000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FROST*

PR

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

手作り

2016.12.31
XML
カテゴリ:手作り
先週の23日、八王子へ寄せ植え教室に行ってきました。

寒かったらどうしようって怯えてましたけど、予想に反して超ポカポカ。っつーか暑い位でした。(笑)

母に付き添っての参加でしたが、とっても楽しかったです。
講師は土谷ますみ先生。少人数の教室なので、先生に直接ご指導戴けました。

まずは、お花選び・・・これがねー、時間が掛かりましたよ。
30分以上は選んでたんじゃないかと。

パープル系を中心に、ヴィオラ・葉ボタン・シロタエギク、アイビーetc

私はハンギングバスケットの寄せ植え、母はリースタイプに寄せ植えしました。

リースタイプの場合、1種類の花につき3の倍数のポットを使い、円形の型に等分に植えていくのがポイントとか。

←母が一生懸命植えてます(笑)
作業中の写真はここまで。後は土との格闘ですのでアシカラズ。

グリーンギャラリーガーデンズは植物の苗以外にも、アンティーク家具・雑貨・レストラン・マルシェなんかもあって、一日中楽しめる場所です。
また行きたい♪

はい。母の作ったリースの寄せ植え。

ジュリアン・ヴィオラ・シロタエギク・コクリュウ、アイビー

私はコクリュウってあんまり好きな植物じゃなかったけど、動きが出てスッキリしていいかも。

ジュリアンの甘さを引き締めてくれて、印象が変わりました。

私のハンギングバスケット、完成品はこちら。

ほぼほぼ先生にアドバイス受けました(笑)。だって初心者ですし。

まー、天気も良かったからホント楽しかったですわ。
一緒に参加してた人と、お話しながらのお教室でした。

材料費+500円が講習料。
5000円ちょっと位の料金だったと思います。
また参加したいなぁ。

正午過ぎにお教室を終えたら、併設されてるレストランでランチ。

お肉が甘くておいしかったー。けど、パンじゃなくってご飯で食べたかったよー。
ちとボリュームに欠けちゃった感がありました。サラダとドリンク付き。

でも席と席の間隔が離れているから、お茶するにはいいね。

食後はマルシェでお買い物。
お煎餅をあれこれ買い込んで、年末の食糧も確保(笑)。

さて、家に帰って早速玄関横に飾ってみました。

冬の寒さに強い植物ばかりを寄せ植えているので、外に飾っておけるのが嬉しい。
私のハンギングはアプローチに設置。

葉ボタンは華やかでいいねぇ。
今はヴィオラも素晴らしい色合いのものが沢山あって、また違う色合いの寄せ植えにチャレンジしたいって思ってます。

母も自分の作ったリースを、毎日愛でるように可愛がっていて、嬉しそう。

で、この日はもっと嬉しい驚きがあった訳だが、また次回!






最終更新日  2016.12.31 06:19:37
コメント(0) | コメントを書く


2013.07.02
カテゴリ:手作り
マイルーム.jpg大分前にUPした記事で、パリの地図が印刷されている壁紙を使って、
リメイクした本棚とカルトナージュをご紹介していました。


その記事はコチラ↓になります。

    本  棚

   カルトナージュ


で、今回はその第三段。
ちょっと時間が開いてしまいましたが、フレームにも仕立てていました。

写真では真ん中に写っているフレームです。

またいつかフランスに行けたらいいなぁって期待を込めて、地図をいつでも眺められるようにしたかったんです。
壁紙を額縁に.jpg白い枠は、こちらも随分前にご紹介したトイレのドアをリフォームした際の余り物。

元はガラスブロックの枠組み。

大事に取っておいて正解でした(笑)。

枠組みだけだと、壁紙が不安定になりやすいので、カルトナージュで使うグレー台紙に貼り付けています。

今度はエッフェルが中央だと圧迫感を感じたので、右斜め下に位置取りしてます。
控えめがいいでしょ?(笑)
額縁仕立て.jpg裏側はこんな感じ。

きちんと枠を作って、貼り替えたり出来るようにしてみました。

留め具は他の写真立てから借用。
(だって6本も金具が付いてた写真立てがあったからサ、2本こちらへ移動してみた)

なんちゃってカルトナージュってところかしら?
作る工程も楽しみました。
(・∀・)
プティタプティのスティック.jpgこちらはちっちゃなちっちゃなフォトフレーム。
アンティーク風にエイジング加工されています。

ネットでパパッと購入したので、届いてみたら小さいサイズでビックリ!

でも、それがこのフォトフレームの可愛さにも繋がっています。

こちらにも、エッフェルを入れてみました。

実はこれ、アンリ・シャルパンティエのプティ・タ・プティに入っているピックです。

えっと、プティ・タ・プティの記事は2008年の7月にご紹介しているので、5年も大事に温めてたってことですね。(^_^;)

日の目を見られてエッフェルピックも喜んでいる事でしょう(笑)
正面から見たら.jpg正面から見ると、こんな感じです。

ちょっとピンクが派手派手しいので、後日色を替える予定。

大分前に作ったので、派手な色はお部屋になじんでいないこと甚だしい・・・のです。

だったら、UPするなよと・・・ブツブツ
ゴールドフレーム.jpgさて、最後の一つはゴールドの輝きが渋いフォトフレーム。

最近、ゴールドのパーツに惹かれる事が多く、このフォトフレームはそれに合うように購入しました。

中に入っている写真は買った時に入っていた写真のまま。

このフレームに飾るカードは、いつか再びフランスへ行った際に購入してこようと心に決めています。


素敵なアンティークカードが見つかるといいなぁ・・・

そんな訳で・・・
カードを探しに行ってくることにしました。

いざ、パリへ!
数時間後に機上の人。
行って参りまっす!






最終更新日  2013.07.02 04:40:29
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.15
カテゴリ:手作り
庭の花.jpg庭の花が生き生きとしています。

風薫る五月。

大好きなスズランは
終わってしまいましたが、
庭には他にも可愛い花たちが沢山。

ゴーヤーやトマト、
茄子の植え付けの合間に、
花を摘んだりして。

イキシア、都忘れ、立浪草を
活けてみました。
イクシア.jpg一緒に活けてある葉は
シランのもの。

こうして写真で見ると、
葉脈が芸術作品なのだわ。
スバラシイ。

ここ数日は夏日に近い気温。

残念ながら暑すぎて、
私のお部屋に飾れない。
(ノД`)シクシク

玄関隅で楽しむのみ。


さて、そんな生け花が楽しめない私のお部屋を彩るのは、
先日完成したカルトナージュ。
(ΦωΦ)フフフ…
壁紙をカルトナージュに.jpg前回作ったカルトナージュの小箱は無事にお友達の元へ旅立ちました。

でも、同じ形が私も欲しいなぁ・・・と思っていたので、早速実行です。

本棚をリメイクした際にお取り寄せした壁紙のサンプル。

このパリmapの壁紙を見て、これはカルトナージュにしたい!って思ったのもきっかけの一つ。

友人に送ったのと全く同じサイズ10×10センチの可動式2段小箱です。

布以外のものを貼るのは初めて。
スキバルすらも貼ったことなかったんです。

柄の色合いがシックなので、それを生かすように箱も濃グレーに。
箱の中.jpg中はマゼンタピンクと萌黄色を使って、大人可愛く仕上げてます。

蓋を開けるとエッフェルが2つも登場。

物を入れると見えなくなってしまって、取り出した後に見える当たりキュンとします(笑)。

家の鍵と車の鍵を入れる為に作りました。

去年の年末に車の鍵が行方不明になり、反省したのです。
(あ、すぐに見つかりましたが)
トーション.jpg一段目は可動式で、左右縦横どちらにも配置できます。

箱の隅には、萌黄色のトーションレースをあしらいました。

パッと見、切手みたいですっごく可愛いです。
チラ見せ.jpg下段は上段を支える為の仕切り板を、4方に配置。


萌黄色の裏に、マゼンタピンクをチラ見せしてます。
ま、出し惜しみ作戦ってな感じかしら(笑)。


大人の色気なのよねー。
なんつって。

    ↑

嘘です、スミマセン。
(;´Д`)
鍵を保管.jpg鍵を入れてみました。

ウッフッフ♪



気持ち悪い人です。



保管場所もしっかり決まったことだし、
これからは家に帰ったら、
スグに鍵をここへ戻します。


お出かけの時も、
「鍵がない!」
って慌てずにすみますね。
エッフェルが3つ.jpg蓋も合わせると、エッフェルが3つ。

なんでしょ、このキュンキュン具合。




さて、このパリMAPの壁紙はまだまだ他にも利用しているのです。
次回はそちらもご紹介いたします。






最終更新日  2013.05.15 00:11:16
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.15
カテゴリ:手作り
カルトナージュBOX.jpg先日ご紹介したカルトナージュの続編です。

先日作ったカルトナージュBOXがとっても気に入ったので、小さいサイズを作ってみようかなぁ・・・と思ったのが始まりです。

実は箱から組み立てるのは人生初!
でも、これが意外と楽しかった!

ミリ単位での作業と、微妙な調整などなど、少しづつ進めていけるのもいいみたい。

お友達にプレゼントするかもしれないなぁ・・・と思っていたので丁寧に丁寧に作ってみました。

柄は先日作った物と同じなのですが、小さいBOXだったので位置取りにとても悩みました。
撫子(?)の部分をチョイスしたので、柄は同じでも印象が大分変わりました。
箱の中.jpg箱の中はこんな感じで、可動式の小箱を仕立てています。

ちょっと高さがあり過ぎるかな?とも思えたので2段で使えるようにしてみました。
外観がシンプルになったので、内側は少しPOPになるようにピンクを使っています。

自分用だったら、もっとシックにするんですけどね。
一応友達のイメージで。

開けた時に、わぁ♪って思ってもらえたらいいなぁなんてね。

布合わせを考えるのはとても楽しい作業です。
無地に対して柄物とか、同系色、対照色などなど、想像しているだけでも夢が広がる。
アクセサリー.jpgお部屋に飾りBOXとして置くのも良いですが、普段使いのアクセサリーを入れてもいいかなぁ?
と思って作りました。

他にも家の鍵や車の鍵。

玄関に置いて印鑑入れ。

薬を入れたりするのにも良い大きさかもしれません。

目薬を立てて入れられるようにも計算しました(確か目薬使ってたような・・・)
(^_^;)
時計.jpgそうそう、時計などを仕舞っておくのにも良いかもね!

それにしても、カルトナージュっていつ知ったんだろう。
友人にカルトナージュを教えてあげたのだから、大分前からインプットされていた言葉なんだろうけど、いつインプットされたのか全然記憶にない。

ま、小学校時代から、愛読書は手芸本と料理本だったから、若い時代に仕入れた言葉には違いないのだろうけど・・・(だって年とってから覚えた言葉って咄嗟に出てこないのよ)(笑)  

永遠の謎かもね。


今のところ、私のお部屋で仲良く並んでおります。
両方とも蓋にちょっぴり膨らみを付けたので、プクッとした感じが柔らかく可愛いです。

お友達にプレゼントするの迷い中!(笑)
迷惑かもしれないしね・・・
プレゼントって本当に難しー('A`)

姉妹BOX.jpg






最終更新日  2013.03.15 00:26:23
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.13
カテゴリ:手作り
お菓子BOX.jpgだいぶ前のお話ですが、友人が結婚した際のお祝い返しに、焼き菓子の詰め合わせを戴きました。

そのお菓子が入っていた箱、これがまぁとっても立派な箱で、捨てちゃうには忍びない程。

おめでたい物だし、思い出にもなるし、容量もあるので何かに使おうって思っていました。

シックなダークブラウンの色も素敵でした。
箱を開けたら.jpg箱を開けるとこのようになっていて、容量もたっぷり。

印籠スタイルって言うのかな、上下に分かれて開くようになっています。

横29センチ×縦20センチ×高さ8センチ



仕切りがないので、細かい物を入れると中身がぐちゃぐちゃになってしまうかもしれないなぁ・・・。

そして、前からどうにかしなければ!と思っていたある物を入れるためにカルトナージュにしてみました。

良い生地に出会えたら作ろうと思っていたので、実行に移すまでに
数カ月かかっちゃった。でも理想の生地に出会えました。

カルトナージュには余り向かない大柄ですが、
箱のサイズが大きいのでこの生地に決定!
現行の生地ですが、アンティーク風になっています。カルトナージュ.jpg
柄合わせ.jpg先ほども書きましたが、印籠スタイルなので、横から見た時に柄行が気になってしまうだろうなぁ・・・と思ったので、柄合わせをきちんとしてみました。

これが意外と大変なのね!私は布を引っ張り気味にする癖があるので、尚更難しかったです。

そして、タッセルはフランスで買ってきたタッセルを使いました。

この為に買ってきた訳ではないのですが、お花の色の一部にオレンジが使われているので、この箱にぴったりだったなぁって嬉しくなってしまいました。
箱の中.jpgそして、箱の中。

ちょっとお見せするのが恥ずかしい気もしますが、きちんと仕切りも付けました。

しかし!初心者がこんなに仕切りをつけちゃぁいけません(^_^;)

途中で投げ出したくなりました。

何度も
何度も
何度も    (TдT)

箱の外観が大胆な花柄だったので、中はシックにしました。

ピンクとグレーの組み合わせです。

で、ここに何を入れるかと言えば・・・
ミシン糸収納.jpg大量にあるミシン糸!
      でございます。

母は結婚当初から、私も小学生から手芸を趣味にしていますので、とにかく大量のミシン糸が家に溢れてました。

空き缶に入れていたのですが、余り綺麗に入れられず困っていたのです。

一番下の左側のミシン糸は何と!ボビンが木で出来ています。

今、市販されている物はほとんどがプラスチックですものね!

古き良き時代の名残です。使い終わったら大切に取っておこうっと♪
ハサミ入れ.jpg高さがある箱だったので、蓋の裏にはギャザーを寄せたポケットを作りました。

裁ちハサミやチャコペン等を収納できるようにしています。

ハサミは箱を開けた時に飛び出してこないように、リボンで結んで留めるようにしてみました。

裁縫道具はすべて、隣の部屋に置いているのですが、このカルトナージュがかなり良く出来たので、今は自分の部屋で飾っています。
(*´σー`)エヘヘ



次回は(いつだろうか)このカルトナージュの姉妹をご紹介いたします。






最終更新日  2013.03.13 00:01:26
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.10
カテゴリ:手作り
コースター.jpg最近、我が家のこたつテーブルを20年ぶり(!)に買い換えました。

天板の素材が以前とは違って、無垢のタモ材です。

柔らかく、傷つきやすそうなので、食器を直置き出来ません。

そんなこんなで、余った端切れでコースターを作りました。

これは、アルメダールスの残り生地ですね。
クッションを作った残り生地が上手く使えました。

このクッション作ったの5年も前なのね・・・しみじみ

暖かくなってきたので、ミシンやアイロンがけが苦痛ではないのも嬉しい。
ランチョンマット.jpgもちろん、ランチョンマットも作りました。

こちらは手持ちのダブルガーゼを使用。

本当は他の物を作ろうと何年も前に買っておいたのだけれど、結局放置しっぱなしだったので、別の形で生かせてよかったです。



そんなこんなで、私の場合、手芸と言えば大切なのはアイロン!
なのです!

そんなアイロンが壊れました。
(^_^;)

どーしよっっっ(;´∀`)
myアイロン.jpgはい、これがmyアイロンでございます。

えっと、母が買ったものだから軽く40年以上昔のものでしょうか。
重さもしっかりあって、ぴしっとアイロンがけできます。

最近の軽いアイロンは苦手ですし、ましてやスチームアイロンは手芸好きの人にとっては使えないアイロンじゃぁないでしょうか?

私はこのアイロンしか愛用出来なくなっちゃってますよ。

とにかく、水通しから仕上げまで全ての段階で必要な相棒です。
ヴィンテージアイロン.jpg箱なんて木の箱ですよ。

もう立派なヴィンテージアイロンと言っても過言ではないかも(;´∀`)

東芝さんもビックリ(゚д゚)!でしょうね。
こんな古いアイロンを使ってる輩が世の中にいるのか・・・と。

で、何が壊れたかと言えば
壊れたネオンランプ.jpgこれです。

このネオンランプ。

よく、アイロンの電源を入れるとオレンジのランプが付いて,、適温になると消えるあのランプ。

あのあたりをちょこっと弄っていたら、ポキッとリード線が折れました。
(つд⊂)エーン


とまぁ、昔だったら泣き寝入りでしょうが今はネット社会。

ググッたら意外と売られていてホッとしました。
スイッチランプ.jpgしっかりと梱包されて、可愛い麦球ちゃんが届きました。

ブツ(笑)よりも送料が高く付いちゃった、典型的パターンです。

でも、アイロンを買い替えるよりも激安。
確か送料込でも450円位だった気がします。
抵抗をハンダ付け.jpgはい、ここからは父の出番(笑)。

そしてお勉強の時間。

オームの法則でございます。

直接繋ぐとランプが吹っ飛びますので、抵抗をハンダ付けしましたよ。

抵抗は昔の物をそのままスライド利用です。

あれ?なんか写真がぼけてる・・・。
アイロン復活.jpgと言うことで、アイロン復活!

ね、ちゃんとランプが付いてるでしょう?

これで、また40年使えます(笑)






最終更新日  2013.03.10 00:01:41
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.06
カテゴリ:手作り
トイレ壁枝.jpg昨日の続きです。
購入したウォールステッカーの残り半分は、トイレの中に貼ろうと決めてました。

ウォールステッカーってお値段高めですが、二か所に分けて貼ることを考えると、お手頃価格でお部屋を一新できるアイテムかなぁとも思えます。

2日目なので、さすがに貼るのも慣れてきました。
まずは枝を貼っていきます。
昨日より枝ぶりが大きいので、一人で貼るのはちょっと難儀しました。

四隅の角から、枝が貼りだすように貼りたかったのと、一番上の枝がトイレットペーパーを置いている棚とツラが合うように貼りたかったので、位置決めは慎重に。

我が家のトイレは狭いので、左端の枝は、何センチかカットしました。
トイレ壁鳥かご.jpg続いて鳥カゴ。

鎖は長さをカットして、好きな高さに出来ますが、私はオリジナルそのままで。



鳥カゴは、
 誰が開けたのかしら?

中に鳥がいたのかしら?

それとも
 これから入るのかしら?



などと思いを巡らせるのも楽しいです。
トイレ壁完成.jpgそして、葉っぱと鳥ちゃんを貼って完成です。

やや、ざらつきのある化粧合板だったので、旨く貼れるか心配だったのですが、剥がれてくることもなく、綺麗にできました。

ε-(´∀`*)ホッ
トイレのドアにも.jpgトイレの扉の内側にも、葉っぱと鳥を飛ばします。

ヤドリギ(Kissing Ballもしくはmistletoe)みたいでちょっと気に入ってたりして。
(*^_^*)

流石にこれだけ貼るとちょっと疲れましたが、木陰の中にいるみたいで、お気に入りのトイレになりました。
トイレのシェルフ.jpgで、後ろを振り向くと、これまた手作りしたウォールシェルフにお気に入りが並んでいると言う。
もう、トイレに行くたびにニヤニヤ( ̄ー ̄)。

女性の方が褒めてくれるのはある意味分かるのですが、意外や意外、男性にも好評です。
先日も新聞の集金屋さんに作り方などを聞かれました。
「娘がこういうの大好きでねぇ・・・売ってるの?」なんてね。

こういうのを理解して、良いねぇって言ってくれる。きっといいお父さんなんだろうな。可愛いを分かってくれるって大切だと思います。

あ、もちろん、私の父もとっても褒めてくれました。
って言うか私がやれば何でも褒めてくれるわけですが(笑)。

一先ずDIY完了でっす。






最終更新日  2012.10.07 00:05:10
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:手作り
ドアに枝.jpgトイレのドアは、ガラスブロックを嵌めこみ、カッティングシートを貼ってこんな感じにした後、枠も囲ってこんな状態にしました。

このシンプルなドアの状態を2週間程楽しんだ後、更にウォールステッカーでデコしていきます。
( ̄ー ̄)ニヤリ

どんなステッカーがいいのかとっても悩みましたが、大好きな葉っぱと鳥モチーフの物を。

ドアの幅と高さをきちんと測って、サイズも合うことを確かめてから購入しましたよ。
もちろん、前回同様転写タイプのステッカーです。

まずは枝を貼ります。
かなり大きな枝ぶりなので、歪まないように気をつけます。

ガラスブロックの部分は切って外しました。
そして葉っぱ.jpgそして、続いては葉っぱ。

見本となる画像がないので、ホームページの写真をプリントアウトして予想を付けながらのステッカー貼りです。

ま、適当にやっても何とかなります(^_^;)

が、葉っぱの枚数が多いので、途中で面倒くさくなったり・・・
暑い日だったので、何度か休憩を取りながらの作業です。

この時点で、だいぶ満足してしまい、このままでもいいかなぁ?と思ったりもしました。

でもせっかくなので・・・。
鳥が飛ぶ.jpg鳥ちゃんも飛ばします。

私が購入したステッカーは鳥が6匹いるタイプ。

どれを貼るのか悩むのも、また楽しい作業です。

すっごく綺麗で素敵っっ!!

枝がグレーのタイプもあって、最後までどちらにするか悩んだのですが、どうせならコントラストがはっきりして、目立つタイプのブラウンにした方が良いだろうと考えました。

ドア枠や梁の色とマッチして、なかなか良い選択だったかと。
更に枝.jpg更に、壁の梁を利用して、鳥をとまらせたり。
脱衣所の戸棚にも枝を足してみました。

枝を繋げず、余白があることによって、空間を読む、と言うか想像の余韻を持たせると、より楽しいイラストになると思います。

工夫次第でどうにでもなるって言うか。なんて言うか。

お家の雰囲気がガラリと変わりました。

お客様からもとっても褒められます(^_-)-☆

さて実はこのステッカー、今日貼った部分は全体の半分だけなのです。
残りの部分は・・・?

続きます。
(引っ張るねぇ~
 なんて言われそう)(笑)






最終更新日  2012.10.06 00:12:21
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.05
カテゴリ:手作り
脱衣所ドア.jpgさていよいよ、メインエベント!!脱衣所ドアのリフォームです。

一昨日のブログを読んで戴いた方にはお分かりだと思いますが、やる気満々だった所、カッターで太ももを刺してしまい、負傷したんです。

そんな私を見て、父は「このドアは新しくしたらどうかな?」と労わりの提案。

そうねぇ。このドアはお客様が一番最初に目にする場所だしね。
ガラスの位置も気に食わないし・・・
そうしようか。ネットで調べたら、ドアだけなら2万円位で交換出来そう。
近所の建具屋さんにもお伺いしたのですが、割引等は一切ないので、3万円~4万円のお値段でした。その代わり、近所の建具屋さんだと、取り付け等のサービスに細かく応じて下さる利点はありますよね。
リースを飾ろう.jpg我が家は‘父’と言う仕事人(笑)がおりますので、取り付けは自分たちで行います。

扉の色は白、ガラスが入ってると嬉しい、ドアノブは交換したばかりだから、手持ちのドアノブを取り付けてくれる所がいいね、って家族会議。
結果、コチラのFree door shopさんにお願いすることにしました。
蝶番の切れ込みも入れてもらい、ドア本体だけの交換です。

サイズはアチコチ測って、セミオーダー形式。
ドアノブは事前に郵送して、ドアノブに合ったサイズの穴を開けてもらいました(勿論、新しいドアノブもネットで販売してますよ)。


古いドアは、こんなリースを飾っても全く見栄えがしませんね。
(^_^;)
脱衣所ドアパテ埋め.jpgドアの一番下、ベージュ色の部分はパテの色。

パテ埋めまでしっかり準備してたのに、途中放棄。

でも、新しいドアが付くってだけで、とっても楽しみ。

どんなドアが届くのかな?

そして、どのくらいの大きさの梱包なのでしょうか・・・
(;^ω^)

只今、ドア待ちです(←本当に待ってる♪)
梱包.jpg漸く、届きました('A`)
朝から首を長くして待っていた父母娘の三人。

それなのに、西濃運輸さんは留守だったと言い張っていましたが、不在表も入ってないし、絶対に届けになんて来てないと思う!ヽ(`Д´)ノプンプン

ま、これから伺いますってことで夜の8時30分に届けてもらいました。

梱包はこんな状態で届きました。丁寧に梱包されていたので、傷もありません。(*^_^*)

早速梱包を紐解いて、取り付け作業開始です。


写真を撮っていたら、母が手先でダンスし始めました。
彼女なりの嬉しさの表現?かしらね(;´∀`)
こんな母を持った私って・・・。
新しい扉.jpgはい!取り付け終了です。

多少カンナで削ったりしましたが、サイズも位置もピッタリ!
カンナで削ったのは我が家が古い家で、家自体の歪みがあるからです。

歪みがあることは承知していたので、側面の仕上げを木板張りにしました。
テープ貼りの仕上げの方が素敵かもしれませんが、絶対削ることになるだろうと踏んでの木板張りです。

部分的に0.5mm程削った部分もあったので、大正解でしたね。

そして、綺麗な木目。新しい木の香り。
新しい物って本当に嬉しいですねぇ。
新しい扉にリース.jpg今度はリースを飾っても大丈夫♪

クリスマスにはここに大きなリースを飾ろうと画策中です。
(*´σー`)エヘヘ


ちなみに・・・
←こちら、月桂樹と唐辛子のリース。
どなたかのブログに載っていたのを真似させていただきました。
ゴメンナサイ_(._.)_

裏庭で、困ってしまう程、収穫出来た唐辛子を赤くさせてリースに変身させました。
貼ってみた.jpgそして、早速貼っちゃいました。

ウォールステッカー

色はグレーをチョイス。
ここはお客様をお迎えするって意味で、welcomeの言葉の入った物はピッタリです。

白木の木目に綺麗に映えて可愛さ120%増!!
全体図.jpg玄関がとっても明るく、そして可愛くなりました。

これで、どなたをお迎えしても恥ずかしくないエントランスに。

Free door shopさんの対応も素晴らしかったですし、納期もとても速かったです。
本当にありがとうございました。

でも!私のDIYは、まだまだ続きます。

続きは明日。






最終更新日  2012.10.05 00:11:50
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.03
カテゴリ:手作り
扉の枠囲い.jpgまだまだ、リフォーム頑張りますヨ(n‘∀‘)η゚

前回、トイレのドアをリフォームして、ガラスブロックを嵌めこんでいましたが、枠組みもきちんと付けて、完成してます。
(・∀・)エヘ。

2mm厚の薄い板(98円也)を二本購入して、枠組みに合わせてカッターで裁断。

ペンキを買うのは勿体ないので、ドアに貼ったカッティングシートの余りで、板をくるんでしまいました。そして、瞬間接着剤でドアにペタリ。

なかなか上出来じゃないですか?
もちろん、裏側も同じようにしてあります。

陽の光と、電気の灯り、どちらもチェッカーガラスに美しく輝きます。
階段before.jpg続いては、階段をプチリフォーム。

我が家の玄関回り、古い建具が集合していて、なお且つそれぞれが濃いブラウンだった為、とても暗い感じでした。

まずは靴箱を直しトイレのドアも化粧直し終了。
今日は三つめ、階段です。

玄関を入って左手が、問題の階段。

大工さんが一生懸命作ってくださった階段で、それ自体に問題はまったくないのですが、踏み板と蹴込みが同じブラウンなので、どうしても暗さが際立つんですよね。

最近のお家は蹴込みを白くしてあって、本当に素敵に思えます。

明るくなるし、なんとなく、フレンチスタイルな感じ♪
階段before2.jpgうん、やっぱり重く感じるよね。

ここが白く変わったらどれだけ明るくなるか・・・
考えただけでもワクワクするぅ♪
((o(´∀`)o))ワクワク

トイレのドア・靴箱に貼った物と同じ、白の木目のカッティングシートを使いました。
階段after.jpgジャン!

いかがですか?印象が全く変わりますね。

写真左手には小窓があるのですが、そこから差し込む光を反射してとっても明るいです。
木目も綺麗!!

勿論、蹴込みを白くすると良い点もありますが、悪い点もあります。
汚れですね。

蹴込みは「蹴」って言う字が使われていることからも分かるように、どうしても物がぶつかることが多く、傷や汚れが付きやすいです。

でも、それを差し引いてもやって良かった。

父と母が帰宅して、余りの違いに驚いていました(実はお出かけしている間にやったのだ)。
階段after2.jpg上段の方もご覧あれ。

いやー明るい。夏は涼しく感じそうだし、冬は日差しを温かく感じそうです。

もっと早くにやればよかったなぁ。

カッティングシートは丈夫なので、傷にも強そうな気がします。
ペンキを塗るよりも簡単!

材料代は、2500円位でした。
バックに映える.jpg階段のコーナー部分には、母が野草を活けます。
蹴込みの白に映えて、よりグリーンが鮮やかに。

とても満足( ̄ー ̄)ニヤリ
ブラウンと白のコントラストが美しすぎます。
フフフ(^ω^)





えっと、実はまだ肝心の部分に手を付けてないのですが・・・

お気づきでしょうか?って誰も気づいていないとは思うのですが・・・
玄関を入って真正面の扉は手つかず。古い建具、古い色。

張り切ってトイレのドアと同じように貼り替えようと思っていたのです。

が!まさかの負傷・・・
実は靴箱の扉をリフォームし終えた後、
少しふらりとよろけたんですよね。
右手にはカッター。しかも刃を替えたばかり。
ザックリ太ももを刺してしまいました。

自分の血で出来た血溜まりを見たのは初めてです(^_^;)
そんな姿に焦った父と母は、私よりも驚いて右往左往。
新たな提案をしてくれましたとさ。

続く。






最終更新日  2012.10.03 00:09:37
コメント(0) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.