583880 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

来夢

PR

全39件 (39件中 31-39件目)

< 1 2 3 4

ひぐらしのなく頃に

August 15, 2006
XML
 新しい風 それは園崎現当主が望んでいること。北条をもう誰も責めないように早くそんな環境にしたい。魅音に悟史が消えたときに詰め寄られ気がついた。自分やその他の年寄り連中が死ねば時間が解決してくれると思っていた。だか死んでからでは遅すぎる。自分が現況だが不変な村ではなんとも出来ない。このままの状態でも変わらない。だが、外からの風で変わるのではと、一部の土地を分譲するのだった。

 そして、土地の見学ツアーが開かれた。其の日、梨花と羽入は圭一が雛見沢に引っ越してくる法則を実行していた。 それは、分譲地で遊ぶこと。梨花たちはその分譲地で遊び、圭一の父に出会い、引越しを決心させることだったのだ。

 見学ツアーに参加した父は迷子になった。だが、そのうち人に会うだろうと甘く見て歩き回るが誰にも会わない。そんな時、梨花たちに会うのだった。そこで、圭一のことを考える。圭一が起こしてしまった事件、そして心に気付いてあげることの出来なかった自分たち。だか、ここに来れば変わるかもしれないことを願い。梨花は父に、ここには都会になかったものがある  でも、この村にないものを都会のあなたが持ってきてくれる。何かを変わりたいと思うから、この村に来たのでしょうと。
 この土地のことを覚えるために看板をよく見る。梨花は引っ越してくるのを待っていますですよ。・・・前原。というのだった。
するとツアーの人が迎えに来てくれた。父が去ろうとするとき、振り返ると二人はいなかったのだった。
 そして、季節は移り前原家が越してきた。ある日、圭一は通う予定のある学校を見学に行った。そこは興宮の学校ではなく、まず雛見沢にある学校だ。まるで学校に見えない後者、学年が混同していることに戸惑うが、教室を見ていて心が決まる。今まで見たことのないような教室風景。それはとても楽しそうなものだった。ここに通いたい。引越しに興味はなかった、人生への関心もなくなっていたが、ここで新しい自分に、なれなかった前原圭一になろうと心決めるのだった。
 外から誰か見ている。それは先ほど外で遊んでいた子供たちだった。梨花と羽入は声をかける。ようやく引っ越してきたのです。圭一はサイコロの6だから、と。圭一は自己紹介していないのに名前を呼ばれてあせるのだった。







最終更新日  August 16, 2006 03:37:46 AM
コメント(0) | コメントを書く


一年目の祟り。それは、雛見沢症候群がきっかけだった。小さないつもの喧嘩。だが、現場監督の様子がおかしい。武器で思いっきり殴ろうとしてきた。あわてて止めるがこちらも対応できない。結果は過剰防衛だったが、喧嘩の最初の原因を作った者は前科のあるものだった。なんとしても隠したいあまり、バラバラにし、みんなに持たせた。だが、その前科のある者も雛見沢症候群の末期になってしまう。そこを入江たちの機関に拾われ、生きた末期患者を探していた鷹野はこれ幸運と解剖を進めるのだった。
 二年目の祟り。それは、本当に悲しい真実だった。悟史以外の家族に不信感をもっていた沙都子。いつも新しい義父とうまくいかずにいやな思いをしていた。だか、最後の義父はあることがきっかけで沙都子とうまくやろうと心に決める。だが急に優しくなった義父と母に自分は殺されると勘違いしていた。ある日、綿流しの日。村には居づらい北条家では、参加できなかった悟史以外が旅行に出かける。しかし、そこで事件は起こった。展望台に行った両親は沙都子にも行こうと誘うが、車でこのまま寝たいため断る。この場所に連れて行ったのには全く他意はないのだが、日ごろのストレスから雛見沢症候群の末期であった沙都子には、疑心暗鬼の心しかなかった。自分を殺すために優しくなり、ここにつれてきたのは殺すためだと。そして、沙都子は・・・。
 三年目の祟り。それはただ梨花を使った実験を続行するため。それを邪魔した梨花の母を消すため。そして、梨花に身内がいなくなったほうが話を進めやすくするためだった。
 四年目の祟り。沙都子を救うため、悟史自身も身軽になるために実行した。おば殺しから数日後、悟史はたまったお金で沙都子へのプレゼントを買うことが出来た。それは自転車に乗らないサイズだった。悟史は車を持っている監督に手伝ってもらうのだった。そして送ってもらっている最中、どの人もおばに見えるらしく、悟史は雛見沢症候群の末期の症状を出すのだった。
 おばを検死した入江はもともと気がついていた。この犯行は悟史がやったものだと。結局、何の力にもなれなかった。






最終更新日  August 16, 2006 03:34:18 AM
コメント(0) | コメントを書く

古手梨花
 買い物に行く途中に沙都子と会う。買うものが違うため、べつべつに買い物をする。すると、いつものようにお店の人におまけをもらう。それをあとで沙都子に見せようと思いポケットにしまう梨花。ヒソヒソと冷たい話が聞こえる。いつまでここにいるのか、など。だから、梨花が挨拶したり買い物をしたりするといろいろお得になったりおまけをもらえたりするのに沙都子にはそれがない。さらには、聞こえないフリをしてわざとあと回しにする。沙都子は傷ついている。其の時、沙都子が小銭を落とした。梨花はそれをあわてて人を押しのけ手伝いに行く。そこで気づく。沙都子が右往左往しているのに、誰も拾おうとはしない。そこにだれもいないかのように振舞う。そして、梨花が拾い始めると回りも手伝う。梨花が手伝えば手伝う。さらに其の事実が沙都子を傷つけている。梨花は主婦たちが拾ってくれた小銭を奪い取る。
 帰り道、梨花は後悔と自責の念でいっぱいだった。沙都子を元気付けるために飴を差し出す梨花。だが、受け取らなかった。沙都子は梨花がお店の人に飴をもらったことを見ていたのだ。梨花は凍ってしまった。沙都子は渡した人は梨花に食べてもらいたくて渡したから失礼だと。そのまま無言となり、別れの挨拶すらなく分かれるのだった。
 梨花は、沙都子の心を癒したかったのに、最後の最後で塩を塗るようなまねをしてしまい、自責の念に駆られるのだった。






最終更新日  August 16, 2006 08:16:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
カケラ紡ぎ・・・なかなか次へ紡げないと思ったら、次のカケラはすでに青枠の中とは・・・そりゃ進めないよ







最終更新日  August 15, 2006 08:36:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 14, 2006
誰だって幸せになる権利がある。
  難しいのはその享受。

誰だって幸せになる権利がある。
  難しいのはそり履行。

私だって幸せになる権利がある。
  難しいのはその妥協。


         Frederica Bernkastel




 最初はおじいちゃんの研究とそれを手伝っていた小さい頃の話。
 そして、おじいちゃんの研究を世に送り出し、神にする。そして、自分も神になる。永遠を願って・・・。

 施設にいた時のお話。規律はだんだん厳しくなり、泣き声や怒号が響く場所。唯一私語ができるのは消灯後。そこで逃げ出す相談をする。

 
 時は移り、大きくなったときの話だった。そこで、バックボーンを手に入れおじいちゃんの跡を継いで研究をする。



願いを成就し、望む未来を紡ぐ力。
紡がれる糸の強さは、意志の強さ。
気高く強き願いは必ず現実となる。




それは小さな胸に宿る、大きな決意。
人の命が、もしも地球より重いなら。
私の小さな決意は、地球よりも重い。





運命は個人だけじゃなく、人を世界を支配する絶対の力。
それはつまり、もはや運命。
私が紡ぐのは、運命。
実現の約束された願いは、もは願いとは呼ばない。





 いよいよ鷹野が雛見沢に腰をおろす日が近づいてきた。鷹野は以前みつけた古手神社の村を一望できる場所に来る。其の後神に挑戦状をたたきつけるために賽銭を入れようとすると、跳ね返された。
 賽銭の向こうを見ると巫女姿のものがいた。神を否定しつつもそれをここの神だと確信する。そして、研究を成功させ、理想の為にそこから引き摺り下ろすと宣言する。羽入は、今までのリカたちの決められた運命は鷹野の決意には決して負けないと宣言するのだった。







最終更新日  August 14, 2006 04:46:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
待ちに待った祭囃し編購入~

これからプレイしていきます。内容をちょっとずつ書くので読んでいってね~
1.JPG






最終更新日  August 14, 2006 10:32:14 AM
コメント(1) | コメントを書く
August 9, 2006
し編  其の四 仕返し


 廊下から魅音と鬼婆の話を立ち聞きした詩音。立ち去ろうとしたそのとき廊下で電話が鳴る。

 そこに次期当主の顔で出てきた魅音。詩音の後ろ襟首をつかんだまま電話に受け答えをする魅音。
 電話で聞いた内容を詩音に告げる。富竹と鷹野が死んだことと死因。

 富竹さんは自らの手でのどを掻き毟ってお亡くなりになられました。
 鷹野さんは遠くの山でドラム缶につめられて焼き殺されたそうです。


 詩音はなぜそんなことが起こったのかという質問に対して魅音は告げる。 解りませんか オヤシロ様の祟りです

 それを聞いた詩音は、魅音に持っていたスタンガンで気絶させた。

 悟史の消えた原因がやはり園崎だと確信する。そして、現当主お魎にもスタンガンを浴びせる。そして、お魎は死んでしまうのだった。

 魅音を牢に閉じ込める。オヤシロ様の祟りについて問いただす。だが魅音は知らないという。自分は影について知らせれていないのだと。
 詩音は富竹と鷹野の死の原因について語る。だが、魅音は祭具殿に侵入した件を知らない・・・

 そして、鬼婆に話を聞こうとしたところ、鬼婆は何も語らずに死んでいた。何も語らずに死んでいった鬼婆に苛立つ詩音。
 そして 後ろにいるのはオヤシロ様だと気づく・・・


 隠し井戸に鬼婆を捨てようとしる詩音。死んでいるから捨てるという事実に魅音は愕然とする。
 悟史のことについて何も聞けない。嘘をついた鬼婆に魅音。
 悟史がなんで消えなくてはいけなかったのか。
 園崎が関わったに決まっていると決め付ける詩音。知らないと言い張る魅音に 嘘だ と叫ぶ詩音




 夜が空け、電話が鳴る。村長からだった。緊急の集会をするとのこと。富竹と鷹野のことだろう。
 次に詩音あてに葛西から電話がなる。魅音のフリをし出たあとに、詩音に戻り葛西と話す。
 オヤシロ様の祟りの理由について聞く。だが知らないようだったので祭具殿に入ったからだと告げ、そして、自分も入ったと告げる。
 葛西でも守りきれないと告げられショックを受ける詩音。

いろいろ考え圭一をおとりにすることを考える。
 そこで、詩音は魅音になり学校へ行く。圭一が消える瞬間。祟りの実行者を捕まえるために・・・

 圭一に詩音に会わなかったか聞くと 昨日も聞いたきた と言われ苛立つ。魅音は何も知らないと牢の中でも言ったくせに

 そして圭一は会わなかったと言い、不信感と危機感を煽るために みんなに言っておく という言葉を残して去る。
 圭一の驚く様を見て、次は詩音になって煽ることを考えるのだった。


 そして、魅音の格好で町内会の集会に出る。
 立派に鬼婆の代わり、そして魅音の代わりをするのだった。

 そこで、祭具殿に侵入者がいることを告げる。詩音と圭一もだと。
 公由の村長も厳しい顔をするのだった。(村長って背低いな・・・)

 家に村長を招き入れる。村長の犯人ではなく見方なのかと、考えを聞きたいのだ。詩音なら反省しているのならと大丈夫。鬼隠しなんかにならないと言い張る。
 ほっとする詩音、
だが、 罰当たりな北条 の事を聞く・・・。驚愕する。

震えながら詩音は聞く。悟史の分の爪も剥いだのでは。だが村長から爪を三枚目の意味を聞く。

葛西、おじさん、詩音で三枚

三枚目は詩音だと!

詩音は悟史ではなかった

それを聞き豹変する詩音

 村を売ろうとしていた罰当たり北条ならいいのだと言う事を、考え方を許せない、北条家だからと言うだけで、悟史くんを奪った人を許せない。
 そして村長もスタンガンで気絶させるのだった。

触れたのは 揺らぐ面影
響くのは 悲しみのこだま
香るのは 焼けたにおい


次回 目し編 其の五 冷たい手

次はリカと詩音の対決かな?






最終更新日  August 14, 2006 10:40:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 1, 2006
悟史が消えたことを大石に聞いた詩音。

図書館でオヤシロ様の祟りについて考える。そこで鷹野が登場。そこで鷹野は語る語る。本当に好きだなワタナガシ関連・・・。

k1
詩音のもとに魅音が来た。

悟史が消えて魅音の話を聴いているうちに爆発した詩音

怖っ絞め殺しそう。でも魅音の爪を見て其の手がとまる。まさか魅音も爪を剥いでいたなんて。

悟史が消えるなんて・・・そう思っていた魅音。そんな魅音の甘っちょろい性格を改めて目の当たりにした詩音は悟史への恋心を封印した。



k2
月日が流れ。悟史と出会ったことと同じことが起きる。だがそこに悟史はいない。

変わりに圭一が現れる。助けてくれた。頭をなでてくれた。

わだかまりさえなければやっぱり仲がいい二人。魅音は圭一のことを泣いて相談する。

圭一の話で盛り上がる。魅音に助言する反面、苦しい。

k3
 姉妹で圭一の引っ張りあいっこ

 心に闇さえなければほのぼのしい一面だな。

 圭一に頭をなでられ走ってその場から立ち去る。悟史にあやまる詩音。

 そこで足音がひとつ。




祭りの最中。圭一を巻き込み祭具殿に進入。これなら圭一を好きな魅音からお咎めがないと思いながら。悟史の手がかりを探す。だかそこで詩音は不穏な音を聞く。

祭りのあと、宴会に付き合った詩音はそのまま本家に泊まった。夜中にふと目が覚める。横で寝ているはずの魅音がいない。

廊下を歩いていると、鬼婆の部屋から魅音と鬼婆の話し声がする。そこで詩音は話を聞く。鷹野がオヤシロ様の怒りに触れたと。

そこで電話が鳴る。その場から立ち去ろうとする詩音。だが電話が鳴り魅音が背後に。
k4

次回予告

求めるのわずかな安らぎ

見えるのは憎しみの回廊

落ちたのは暗闇の向こう

し編 其の四 仕返し 






最終更新日  August 14, 2006 07:46:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 19, 2006
ついに始まった 解 


いくら解答編だからって冒頭で誰が真犯人かわかりやすく出さなくても・・・

エプロンをつけた葛西・・・ちょっと面白いな

頭をなでてもらっている詩音かわいいですね。

レナってオヤシロさまのことになると相変わらず饒舌だね

原作もそうだったけど詩音が学校に行って沙都子を責めるのはヤッパ苦手だ






最終更新日  July 29, 2006 06:55:06 PM
コメント(0) | コメントを書く

全39件 (39件中 31-39件目)

< 1 2 3 4


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.