15426578 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

 寄付/カンパの御礼と御願い

 このブログは皆様の力に支えられています。

 人々を操るため、支配者たちは幻影を見せてきました。その仕組みの中心に位置しているのが教育と報道だと言えるでしょう。支配層にとって都合の良い考え方、価値観を植え付け、その価値観に基づく偽情報を流して感情をコントロールしているわけです。幻影の呪縛を解く唯一の手段は事実です。「櫻井ジャーナル」に存在する価値があると感じられたなら、存続できるように御支援をよろしくお願い申し上げます。

振込先

巣鴨信用金庫
店番号:002(大塚支店)
預金種目:普通
口座番号:0002105
口座名:櫻井春彦



天下兼相愛則治、交相惡則亂(墨子、巻之四)
順天意者、義政也。反天意者、力政也。(墨子、巻之七)
天下有義則治、無義則亂。(墨子、巻之七)

天下は人々が相愛すれば治まり、互いに憎しみあえば乱れる
天意に従う者は義に従って正す。天意に背く者は強制する
天下に義があれば治まり、義がなければ乱れる

#1
『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』三一書房、2005年

OPC

三一書房創立60周年記念出版。アメリカの権力者が行なってきた戦後の秘密破壊工作(テロ活動)の実態を具体的に検証する。「読書人」「共同通信」など各誌賞賛。自分のいる足場に深淵がひらくような衝撃にみちる一冊。付録としてキューバ侵攻作戦の「機密文書」収録、秘密破壊工作に関する全事項と関係者をインデックス化。人物ダイヤグラムも多数。

#2 『アメリカ帝国はイランで墓穴を掘る』洋泉社、2007年

イランの問題はイスラエルの問題と表裏一体の関係にある。イラン攻撃を狙うアメリカの新保守/神保守(親イスラエル派)は勢いを失ったが、消え去ったわけではない。イスラエルに軍事強硬派政権が存在し、プーチンにロシアから追い出されたエリツィン時代の「富豪」もロンドンとイスラエルを基盤に暗躍する。

2020.02.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 アメリカでは「大統領候補選び」というイベントが行われているが、民主党の候補選びでバーニー・サンダースの強さが目立つ。2月14日から17日にかけて実施されたABCニュースとワシントン・ポスト紙の世論調査ではサンダースが32%だったのに対し、次のジョー・バイデンは16%、大富豪のマイケル・ブルームバーグは14%、元ハーバード大学教授のエリザベス・ウォーレンは12%、イスラエルやCIAとの関係が露見したピート・ブータジャジは8%。

 ウクライナを舞台とした汚職事件が重くのしかかっているバイデンが失速していることは明らかで、アイオワ州の党員大会で飛び出したブータジャジ元サウスベンド市長はイスラエルやCIAとの関係が露見したこともあって当初の勢いはなくなっている。内政問題で弱者の立場から発言しているウォーレンは国際問題になるとネオコンの政策を主張、支持者が増えるとは思えない。結局、テレビでの宣伝だけで3億2700万ドルを投入したというブルームバーグと草の根の支持者がいるサンダースの戦いになりつつある。

 2016年の大統領選挙では夏からFBIがドナルド・トランプを潰すために動き始めていたが、民主党の幹部や有力メディアは人気が出てきていたサンダースの足を引っ張りにかかっていた。こうした民主党内部の工作の一端を明らかにする電子メールをウィキリークスは2016年3月から公開している。民主党や有力メディアが「ロシアゲート」キャンペーンを始める一因はここにある。

 現在、サンダースは前回より強いが、内政でも外交でも彼の政策を支配層が受け入れるようには思えない。そうした支配層に受け入れさせたければ政策を彼らのそれに近づける必要がある。そうしたことを公然と行えば支持を失う。裏で行っても晩節を汚すことになる。サンダースを懐柔できなければ、何らかの形で脅し、それでも駄目ならあらゆる手段を使って引きずり下ろそうとするだろう。







最終更新日  2020.02.20 12:49:06



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.