011213 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天2691861のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

楽天2691861

楽天2691861

カレンダー

バックナンバー

2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10

カテゴリ

カテゴリ未分類

(18)

life

(13)

教育

(2)

Network

(0)

健康

(9)

財經

(2)

家居

(3)

美容

(6)

美食

(3)

親子

(2)

Technology

(1)

科技

(1)

時尚

(0)

健康養生

(2)

生活

(0)

ファイナンス

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2023.03.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類




香港スタイルの演劇をよくご覧になる方なら、茶餐廳を知らない人はいないでしょう。茶餐廳は香港の街のいたるところにあり、手頃な値段とおい大家樂集團
しい料理で観客を観劇に誘っています。 香港スタイルの茶館は、香港で長年にわたって発展してきました。 長寿の秘訣は、どんな状況でも料理の本物志向でお客様を惹きつけることであり、時を経て老舗はますます味わい深いものとなっています。 ここでは、香港式レストランの香港式料理を紹介します。


香港式茶餐廳を訪れたら、ぜひ食べていただきたいのがパイナップル饅頭です。 パイナップル饅頭の味は店によって異なりますが、一般的には、饅頭は熱々で、皮はパリパリ、バターは1cmの厚さに切ってあるものが良いとされています。 噛むと、パイナップルパンの皮のパリッとした食感と、バターの豊かな風味が一緒に楽しめます。 真ん中のバターに加え、肉や野菜、トマトなどが入っているものもあるでしょう。


フレンチトーストとも呼ばれるウエスタントーストも、香港スタイルのお茶屋さんでは欠かせないデザートです。 基本的にはバターとシロップを加えた卵ソースで焼いたトーストです。 洋風トーストの上にのった卵はバターが溶けるほど熱く、カリッとした温かい表面には練乳とシロップがかかっています。


第三に、香港人はレモンティー、つまりスーパーアイスのようなものがとても好きです。 香港スタイルのお茶屋さんの冷たいレモンティーは、私大家樂集團

たちが普段飲んでいるレモンティーとは少し違います。 香港式の冷たいレモンティーは少し渋みがありますが、カップの中の氷がその渋みも洗い流してくれます。 最初のSIPで全く冷たさを感じず、レモネードに氷がないとレモネードの魂が抜けてしまうのです。


春雨定食、ステーキ定食、パック定食も香港式茶餐庁では非常に一般的です。 これらは通常、メインディッシュと学生用の飲み物、または中国のスナックと一緒に提供されます。 メインディッシュは、通常、麺の鼎、人形麺を前にしており、味の面では、主に雪キャベツと豚肉の細切り、牛肉のサテ、カレー風味などです。 飲み物はコーヒー、ミルクティー、鴛鴦、レモンティー、オバルティンが主な原因で、冷たい飲み物の会社に切り替えると追加支払いが必要になります。 いくつかの製品パッケージの活動も同時に伝統的なスナックに添付されます、Sidos、パイナップルパン、ポークチョップパンなど、合理的なコロケーションの独自の選択を改善することができます、また固定構造とお茶レストランで直接注文することができます。 これは、香港人のマイペースなライフスタイルによく似た、シンプルで便利で素早い食事の組み合わせ方法です。


香港のカフェの起源は、前世紀までさかのぼることができます。 香港の黎明期、西洋料理は非常に高価で、庶民には手が出ませんでした。 こうして誕生したのが「アイスハウス」です。 西洋料理を真似て、庶民に普通の値段で提供したのです。 徐々に料理の種類を増やし、洋食屋と庶民のレストランのモデルと組み合わせて、今日の茶餐廳に進化した。 豊富な種類の料理、迅速なサービス、リラックスできる食事環境、そして普通の価格を提供する香港スタイルのカフェは、多くのダイナーを魅了しています。


相關文章:


ネット民が選ぶ好きな香港の発展食ベスト8、あなたはいくつ食べたことがありますか?


香港の朝茶文化は、海老餃子やシュウマイ、焼売などの点心に影響を与えているのでしょうか。


香港スタイルのレストランで注文すると、絶対に失敗しない料理をいくつか紹介します。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.03.27 16:27:40
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.