000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

団塊倶楽部

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

ドライブ

2019年05月23日
XML
カテゴリ:ドライブ
岩手県一戸町小鳥谷(こずや)では、国指定天然記念物「藤島のフジ」が見頃を

迎えている。

樹齢数百年とされ、高さ約20メートルの大木。

小鳥谷小学校のそばにある。

26日には同校で「藤島のフジまつり」を開催し、地元住民や子供たちが

神楽など郷土芸能を演じる。













「藤島のフジ」からほんの少し北へ向かうと「御所野縄文公園」がある。

国の史跡である御所野遺跡の復元した住居と、森の姿が美しい公園。

駐車場からの長い「きききのつりはし」のトンネルを渡ると、縄文の世界が

広がっている。

縄文中期、4,000~4,500年前の遺跡。

東むら・中央むら・西むらの3区画からなる。


東むらの竪穴住居(復元)。














配石遺構

中央むらには様々な組石や立石が東西に2つの大きな輪のように広がっている。







最終更新日  2019年05月23日 19時55分19秒


2019年05月15日
カテゴリ:ドライブ
北上川の源泉とされる「ゆはずの泉」(岩手町御堂の御堂観音)









御堂観音から東へ約3キロの所に「御堂新田の滝」がある。




高さ8メートル、幅10メートルと決して大きな滝ではないが、大きな岩盤から

玉のように3筋の水が流れ落ち、豪快なしぶきを上げる姿が圧巻だ。






最終更新日  2019年05月15日 19時31分04秒
2018年03月13日
カテゴリ:ドライブ
今日、用事があって盛岡市まで車で出かけてきた。

道路には雪は殆どなかった。

雪がないと本当に楽。

雪がないのは大変良いが、道路は何処へ行っても凸凹(でこぼこ)

穴に落ちるとガタンと大きな音と振動。

これじゃ~パンクが多くなるのは当たり前。

早く道路の修理を始めてほしいものだ。


凸凹(でこぼこ)凹凸(おうとつ)という漢字。

でっ張りを表す漢字「凸」と、へこみを表す漢字「凹」でできている。

要するに物の表面に起伏があって平らでないことを表す。

凸凹凹凸も漢字をひっくり返しただけで、同じような意味と思われるが、

使い方に違いがあったりニュアンスが少し違うみたいだ。


凸凹「でこぼこ」と読むのが一般的で「だくぼこ」「とつおう」とも読む。

一方、凹凸「おうとつ」のみで「ぼこでこ」とは読まない。

「地面の凸凹をならす」「凸凹な道」「凸凹になる」のように凸凹

名詞の他にも副詞や形容詞としても使われる。

凹凸は「凹凸がある」「凹凸のある道路」のように名詞としてしか使われない。






最終更新日  2018年03月13日 22時01分36秒
2017年05月26日
カテゴリ:ドライブ
今日は車でぷらっと「藤島のフジ」見物と小繋駅「待合室」にドライブ。

「藤島のフジ」一戸町小鳥谷(こずや)にある国指定天然記念物












樹齢は400年以上と推測される古木。

根回り4メートル、高さ20メートルで、日本一の大きさとされる。

かつては周囲に堀が巡らされ、藤が島のように見えたことから「藤島」と呼ぶように

なったといわれている。

新聞などによると、例年より全然少ないということだったが、実際に来てみると

本当に少ない。

ちょっと寂しい感じがした。

見頃は6月上旬頃まで。


帰りに同じ一戸町の小繋駅に寄った。

映画「待合室」の舞台になった駅。




主演は富司純子寺島しのぶの母娘の競演。

「命のノート」を映画化した作品。




ここの駅には今回で3度目。

その都度「命のノート」に書き込ませてもらっている。

今日のドライブもどちらかと言えば、「命のノート」を見たい。

書き込みたい、というのが主。

最近、長男とまたまた、ぶつかった。

今の住まいは今年3月に引っ越して来たばかり。

彼の彼女(まだ籍を入れていないので)と3人暮らし。

以前から彼とは水と油の関係。

どうしても合わない。

彼のやりたいように一歩も二歩も引いていた(つもり)。

それをいいことに好き放題。

何よりも私に対する言葉が余りにもひどいのだ。

まるで年下の者に喧嘩をするような言い方。

つい私も切れて「こんな人とはもうやっていけない。親子の縁を切りたい。

二人ともこの家から去ってくれ」と言ってしまった。

家の中は気まずい状態。

そんな事で久し振りに出かけた。


「命のノート」を見ると、悩みを抱えているのは私だけではないことを改めて知った。

少しは気持ちが落ち着いた(かな)。






最終更新日  2017年05月26日 17時19分40秒
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.