1132134 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

つまずく石も縁の端くれ

PR

楽天プロフィール


一村雨さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

フリーページ

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

一村雨@ wheatgrassさん お久しぶりです。ずっと美術展には出かけ…
wheatgrass@ Re:木島櫻谷展  泉屋博古館分館(02/13) ご無沙汰しております。お元気でいらっし…
Caillou@ はじめまして。こんにちは。 韓国で日本の美術の授業を受けている学生…
一村雨@ mashenkaさん お返事遅くなってすみません。 今年もよろ…
一村雨@ yumiさん お久しぶりです。 パソコン壊れたり、仕事…
yumi@ Re:会田誠展 天才でごめんなさい 森美術館(01/14) おひさしぶりでございます 覚えていただて…
mashenka@ Re:茶道具と丸山派の絵画 三井記念美術館(01/22) こちらのブログに復活されていたんですね…
はるる!@ 2012大地の芸術祭 脱皮する家では、廊下の隅や柱、天井の梁…
一村雨@ wheatgrassさん 私も学生時代、このあたりに友人が多く住…

バックナンバー

2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
               ☆ご挨拶☆


ご訪問ありがとうございます。
読書,音楽,美術などの趣味について
思いつくままに記録していくだけのHPです。
袖擦り合うも多少の縁。もし気が向きましたならば
おつきあいのほどよろしくお願い申し上げますm(__)m      
                一村雨(ひとむらさめ)

2014年08月04日
XML
カテゴリ:読書
2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1996ページ
ナイス数:109ナイス

八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)感想
希和子に共感しながら、読み進める。しかし、出てくる男はみんなダメ男だなぁ。ラストが秀逸。映画もよかった。
読了日:7月26日 著者:角田光代
だから荒野だから荒野感想
夫婦喧嘩から家出した妻のロードムービー物語。この著者のことだから、もっとドロドロした話になるかと期待していたら、サクッと終ってしまって、肩透かし。
読了日:7月21日 著者:桐野夏生
雀蜂 (角川ホラー文庫)雀蜂 (角川ホラー文庫)感想
弱肉強食の虫の世界の寓話の場面がいちばん印象に残った。あとは、みなさんのレビューと一緒。「新世界より」のような良質な物語に期待。
読了日:7月18日 著者:貴志祐介
さらばスペインの日日さらばスペインの日日感想
逢坂剛は好きな作家なのに読書メーターに登録してからは、まだ1作も読んでいなかったことが判明。それにしても、イベリアシリーズがやっと完結したかと感無量。長かった分、はじめのころの記憶は薄れてしまい、緊迫感もやや乏しいものの、 北都とヴァジニアのハッピーエンドには、心打たれた。
読了日:7月14日 著者:逢坂剛
眼球綺譚 (角川文庫)眼球綺譚 (角川文庫)感想
特別料理、文化が違えば、別にゲテモノ料理だってどうってことないんだろうと思いながら読み進めていったが、最後までその考えは保てませんでした。再生も眼球奇譚のスプラッターには参りました。呼子池の怪魚のラストが救いだったかな。
読了日:7月4日 著者:綾辻行人

読書メーター






最終更新日  2014年08月04日 23時23分47秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.