025808 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Garage43 blog

Garage43 blog

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

Garage43

Garage43

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

Feb 23, 2024
XML
テーマ:DIY (3177)
カテゴリ:DIY
本日のDIYは、先日の「チクタクバンバン」の修理で、古いオモチャのジャンク品を安く手に入れて、修理して使うというのが、思いの外上手くいったので、その第二弾です。

今回は、ヤフオクでジャンク品として出品されていた「ゲームロボット50」。
ちなみに落札価格は800円。送料込みで1700円くらい(送料の方が高い)。

私が小さかったころは、「ゲームロボット9」というのがあって、その後スリム化した簡易版の「ゲームロボット6」というのも発売されたように記憶しています。

私自身はゲームロボット9で遊んでました。
我が家の子供が小さかった頃、私の弟がゲームロボット21をプレゼントしてくれて、子供たちも夢中になって遊んでました。その後壊れてしまったので捨てたのですが、今思えば直せばよかったなぁ・・・と思ったり。

そんなわけで、今回ヤフオクでジャンク品を落札したわけです。





なんか、昔のは結構大きかったと思うのですが、手元に届いたゲームロボット50はとても小さくて、軽くてビックリ。技術の進歩はこんな所にも現れるんだなぁと思いましたよ。

というわけで、早速バラしていくわけですが、ひっくり返してみると、電池ボックスのネジの他は、本体左右にネジがあるだけ。

2か所のネジ止めなんてことはあり得ないので、他は隠しネジですね。





隠しネジがどこにあるか探していくと、第一候補がいきなりビンゴ。
滑り止めのゴム製の足を取り外すと、その下にネジが眠っていました。





ゴム足は両面テープや接着剤で固定されていることもありますが、
今回の場合ははめ込み式でした。親切設計ですな。




他にも隠しネジがないかと思って、裏に貼ってあるシールを全体的に指でなぞって、
穴が隠れてないか探してみますが、ここにはありませんでした。
結局ネジは全部で2+4で6か所。





で、殻割りしたのがコチラ。
電池ボックス用(上)と、スピーカー用(下)の配線が繋がったままなので、
電池ボックス側とスピーカー側の配線をハンダを溶かして外します。





このジャンク品、そもそもそれほど壊れる要素がないので、おそらくスイッチ関係か、
電池ボックスの配線が怪しいなぁと思っていたのですが、まずはスイッチをチェックです。

下の写真の2つのネジの間にある5か所のハンダ付けが、スイッチのパーツが繋がっている部分。
試しにテスターを使ってみると、左右端で電流のが流れますけど、真ん中3か所は「真ん中+左」も「真ん中+右」も無反応。





なんかおかしいなぁと思って、基盤自体を取り外して、表側をチェック。
左右端はスイッチを固定するためのハンダだったので、電流が流れるのは当たり前。

問題は3か所にきちんと電流が流れるか?なんですが・・・





表側を改めてテスターでチェックすると、スイッチの動きに合わせて、「真ん中+左」も「真ん中+右」も電流が流れることが確認できました。

どうやら裏側で電流が流れなかったのは、接点が劣化しているからっぽい。

それではってことで、基盤の表側をチェックして、劣化してそうな部分を全てコンタクトスプレーを塗布した綿棒でゴシゴシ掃除。





その後、電池ボックスの配線、スピーカーの配線を再びハンダ付けして、本体を元に戻した後で電池を入れてみたところ、問題なく遊べるようになりましたとさ。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Feb 23, 2024 11:41:47 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.