14446011 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

 寄付/カンパの御礼と御願い

 このブログは皆様の力に支えられています。

 人々を操るため、支配者たちは幻影を見せてきました。その仕組みの中心に位置しているのが教育と報道だと言えるでしょう。支配層にとって都合の良い考え方、価値観を植え付け、その価値観に基づく偽情報を流して感情をコントロールしているわけです。幻影の呪縛を解く唯一の手段は事実です。「櫻井ジャーナル」に存在する価値があると感じられたなら、存続できるように御支援をよろしくお願い申し上げます。

振込先

巣鴨信用金庫
店番号:002(大塚支店)
預金種目:普通
口座番号:0002105
口座名:櫻井春彦



天下兼相愛則治、交相惡則亂(墨子、巻之四)
順天意者、義政也。反天意者、力政也。(墨子、巻之七)
天下有義則治、無義則亂。(墨子、巻之七)

天下は人々が相愛すれば治まり、互いに憎しみあえば乱れる
天意に従う者は義に従って正す。天意に背く者は強制する
天下に義があれば治まり、義がなければ乱れる

#1
『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』三一書房、2005年

OPC

三一書房創立60周年記念出版。アメリカの権力者が行なってきた戦後の秘密破壊工作(テロ活動)の実態を具体的に検証する。「読書人」「共同通信」など各誌賞賛。自分のいる足場に深淵がひらくような衝撃にみちる一冊。付録としてキューバ侵攻作戦の「機密文書」収録、秘密破壊工作に関する全事項と関係者をインデックス化。人物ダイヤグラムも多数。

#2 『アメリカ帝国はイランで墓穴を掘る』洋泉社、2007年

イランの問題はイスラエルの問題と表裏一体の関係にある。イラン攻撃を狙うアメリカの新保守/神保守(親イスラエル派)は勢いを失ったが、消え去ったわけではない。イスラエルに軍事強硬派政権が存在し、プーチンにロシアから追い出されたエリツィン時代の「富豪」もロンドンとイスラエルを基盤に暗躍する。

2019.09.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 サウジアラビアはアメリカに歩調を合わせ、アラムコの石油処理施設を9月14日に攻撃したのはイランだと主張し始めた。施設の北側から攻撃されたということだが、北にはアメリカ軍の基地があり、駐留しているイスラエル軍がイラク領内を攻撃してイラク政府と対立している。アメリカの「御告げ」はともかく、イランが攻撃したことを示す証拠は見当たらない。2003年にイラクを先制攻撃する前と同じパターンだ。

 サウジアラビアをはじめとする産油国はアメリカが外部からの攻撃を防ぎ、支配層の地位を守り、個人的な収入を保証するという条件の下で、石油取引の決済をドルに限定してきた。ペトロダラーの仕組みだ。外部の敵対国による攻撃からサウジアラビアを守る義務がアメリカにはある。その義務をアメリカは果たさなかった、あるいは果たせなかったことになるわけだ。

 すでに崩れかかっているペトロダラーの仕組みだが、今回の攻撃に関するアメリカやサウジアラビアの主張が正しいなら、その仕組みにとって致命傷になる。すでにサウジアラビアの現体制はロシアにS-400の購入を打診、ドル以外の通貨で決済する可能性も指摘されている。アメリカとサウジアラビアとの同盟関係はかつてほど強くはない。

 サウジアラビアはイスラエルと同じように、「建国」にイギリスが重要な役割を果たした。

 第1次世界大戦当時、中東はオスマン帝国に支配されていた。その帝国を解体するため、イギリスのマーク・サイクスとフランスのフランソワ・ジョルジュ-ピコは協定の原案を作り、そこに帝政時代のロシアが加わって1916年5月に秘密協定が結ばれた。これがサイクス・ピコ協定。その内容は1917年11月のロシア十月革命で成立したボルシェビキ政権によって明るみに出た。

 協定が結ばれた直後の1916年6月、イギリス外務省アラブ局はオスマン帝国を揺さぶるため、アラブ人を扇動して反乱を起こさせた。「アラビアのロレンス」ことトーマス・ローレンスが所属していたのはそのアラブ局だ。そのイギリスはウィリアム・シェークスピアというエージェントをワッハーブ派のイブン・サウドに接触させていた。シェークスピアの戦死を受け、引き継いだのがジョン・フィルビー。

 その一方、イギリスはイブン・サウドとライバル関係にあったフセイン・イブン・アリも支援、この人物は1915年7月から16年1月にかけてイギリスのエジプト駐在高等弁務官だったヘンリー・マクマホンと書簡をやりとりしている。その書簡の中には、イギリスがアラブ人居住地の独立を支持すると約束した「フセイン・マクマホン協定」も含まれている。

 イブン・アリは1916年、アラビア半島西岸にヒジャーズ王国を建国。1924年にはカリフを名乗るものの、イスラム世界から反発を受け、イブン・サウドに追い出される一因になった。ヒジャーズ王国は1931年にナジェドと連合、32年にはサウジアラビアと呼ばれるようになる。その国教になったのがワッハーブ派だ。

 イギリス、そして後にアメリカがサウジアラビアを重視するのは地政学的なものだけでなく、石油。1960年代の後半にアメリカは経済が破綻、1971年にリチャード・ニクソン大統領はドルと金の交換を停止すると発表した。金のいう裏付けをなくしたドルを支えるために考えられたのがペトロダラーだ。

 ペトロダラーとは石油取引を利用したドルの循環システム。アメリカの支配層はサウジアラビアなど産油国に対し、石油取引の決済をドルに限定させることでエネルギー資源を必要とする国にかき集めさせ、集まったドルをアメリカへ還流させるという仕組みだ。

 そうした協力の代償としてアメリカは国の防衛や支配者たちの地位や収入の保証を約束。この協定をサウジアラビアはアメリカと1974年に結んでいるが、ほかのOPEC加盟国も同じ内容の協定を締結した。(Marin Katusa, “The Colder War,” John Wiley & Sons, 2015)

 ペトロダラーはドル体制を守る重要な仕組みであり、ドル体制はアメリカの支配システムを支えている。アメリカは基軸通貨を発行する特権を持っているため、意に沿わぬ体制に経済戦争を仕掛け、軍事侵略することが可能。ペトロダラーが揺らぐということは、アメリカの支配システムが揺らぐということでもある。本当にアラムコの石油施設をアメリカが防げなかったとするならば、ペトロダラーの前提が崩れる。







最終更新日  2019.09.19 16:48:04

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.