000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

ななみちゃんを救う会

ななみちゃんを救う会
ななみちゃんを救う会のサイト

テレビで知りました。わずか一週間で、現在募金金額 (1月22日現在)117,018,499円 ほんとうにびっくりです。 久しぶりに人間らしい温かい支援の輪~インターネットでの数々の悪事や悲惨な殺人など、ITに対してのマイナスイメージが拡がる一方の最近の状況の中、久しぶりの嬉しいニュースです。 「ななみちゃんを救う会」からの呼びかけ 『七海ちゃんは生まれつき腎臓が一つしかなく、その一つもほとんど機能していないため、慢性腎不全の診断を受けています。また、おなかの中で内臓が3/4癒着しており、腹膜透析が使えません。 日本では15歳未満のドナーが認められていないため乳児への腎臓移植の道は事実上閉ざされており、内臓の癒着で腹膜透析が使えない七海ちゃんは血液透析で延命するしかありません。乳児を血液透析だけで延命するのは非常に困難で2ヵ月後(2006年2月末)に生きている可能性は1%もないと宣告されました。米国で移植待機しながら血液透析を続けることが七海ちゃんを救う唯一の方法です。しかし保険が適用されない海外での移植手術費用はとても個人でまかなえる額ではありません。そこで我々は「ななみちゃんを救う会」を設立し、募金活動を開始することにしました。 七海ちゃんの命を救うため、一刻も早く海外での治療が受けられる様、個人又は企業・団体の皆様にご理解と温かいご支援をお願い申し上げます。』 ななみちゃんのご両親からのメッセージです。 『皆様からの温かいご支援ありがとうございます。 これほどまでに早く渡米のスタートラインに立てるとは想像もしておりませんでした。 私たち夫婦と同じ位に七海を助けたいという皆様の思いを強く感じ非常に心強く感じております。 現在、渡米の諸手続きを進めております。七海を早くあちらに連れて行き、元気な姿を皆様にお見せできるよう頑張りますので引き続きご支援の程宜しくお願い申し上げます。中山明・美紀子』
これからが本当の闘いでも、七海ちゃんやご両親にとっては、これからが本当の戦闘いです。これからも、みんなで応援していきましょう。 でも、「何故国内で移植手術ができないのか」ということも考えなければならないことです。 募金振込先 ななみちゃんを救う会


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.