000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

青梅市ホシナピアノ教室 近況ご報告

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


formusic

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News

August 28, 2008
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
連弾その2 8/12

次男は連弾AとソロBに参加。どちらもまだまだの点数。
でも頑張ったという充実感とご褒美の八景島シーパラですっかり元気に。

長男は、C級のソロも出たのですが、いろいろ忙しい中やはり時間ギレ。
本人なりにはいい点数も含まれていたので納得。
これで本選の連弾の練習に集中できます。
(あれ?受験生??まあいっか~)

実はKくん、ソロは全国あと少しで届かず。
ちょっと落ち込んでいたのです。
彼のソロ終了を待って、いよいよ本格的に練習スタート。
本選まであと3日のところまで来ていました。
長男も塾が休みにはいってます。

企画したのはお泊まり会。
我が家に始めて友達が泊まりにきました。
代わりに次男はKくん宅へ。
同じ年の弟がいてちょうどよかったんです。

長男とKくん。半年前の他の連弾コンクールでコンビ結成、同じ学年ということもあり。
仲がいいといっても、学校も違う間柄。
合わせの回数もまだそれほど多くありません。
合わせの練習量はまだまだ。

ところが寝食を共にするようになってピアノのさることながら
二人は大接近。
ただ友達が、親友に。
相手のいいところも悪いところも見え、それを踏まえて付き合えるように。

長男は、感情表現がはっきりしてます。
そんなところもKくんには見えてきて、
私と二人でどうやったら長男が動くか作戦をこっそり立てたりしました。
二人で長男の面倒を見る有様。
それでもなかなか演奏には反映されず、ぎりぎりまで長男対策に追われました。

8月12日
その日はなんとKくんの誕生日でした。

私たちの願いは、ソロで全国に行けなかったKくんに
連弾での全国への切符を
誕生日プレゼントすること。
重すぎる課題でしたが、長男は胸の奥にしっかりもっていたようです。

本選の90組の方たちの演奏はどれも見事でした。
はっきりいって二人の演奏は難しいと思いました。
若干ミスもありましたので。

子どもたち(次男たちも)は結果まで映画を見に。
私が結果を見るため残りました。

なが~く辛い時間でした。
ここでのキーワードも

期待を手放す。

もしもだめだったとしても、お互い次の目標がある!!
(うちは受験。彼は次のコンクール)

いい親友ができたことに感謝しよう。
Kくんの出現で、長男はものすごい刺激をもらいました。
練習の仕方。
そして、いろいろな音楽を聞くこと。

反対に長男もkくんに貢献できたことがあります。
kくんは音楽の道一筋。
私は長男にはあえていろいろな体験をさせてきました。
長男が話す別分野(科学や外国)の話をKくんはおもしろそうに聞いていました。
夏休みの宿題も手伝ったり・・・

いい経験ができた・・・
そんなことを思いながら結果発表の時間になりました。
掲示板の前はすごい人。私のところからでは名前は見えません。
落ち着くまで時間がかかりそう。

私は講評をもらうところに並び、騒ぎを傍観しながら受け取ろうとすると。 
 賞状と盾がありますので受付にどうぞ。
と係りの人がにこやかに言いました。

???

ということは何か賞をいただけたのかしら??

奨励賞・優秀賞と番号を見る
やっぱりない・・・

!!

わが目を疑って、
もう一度確認。

!!

信じられない現実。

すぐに映画館で待機しているKくんのママへ

その時何と言ったか実はよく覚えていません。
言いながら涙があふれてきたのは覚えています。

とにかく間違えちゃいけない。もう一度確認してと、頭の中で誰かが言ってました。

電話を切っても、もしかしたら見間違えかも、すごく不安になりました。

Kちゃん、Yちゃん親子が、私を見つけ、この現実がうそじゃないことがわかり、やっと安堵しました。

その後も、はっきりいってパニクッていました。

先に帰られたF先生に電話してもなんだか意味不明のことを言ったらしい。

パニくったのには訳があったのです。
時間がなかったんです。

だんだんことの重要性がわかってき始め、新たなる問題に頭の中は、パンク寸前でした。

そうした中、優秀賞をKちゃん、Yちゃんもとったことがようやくわかり、これはやっぱり夢かしらん。と
Kちゃんのほっぺをつねったのは覚えてます・・・

さぁ ここからジェットコースタームービーの始まりです。

まさかの連弾本選1位通過!!

**************************


急げ~~

言い訳。

岡山への高速バスは1ヶ月前にはとっていました。
塾も休み。
一番遅い本選日までレッスンして、あと約2週間、夏休みだ!!
私だって、長男だって、命の洗濯。
休息も大事!!

頭の中では全国行けたらいいな~。
いけるかもよ~なんて思っていましたが、まったく行動がついていってませんでした。

本選結果 20:00 発表
横浜まで映画に行った子供たち終了 20:30

高速バス新宿21:45

パ二クる中、F先生に電話。先生もびっくりして、涙され。
でも陽子には言えません。
この後、岡山に行く!!と。
あとで電話しますと、手短に電話を切りました。

横浜にいる子供たちと合流しなければ。

 今賞状を用意しているところなのでしばらくお待ちください。

アナウンスがありました。

時間を計算する陽子。
まだ大丈夫。まだ大丈夫。

こんなことになってこのまま岡山に行っちゃっていいの??
心の声。
今度は責任との闘いです。
キャンセルするか、どうするか。
心臓はバクバクです。

さんざん悩んで、
え~~い。
いっちゃえ!なんとかなるさ!

吹っ切れました!
結果が出るまで今後のことは誰も口にしなかったのに付け込んで、ぶっちぎることにしました!

ここではじめてKくんママに、この後岡山に帰ることを伝えました。
とりあえず・・・
すぐ戻ってくるかも・・・
と付け足して。

すると今度は賞状待ちです。
ぎりぎりまで待って、受け取り、ダッシュで横浜へ。

改札口で、再会した私たち。

結果は??
と叫ぶ二人。

どうやらママさんまだ言ってなかったらしいです。
私の口からと言われ、

 全国だよ。1位通過だよ! 誕生日プレゼントになった!
 おめでとう!

飛び上がって喜ぶ二人。
たぶんそれも10秒。

バス行っちゃうからと喜ぶ二人を無理やり引き離し、後ろ髪ひかれながら、
子供二人を促し、新宿へ。

途中、岡山の叔母や、先に行っていた父からの電話に、ことの成行きを簡単に説明。
とにかくバスに乗れるかどうかもわからない!!と
おもいっきり心配をかけつつ・・・

ぎりぎり5分前に到着。
無事、乗車。
ほっとしながらもこのまま行っちゃっていいんだろうか・・・
と思ったのは私だけでなく、きっと長男も思ったでしょう。

向こうにもピアノあるから私が練習相手になればいいかしら
電話で合わせるとか・・・
予定変更して、帰りのバス早く帰れるの取り直そうかな・・・
とあれこれ打開案を考えながら、自分ではどんな状況も対応できるようにしておこうと決意。

ところが予想をはるか上回るスピードで状況は流れていたのです。

つづく

*********************************

帰宅命令

まだ日付は12日。

その日は長~い一日となりました。

バスに乗ったとたん、方々からメール&電話
全国へ進めるなんてはじめての経験。
なにせまったくこの後の展開が読めません。

ぶっちぎってしまったことを一瞬後悔しました。

!!

帰宅命令がかかりました。
練習が問題ならわかります。
なんと今問題になっているのは決勝大会エントリー時に必要となる顔写真。
しかも明日13日じゅうにとって、14日必着。

写真がいるから明日帰ってきて~~~

とKくんママから恐ろしいメールが来ました。
(ママの名誉のため・・・ママさんもパニくっていたそうです)

一難去ってまた一難。
もうバスは走り出しています。
明日折り返し帰るか、
写真を撮り、明日ママさんのもとに届けるには・・・
陽子、踏ん張りどころです。

F先生からも重なるようにその話で電話が・・・
この際なんでもいいから。
最悪自分が本部まで届けると言ってくださいました。
(あ~~みんなに迷惑かけちゃったな・・・反省)

電話が終わってから、ずっと考え、明け方まで眠れず、アドレナリンも減少することなく、長~い一日が終わりました。

明け方 岡山
すがすがしい朝でした。
瀬戸内独特のからっとした空気。
ああ!!岡山に来たんだ!
しみじみと感じました。

おかげさまで作戦1~3まで出てきました。
迎えに来てくれている叔母の車に乗り込み、
こうなったたらやれることをやろう!!
覚悟をきめました。

作戦名1
カメラのキタムラ、ネット作戦
岡山の叔母の家の近くにも私の青梅市の近くにもある。
岡山店で撮影。ネットで飛ばし、Kくんママに現像してもらい現像するっていうのは?
うまいこと本選の洋服持ってきてます。

こんなおかしな客もいないだろうと思いながらも、一生懸命 スタッフの方が東京のスタッフと相談してくださっている。
 やってみましょう!!

おお!!ありがたい!!感謝です。

午前中、撮影、連絡、確認とどんどん時間は過ぎて行きましたが、無事東京に写真もおくれました。

写真がうまくいったとたん、安堵の周囲。
帰宅命令も今日13日から15日に伸び、さらに先生のレッスンが16日夜ということで午前中移動で大丈夫ということになり、
結果、長男だけ先に新幹線で16日に帰り、Kくん宅で泊まらせてもらうことに。
私と次男は予定通り17日夜行バスで朝着。

はぁ~~なんとか。

!!!!

19日からの塾、夏期講習は???
陽子の悩みはまだまだ続くのでした。

(でもいろんな人に支えられてのこと。感謝です)

*******************************
夏・満喫!!

毎年、岡山には年間スケジュールめいいっぱい調整して、2週間余り滞在します。

忙しい都会から解放されて、田舎の生活は心も体も癒されるからです。
コーチングで言うところのエコロジカルチェックです。
叔母も毎年会うにあう子供たちの成長をとても喜んでくれています。

ところが今年は長男の夏期講習があって、5日間に短縮。
それはみんな納得の上でした。

それがさらに2日減り・・・

実家の母も複雑なようで、本当にいいの?
せっかくの夏休みじゃない・・・と

私も思いましたが、長男本人は腹を決めていたようで、
短い夏休み、さらに短くなった夏休みを
思う存分有意義に過ごすと
前向き発言!

着いた日から、海に行き、夜は盆踊り。
次の日は遊園地に、焼き肉店
最終日は、海水浴に、カニ取りとびっくりするぐらい、精力的に遊んでました。
加えて、ピアノの練習も時間を見つけては・・・
やはり東京に残してきたKくんのことが気になるようです。

そして16日、帰省ラッシュまっただ中、TV局が駅に取材にくるくらい込み合う中、一人東京へ戻りました。

Kくんの待つ東京へ。

横と次男はもう少し、田舎で癒され遅れること17日バスで東京へ。

この後待ち構えている大特訓へとエネルギー充填です。

***************************






Last updated  August 29, 2008 01:03:40 AM

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.