映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

カレンダー

コメント新着

お気に入りブログ

ラスト サムライ New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

再訪 奥出雲(島根の… ちーこ♪3510さん

髪を切って&染めて… 天野北斗さん

厚労省とフレディ・… 小烏丸の”てる”さん

いもたこなんきん クロ麻呂さん

プロフィール


hoshiochi

キーワードサーチ

▼キーワード検索

August 1, 2021
XML
テーマ:DVD映画鑑賞
カテゴリ:フランス映画
みなさん、こんばんは。大相撲の貴源治が大麻使用を認めましたね。白鵬といいちょっと大相撲乱れてますね。今日もマレーネ・ディートリッヒ作品を紹介します。


狂恋
MARTIN ROUMAGNAC/THE ROOM UPSTAIRS

出演
マレーネ・ディートリッヒ ジャン・ギャバン

監督
ジョルジュ・ラコンブ

 フランスの地方都市、クレールヴァル、第二次大戦前。この町で小鳥屋の店を開いているバツいちのブランシュ・フェランは、ある晩レスリングを見物に行ってマルタン・ルウマニャックと知り合う。マルタンは石工からたたきあげた建築請負師で、姉のジャンヌと二人暮しの独身男。ブランシュはマルタンに好意を抱くが、ブランシュ頼みの伯父は、彼女と領事の結婚を目論んでいた。やがて領事の妻が亡くなり誰もがブランシュはパリに行くと思い込むが…。

 原題はジャン・ギャバン演じる男の役名。小鳥を売る冴えない店にいても美しさを隠せない未亡人と、粗野で一本気の建築業者。まさに美女と野獣カップル。お互いに自分にないものを求めたが、現実的に考えればやはり釣り合わないのでは?と誰もが思う取り合わせの二人がリアルに恋人同士だった。熱愛中のカップルにつかみ合いの喧嘩をやらせるとは人が悪い。超大物同士、唯一の顔合わせが実現。そしてこれがディートリッヒ唯一のフランス映画。フランスでは大ヒット作に。そりゃあ誰でも見たいだろう、二人とも世界的に有名なんだから。

 ジャン・ギャバンからマレーネに送った手紙の中では彼女は“エンジェル”呼びになっていてまさに熱々。戦争中兵士となってマレーネの元を離れたギャバン、慰問でリリー・マルレーンを謳い続けたマレーネ。第二次大戦をまたいで続いた仲なのになぜか破局。

 監督が彼女に求めたイメージは外見はつんとすまして冷たく見えていても、中には燃えるような情熱を秘めている、どんな男も虜にできる美貌を持ちながらも、一人の男に献身的な愛を捧げる、といったようなギャップを持っている女性である。そして本作でも彼女の外見と中身のギャップは重要な要素である。



【中古】 狂恋 /ジョルジュ・ラコンブ(監督),マレーネ・ディートリッヒ,ジャン・ギャバン,ピエール=ルネ・ボルフ(原作) 【中古】afb​​ブックオフオンライン楽天市場店







最終更新日  August 1, 2021 01:49:22 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

© Rakuten Group, Inc.