940953 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

❖ 北條不可思 "Song & BowzuMan”『歌うお坊さん』ブログⅡ・愚螺牛雑記 ❖

❖ 北條不可思 "Song & BowzuMan”『歌うお坊さん』ブログⅡ・愚螺牛雑記 ❖

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2006/06/17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
diary*Watch&Thinking *「戦いは止められる」

enbankyoto2006koukoku
京都公演チラシ

画像 362 ny2004

Vow Songs

ENBAN Concert EndlessTour 2006(SINCE 1996)

*縁絆コンサート エンドレスツアー2006* 

2006年6月24日(土曜日)開演/5時30分予定、入場無料。
《入場制限有り》

開場/京都・龍谷大学大宮学舎本館講堂/特別友情出演/          俳優・金田賢一氏他

新作CDアルバム「VowSongs-眞信讃歌2-」同時発表

2年ぶり二回目の京都公演です。千年を越える京の旅とあわせてお出かけいただけると嬉しい限りです。講堂は現存する唯一の《擬洋風建築》で、重要文化財の指定を受けています。なによりも素晴らしいことは、建物として活かされ使われていることです。木造石貼りの建物は、アンプから出る音をクラシカルなスピーカーのように響かせます

龍谷大学
http://www.ryukoku.ac.jp/web/map/omiya.html 【龍谷大学大宮学舎】

s-enban tokyo 2005 ishihara 073



enban2000 USA

『様々な方々の、ご賛同とご支援を賜り特別に許可を頂いている

 スペシャルステージ。このたびも、己を尽くしメッセージする覚悟です』

   

                       -北條不可思-


un photo

★Song&BowzuMan Fukashi Hojo Profile

北條不可思/愚螺牛(ほうじょう・ふかし/ぐらぎゅう)プロファイル/活動略歴
FUKASHI HOJO☆PROFILE  FUKASHI HOJO☆PROFILE 

 1961年10月14日/広島県出身。
 浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)僧侶・音楽家(シンガ-ソングライタ-)

【1974年】ボブ・ディラン、ジョン・レノンの作品に触れ、ギターに弦を張り、作詩.曲を始める

【1982年】東京仏教学院(東京・築地本願寺内)修了。《2004年西本願寺・宗学院別科受講修了》

【1981年】得度(法名・釋難思/しゃく なんし)
     同時に“Song & BowzuMan=歌うお坊さん”のデヴューともなる

【1993年秋】土ひと握り、板一枚ない中、有縁者と共に蓮向寺(AmitaHouseBuddhistChurch)本堂建立。

【1987年】テレビ番組のレギュラー出演を機に、音楽を通じたメッセージ活動を開始。

【1994年】 CDアルバム「道化師の涙」(廃・絶盤)を日本クラウン・パナムレーベルより発表、
      レコーディングアーティストとしてメジャーデビュー

【1995年】当時1歳の一人息子・慈音/ジオン(当時1歳)が重度の脳性麻痺(体幹機能障害アテトーゼ型)     と診断され、音楽活動断念

【1996年】6月 子育てをする生活の中、改めて思い知る『命の尊厳』の証を信じ、に音楽活動を再始動

【1998年】長い思索の上、独立事務所<オフィスアミタハウス/北條不可思事務所(有限会社)>と
     レコ-ドレ-ベル<ジオンレコ-ズ/現在ジオンミュージックファクトリーに改名>を設立

【現在】僧職(寺院住職)の活動を基としつつ“Song & BowzuMan=歌うお坊さん”として、
    『縁』と『絆』(縁絆/えんばん)をキーワードに国内外で国境・人種・文化・信教をも越えた    
    メッセージパフォーマンスとCD作品制作を中心に独自の音楽表現活動を展開し続けている。
 
 浄土真宗本願寺派・東京首都圏都市開教専従員(1986~2005)、蓮向寺住職(1991~)

【新聞・テレビ・ラジオ・雑誌でのインタヴュ-&活動紹介】

 「NHKニュ-ス短編特集」<横浜放送局制作>「毎日新聞・ひと欄」「産経新聞・特集欄」/「朝日新聞・京都版」/「読売新聞・相模版」/『Jドキュメント』60分(スカイパーフェクトTV)、『スーパーモーニング』(テレビ朝日)/『Live Five』(KBS京都)『WINGSPAN』(全日空機内誌国際線版)、『週刊女性』(主婦と生活社)、『女性自身』(光文社)、『総特集ジョン・レノン』(河出書房新社)/『中国新聞(広島)・特集欄』/RCC中国放送(広島)ニュ-ス特集/日本経済新聞・文化面署名原稿寄稿 他


【おもな作品】

著作●『遊牛の詩』(京都・百華苑刊)[1997年] “Song & BowzuMan”に至る日々を綴った詩文集。
CDアルバム●『道化師の涙』[1994年]日本クラウン/パナムレーベルからメジャーリリース(絶版)。『on the white road』[2000]、『眞信讃歌』[2000年]『Seriousness & Dignity』[2001]『AliveTheLive』(ライブ盤)[2005]
*現在、『VowSongs/眞信讃歌』2006/6/24発表『Beyond the Line』を制作中。


【おもな活動歴】

◎ 『縁絆“ENBAN”concert-endless tour』を主催し展開中。東京(1996年~)、
  大阪(1999年~)、
  ニューヨーク(1999年~)
  広島公演(2002年8月~)・原爆資料館メモリアルホ-ル
  京都公演(2004年3月~龍谷大学大宮学舎・本館講堂(重要文化財)
  国立療養所長島愛生園(2006年10月21日・特別公演)

◎ 〔2000年夏〕アメリカ・ニュージャージー州で開催された北米教区仏教者大会に招聘。

◎〔1996年7月~2000年9月〕地元FM局『ジャスト・ライク・ア・ローリングストーン』の、
  パーソナリティを担当。

◎ 〔1997年~1999年12月8日〕軽井沢・万平ホテルにて催す『ジョンの日曜日』
  (故ジョン・レノンのメモリアルコンサート)へ参加。

◎〔2004年5月21日〕国連本部(ニューヨーク)にて「日本文化を伝える交流展示会」のオープニングで  「しゃぼん玉」他2曲を歌う。
  CANO BAND new york set member *スライドギター/梶谷正治 *サイドギター/田川卓史
  *尺八/大由鬼山

◎〔2004年5月22日〕ニューヨーク市内で開催されたヴェサック/釈尊を讃える行事に、
  ニューヨーク本願寺/中垣顕實師(ニューヨーク仏教会理事長)の要請を得て参加。
  自作品「航海の果てに」にパーリ語の三帰依文を添えて歌う

◎ 学校、企業、各種団体等に招かれ、ギターの弾き語り&トーク形式の音楽講演を行う。

◎ 年2回程度『縁絆通信』発行。『縁絆 E-mail Communication』を常時配信。
******************************************************************************************************************************************

IMGP0072.jpg

『縁絆』(ENBAN)とは

1999年縁絆コンサ-トエンドレスツア-

ニュ-ヨ-ク初公演開催に際してのメッセ-ジ



北條不可思は、[Song&BowzuMan=歌うお坊さん]として音楽・美術展などを通じメッセージ活動を続けています。この活動の根幹にある願いは、「尊厳ある命の証を信じ、不可思議なる縁(えにし)を眞(まこと)の絆に」という言葉に凝縮されています。



人と人とが出遇う不思議、そして、そこから生まれてくる心と心が結ばれていく営み。

それは、人として当たり前のことと思われがちではありますが、私たちが暮らしている現実の社会には、人と人とが結ばれていく前に、国境や信教といった隔たりが空気のように満ち溢れています。その空気は、敢えて隔たりを超えていきたいと願う精神を、夢追い人と嘲笑する方が理性的かつ知的だと思いがちな風潮を正論にしているのかもしれません。



「なぜここに生まれ、ここに生き、この出遇いがあるのか?」と考えることは可笑しいでしょうか。めぐる命の出遇いと別れに素朴に驚き、恵まれた縁を眞の絆へと深めていく営みに自らの信念を傾けて生きていきたい人間もいるのです。

常識や通念に揺るがない自分であろうか? その自問自答を繰り返しながら己の在り方を見つめ続け、「尊厳ある命の証を信じ、不可思議なる縁を眞の絆に」というメッセージは、生まれました。

そして、この願いを託したたったひとつの言葉が、『縁絆』です。



分かり合いたいと願い、分かり合えないと嘆く。

そんな観念的な人間関係から離脱して、自らを見つめるように、全ての縁ある人を見つめて生きていきたい。

敬いと愛をもって、和(やわらぎ)の精神を育んで生きていきたい。

音楽活動をライフワークとする北條不可思にとって、『縁絆』(ENBAN)コンサートは、そこに関わり集うスタッフやオーディエンスとともに願いを具現化していくステージです。



このたびは、かねてより念願であった海外での縁絆コンサートをニューヨークで開催するにあたり、開催実現に向けてご尽力いただく皆さまに心よりお礼申しあげます。

        

                     

Song&BowzuMan FUKASHI HOJO
OfficeAmitaHouse/PRESIDENT:SATOE HOJO

画像 164mampei
軽井澤・万平ホテル1999・12.8/ジョンレノン・メモリアルコンサート『ジョンの日曜日』
******************************************************************************************************************************************






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2006/06/18 12:10:51 AM



© Rakuten Group, Inc.