460859 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『上州の海』                          桐生・江戸っ子寿司店主のブログ

PR

X

Free Space

Freepage List

Profile


edokko8465

Calendar

Comments

edokko8465@ Re[1]:江戸っ子寿司・本日のネタ情報!(07/09) 小烏丸の”てる”さん もちろん覚えておりま…
小烏丸の”てる”@ Re:江戸っ子寿司・本日のネタ情報!(07/09) こっ…こんばんは。 大変お久しぶりです^…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
edokko8465@ Re[1]:江戸っ子寿司・本日のネタ情報!(07/03) 小烏丸の”てる”さん お久しぶりです。 毎…
小烏丸の”てる”@ Re:江戸っ子寿司・本日のネタ情報!(07/03) おはようございます^^ていうか、お久し…

Favorite Blog

ポチの男子ご飯 ブ… pochi’s eyesさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Headline News

……………………………………………………………………………………………………

毎週築地まで足を運び自分自身が納得し厳選した素材のみを仕入れる他に太平洋は南房総から日本海は山陰から直送して頂き、日々質の高いお寿司をご提供する精進をしております。
更に日本の食文化を担うお寿司を日本伝統の季節行事に味わって頂きたいと願い、お正月のおせち、節分の恵方巻、桃と端午の節句のばらちらしなど様々な行事のお寿司もご提案させて頂いております。

営業時間・電話番号・・・

桐生「江戸っ子寿司HP」・・・をご覧下さい。


アクセス ←こちらをクリック       周辺情報 ←こちらをクリック


通常メニュー ←こちらをクリック       ランチメニュー ←こちらをクリック

レビュー←こちらをクリック


[ネット予約]←24時間ご予約対応

※ カード決済歓迎致します。
(ランチメニューに限りご使用になれませんのでご注意下さい)
2021年03月07日
XML
テーマ:山登りは楽しい
カテゴリ:登山


3月3日の事になりますが、

今年最初北アルプスに行って来ました。

まだコロナ禍ではありますが

登山施設での感染報告はないので

細心の注意を払いながらの決行でした。


メンバーはいつもの同級生K氏とK氏の山友達のI女史。

この女史は我々と同年代ですが

多い時で月に10回も登山に行く強者です。


場所は当初谷川岳を予定していたんですが

強風が伴う悪天候が予想されたので

前日にI女史の提案で急遽遠見山に変更。

計画では遠見尾根を時間を見ながら

小遠見を経て中遠見まで登る予定でした。

この日も午前中はまだ風が残る予報だったので

遅めに登り出す事にして桐生を6時に出発し

9時頃白馬五竜テレキャビンのとおみ駅に到着。




まだ空はこんな感じ。





ゴンドラに乗って1500m付近のアルプス平駅からの登り出しです。




雪が降っているので

まずはゴーグルとレインウェア装着。




アルプス平駅に着いて

反対側の出口に出てしまってちょっとウロウロ。





気を取り直してゲレンデを登り出す。





30分程で静かな森の中へ。





幻想的な太陽。




登り出して1時間弱で雲が取れて来ました。





来た来た〜




雲の上に出て来たら白馬三山がお目見え。




だいぶ雲が取れました。




振り返ると遠くに新潟の山々でしょうか。




お隣の天狗岳、ここで11時半。




風も止んで素晴らしい天気になりました〜




小遠見山頂も間近。




山頂到着〜

頭の上に小さく槍ヶ岳が見えてます。




どうですか?

私の後ろのこの眺望〜

私が邪魔か(笑)







I女史が持って来た雪だるま器を使って五竜岳をバックに一枚。

ん?雪だるまって3段だっけ?




遠くに小さく一昨年登った槍ヶ岳、

中央は昨年登った爺ヶ岳、

その右に爺ヶ岳の翌日登った鹿島槍ヶ岳北峰。

南峰はここからはまだ見えず。




食事を終えて中遠見へ向かう。

ここからはトレース(足跡)が少なく雪が深い所も。




鹿島槍に雲、風が出て来たかな?

ここまでですれ違った登山者は6名。




中遠見に到着〜

まだ13時前だったので更に大遠見を目指す。





最後にすれ違ったソロの女性登山者は

中遠見まで行ったと言っていたので

ここからはトレースも無しです。




昨年、あの鹿島槍北峰の上からご来光を見ましたが

こちら側はあんなに深い谷だったんですね。




I女史と私が淵を歩いてますが

向こうに転げ落ちたら止まりませんね。

この後、アップダウンにやられて

大遠見山直前でI女史は断念。

13時半までの時間制限をして

男2人で大遠見アタック〜





無事、13時25分に大遠見山頂到着〜

ここで2106m、雪とアップダウンでやはり足に来る。




この上の画像を拡大すると

小さく我々を待っているI女史が見えます(笑)

寒いだろうから急いで下山開始〜




そうだ、ピッケル越しに五竜を一枚。




こんな場所では下りは尻セードで滑って省エネ。

左に行ったら死んじゃうけど(笑)







雲一つないとはこの事。



I女史、足を取られて転倒〜

K氏、その瞬間をナイスショット〜

でも、どう見ても

私がI女史を突き落としたみたいに見える(笑)




小遠見まで戻って更に下山。

五竜の手前にさっきまでいた

中遠見(私の頭の上)と大遠見(I女史の頭の上)。






名残惜しい。





登りの時に見えなかった地蔵の頭へ。




これはよく分かる。

左は新潟の雨飾山から右は南アルプスの間ノ岳まで見えてる。

地図と照らし合わせると

昨年、唐松岳から振り返って見えた山は

妙高山と高妻山だと判明。

スッキリ〜♪




ケルンの中に鐘。

鐘越しの白馬三山を一枚。




やっとゲレンデに戻って来ました。

もう15時半、ちょっと遊び過ぎか。




さぁ、下界に降りて温泉だ。





ゴンドラの下り始めはちょっとしたアトラクションですね。







温泉はナンチャッテ登山隊でも来ている「みみずくの湯」。

平日なのに関西ナンバーの車で結構賑わってました。


行動記録は下記を見てください。

















(群馬 桐生・江戸っ子寿司)






Last updated  2021年03月07日 12時59分50秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.