1011497 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本大好き、好きです早稲田日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


茶畑 元35

フリーページ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

カテゴリ

購入履歴

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2010年05月01日
XML
カテゴリ:教育
 いさぎよく謝罪すればよいのに。

 政府方針が32パーセント抽出なのに、実際参加は七割を越し、財政負担や採点の問題がクリアされれば、ほぼ悉皆調査になるという国民や自治体の危機意識に比べて、あまりにも民主党の考え方は近視眼的です。

(以下転載)
学力テスト抜本見直し、全校参加復活も検討
5月1日3時7分配信 読売新聞

 新政権で全校参加から抽出方式に変更された「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト=学テ)について、文部科学省は検討会議を設置して抜本的に見直すことを決めた。

 3年続いた全校参加方式を取りやめたものの、4月の学テでは希望参加校が殺到。「抽出方式への変更は拙速だった」との批判が改めて強まったためで、対象学年や教科増のほか、全校参加方式の復活も検討対象とする。

 同省は近く、全国の教育委員会から意見を聞く調査を実施。大学や経済界の意見も聞き、5月にも専門家検討会議を発足させて、来年度からの見直しを視野に新学テ構想の具体化を進める。8月までに一定の結論を得たい考えだ。

 4月20日実施の学テでは、小中全体の3割にあたる抽出校に加え4割超の学校が参加を希望、全体で7割を超えた。しかし希望参加の場合、採点・集計の人員や費用は原則学校負担とされたため、県などが費用負担し全校で参加した自治体がある一方で参加を見送るケースも目立った。各教委などからは「国費で実施するのに自治体の財政力により受けられない児童生徒が出るのは不公平」「学校ごとのデータ把握が不可能になった」などの不満が出ていた。

 こうした声を踏まえ、同省は〈1〉全校対象か抽出方式か〈2〉小6と中3という対象学年や、国語、算数・数学という教科の拡大〈3〉実施時期や実施頻度――などを白紙から検討し直す。各教委のほか、小中高校長会や大学関係9団体、日本経済団体連合会など経済関係5団体などからも意見聴取する。 .最終更新:5月1日3時7分






最終更新日  2010年05月01日 09時18分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[教育] カテゴリの最新記事

カレンダー

コメント新着

やっちゃん@ Re:2月26日にちなみ「民族の歌」を(02/28) 夜分遅くこんばんは。 ブログ一部拝見致し…
伊勢の仙@ 今やってるNHK総合のサンディスプリング市のように 役場を民営化するように25年前にレポート…

ニューストピックス

ランキング市場

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.