941398 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

❖ 北條不可思 "Song & BowzuMan”『歌うお坊さん』ブログⅡ・愚螺牛雑記 ❖

❖ 北條不可思 "Song & BowzuMan”『歌うお坊さん』ブログⅡ・愚螺牛雑記 ❖

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2009/03/04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

yahijiri-flag-ok.jpg

 

『野聖物語』開催にあたって

 

 親鸞聖人の歩かれた道は、まったくもって険しく厳しい道でした。だが、その一歩一歩を弥陀の本願を信じ、「南無阿弥陀仏」と喜ばれ、「世の中安穏なれ 仏法ひろまれ」と願い続けられました。

 浄土真宗のみ教え、すなわち本願他力のみ教えに御縁をいただく者は皆、宗祖親鸞聖人が著された『教行信証』や『三帖和讃』、語録である『嘆異抄』を通して、そのお人柄や生き様に出遇い、そのお姿を仰ぎ、自己の信心を深く見つめさせていただきます。

 また、思想家・哲学者・詩人である《人間・親鸞》に魅了されている方もおられることでしょう。それは、日本という枠組みを越えています。

 平成23(2011)年に、没後750年を迎える一人の念佛僧に対して、何故こんなにも多くの人々が、様々な形で思いを馳せるのでしょう。

 遥かなる時空を超えて現在に届く親鸞聖人のなんと壮大で、なんと不可思議な人間力でありましょう。その足音から響くメッセージを、私たちなりに精一杯讃仰させていただきたいと存じます。

 浄土真宗に帰依する方も、そうでない方も。親鸞聖人が好きな方も、そうでない方も。探求が好きな方も、そうでない方も、音楽が好きな方も、そうでない方も。どうぞお誘い合わせの上、お出かけください。

     ~語り尽くせぬ 心からの願いと共に~      

『野聖物語』実行委員会

   

 

 「熊皮の御影」 (奈良国立博物館 蔵)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

yahijiri2009chirashi.jpg

野聖物語「我が心の親鸞聖人」開催決定

2009年5月16日(土曜日)午後5時開演

会場/東京・築地本願寺ブディストホール 入場無料 全席自由

★★「縁絆通信」2008-2009 from AmitaHouse 

愚生之文 2004

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

      






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009/04/24 02:22:22 PM



© Rakuten Group, Inc.