080136 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

憂きも一時

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


小烏丸の”てる”

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

極寒の世界を薄着で… New! hoshiochiさん

15時17分、パリ行き New! mag7cupさん

(角質むいたとか)… New! individual.investorさん

中倉山の孤高の一本… edokko8465さん

タヒチという名の水… Burnetさん

コメント新着

小烏丸の”てる”@ Re[1]:コロナと毎日(04/17) mag7cupさん こんにちは。 本当に、酒飲…
mag7cup@ Re:コロナと毎日(04/17) こんにちは。お元気ですか。 最近は人と擦…
小烏丸の”てる”@ Re[1]:14日の日記(12/11) mag7cupさんへ おはようございます!お久…

フリーページ

ニューストピックス

「憂きも一時、嬉しきも思ひ覚ませば夢候よ。」(『閑吟集』193)
ブログ開設から3年、
やっとサイトのタイトル付けました。
衰えと無常を感じ始めた今日この頃のいろいろ(H24.2.12)
2020年05月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



父親も娘も
こんな形の共演なんて、想像もしていなかったんじゃなかろうか。
動画の中で、
メッセージを書いた画用紙をめくる美しい女医は
向かって右側、ドラムをたたく、脚に刺青した男性の娘さん。
最前線でコロナウイルスと闘う娘を持ち、
心配だろうか、誇らしいだろうか。
動画で共演し、
共に闘う気持ちだろうか。
きっと、嬉しい感情もあるんじゃなかろうか。

歯科医の学校へ通うと言ってロンドンに出てきたけれど
一生の歯を見た、血を見るのが嫌、と
別の学部に移ってしまった花も恥じらうような美貌の青年は
フレディ・マーキュリーやブライアン・メイ、ジョン・ディーコンとともに
世界をまたにかける大スターになりました。
そんな父に憧れたのかな、意志を継ぐような気持は、あったのかな
ブロンドの父に抱かれた幼い頃のこの女性は、茶色、もしくは黒い髪だ。

演奏された曲は、30年近く前に亡くなった
世界中で愛された”singer of songs”フレディ・マーキュリーが作った、
40年以上も世界中で愛され、
勝者に、栄冠とともに贈られるようになった曲。

ここまで来るにはラクじゃなかったし
楽しい事ばかりじゃなかった
友よ
我ら闘い続ける 最後まで
(あー…うろ覚えをこんな感じかな、とご紹介です
歌詞の訳はネットでたくさんありますので正しく詳しく
知りたい方はそちらを)

サビの繰り返しで ”We”を”You”に変えて歌う。
汝ら尊き人々、闘い続ける尊き人々
と私には聞こえたりする。
洋の東西や宗教観は違うのだけど
闘いの天使にもなぞらえているのかな、と思ってしまう。
現場は、物資の欠乏と感染の恐怖、感染した同僚の離脱、疲労で
いっぱいいっぱいなのかもしれないし
音楽がもう何もできないほど、絶望が深く深く巣食っているのかも
知れないけれど
外出を止められて、
音楽を生業とする人たちがそろってのセッションもかなわず
スマホで合わせて録音と
できる限りの自分たちの方法で、出せる限りの力をだして
力づけようとする気持ちは、伝わっているといいなと思う。


ミュージシャンの父と医師である娘、こんなコラボ今じゃなきゃ観られなかったと思う。
どんな状況にあっても、人は人を励まそうとするものなんだ。
人のことを思い、無事であれと願うし、
自分達が楯としてしまった人たちに謝意と敬意を払う。
人への気持ちを原動力にして、人は、創るものなんですね。
多分(えへへへ…なんかエラそうぽっ







最終更新日  2020年05月02日 01時53分54秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.