000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

青梅市ホシナピアノ教室 近況ご報告

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


formusic

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News

September 2, 2010
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 

2010年 ピティナ 次男編

(子育て&自己成長レポート)

今年は受験を控えている次男。
ピティナはどうする?
お兄ちゃんは今年は連弾中級だし、ソロも出るので、次男との連弾はさすがに無理。
次男もソロでは負担が大きい・・・
相手がいないな~~
なんて考えていたら、スカウトマン陽子の目に留まるぴったりの相手が見つかりました。
彼女はクラスメート。幼馴染。ピアノは他の先生のところで習っています。
慎重にお話しを振らないとね。この辺は、リソースを持っているので、立ち回り方は心得ています。結果、エントリーへ前向きに話が進み始めました。
後で知ったのですが、ここでは書けませんが彼女は、とても大きなことを乗り越えた心の強み持ち主だということがわかりました。

彼女の未来を応援したい・・・。
この経験が少しでも彼女のためになるなら・・・。
そんな気持ちになり、私も次男も気を引き締めてのトライです!

兄弟での練習の難しさを体験していただけに、なかなかいい滑り出し。
1番早い予選時期にエントリーしました。
彼女は大変大人で、次男はすねれば、うま~く慰め、
私と次男が対立すれば、仲をとり持ち、
次男のやる気が上がらなければ、ニンジンをぶら下げてくれたりと、

同じ年なのにこの違いは??(笑)
と思わずには居られませんでした。
お嫁さんに来てもらいたいNO.1です!

幼馴染の彼女は、幼稚園の時から何にも出来なかった次男(早生まれで体も小さく・・・)の面倒を見てくれていました。
昔を思い出して微笑ましくなりました。

彼女は、目標もやる気もばっちり!しっかり私について来てくれます。

そして、初めての予選。
!!
ちょっとあせったか?と思いましたが、うまい具合に二人の良さがでました。
予選通過。大喜びの二人です!

ところが、ここからがたいへん。本選のレベルの高さ、曲の難しさはよくわかっていたもの、難航。
二人の息が合わない。
バランスの妙。
それぞれの課題。

どんどん時間が過ぎて行きました。
気丈な彼女が1回だけ、練習中に泣きました。
出来ない自分が悔しかったと後で聞きました。

その時も、次男はすねていました。
私の持って行き方がまだまだなのはわかっているのですが、
さすがにカッとなって
「Yちゃんがなんで泣いているかわかる?
上手に弾きたい、でもできない。
あんたに迷惑かけてるかもって。
そんな自分が悔しいんだよ。
あんたも男ならその気持ち汲み取って、サポートしなよ!
女泣かせてどうすんの!」
といいながら陽子も泣いていました。(金八先生みたい・・・)

もちろん次男も目に悔し涙を。
彼の場合は、私にそんな風に言われてプライドが傷ついたんだと思います。
コーチとしてはもっと他のアプローチもあったかもしれませんが、
自分の子ども達とはストレートでいいと思っています。
そんなこともありましたが、本選までどんどん二人は成長して行きました。
演奏面も、人間的にも。

さて、緊張の本選。
結果はいろんな要因が重なって残念でしたが、出上がりはよかったです。
次またね!とあらたにチャレンジ欲がでました。

面倒かけちゃうけど、Yちゃんまたよろしくね!!
スカウトマン陽子の目に狂いはなかったと思います







Last updated  September 2, 2010 08:12:41 PM

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.