000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2006.01.26
XML
テーマ:難病と闘う(8)
カテゴリ:食と健康
冬虫夏草最近、「冬のソナタ」に続き大人気になっている韓国ドラマ「チャングムの誓い」の中に「冬虫夏草」が登場し、漢方薬である「冬虫夏草」が、たいへんな話題になってきているそうです。そこで、冬虫夏草の働きや、そのルーツとなったいろいろな文献などを、ご紹介してみたいと思います。


今回は、呼吸器系疾患に肺と腎強める冬虫夏草というテーマで、ご紹介してみたいと思います。


次は、讀賣新聞日曜版『漢方漫歩』に掲載された原文です。


 先日アジア大会で、あらためてその強さを印象づけた中国陸上の「馬軍団」。パワーの源泉の一つは、冬虫夏草のドリンクだといわれている。

 冬虫夏草は古来、中国で不老長寿、滋養強壮の高貴薬として珍重されてきた。肺と腎を強める働きがあるため、他の生薬と組み合わせて、肺気腫や喘息の根本治療によく使われる。チベットに隣接する中国青海省産のものが最上質とされ、最近日本にも青海冬夏泉のようなドリンク剤が輸入されている。

 中国漢方には「肺は呼気をつかさどり、腎は納気をつかさどる」という言葉があって、呼吸を肺と腎の共同作業とする考え方がある。つまり、空気を吐き出す(呼気)のは肺の力だが、吸い込んで(吸気)、下腹部の丹田に納めるのは腎の力だとしている。喘息や気管支炎の慢性の発作に悩む患者の中には、体力の消耗から、話すのも、息を吸い込むのもつらいという人がいる。この場合、肺や腎を強化することで、よい結果を得ることが多い。

 冬虫夏草が配合されている漢方製剤で、唯一日本に輸入されているものに、双料参茸丸がある。処方の中身は、人参や黄耆のように肺の働きを高めるものと,蛤介(オオヤモリ)や鹿茸のように腎を強化するものに大別される。処方中にあって冬虫夏草は、肺と腎の双方に働きかけるとともに、他の生薬の効果を高める触媒のような働きをしている。双料参茸丸は全体として温性なので、肺腎陽虚(冷えを伴う機能低下)からくる呼吸器系疾患の根本治療に、理想的な処方といえる。

路 京華(中国中医研究院広安門医院主治医師)讀賣新聞日曜版『漢方漫歩』1994/10/30





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2006.01.26 14:21:20
コメント(0) | コメントを書く


PR


© Rakuten Group, Inc.