000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

北條不可思::Song&BowzuMan:listen and hear FUKASHIHOJO.COM☆{おかげさまは・ありがとうの生みの親}

March 28, 2015
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

『明日ありと、想うこころの、仇桜、夜半に嵐の 、吹かぬものかは』

浄土眞宗 宗祖親鸞聖人九歳春、出家得度に際し。


西本願寺公式ホームページ

http://www.hongwanji.or.jp/mioshie/shinran.html


[野聖物語:親鸞聖人]

http://www.youtube.com/watch?v=zgz3mXGtRvshttp://www.youtube.com/watch?v=zgz3mXGtRvs


「我が心の親鸞聖人」 


Song&BowzuMan:北條不可思 

http://fukashihojo.com/


詩・曲 北條不可思 


1987年作


「眞信讃歌」1993年収録 

CDアルバム『VowSongs/眞信讃歌』2006年再収録

CDアルバム野聖物語(やひじりものがたり)

「我が心の親鸞聖人」

SHINRAN SHONIN OF MY MIND 

2009年再々収録


野聖物語(やひじりものがたり)(以下歌詩掲載)


「我が心の親鸞聖人」


人の心を喰い物にして 


こだわりあがく群れの中で 


直面しているのは鏡の前の己だと 


唯ひたすらに 足元見つめ  


歩き続けているのは 


心及ばぬ流れの中に 身を委ねてるから 


人の痛みが沁みるから  


「偽れない」と心が叫ぶから 


どうすることも出来ない、名利に沈む己だと 


唯ひたすらに 瞳を閉じて  


歩き続けているのは 


心及ばぬ流れの中に 身を委ねてるから 


「全ては夢さ」と片付けても  


心が痛む時 


それでも野をゆく聖の後姿は  


わたしにささやき続け 


「直面しているのは鏡の前の己だ」と 


唯ひたすらに 足元見つめ  


歩き続けているのは 


心及ばぬ流れの中に 身を委ねてるから 


それでも野をゆく聖の後姿は  


わたしにささやき続け 


「直面しているのは鏡の前の己だ」と 


唯ひたすらに 足元見つめ  


歩き続けているのは 


心及ばぬ流れの中に 身を委ねてるから 


Copyright ©1987; renewed 2009 Special Jion Music


 原爆被爆(広島)の親鸞聖人像 米国ニューヨーク本願寺

http://www.newyorkbuddhistchurch.org/images_shinran.html

facebook.com/fukashi.hojo

 “問わず語りのfacebook です。”namo-amidabutsu GOOD LUCKY !!!

1981-modern times  FukashiHojo+OfficeAmitaHouse

 

header750x100.jpg







Last updated  March 28, 2015 01:38:42 PM


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.