいです(;^_^A 
土井垣さんが推しでした。監督になってからの描かれ方が多くて
犬飼小次郎さんとのライバル関係もっと見たかった。
観戦に来て
「土井垣!おれはお前の負けしあい見に来たんじゃねぇぞ」でしたか。

明訓ではとのま。(私も当時ピアノを習っていたこともあって
手のひらの水かきを切って指を広げる・・には驚いた)
クリーンハイスクールの影丸、横浜学院の土門さんとかがよくて。
白新の不知火は私の妹が推しでしたよ。
プロ野球編になり、スワローズに入ったのが江川学院の中投手。
「えぇぇぇ、なんで~???」ってちょっと不満だったのは覚えている。

野球狂の詩は歌舞伎役者・国立玉一郎一択!でした。
イケメンというより男前・・(´∀`*)ポッ
スワローズ慎吾ちゃんにその雰囲気を感じるのは私だけ(彼も男前)
あと火浦の投球のフィニッシュがライアン小川。なんか似てるな・・。

「火浦健と王島大介」の物語は感動。あれはもう一度、見たい。
この二人、双子なのに似てないよね。捨てられてそれぞれの境遇に
差があったからなのかしら・・。
この二人の実のお父さんってどんなひとだったんだろう。

水島先生はパリーグの選手を描くことが多かったので、
佐々木朗希くん&宮城くんをどんな風に見ていたんだろうか。
佐々木、奥川、宮城ら2001年世代や
村上、安田、清宮の1999年世代も書いてほしかったなぁ・・・






Last updated  2022.01.22 14:35:37



© Rakuten Group, Inc.