2661894 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

なにかいいもの -くつしたと生活-

2006年07月09日
XML
テーマ:たわごと(22137)


数年前、私は大規模なプロジェクトの中にいました。


数社が参入し、業務やサブシステムごとにチームが組まれ
座席の確保もままならないほど大勢の人がひしめき合っていました。


季節は夏。


年末の本稼動に向け、スケジュールはプログラム開発も終盤。
テスト作業やら追加開発やら、またこれからの準備などで
連日 徹夜する人も続出。


メンバーの入れ替わりも激しく、私の右隣の席も いつの間にか
よそのチームの見知らぬ人の席となり、その人も相当忙しいらしく、
いつも別ビルでの会議やら打ち合わせやらに飛び回り、戻ってくるときはいつも
汗だくの様子でした。



ある日の朝、出勤して席に着くとイスがいつもより低く感じられました。


ちらっと周りに目をやると、イスの汚れ具合や高さの感じから、どうやら隣の人の
座っているのが私の使っていたイスのようです。

人の多さゆえ、私が帰った後に入れ替わってしまったのでしょう。
まぁイスなどどれも同じなので、私はまた自分のいいように高さを調整し直して
仕事を続けました。


タバコを吸わない私は、休憩と言えばトイレに行くぐらいしか用がなく
それ以外はほぼ一日中 席に座りっぱなしです。


座っているだけでも、それはそれで疲れるもので、
足を組んでみたり、手をおしりの下に敷いてみたり時々体勢を変えないと
集中力が続きません。


何気に顔の前に持ってきた手が臭い…。


 …。

一瞬パニックに陥りました。

手が腐ってる?  いや そんなはずはない。冷静になれ。


もう一度おそるおそる嗅いでみましたが、やっぱり臭い…。

何とも形容しがたい臭さ。埃っぽいような酸っぱいような納豆のようなう○このような。温泉


この匂いの原因は何だ。 一体何した?
えーと、この手は確か… さっきまでおしりの下に敷いてました。

えっ! 私のズボン臭いの?




急いでトイレに行きました。 そりゃたしかに、夏場で暑いし汗もかくけど
こんな匂いを発するほど!?

ズボンの色んなところを嗅いでみました。すそから膝のあたりからベルトのあたりも。

でも臭いのは、おしりの部分だけ。 …何か漏らしてるのか?


でもそんなはずもなく、「何なんだろう」、疑問が頭を渦巻きながらとりあえず
超クサい手を洗いました。
そして超ブルーな気分で席に戻りました。

                 どくろ     どくろ     どくろ

私が臭いなんて周りには知られたくないので普通を装い、至って冷静にさりげなく
イスに座る直前、おしりより先に手だけをついて座りました。

そしてさりげなく、その手を顔の前に…。 くんくん…。

~゙~゙!! やっぱり臭い。

もう一度 手を洗いに行かなければなりませんでしたが、これで分かりました。
臭いのはイスです。
では、なぜイスが臭いのか。
そういえば、今日イスが入れ替わってたな。

  …。!!

その瞬間、幾つものイメージがあるひとつに繋がり、結論へと達したと同時に
なぜかブルブルッと寒気がしました。

「クサいのは隣のあいつで、あれは汗の匂いの凝縮!!」

隣の席の人はいつも汗だくで戻ってきます。当然ズボンも汗で湿っていることでしょう。
そしてそのまま数十分から数時間、あるいは一日中座っていると
その汗がイスの表面を覆っている布に染み込んで、あの匂いの原因になっている。


「しかし、あれほどの強烈な匂いになるものだろうか?」




もうそれからは仕事など手につきません。
気づかれぬよう、横目で隣の人を観察します。
敏感になりまくってる鼻が無意識で隣の席から漂う匂いを感知します。

「…こいつ、お風呂に入ってないな。」


整髪料で固めていると思っていた頭髪は、
よくよく見ると 頭皮から分泌される皮脂で束になっているのです。

多分、忙しさゆえ徹夜が続いたり、また帰宅できても疲れて寝るだけなのでしょう。


そうして観察している間にも、その人は時々、やや伸びてうっとうしくなってきた
その脂で固まった髪の毛をかき上げています。

ぞぞ~っ!!
その手 どうするの? どこ触るの? こっちのエリア入ってこないでね!!



                    ひよこ     ひよこ     ひよこ


それからの毎日、私は人知れず恐怖に怯えながら仕事をこなしていました。


観察している限り、頭髪と匂いの状態は改善されず、
つまり風呂なりシャワーなり入った形跡は見られず、そんな彼だからトイレに行っても
手を洗ったりしないのでしょう。いつものように書類をまとめて別ビルへ出て行った後の
机の上は、見事なまでに手の跡がくっきりと幾つも残されていました。


スーツも毎日同じ。ズボンなどはもうシワシワを通り越してヘナヘナ。
きっと帰っても着替えたりすることなくそのまま寝ていると思われます。


驚くのは、この状態が約1ヶ月も続いたということです。



男の人というものはやはり鈍感なのでしょうか。
彼の周りには誰も「風呂入れよ」と注意する人はなく、それ以前にその匂いにすら
気づいてないのでは、と思われるのです。


それとも、彼は忙しいから仕方ないと思っているのか、
はたまた、彼はプロジェクトの中枢を担うチームの重要な立場にあるため
そんな素振りを見せることも失礼だと思っているのか。


                    熱帯魚     熱帯魚     熱帯魚


ちょっと我慢も限界、そろそろ

「おめぇ くっせーよ! いい加減 風呂入れよ!!」

とキャラ度返しで暴言を放ってしまいそうになる頃、お盆休みがやってきました。


私自信も日常を忘れ、気分もリフレッシュ、でしたが
彼もまた 心身ともにリフレッシュ、さすがに休みの間には風呂にも入り、
そして散髪もしたらしく、かなりこざっぱりとして休み明けを迎えたようです。


もう ほ~っとして、これで安心安心♪と思ったのも数日…。


結局、また休み以来 入浴はしていない様子で、日に日に髪は固まって行き、
匂いは強烈に、スーツは相変わらず同じ。
やっぱり1ヶ月ぐらい続きました。


その間も数回、朝行くとイスが入れ替わっていることがあり、
もう泣きそうでしたが、今さらどっちに座ろうがどっちも臭いので
失礼とか気を悪くするとか、もうお構いなしで、私は自分の座るイスには
紙を敷いて座ってました。(疑問に思ってた人もいるだろうな。)


最終的には、その人は別ビル常駐となり、私の隣の席から去っていきました。


一安心。





隣の席にも関わらず 雑談ひとつも交わすことなくお互い仕事に追われる異常な忙しさ。
いなくなって寂しい…
とは思いませんでしたが、

その次に隣にやって来たのは、書類をそろえる時 いちいち机にドーンドーンと
書類を叩きつけ机を揺らしまくる、無神経な女なのでした。


大勢が集まる職場には、変わった人も多いですが、
みなさん、お風呂にはしっかり入りましょうね。


banner_02.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

<< 前へ            次へ >>

HOME






Last updated  2009年08月02日 17時31分47秒
コメント(2) | コメントを書く
[雑記・ぼやき・大人の日常] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


大変ですね・・・・   くまみ~やん さん
お仕事とはいえ、やはりお風呂は入って欲しいですね・・・
でも、お仕事が忙しいときは、お風呂に入ることも
忘れてしまうほど、大変なんですなぁ。

社会人には、脱帽します!! (2006年07月10日 15時05分14秒)

Re:大変ですね・・・・(07/09)   さくらもち市長 さん
くまみ~やんさん
>お仕事とはいえ、やはりお風呂は入って欲しいですね・・・
>でも、お仕事が忙しいときは、お風呂に入ることも
>忘れてしまうほど、大変なんですなぁ。

>社会人には、脱帽します!!
-----
いやぁほんと、朝行くと床で寝てる人もいたそうで。
でも、いくら仕事が出来ても なんか人間の生活として
基本的な部分はしっかりして欲しいですよねぇ。 (2006年07月10日 19時13分24秒)

PR

Profile


さくらもち市長

Free Space

 
 
くつしたです。


くつした プロフィール
 
名前:くつした
性別:メス
誕生日:(推定)
    2004年6月20日
    (公園生まれ)
体重:平均2.9kg

特技:おすわり・まて
    ねむねむ光線
    ロングうんこ
趣味:旅行
    毛づくろい

 
 
ちょっとした読み物

(くつしたの生い立ち)
 
 




たまに登場
 
 

 
まる
 
大人、オス

 




●  ●  ●














PVアクセスランキング にほんブログ村

Calendar

Archives

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.