000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

楽天@マーケット

PR

Profile


電球ピカソ

Calendar

Archives

2019.07
2019.06
2019.05

Category

Recent Posts

Comments

ステマしないでください@ Re:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 764 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:…
電球ピカソ@ Re[1]:法律で認められている医療大麻 CBDオイル1(06/09) 著作権者さんへ 参考にしますので著作権の…
著作権者@ 画像の無断使用について こちらの記事に使用されている画像の中に…
http://buycialisky.com/@ Re:全年代一覧表(04/07) what does cialis look likeviagra vs cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:全年代一覧表(04/07) best price on viagra 100mg <a href=…

Keyword Search

▼キーワード検索

全3件 (3件中 1-3件目)

1

江戸

2018.04.10
XML
カテゴリ:江戸
紀元前
紀元前9000年~紀元前2000年
紀元前1999年~紀元前660年
紀元前659年〜紀元前149年
紀元前148年〜紀元前1年
西暦
1年~199年200年~573年574年~709年710年~780年781年~899年900年~1332年1333年~1361年1362年1363年~1599年1600年~1670年1671年~1799年1800年~1867年1868年~1879年1880年~1909年1910年~1930年1931年~1947年1948年1949年~1959年1960年~1962年1963年 1964年 1965年~1979年
1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年1995年~1999年2000年 2001年 2002年2003年~2008年2009年~2011年2012年2013年~2014年2015年 2016年 2017年 2018年



1602年


4月


2日
(慶長7年3月7日)
徳川家康の 10男 頼宣 生誕

徳川頼宣


幼名長福丸



1603年


徳川家康(60)が将軍となる

歴代徳川将軍たち
業績と名前を覚える(覚えかた)



徳川家家紋充電バッテリー(アダプター付き)




1604年


3月
家康(61) 温泉へ
家康の湯

徳川家康(61) 熱海温泉家康(61)は2人の子供、義直、頼宣を連れて熱海に7日間滞在、本陣今井半太夫の湯亭に逗留した
熱海の大湯まんじゅう10個 1セット



1個から食べれるタイプ



浮世絵江戸風バスタオル




8月


12日
(慶長9年7月17日)

徳川家光 出生

(徳川家康の孫)徳川幕府を事実上築いた人
家光


家光は男に興味を持つ(男色)傾向があった


ホルモンガーでも呑んだのか?


家光の父 家忠(28)


女に興味なかった家光は世継ぎがなく
それに困った局はお振(おふる)という女(大奥)に男の格好をさせ、第一子が産まれた

オカマキャラがよく使っている医療大麻CBDオイル(実は大麻は徳川認定品だった(家康の御用達、、、、と言うよりは天皇家の18番=お祭りかよ!))




1604年


松前藩が家康(61)から蝦夷(えぞ=北海道)との交易権を得る

松前藩(まつまえはん)は、徳川家康(61)から蝦夷(えぞ)のアイヌ民族との交易(こうえき)の独占権 をえた

「蝦夷地に出入りする商人その他の者は松前藩の許可が必要であり、これを破る者は松前藩の手で処刑し てもよい」

というお墨付きの独占権を得た

松前藩の観光解説動画
今でこそ観光地になっているが...




1607年


5月


6日
朝鮮から初めての通信使が日本へ来る 慶長12年 6月29日(5月6日)


江戸時代に入って初めての通信使が江戸幕府に派遣された

江戸城内(三の丸)で陶器や虎の皮等の礼単(進物)を準備する朝鮮通信使(江戸図屏風より)



家康(64) 生薬の研究に精通する 本草綱目(作者=李時珍1518年〜1593年)や和剤局方を読破



和剤局方 江戸時代に日本で何度も再版された本である この本から多くの漢方処方が考案され、今でも一般薬では多数の医薬品が残っている。 在江户时代和剂局方是几次被再版了的一册。 很多的中药处方被参考是由这本、时至今日、在一般药多数被收存着作为医药的

薬師如来と徳川家康(64) 東照大権現の本地仏が薬師如来なのも家康の健康志向を示している


1611年


大麻が徳川幕府の御用達品として認定される


大麻で作られた繊維

(徳川美術館)


麻薬と言われている大麻だが最近ではインターネット通販でオイル 製品が手頃に買えるようになった。
*1家康薬草(漢方薬)みたいに研究していたようです
現在*3誰でも買えるよう厚労省が許可しているものもある

*1関連リンク
黒田官兵衛、目薬を販売

*1家康の盟友黒田官兵衛は医療大麻の副作用用に目薬を作って、神社でそれを売っていました

*3医療大麻オイル 堂々と販売中





1613年


12月


1日
イギリス東インド会社が商館の設置を許可された

イギリス 貿易を許され、平戸に商館を構えた1613年 イギリス商館(イギリスしょうかん)とは、江戸時代初期(1613年−1623年)にイギリス東インド会社 が設置した商館です。

アダムスが平戸からロンドンの東インド会社本社へ宛てた手紙の一部。


1613年12月1日付け


1614年


有馬氏が転封となり、代わって大和五条から松倉重政が入封した

転封
幕府の命令で、大名の領地を他に移すこと
松倉重政


重政は江戸城改築の公儀普請役を受けたり、独自にルソン島遠征を計画し先遣隊を派遣したり、島原城を 新築したりしたが、そのために領民から年貢を過重に取り立てた。
慶長19年

1614年
大阪冬の陣の流れ


大坂の陣は、江戸幕府と豊臣家との間で行われた合戦。慶長19年の大坂冬の陣と、慶長20年の大坂夏の陣 から成る。大坂の役とも呼ばれる。



11月


15日
徳川家康(71)・秀忠(35)、京都から大坂へ出陣


徳川家康(71) 大坂冬の陣では茶臼山一帯が徳川家康の本陣となった 冬の陣では真田信繁は真田丸を構築して徳川勢を打ちのめしましたが、停戦の時の条件で真田丸と外堀は 破壊されてしまいます。


11月


26日
鴫野の戦い



12月


2日
真田勢の鉄砲隊が前田利常を狙撃

前田利常は塹壕を掘り土塁を築くようにと命令を受けて、塹壕の構築を開始すると、真田丸の前方にある 篠山と呼ばれる丘から、真田勢の鉄砲隊が狙撃して妨害。


「秀頼に落とされ死んだ」大坂の陣、オランダで新文書


家康(71) 大阪冬の陣で豊富秀頼(秀吉の子)と戦ったがしばらくして仲直りした


1615年


大坂夏の陣では真田信繁幸村の本陣となった


5月


6日
道明寺の戦い

午後 拡大 大坂夏の陣・道明寺合戦は、午前4時 小松山の戦いに始まって、午後4時、誉田の戦いが終わるまでの12時間の戦いです。

この戦いで伊達正宗の騎馬鉄砲隊は活躍した。徳川家康(72)の要請を受け出陣した政宗は、後藤基次、薄田兼相らの豊臣軍の 主力部隊を撃破した。

討死者
豊富方 後藤又兵衛、薄田兼相(隼人) 徳川方 奥田忠次 ほか討ち取った首が『93』と記録されている


後藤又兵衛の墓


「後藤又兵衛 討死」詳細に 秀頼へ報告、部下がメモ 大坂の陣

道明寺付近の戦に遅れて到着した真田幸村は、後藤又兵衛の死を救うことが出来ず 伊達政宗隊との戦に突入する。
しかし、城内よりの退去命令に従う。
この『道明寺の戦い』は、豊臣家の江戸幕府に対する最後の抵抗を鎮圧するために 行われたもので、この時、大阪城の外堀は、既に埋められていたため、豊臣軍は、 城を出ての戦いを余儀なくされました。

徳川家康(72)は大坂夏の陣で後藤又兵衛に討ち取られた?南宗寺に残る伝承の謎




7日
天王寺口の戦い 真田幸村(本名は信繁)の本陣として、茶臼山の戦い(天王寺口の戦い)が繰り広げられました。天王寺 口の戦いは、夏の陣の最終決戦になった。岡山口の戦いとほぼ同時刻である正午頃に始まった。

徳川方に進軍を許した豊臣方は不利な戦況になった

豊臣勢は前日の戦いで、後藤又兵衛・木村重成・薄田兼相・塙直之など多数の勇将を失い、 又長宗我部盛親は前日の八尾の戦いでの負傷のため、大阪城に詰めている。

茶臼山の中腹にある、天王寺の戦い
右が北になっています。



浅野家 夏の陣の天王寺口の戦いで、家康本陣に突撃した真田隊の作戦で寝返り呼ばわりされて、東軍を大混乱さ せてしまった

大坂方は希望の星だった真田信?はじめ多くの討死者を出して敗退。


幸村隊の「赤備え」(上田真田まつりで鉄砲隊が着用)

家康本陣に遅いかかる幸村。左端、おののいているのが家康


豊臣勢は全力で駆け巡って戦った為、やがて疲労困憊となり、真田幸村も三度の突撃の後、13の傷を受け 疲労のため動けず、安居天神にて休憩していたところを簡単に討ち取られた

真田幸村散り 大坂城落城 豊臣家滅亡へ 江戸幕府が豊臣宗家(羽柴家)を滅ぼした 討死 本多忠朝、小笠原忠脩、真田幸村、真田大助(幸村長男)

1615年
一国一城令により、一度は廃城となった


1616年


6月


1日
徳川家康(73) 死去 元和2年4月17日(1616年6月1日)73歳没

1616年
豊臣家滅亡後、大阪城主となった松平忠明が東照宮を天満に建 設 建設の際、中村勘助が造営係となり、用地に住んでいた住民を先に開発した姫島に円満移転させる 在豊臣家滅亡之后、松平忠明握主权了是大阪城、然后他建东照宫于天满之际、中村勘助被任了是建筑天满 地域作为地域建筑员、他首先对在先(所居)的人们、让预先移动至姫島

1616年
有田焼が作られた 陶祖、 李参平によって日本で最初に陶磁器が作られたとされる場所 佐賀県・有田

1616年
高根商店 ヤマサと並ぶ銚子の2大醤油メーカー。 元和2年に田中玄蕃が創業


1623年


元和9年(1623年)冬、ポルトガル人宣教師ガルヴァリヨ神父他8名の日本人キリシタンは奥羽山脈に潜伏中 捕らえられ、仙台に護送された。

1623年
アン ボイナ事件以後、イギリス撤退した


1624年


スペイン船の来航禁止

1624年
オランダ東インド会社から贈られた回転灯籠



1627年


加藤嘉明公が新しい街道として整備した

↑秀吉に仕えた加藤嘉明 海戦も陸戦も得意だった

賤ヶ岳七本槍の一人として有名であった


賤ヶ岳の七本槍↓


秀吉が柴田勝家と争った賤ヶ岳合戦

で「七本槍」として活躍し、のちに伊予松山20万石の城主となった加藤嘉明 賤ヶ岳合戦(1583年4月)

伊予松山城(愛媛県松山市)

松山城は今から約400年前、賤ヶ兵七本槍で名高い加藤嘉明が慶長7年(1602)に築城に着手し、 25年の歳月をかけて寛永4年(1627 )に完成した

伊予松山城 連立式天守

伊予松山城本丸と 本壇天守


伊予松山城鳥瞰図で天守は、5層である

から加藤嘉明時代20万石・蒲生忠知24万石・松平定行15 万石時代の伊予松山城である。

松山城は百数十メートルの山の上に建つ城です。市内のどこからでも見上げることができます。 リフト乗 り場で築城者の加藤嘉明像を写真に収めて登城(リフトで)。


1629年


12月


22日
明正天皇(第109代) 即位


寛永6年11月8日(1629年12月22日) 幼名は女一宮、諱は興子(おきこ)。

寛永七年の明正天皇(第109代)の即位式。上に群居しているのは一般庶民です。わかりにくいですが女性子 供もいます。紫宸殿のすぐ横まで近づいて拝観が許されていた

母方の祖父に徳川秀忠、伯父に徳川家光がいる 称徳天皇(第48代)以来859年ぶりに女帝(女性天皇)が誕生した。


1632年


3月


14日
徳川秀忠(53) 死去 徳川家康3男 3月14日, 江戸


1630年


木津勘助は本名は中村勘助といいたびたび氾濫していた木津川を浚渫し、水害を防いだ功績が認められ、 市中川浚い御用係に任命されているが、この頃から木津勘助と呼ばれるようになった


1635年


鎖国令

1635年
海外渡航と在外日本人の帰国禁止


1637年


12月


11日
島原の乱 有馬村のキリシタンが中心となって代官所に強談に赴き代官・林兵左衛門を殺害 ここに島原の乱が勃発する 寛永14年10月25日(1637年12月11日)

徳川幕府を支援したオランダ東インド会社は、宿敵ポルトガルの追い落としに成功します。オランダ東イ ンド会社の総督は、アベルタスマンを南方に派遣した同じバンディーメンズです。


1639年


幕府は,キリスト教の影響を防ぐためにポルトガル船の来航を 禁止した


1641年


大洪水がおこる 日照りと大洪水が重なって全国的な大飢饉が起こり、大阪でも餓死者が続出する中、木津勘助は数百人の 手下を引き連れて福岡黒田藩の米蔵を飢える農民を救うために幕府の米蔵を

それでも足らないということで、 命がけで大坂城の備蓄米の「お蔵破り」を決行して、 飢饉に苦しむ人 々を救済したのだそうです。

木津勘助はその後「お蔵破り」の罪で

当時の大坂町奉行久貝因幡守は、幕府直轄の蔵米でなく外様の黒田藩が天王寺屋に売った後の米であった ため、木津勘助が飢饉で飢えた市民を救済したことを内心喜んでいた 寛永18年


1644年


松尾芭蕉(0) 生誕 寛永21年


1645年


池田輝政の播磨統治を経て矢野荘は浅野赤穂藩領になる。


1646年


2月


23日
徳川綱吉(0)=第五代徳川将軍 生誕 3代将軍・徳川家光の四男 江戸城に生まれる。幼名は徳松(とくまつ) 正保3年1月8日(1646年2月23日) (江戸(=東京))


1650年


6月


5日
徳川義直(=家康の子) 死没
1651年
家光没、4代将軍・家綱就任



1653年
近松門左衛門歌舞伎で活躍 江戸時代のはじめ 浄瑠璃・歌舞伎 作者として活躍した

1653年
片山津温泉 開泉


1655年


9月


5日
吉田勘兵衛が新田開発に乗り入れる 江戸の吉田勘兵衛が江戸幕府から、埋立て・新田開発の許可を得て、入海の新田づくり鍬入れ式を行いま す。 明暦2年7月17日 1656年9月5日 (江戸・東京)


1659年


大石内蔵助良雄(0) 誕生


1666年


寛文6年の江戸図

寛文6年 (江戸・東京)


1667年


9月


28日
浅野長矩(0) 生誕 浅野長友長男として江戸鉄砲洲=現東京都中央区明石町=浅野家上屋敷=現在聖路加国際大学がある場所に おいて生まれる。 寛文7年8月11日(1667年9月28日) (江戸・東京)


1669年
9月
シャクシャインの戦い






Last updated  2018.04.22 18:12:08
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:江戸
<紀元前
紀元前9000年~紀元前2000年
紀元前1999年~紀元前660年
紀元前659年〜紀元前149年
紀元前148年〜紀元前1年
西暦
1年~199年200年~573年574年~709年710年~780年781年~899年900年~1332年1333年~1361年1362年1363年~1599年1600年~1670年1671年~1799年1800年~1867年1868年~1879年1880年~1909年1910年~1930年1931年~1947年1948年1949年~1959年1960年~1962年1963年 1964年 1965年~1979年
1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年1995年~1999年2000年 2001年 2002年2003年~2008年2009年~2011年2012年2013年~2014年2015年 2016年 2017年 2018年



1671年


徳川頼宣(69)=徳川家康の10男 死没

1671年
旗本浅野家が成立
浅野長恒は若狭野三千石を*分知された

*武家の*知行の一部を親族に分与すること。

*封建時代に、武士に支給された土地=また後には俸禄(ほうろく)。 ￿

浅野長恒



1674年


佐々十竹が彰考館に入る 延宝2年


1676年


12月
朝鮮人百姓、軍人ら開州数百戸で部落形成

1676年から
する史館員を遠隔地に派遣しての史料調査が行われた
延宝4年

1676年
伊賀の藤林保武によって著された忍術の三大秘伝書の一つ


甲賀・伊賀忍術四十九流派の秘伝・忍具を体系的に詳述した忍術の全てを集大成したもの

延宝4年

1676年
月見櫓が建てられた

出入りする船を監視する役割を持つ

1676年
筋違橋が完成する

筋違橋は筋違門付近に架けられ、江戸時代は将軍が利用するなど重要な橋であった。
徳川将軍が寛永寺に詣でる時に渡る橋で、現在の昌平橋と万世橋との中間にあった。
すぐ南に筋違見附があり、橋はその見附の付属物であった。
延宝4年 (江戸=東京=秋葉原)


1678年


10月


29日
綱吉の兄綱重が死去する
綱重は数年来、病床にあって登城を欠かしていたことが多かったが、この年の七月に久々に登城し、八・ 九月にも登城していた。
延宝6年9月 (1678年10月29日) (江戸・東京)


1680年


徳川第5代将軍・徳川綱吉 将軍就任


1680年
霊元天皇(第112代)父崩御後に政務に従事する

治世の最初は父である後水尾法皇が院政を行っていたが、後水尾法皇の崩御後は直接政務を執った。
延宝8年


1682年


江戸大火(八百屋お七の火事)


1685年


5代目将軍徳川綱吉=母親(58)発案で生類憐れみを耳聴する

桂昌院(58)
江戸幕府=3代目将軍=徳川家光の側室=5代目=将軍徳川綱吉(24)の生母。

桂昌院(58)は一説に、西陣の八百屋に生まれ、その名を「お玉」と呼ばれたとか

1685年
生類憐れみの令が発布された

生類憐れみの令を出した徳川綱吉(24)


生類憐れみの令(現代翻訳)


天下の悪法と呼ばれたが
保護の対象→乳幼児=年寄りも含まれ捨て子防止や老いて山中に捨てられる老人を無くす政策。

生類憐れみの令だけは世に残してくれ,と頼む程、犬をはじめ、動物、鳥類、虫までも殺生はさせない法 を作って、それらを守った

江戸時代の捨て子=作品=『金父母 こがねのかぞいろ』


カルマの法則
徳川綱吉(24)は男の子徳松の死後、世継ぎに恵まれず===これを前世の殺生によるものと信じた

その後においての影響は今日まで受け継がれていった

東京では江戸の遺産が多いようだ


「犬も歩けば棒に当たる」


中野区役所前 犬の像 (江戸・東京)
ご当地◎◎っぽいね


1685年
この頃、元禄文化が開く

1685年
八橋検校が亡くなった

1685年
この年まで宣明暦(せんみょうれき)が使われた

西暦 862 年から この年まで約 800 年間も使われた


1689年


松尾芭蕉(45)が粕壁宿に泊まった


この年、松尾芭蕉(45)が「おくのほそ道」の旅で一泊目に泊まった。
開宿1616年。 元禄2年(1689)3月27日 (粕壁宿=埼玉県春日部市粕壁=春日部駅東口の旧街道一帯)


1694年


11月


28日(元禄7年10月12日)
松尾芭蕉(満50) 死去


1695年


元禄小判の鋳造がおこなわれました

綱吉(34)の元禄小判

通用開始された一両としての額面を持つ小判である。
元禄8年9月10日(1695年10月17日)

小判を有名にした徳川綱吉(34)


1695年
大石良雄=生誕 江戸時代武士=播磨国=赤穂藩=筆頭家老=「良雄」=実名=通称は「内蔵助」/一般には大石 内蔵助 (播磨国(=兵庫県南西部))

霊元天皇(第112代) =即位
この時代の写りかたはみんなおんなじなのがこの時代の特徴


寛文3年1月26日(1663年3月5日)


1697年


4月


24日 (元禄10年3月4日)
*1賀茂 真淵 生誕
遠江国敷智郡浜松庄伊庭村に生まれる *2淵満(ふちまろ)とも称した

*1(かも の まぶち)歌人
*2 出生地の敷智(ふち)郡に因む
古事記について「日本の精神に合っている」と評価した人物でそれまで偽書扱いだった古事記を、一躍ナンバーワンにした。


1698年


新宿の原型「内藤新宿」が設置された



中世後期から近世にかけて宿駅が整備され、現在の「新宿」の元となる「内藤新宿」が設置
以降は宿場 町として大いに発展していく事に
元禄11年 (江戸=東京=新宿)


1701年


4月


21日
赤穂事件
*勅使馳走役の赤穂藩主=浅野長矩(34)=浅野内匠頭=持病=(てんかんを持っていた)=赤穂藩藩主

が、 江戸城内の松の廊下で指南役の吉良義央(幕臣高家肝煎)を斬りつけた

元禄14年 3月14日、(西暦1701年4月21日)

*天皇・皇帝・王など国の元首が出す使者

背景
事件の前にはこのようなやり取りがなされていた


勅使への*1饗応(きょうおう)費をできるだけ節約しようとする浅野内匠頭(34)と、将軍綱吉の母桂昌院の

* 2従一位

*3叙任(じゅいちいじょにん)の件で、例年より勅使への饗応費をもっと奮発すべきだと主張する吉良上野介


*1酒や食事を出して人をもてなすこと。 *2日本の位階及び神階の位の一つ。
*3位を授け官に任ずること。

浅野長矩=浅野内匠頭(34)は、白書院の大廊下で「この間の遺恨覚えたか」と言い吉良上野介の背後から切り付けた。


事件当時、江戸城では幕府が朝廷の使者を接待している真っ最中で、場所がらも弁えず刃傷に及んだ浅野に

第五代将軍徳川綱吉は激怒

刃傷松の江戸城松之廊下事件を引き起こしてしまい、時の将軍徳川綱吉の裁定で浅野内匠頭(34)は即日切腹を言い、赤穂藩もお家お取り潰しとなった

浅野内匠頭(34)が田村右京大夫の屋敷の庭先で切腹する

↑切腹する浅野内匠頭(34)と介錯する(挿絵:寺田幸さん)

松の廊下の刃傷事件で取り潰しとなった浅野家の墓



1701年


4月


21日
浅野長矩(34) 死没
元禄14年3月14日(1701年4月21日)

将軍の徳川綱吉逸話
身長が124cmだったという

この事件で赤穂藩 浅野家の家臣達は口論になる


江戸城本丸にある「松の大廊下跡」の碑/吉良邸跡にある事件の絵


3月


24日
この日は徳川五代将軍綱吉が*1勅使、*2院使に対し*3勅答する 日であった 元禄14年 (1701年)3月14日

*1天皇・皇帝・王など国の元首が出す使者のこと *2天皇からの使者は「勅使(ちょくし)」、上皇(前に天皇だった方)からの使者を「院使(いんし)」 と称した。 *3天子が臣下に答えること


1702年(元禄15年)


7月
浅野長広の広島浅野宗家への預けが決まり、赤穂浅野家再興は絶望的となった。 大石 良雄は京都円山で会議を開き、吉良義央への仇討ちを決定する。


12月


15日
松の廊下事件から2年後
大石内蔵助をリーダーとする赤穂浪士47名が吉良上野介邸に押し入り12月15日早朝、

大内蔵之介を筆頭に、赤穂浪士は上野介を殺害して主君・浅野内匠頭の仇を討ちました。


本所松坂町の吉良邸跡


吉良邸討ち入り

吉良上野介側は、討入りを予測して浪人らを雇っていましたが、赤穂浪士らはうまく部屋に閉じ込めたり 、
寝起きでなかなか体が動かない寒い早朝を狙っています。


吉良上野介


吉良の首が浅野内匠頭の墓前に捧げられる
大石 内蔵助(本名は大石良雄) 四十七士は吉良邸から引き揚げ、吉良の首を泉岳寺の浅野内匠頭の墓前に供えました。


引き上げ最中には、四十七士のうち一人寺坂吉右衛門はどこかにいなくなる

寺坂吉右衛門は、吉良邸討ち入りの際には裏門隊に属していた。
ところが、本懐を遂げ一行が泉岳寺に着 いたときにその姿はなかったという。

一説によると、泉岳寺への帰路に大石内蔵助に呼ばれ、「事件の真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せ よ」との密命を受けて行列から離脱した または 身分の違いのために大石内蔵助良雄に逃げるよう命じられたという説や、討ち入り直前に自ら逃亡したと いう説がある

四十七士は、討ち入り後に、泉岳寺に集合、吉良邸討ち入りを幕府に報告。その後重賢は大石良雄らとと もに細川綱利の屋敷に預けられた。 幕府は浪士の処分に困りましたが、結局、彼らに切腹を命じます。 幕府の指示に従ってそれぞれが預けられた大名屋敷で翌年2月4日に切腹することになる。

幕府は大石の説明を受け入れて、寺坂吉右衛門の行方を追わなかった。取り調べにあたった幕府の役人たちが浪士に同情的であったので、ことさらに厳しく追及しなかった

寺坂吉右衛門の行方




寺坂吉右衛門の墓


その間広島で幽閉されていた寺坂吉右衛門は、6月になって江戸に戻り、仙石伯耆守の屋敷に四十

寺坂吉右衛門は後に幕府に出頭するが、幕府から「もういい・・」といって帰される


1703年


2月


4日
幕府により大石良雄ら赤穂浪士が切腹を命じられる

それぞれが預けられた大名屋敷で翌年2月4日に切腹。
赤穂義士切腹之図(熊本藩の江戸屋敷において) 享年45歳


その場所は現在は土地になっている


その当時大石良雄外十六人も同じ場所で忠烈が行われた


赤穂浪士の遺骸は主君の浅野内匠頭と同じ泉岳寺に埋葬さ れることとなります。

大石良雄等自刃の跡東京都港区高輪・細川家邸跡 (以下今後のソース) その後 吉良家断絶と浅野家

浅野長政の3男:浅野長重の家系は播磨赤穂藩藩主となった。 元禄赤穂事件で3代:浅野内匠頭長矩→吉 良義央への刃傷事件で改易となった。 ￿

浅野長政

長重の曾孫が「元禄赤穂事件」で有名な浅野長矩である。 ￿

↑浅野長矩は播磨国赤穂藩の第3代目(最後)の藩主 播磨国赤穂初代藩主であった浅野家浅野赤穂藩、永井家、森家歴代藩主の菩提寺で、 大石良雄蔵之助の先 祖代々の墓、赤穂義士四十七士の墓があるお寺です。 浅野長直が常陸国笠間から転封になった時、 浅野家の菩提寺として建てられた曹洞宗の寺 ￿

↑台雲山 花岳寺

後に、この事件を基にして人形浄瑠璃・歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』をはじめ、様々な作品が作られ、そ の創作作品の総称が「忠臣蔵」と呼ばれています。 忠臣蔵縁の城として知られる赤穂城 ￿

浅野氏による築城、その改易後は森氏に引き継がれ、明治の廃城例で破却された。

1703年
元禄地震(相模トラフ巨大地震)


1705年


8月


11日
桂昌院(78) 死没) 宝永2年6月22日(1705年8月11日)


1707年


南海トラフ巨大地震=発生 関東南西部、東海地方〜紀伊半島〜四国にかけて宝永地震(南海トラフ巨大地震)という二つの巨大地震 が発生 ￿

東海・東南海・南海の三つが同時発生する「連動型地震」という最悪のシナリオである。震度6以上の地 域が590kmに及んだ

宝永地震から49日後に宝永大噴火が起きた(富士山噴火) ￿


1709年


2月


19日
徳川綱吉(64)=第五代徳川将軍 死没 宝永6年1月10日(1709年2月19日)


1709年


徳川家宣が江戸幕府第6代将軍となる ￿

宝永6年

1709年
日本書紀に掲載された大麻記事が「大和本草」として刊行され る

治療薬としての効能や日本書紀による大麻文化などが掲載された書「大和本草」が博物学者 貝原益軒によ って刊行された 由博物学者贝原益轩被刊行了“大和本草“ 被揭载着这本是效果效能作为治疗药、由日本书记的大麻文化等等 ￿

大和本草 ￿

江戸時代の医師である貝原益軒の「大和本草」

ヨーロッパ船の来航を長崎・平戸に制限


1713年


徳川家宣が死去 徳川家継が江戸幕府第7代将軍となる ￿


1716年


徳川吉宗が八代将軍に就任

軍就任以前は越前国葛野藩主、紀州藩第5代藩主を務めた。 徳川御三家の紀州藩第2代藩主・徳川光貞の 四男として生まれる。 ￿

初代将軍・徳川家康は曾祖父に当たる。父と2人の兄の死後、紀州藩主を継ぎ藩財政の再建に努め、成果 を挙げた。 ￿

暴れん坊将軍の大ヒットのモデルとなった 徳川吉宗 ￿

桜を植えたことでも有名 ￿

歌川広重『名所江戸百景』より「飛鳥山北の眺望」 かつて田んぼが広がるこの地に桜を植え、庶民に開いたのは8代将軍・徳川吉宗でした 吉宗がこうしてサクラ を植樹して、花見を奨励するまでは、江戸のサクラといえば寛永寺程度しかなかっ たそうです。 ￿


7月


将軍になると、さっそく幕政の見直しを開始し「享保の改革」と呼ばれる幕政がスタートした。

「享保の改革」はこのような政策だったと言う ￿

目安箱 ￿

吉宗は、諸先輩方からだけでなく、庶民からも広く意見を求めようと、享保六年、目安箱を設置する。

桜の植木 ￿

江戸時代の初期には荒れた雑木林でしたが、鷹狩のためによくこの地を訪れていた8代将軍吉宗が、享保 の改革の施策のひとつとして桜を植えて公園として整備した。

享保の改革で、役者絵が禁止された ￿

これはその時に動物を擬人化して書いた絵。 江戸時代の「贅沢禁止令」に反骨精神むき出しで挑んだ浮世絵師たち ￿

落書きとみなして書いたもの(役者絵が描けないので) ￿

特に庶民の楽しみである祭礼や歌舞伎を締め付け、人気歌舞伎役者を描く役者絵は禁止。人気歌舞伎役者 「市川海老蔵」は江戸から追放された

火消し制度(消防) この町火消し制度は江戸の街全体を対象にした初めての消防組織で、享保の改革の一環としても重要な施 策でした 火消し制度は3つありました。 定火消し、大名火消し、そして町火消し。 守忠相は、徳川吉宗の命を受け、「いろは48組」など、町火消の組織化にのりだします。最終的に江戸の 町は1万人以上の火消 たちを抱え、消火活動が行われました。 ￿

この町火消しはたびたびの大火などにより幕府の財政が貧していることもあり、費用はすべて町内の町費 によりまかなわれていて現在の消防団の前身となりました。

年貢の税微収 徳川吉宗は破綻した幕府財政の建て直しを図るために、享保の改革を進めたわけだが、 その主眼の一つが 新田開発による年貢の増徴収である。財政再建策として年貢の増徴と新田開発を積極的に行った。この改 革によって、財政はよくなっていった。しかし、重くなった年貢に、おじいさんやおばあさんなどの農民 が苦しめられ、各地で百姓一揆が頻発することとなる。


1716年


享保雛が贅沢であるとして、取り締まりを受ける ￿

享保雛(きょうほびな)は、江戸時代の中頃である1716年から1736年頃の享保年間に、 京都で生まれて 各地に広まっていったお雛様です 亨保雛は豪華さや大きさが競われるようになっていき大型で豪奢な享保雛は、奢侈禁止令などで幕府から 取締られた 「奢侈禁止令」は、農民や町人のキモノの素材や、中であしらわれている模様の技法にまで制限を加えて いた。その目的は、贅沢を排除すること。 「農民は贅沢を控え麻布以外着てはならない」というのが奢侈禁止令(しゃしきんしれい)である。 ￿

簪(かんざし)の先が耳かきになっているのは八代将軍吉宗の奢侈禁止令により贅沢が禁止されていた時代 、「これは飾りではなく、耳かきです」と言い訳が出来た名残りです。


1720年


日本でキリスト教以外の漢訳洋書輸入の禁が緩められる


1721年 ￿


5月


28日
浅間山噴火 ￿

平成21年2月2日の浅間山噴火 昭和27年の夏、昭和22年にも噴火あり 長野・浅間山 過去の三大噴火 天仁元年(1108) 弘安4年(1281) 天明3年(1783) 天明三年五月あたりから浅間山が断続的に大噴火を始めた。七月に入ってますます噴火が激しくなり、遂 に七月七日夜にかけて歴史的大噴火を起こし た。 ￿


1724年


隆光は 奈良の自宅で死去、通法寺に分骨


1726年


勝川春章 生誕 後に葛飾北斎が門下生になる。


1728年


徳川吉宗の命でベトナムから象が輸入され、江戸で象ブームが起こる


1729年￿


日本に渡来した象が、中御門天皇の御前で披露されたそうです。 ￿

中御門天皇 ￿

中御門天皇

中御門天皇に朝見(ちょうけん)した象は、その後、中山道→美濃路を経て東海道を下り、箱根を越えて江 戸に運ばれ、5月27日に将軍徳川吉宗 の御覧に供されました ￿


1732年


享保の大飢饉 享保17年(1732年)


1735年


第115代天皇 桜町天皇 即位 ￿

享保20年(1735年)に父の中御門天皇の譲位により即位しました。江戸幕府の将軍徳川吉宗の助力 と関白一条兼香の補佐を得て、朝廷の儀式の復古に力を入れます。 ￿

1753年
幕府薩摩藩に木曽川改修工事を命ず(55年完成)


1760年


10月


31日
葛飾北斎 生誕 武蔵国葛飾郡本所割下水 現・東京都墨田区の一角 ￿

↑自画像(天保10年(1839年)頃)

森羅万象を描き、生涯に3万点を超える作品を発表した。若い時から意欲的であり、版画のほか、肉筆浮 世絵にも傑出していた。 他葛饰北斎这个人通过一辈子描写森罗万象的画廊听说超过3万点以及发表了那些。 他是有活动的从年轻顷、版画此外肉?浮世绘也有熟练了

1760年
徳川家治が江戸幕府第10代将軍となる ￿

無類の将棋好きだった徳川家治


1762年


桃園天皇が没し、第117代後桜町天皇が即位


1764年


5月


3日
明和元年(1764年)5月3日に新之丞(のちの磯丸)は貧しい漁師の長男として、伊良湖で生まれています。 ￿


1771年


9月


23日
光格天皇(第119代) 生誕 ￿

成人時 明和8年8月15日(1771年9月23日)


1775年


スウェーデン人植物学者カール・ツンベルクが長崎に来航 ￿

長崎出島のオランダ商館の医師として赴任1775、1776年に滞日 ￿

ツンベルク日本紀行

1775年
徳川家治-伊藤寿三 1775年 この将棋は「相振り飛車」になった。先手番が将軍家治である。 相手は伊藤 寿三(看寿の息子)。 ￿


1779年


安永8年(1779年) 役者絵「瀬川菊之丞 正宗娘おれん」でデビュー

1779年 ￿
安永8年(1779年)の北斎デビュー作とされる。 瀬川菊之丞の図 初め勝川春章の門入で春朗と号した。


1782年


天明の大飢饉 天明2年(1782年)〜天明7年(1787年)


1783年


8月


3日
大飢饉にみまわれ、夏には浅間山の噴火もあり、 江戸相撲浦風林右衛門の一行が北陸巡業中







Last updated  2018.04.30 13:35:46
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:江戸
紀元前
紀元前9000年~紀元前2000年
紀元前1999年~紀元前660年
紀元前659年〜紀元前149年
紀元前148年〜紀元前1年
西暦
1年~199年200年~573年574年~709年710年~780年781年~899年900年~1332年1333年~1361年1362年1363年~1599年1600年~1670年1671年~1799年1800年~1867年1868年~1879年1880年~1909年1910年~1930年1931年~1947年1948年1949年~1959年1960年~1962年1963年 1964年 1965年~1979年
1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年1995年~1999年2000年 2001年 2002年2003年~2008年2009年~2011年2012年2013年~2014年2015年 2016年 2017年 2018年


1800年
10月
27日
(寛政12年9月10日)
*1若冲(84)が亡くなり、*2相国寺で法要が行われこの地に埋葬されました *1

*1絵師
若沖の作品


*2相国寺


浮き世絵師や絵師は大麻を用いて作品を作り上げてると言われ、例えば、葛飾北斎は有名で若沖もおそらくその一人に挙げられます

然るに、医療大麻オイルの使用で作品を見ると、当時の世界が見えて来ますのでこちらの製品をおすすめします
CBD医療大麻オイル 安倍総理 昭恵夫人のも使用のもです


こちらにもあります
こちらは音楽療法に適しています(私個人的経験談)





1800年
未月


未明
妙伝寺の住職が大麻草を食べてリラックス,熟睡した時のこと

妙伝寺 住職が大麻の葉を食べ熟睡し 朝を告げる鐘をならさず 不審に思った人 住職に問い合わせると 「 昨夜大麻の葉を勧められ食った」とある

在妙传寺 释教的僧侣吃叶了几枚大麻 僧侣是入熟睡至明天早上。 僧侣还不起床所以鳴锺是不能了 有人是想奇怪它所以向妙传寺以及问僧侣、 僧侣回复意识的时候说这样的 昨天晚上我吃了大麻的叶因为被推荐了家属(然后看起来不小心熟睡了)



未明
大麻が軍事需要に
*1大麻が軍事需要に使われるようになる。

鹿沼(かぬま)宿の外れに*1下野麻紡織工場(軍需工場)が設置され、
*1下野麻紡織工場


*2鹿沼市街地には多くの労働者が住むようになる。

関連アフィリエイト





未月未明
180年来の洪水対策用の河が完成された 遠賀川周辺の洪水対策として人工の河川・堀川が1621年から180年の歳月をかけて完成。

明治に入って石炭輸送用として利用されるようになりました。 (場所=福岡県=筑豊地区=北九州市) 享和元年



未月未明
水飴が流行って関西方面で広まった 良質の水飴が越後で作られて関西方面で広まった、とも言われています。江戸では飴職人が細工をした飴を街で売り歩く

享和元年 (越後=新潟)

関連アフィリエイト 大学いもなどに作られている水飴






未明
喜多川歌麿の作品『山姥と金太郎 耳そうじ』 喜多川歌麿『山姥と金太郎 耳そうじ』(部分) 大判錦絵 享和元〜3(1801〜1803)年ごろ 山口県立萩美 術館・浦上記念館蔵


享和元年

1801年
未月未明
*1香椎造の神社・香椎宮が再建された

本殿(重要文化財)は香椎造と呼ばれる神社建築としては日本で*1唯一無二の建築様式です。 ￿

*1他の神社には一切見られない建築仕様となっている。

現在の社殿は1801年(享和元年)に*2黒田長順により再建されたもの

*2福岡の藩主

1801年
未月 未明
*1松平定信が公園を作った動画(3:01) *1江戸の大名 ￿

南湖公園は、十二代白河藩主・松平定信が身分の差を超えて誰もが憩える「士民共楽」 の理念のもと、庭園の要素を取り入れて築造した日本最古と言われる公園 ￿

享和元年 (福島県)

1801年
未月未明 ￿

特に二編は、四季や行事にあわせた重箱料理、弁当の紹介など非常に興味深い内容の料理本。 著者は醍醐 山人 発行は初編 享和元年

1801年
9月下旬頃
上田妙法稲荷神社で大洪水の被害があった

函館の関門が移される

亀田(函館市内)にあった関門が、山越へ移され「山越内関門」となります 享和元年

1801年
未月未明
伊能忠敬(56)が実測で日本地図を作成 伊能忠敬(当時現在56=1745〜1818年)江戸時代に全国各地を歩いて土地を観測し、日本初の実測による 日本地図をつくった人物。この年、熱海を訪れた ￿

享和元年

1802年
江戸の 旅行ブーム 江户时代 红旅游了 享和2年

1802年
実測形式で日本地図が見れるようになった ￿

1802年の日本地図 ￿

地図礼賛 北方地図 北海道大学蔵 享和2年

1802年
ムー大陸の9?頭竜の亜種? ￿

『唐土訓蒙図彙』「相柳氏」 名称の振り仮名に「そうよくし」と確認できる 享和2年

1803年
虚船が突如現れた

虚舟(うつろぶね)と呼ばれるそれは大洗の沖あいに突如現れたらしい。鉄製の船で窓のようなものがあ り、中には異国人風の女性がいたと言う ￿

太平洋(茨城県大洗町)で見つかった 享和3年 (茨城県大洗町)

1803年
北斎が『賀奈川沖本杢之図』を発表 1803年作成・北斎43才 ￿

1804年
8月
ロシア帝国の*使節が日本にやって来る ロシア帝国の使節としてニコライ・レザノフが長崎に来航する。 作为使节在俄帝国Nikolai Petrovich Rezanov、是航海长崎来了 *国家の代表として外国に派遣される人 (→長崎)

1805年
栃木*1鹿沼の大麻が各地で流通する 「鹿沼麻」として大麻が江戸や京都、大阪で売られるようになる「*1かぬま」は産地 ￿

現在も産業大麻として栽培されている栃木鹿沼の大麻 文化2年 (栃木)

1808年
10月
4日 (文化5年8月15日) イギリスの艦船フェートン号事件

*0 ￿

*0イギリスの艦船フェートン号がオランダの*1国旗を掲げて長崎港に入港し*4迎えに出てきた。

続きを読む 全年代一覧

1809年
麻の葉文様が大流行 七役の五代目 岩井半四郎(女形)が麻の葉段鹿子の振袖を着たことから麻の葉文様が大流行 ￿

1811年
北海道でゴローニン事件といった海外との摩擦が起こり始めた。

1825年
幕府は異国船打払令を発令した

1827年
12月
7日
西郷隆盛 生誕 明治政府 政治家 1827年 西郷隆盛が誕生します。 鹿児島市下加治屋町の下級武士の家に生まれます。7人兄弟の長男。幼名は小吉。身長179cm。体重125k g。 西郷隆盛 は生涯3度結婚します。 12月7日

1832年
徳川斉昭が梅の木数百植える 水戸藩=第九代藩主=徳川斉昭=(烈公)が、この地に梅の木を数百本株植栽し=梅の木御林を造営し烈公自 ら手植えを行った 天保3年

1833年
天保の大飢饉 「天保の大飢饉」は天保4年(1833年)から7年続いた。特に関東・東北の惨状は目を覆うばかりで あったという。 ￿

幕藩制が成立して以来、最大の被害をもたらした

続きを読む

1836年
1月
3日
坂本龍馬生誕 ￿

坂本龍馬。慶応2年または3年に上野撮影局で撮影された。

坂本龍馬は5人兄弟の末っ子。本名は直柔(なおなり)。龍馬の家系は武士扱いされない下級武士。 土佐の郷士出身で、後に脱藩し、有志結社の「海援隊」を組織。 倒幕への最大の功績である薩長同盟締結 を*1斡旋し、大政奉還を実現。 *1間にはいって、うまくゆくように取りはからうこと ￿

坂本龍馬海援隊結成時の写真

1836年
出版革命

1836年
来九村の源助が温泉を掘り当てる

1836年
飢饉関東・東北の冷害による凶作

1837年
福沢諭吉漢学を学ぶ

1839年
葛飾北斎 自画像(天保10年(1839年)頃)

1841年
伊藤博文生誕 ￿

伊藤博文は日本の武士=政治家=位階勲等爵位=従一位大勲位公爵=*諱は博文=幼名=利助=後に吉田松陰か ら俊英の俊を与えられ=俊輔とし=さらに春輔=改名 伊藤博文(いとうひろぶみ)といえば、内閣制度を作り、初代内閣総理大臣となった教科書に必ず登場す る

* 人の死後尊敬しておくる称号=死んだ人の生前の名前。

1842年
葛飾北斎(83)=自画像発表 ￿

82歳(数え年83歳)頃=自画像(一部) 天保13年

1846年 ￿
2月
10日
弘化3年1月15日(西暦1846年2月10日) 江戸大火

1848年
元号=嘉永となる 嘉永=1848年から1854年までの期間を指し、この時代の天皇=孝明天皇(第121代)、 江戸幕府将軍=徳川家慶、徳川家定の時代です 嘉永元年

1849年
日本電信発祥之地の碑。 旧松代藩鐘楼のある場所は、嘉永2年に佐久間象山が電信実験を成功させた場所 ともされています。" ￿

1850年
会津娘子隊=隊長=中野竹子=江戸和田倉の会津藩邸内=生誕 嘉永3年

1852年:皇帝陛下=明治天皇=第122代 ご生誕 ￿

孝明天皇(第121代)の第二皇子。 生母=権大納言=中山忠能の娘=中山慶子 13時頃に京都石薬師=中山邸にて出生。 嘉永5年9月22日(1852年11月3日)

1853年
7月
8日(嘉永6年6月3日) アメリカ*1ペリー*2黒船で三浦半島*3浦賀に入港 *1父は商船の船長だった 続きを読む

14日
(嘉永6年6月9日) ペリー幕府側が指定した久里浜に4隻の軍艦護衛を引き連れ上陸、*1戸田氏栄と井戸弘道に大統領の 親書を手渡し、*2開国要求した

続きを読む

7月
長崎にロシアのプチャーチン率いる艦隊も来航して通商を求めた。

1853年
坂本龍馬=江戸にやって来る 坂本龍馬は、19歳のときに江戸へ行きます。名目は剣術修行のためでした。 この年は、1853年、ぺリー が黒船で日本にやって来た年でもあります。北辰一刀流の千葉道場=入門 (→江戸)

1854
日本で初めて電気通信が成功したのは、ペリーが2度目に来日したとき

1854年
吉田松蔭 アメリカへ渡ろうとしたが捕らえられ牢に入れられる

1854年
福沢諭吉オランダ学を学び長崎へ出る

1855年
「利根川図志」に臼井八景が紹介された「 安政2年

1856年
9月
29日
明治天皇(第122代)の命名が決まる 出生8日目(9月29日)に父・孝明天皇(第121代)が祐宮(さちのみや)と命名。 中山邸で暮らしに宮中に転居。 安政3年 9月29日

1857年
はじめてヘルメット潜水器が導入 安政4年

1857年
松浦武四郎=夕張のアイヌ4人を雇い石狩を舟で出発石狩川をのぼって 夕張川に入り紅葉山のキヨロカルへツ川口まで到達。 安政4年 1857年 7月

1858年
江戸幕府は欧米五カ国と通商を結ぶ 江戸幕府は欧米五カ国と修好通商条約を結び、横浜・神戸など五港の開港と江戸・大阪の開市を取り決め た。

1859年
未月未明 *1赤坂 ￿

*1勝が徳川慶喜に従って静岡に退去するまで(1859年(安政6年)から明治元年(1868年)まで)、幕臣・*1勝海 舟はここに住んでいました。

*1江戸時代末期から明治時代初期の武士、政治家

*1マンションの壁に解説板がある。

9月
19日
1 *1トーマス・グラバーが*来日

*1トーマス・グラバー(23) 画像は晩年頃 ￿

*1フリーメイソンだった *2長崎

19日

*1「ジャーディン・マセソン商会」長崎代理店として「*3グラバー商会」を設立

*3武器弾薬を極東に用意(買い付け)した

*3グラバーは、長州五傑、五代友厚(薩摩)、坂本龍馬(海援隊)、岩崎弥太郎(三菱財閥)等を支援し た。

11月
21日
*1吉田松陰幕府の暗殺計画をし*1処刑される

*1享年30(満29歳没) *1伝馬町牢屋敷にて*斬首刑に処された

*1斬首刑に処された吉田松陰 ￿

*1安政の大獄で処刑されてしまいます

松陰と同じく、安政の大獄で処刑された橋本佐内のお墓は東京・小塚原回向院の吉田松陰の墓のすぐ隣 にある。

井伊直弼=徳川家定の後継者に徳川家茂を推薦 「安政の大獄」 反対派を弾圧

1859年
四斤山砲 ￿

1859年
横浜 長崎 函館 開港 貿易開始

錦絵『新潟湊之真景』安政6年(1859年)井上文昌筆

1860年
2月
10日
諭吉は咸臨丸の艦長となる軍艦奉行・木村摂津守の従者として、アメリカへ立つ

3月
3日
桜田門外の変井伊直弼 暗殺される 井伊直弼 桜田門外で暗殺される 天皇(第121代)の許可なく安政の仮条約に調印・ 開国し安政の大獄などで攘夷派を弾圧 安政7年3月3日

長野は彦根藩の勤皇派によって首をはねられました。

4月
初旬 深曽木の儀を行う 万延元年 閏3月16日

7月
10日
(明治天皇=(第122代)=皇太子となる) 万延元年 7月10日

9月
28日
(明治天皇)=(第122代)=「睦仁」の名を賜る=睦仁親王となる に孝明天皇(第121代)から親王宣下を受け、。 万延元年 9月28日

1860年
勝海舟が使節団とアメリカへ向かう 勝海舟は軍艦(咸臨丸)で渡米。 1858年に日米修好通商条約が成立。勝海舟は幕府使節団として咸臨丸でア メリカへ向かいます。

1860年
福沢諭吉 渡米後に蘭学から英学へ転換

1860年
徳川慶喜 謹慎を解除される 安政の大獄で謹慎していた慶喜らは、井伊直弼の暗殺によって、謹慎が解除された 万延元年

1861年
元号が万延から文久に改元 天皇は孝明天皇(第121代)江戸幕府将軍は徳川家茂

1861年
松平康英は、神奈川奉行・外国奉行だった1861年に、外交交渉使節団の副使として、西洋六か国を周 り、開港とロシアとの国境画定交渉にあたった。 文久元年

1862年
5月
29日
寺田屋騒動があった 文久2年4月23日

12月 勝海舟の弟子の坂本龍馬が勝海舟宅へ訪問した

1863年
2月
27日
新撰組の前身として「浪士組」が結成される ￿

募集要項で集まった200名余りの浪士たちは将軍上洛に先がけ「*浪士組」として一団を成し、中山道を西 上する。 *元は江戸幕府将軍・徳川家茂上洛にあわせて、将軍警護のために作られた組織

5月
12日 ￿

6月
25日 (文久3年5月10日)
下関戦争 ￿

徳川家茂(第14代将軍)が孝明天皇(第121代天皇)に対して*「攘夷決行」を約束した日 です。攘夷決行を実 施する布告を受けて、長州藩は関門海峡を通過する外国船に砲撃を開始した。

*幕府は天皇に攘夷を約束し続け、その見返りとして政治を幕府に任せるという条件のもと、攘夷実行の 日を決定する

7月
25日(文久3年6月10日)
医師・蘭学者の*緒方洪庵が亡くなった ￿
*江戸時代後期の武士、医師、蘭学者。 大坂に適塾を開き、人材を育てた。 日本の近代医学の祖といわれる。

1863年
開港が予定されていたが、異人嫌いで知られた孝明天皇が京都に近い兵庫の開港に断固反対していた ￿

孝明天皇 1863年 英国人実業家トーマス・ブレーク・グラバーによって、1863年に建てられた日本最古の木造西洋風建築。 2015年には「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界遺産にも

1865年
11月
1日
11月 1日 慶応元年9月某日 イギリス・フランス・オランダの連合艦隊が兵庫沖に侵入し、その軍事力を背景に安政五カ国条約の勅許 と兵庫の早期開港を迫った。

4日
オランダ1隻(ズートマン)の合計8隻(米国は今回は軍艦は派遣せず)からなる艦隊は、横浜を出港し、 4日兵庫港に到着した

11日 (慶応元年9月23日)
幕府は老中*阿部正外および松前崇広派遣し、 この日から四カ国の公使との交渉を行わせた。 * ￿

四カ国は、幕府に対して「兵庫開港について速やかに許否の確答を得られない場合、条約遂行能力が幕府 にはないと判断し、もはや幕府とは交渉しない。京都御所に参内して天皇と直接交渉する」と主張した。

13日
阿部、松前の両老中は、2日後やむをえず無勅許で開港を許すことに決めた。

14日
大坂城に参着した*一橋慶喜は、無勅許における条約調印の不可を主張 ￿

*徳川慶喜

17日 (慶応元年9月29日)
朝廷は、阿部・松前の違勅を咎め、両名の官位を剥奪し改易の勅命を下し、両老中は解任した

このため、四カ国は先の要求を再度提出し、10日以内に回答がなければ拒否とみなすとの警告を発した。

24日 (慶応元年10月7日)
幕府は孝明天皇(第121代)が条約の批准に同意したと、四カ国に対して回答した。

開港日は当初の通り慶応3年12月7日(1868年1月1日)であり、前倒しされることはなかったが、天皇の 同意を得たことは四カ国の外交上の勝利と思われた。 また、同時に関税率の改定も行われ、幕府が*下関戦争の賠償金300万ドルを支払うことも確認された。

*1863年6月

1865年
4月
未明
アメリカの南北戦争が終わり、 売れ残った小銃などが大量に上海市場に出回っていた。

5月
某日
坂本龍馬(31)がグラバー商会から薩摩藩名義で長州藩の軍艦や武器を購入する。 更にグラバーの手引きで薩摩藩の五代友厚、森有礼、寺島宗則など17名がイギリスに密航留学 ￿

戦争の種を見つけ、対立する双方に行動を起こすことで利益を生んでいく、そういった金貸し支配の構造 を確立したのがこのロスチャイルド家なのだという。 ロングソースのため個別記載

1866年
3月
6日 (慶応2年正月21日)
坂本龍馬が、用心棒・長府藩士・三吉慎蔵らとともに寺田屋に宿泊していましたが、明け方2時頃、一階 で入浴していたお龍が、窓の外の異常を察知。 いち早く気付いたお龍は風呂から裸のまま裏階段を2階へ駆けつけた ￿

寺田屋の階段

7日 (慶応2年1月21日)
龍馬らの仲介で倒幕のため長州と薩摩が*薩長連合を結んだ。 ￿

小松帯刀邸(京都市上京区)で締結された

*第二次長州征伐を前にして薩長両藩が結んだ攻守同盟。坂本竜馬らの*斡旋あつせんで長州の木戸孝允と 薩摩の西郷隆盛らの間で成立。

*交渉や商売などで、間にはいって、両方の者がうまくゆくように取りはからうこと

(ネットから抽出) 坂本龍馬の偉業は、なんといっても犬猿の仲だった薩摩と長州を仲直りさせ、「薩長同盟」を締結させた ことと言われています。

9日 (慶応2年1月23日)
坂本龍馬は 妻の「おりょう」と伏見の寺田屋に投宿していた。 寺田屋事件 京での薩長同盟の会談を斡旋した直後に薩摩人として宿泊していた坂本龍馬を伏見奉行の林肥後守忠交の 捕り方が捕縛ないしは暗殺しようとした事件。 このとき、龍馬は負傷してしまうが、 三吉慎蔵によって救出もあって、危機一髪、 逃げられた。30人ほどに襲撃されるという事件がおきました。 竜馬は薩摩藩伏見屋敷にかくまわれ助か った

伏見奉行が動いた理由は、薩摩藩士を騙る不逞浪人が寺田屋にいるということだったようである。

10日 (慶応2年1月24日)
日付が変わった頃 龍馬が使用したピストル ￿

スミス&ウェッソン況織◆璽漾 32口径 寺田屋事件で龍馬が使用した

5月
1日(慶応2年3月17日)
寺田屋事件で九死に一生を得た土佐の坂本龍馬は小松帯刀や西郷隆盛の勧めで妻のお龍とともに、治療を しに霧島(鹿児島)へ訪れた。 これが日本の新婚旅行のはじまりといわれています。この時に夫妻が入浴したとされる湯船が脇の川沿い に残されている。 ￿

6月
1日
日本初の新婚旅行を終えた坂本龍馬とお龍、楽しかった思い出を残し天保山から桜島丸に乗り薩摩に別れ を告げた

7月
第二次長州征伐が起こり、亀山社中は長州藩を助けるため、薩摩藩名義で購入したユニオン号で参戦した 。 ￿

坂本龍馬と亀山社中のメンバー近藤長次郎

1866年
日本の金庫の歴史江戸時代 木製銭箱・車付長持・千両箱・からくり箱 1866年(慶応2年) 幕府献納の洋 式金庫(ドル箱・金張箱)を鍛冶屋の中北米吉・竹内弥兵衛が修 ￿

1866年 ￿

1866年
侍の写真 ￿

1866年の着色写真

1866年 ￿

1866年(慶応2年)頃、
当時の薩摩藩の集合写真です。中央が藩主の忠義です

1866年
侍の写真2 ￿

1866年
長崎港の眺望 ￿

1866年
7<月/font>
17日
徳川 家茂 没 (弘化3年閏5月24日(1846年7月17日) - 慶応2年7月20日(1866年8月29日)(満20歳没)(とくがわ いえもち))は、江戸幕府第14代征夷大将軍。 ￿

1867年
幕府は 江戸築地鉄砲洲明石町の一帯を外国人居留地と定め, この地に税関業務等を行う 運上所を設置しま した。これが, 東京税関の始まりです

2月
13日明治天皇、2月13日継承する ￿

明治まであと1年【ええじゃないか〜伊勢神宮〜】 尾道で“ええじゃないか”が起きたのは慶応三年十一月末、西暦では1867年。この年には十五代徳川将軍 慶喜が大政を朝廷に返還する大政奉還が行われます

1867年
亀山社中を土佐藩が引き受け、海援隊とし、龍馬が隊長となる。龍馬の提案で、「船中八策」を作成。

1867年
4月
(慶応3)4月,幕府と英国公使は兵庫開港(同年12月)に備えて大坂約定を結びましたが、それが「大坂 条約」とも呼ばれています ￿

やくじょう 【約定】 《名・ス他》約束して定めること。とりきめを結ぶこと。 「—済み」

こうし 【公使】 外交使節の一階級で、大使に次ぐもの。正式には、特命全権公使とよぶ。また、それに次ぐものとして代 理公使・弁理公使がある。

1867年

1867年、島津珍彦

1867年
9
15日
9月15日です。 薩摩の島津久光は、大坂を出て鹿児島へ帰途につきました

1867年
11月
15日

坂本龍馬 死去 慶應3年 11月15日、勤王党の傑物坂本竜馬が不慮の凶刃のため、あたら33歳を一期として不帰の客となり 、同士中岡慎太郎も瀕死の重傷を負いました 誕生日に京都の近江屋で暗殺された

近江屋事件 犯人は京都見廻組の可能性が濃厚という 会津藩士 ￿

近代日本の礎をきずき、30余年の短い人生を駆け抜けた「坂本龍馬」

1867年
大久保が、龍馬・中岡が暗殺された翌日から4日連続で岩倉具視に手紙を書き、龍馬や中岡が死んだこと や、下手人が新撰組らしいということを伝えている

1867年
徳川慶喜 ナポレオン三世から軍装姿が贈られる ￿

1867年
徳川江戸幕府 終幕(264年間) 大政奉還 (徳川慶喜 朝廷に政権を返す) 慶応3年(1867年)大阪での慶喜 ￿ ￿

大政奉還後の徳川慶喜 カメラにのめり込み同人誌に写真投稿 大政奉還後は撮影に没頭

1867年
6月
22日
慶応3年6月22日 薩摩の西郷隆盛・大久保利通、土佐の坂本龍馬・中岡慎太郎らが薩土盟約を締結。

1867年 ￿

1867年の
打狗港哨船頭

1867年
1月
30日
明治天皇 1860年(万延元年)に皇太子となり、睦仁(むつひと)と改名。1867年1月30日(慶応2年12月25日)に 父・孝明天皇が急逝し、践祚しました。









Last updated  2018.04.25 19:14:03
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.