3347225 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

Mr.Children音楽&ライブ

May 11, 2007
XML
デビュー15周年に届いた「B-SIDE」
桜井さんの自筆の歌詞と、メンバーの方々のコメントを読みながら
幸せな気持ちで聴いています☆



Disk 1
1. 君の事以外は何も考えられない【from「抱きしめたい」(1992.12.01)】
2. my confidence song【from「innocent world」(1994.06.01)】
3. 雨のち晴れ Remix Version【from「【es】~Theme of es~」(1995.05.10)】
4. フラジャイル【from「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」(1995.08.10)】
5. また会えるかな【from「名もなき詩」(1996.02.05)】
6. Love is Blindness【from「マシンガンをぶっ放せーMr.Children Bootleg」(1996.08.08)】
7. 旅人【from「マシンガンをぶっ放せーMr.Children Bootleg」(1996.08.08)】
8. デルモ【from「Everything(It's you)」(1997.02.05)】
9. 独り言【from「光の射す方へ」(1999.01.13)】
10.Heavenly kiss【from「口笛」(2000.01.13)】

Disk 2
1. 1999年、夏、沖縄【from「NOT FOUND」(2000.08.09)】
2. 花【from「優しい歌」(2001.08.22)】
3. さよなら2001年【from「君が好き」(2002.01.01)】
4. I'm sorry【from「Any」(2002.07.10)】
5. 妄想満月【from「Sign」(2004.05.26)】
6. こんな風にひどく蒸し暑い日【from「Sign」(2004.05.26)】
7. ほころび【from「箒星」(2006.07.05)】
8. my sweet heat【from「箒星」(2006.07.05)】
9. ひびき【from「しるし」(2006.11.15)】
10.くるみーfor the Filmー幸福な食卓【from「しるし」(2006.11.15)】

                             楽天さんのデータより

デビューはちょうど子供が生まれた年。
どこかで曲を耳にしながらも、子育てに紛れてきちんと聴いていなかった期間が長く。
ミュージックステーションで桜井さん&「花-Memento-Mori-」と出遭った日に
ようやく恋に落ちたのでした☆

「花-Memento-Mori-」から入りましたので、最初に聴いたアルバムが「深海」、
一番好きな歌が「虜」☆ かなりディープな曲調の多い一枚ですけれども
あのときの自分の状況には、ものすごくシンクロしていて。
落ち切ったので、いまがある…という経験をともに過ごしてくれた
♪シ~ラ~カ~ンス♪にも感謝☆



このあたりからシングルを購入し始めたため、持っているのは「口笛」以降。
ですので、今回改めてきちんと聴けた曲もあり、「B‐SIDE」はとてもありがたい企画☆

カップリングのA-SIDEの曲目と年代と共に、それぞれの年に自分が何をしていたかしら?
などということにも思いを馳せながら、桜井さんの声に朝から酔うのです☆

「ホワイトデーにミスチル☆」
「2005年 雪のミスチルライブ」






Last updated  May 13, 2007 08:24:58 PM


March 14, 2007
ミスチルの新作「HOME」がただいま到着。
ホワイトデーに桜井さんの声を届けていただけるなんて
なんて粋なのでしょうか☆



1. 叫び 祈り
2. Wake me up!
3. 彩り
4. 箒星
5. Another Story
6. PIANO MAN
7. もっと
8. やわらかい風
9. フェイク
10. ポケット カスタネット
11. SUNRISE
12. しるし
13. 通り雨
14. あんまり覚えてないや

Mr.Childrenはデビュー15周年。
子供の生まれた年と同じなので、彼らの歩みと子供の成長がリンクしたりもして。
初期のアルバムのような、透き通った、風の匂いを感じられるような曲も。
今日から車内の曲もチェンジ、ヘビーに聞くことになりそうです☆

だんなさま、素敵なプレゼントをありがとう☆
いつも感謝です。

☆☆☆ 5月10日に、シングルのカップリング曲(B面)を集めた
「B-SIDE」もリリースされるそうです。       
「君の事以外は何も考えられない」「ひびき」など20曲収録とか。

以前、ライブで桜井さんが「デルモ」を歌われたときに、
「B面は捨て曲とも言いますが、ミスチルの歌に捨て曲はありません!
ライブでもどんどん歌ってゆきます!」とおっしゃっていましたっけ。

私は「口笛」のカップリング「Heavenly Kiss」も好きです☆
5月10日といえば、ミスチルのデビューの日。こちらも楽しみですね。  ☆☆☆

【送料無料選択可】B-SIDE / Mr.Children


「2005 雪のミスチルライブ」






Last updated  March 15, 2007 08:16:36 PM
December 18, 2005
今夜ライブだった皆さま、無事に帰り着かれましたか?
大雪で、愛車のミラは、駅駐車場ですっかり雪に埋まり、
LOWと2速を駆使して帰って参りました。
神さま、無事に着かせてくださってありがとうございます☆
皆さまも、事故なくお帰りになれますように。

---
今夜は初めてのドームライブ。
雪のため、会場にどうやって行こうかしらと、いま路面を見ながら思案中です。

皆さまのお住まい周辺では雪は降りましたか?
どうぞ暖かく、お過ごしくださいね。

ライブの感想は後ほど。

【J-POP/歌謡曲:み】Mr.Children / アイ・ラブ・ユー (CD)
【I LOVE YOU】

----
ここからはライブの内容に少し触れますので、
知りたくない方はパスなさってくださいね。

「I LOVE YOU」のツアー名のごとく、
LOVEではじまり、LOVEがたくさん散りばめられたライブ。
ドームは初体験でしたが、幸い、アリーナからはなんとか
メンバーの皆さまの表情を肉眼にて確認。
生まれたばかりのひよこのごとく、桜井さんを前の方の頭の間から探して
はじめはとっても首が痛くなりましたが☆
and I love you/ α波オルゴール
【and I love you/ α波オルゴール】

ライブの前にはアルバムを聴き、「このあたりでこうくるかしら。」と予想するのも愉しく。
今回は「ワン、ツーのスリーGo」できっちりジャンプできて、満足☆

スクリーンやセットには、凝った映像が流れます。
印象に残ったのは、「靴ひも」、「ファスナー」、「Monster」のもの。
「ファスナー」は、マグリットのように不可思議で鮮やか。
空を切り取る感じが、面白く。
La Grande Famille(マグリット)
【La Grande Famille マグリット】

弾き語りのリクエストを桜井さんがお聞きになると女性陣は「抱きしめたい」
男性陣はさまざまに曲名があがりましたが、今夜は「君が好き・雪バージョン」。
久しぶりにこの曲を聴いて、しみじみ。「蘇生」が聴けたのも感慨深く。
ちょうど桜井さんがお倒れになったときのアルバム「It's a wonderful world」に
これらの曲が入っていて、ライブ前に聞き込んでいたことが蘇えって。
お元気になられてよかったなと思います。
〔送料無料キャンペーン中〕Mr.Children IT'S A WONDERFUL WORLD-CD-
【Mr.Children IT'S A WONDERFUL WORLD】

(ですので「ランニングハイ」をはじめ、ステージの上を何十メートルも駆け回る様子に、
少しはらはらしてしまったのでした。
鈴木さんは腕がつってしまわれたそうで。どうぞ皆さま、お体を大事に遊ばして。)

アンコール二曲のあとは、「Sign」の流れる中、メンバー紹介。
マイクで少し歌ってくださったりして、最後までいらした方は甲斐がありましたね。
Mr.Childrenの皆さまには、これからも素敵な世界を見せていただけることでしょう。






Last updated  December 19, 2005 11:17:15 PM
July 9, 2005
本日は娘と書店に行き、まずはミスチルの新作CDを購入。

●Mr.Children “四次元 Four Dimensions ”CD(2005/6/29)
「四次元 Four Dimensions 」

CMソングになっていてすでに何ヶ月も前から耳慣れている曲も。
初期のラブソングのような曲調。
桜井さんの透明感のある声音と切ないシャウトも素敵。
ライブに行きたくなって参りました。

次は「SAPIO」という雑誌で小林よしのりさんの本をチェック。
「沖縄論」がすでに出ているということで探すも、すでに売り切れ。
「本日の雑談5」を購入し、二軒目の書店へ。

本日の雑談(5)
「本日の雑談(5)」

ここでも売り切れでしたが、「新訳・チョコレート工場の秘密」を発見。
以前イギリスの作家・ロアルド・ダールさん作、クェンティン・ブレイクさん挿絵の
ペーパーバックを次々読んでいた時期がありました。
一番最初に出逢って、もっとも面白かったのがこの作品。
リズムと勢いのある英語で、筋を娘に読み聞かせつつ、
自分で訳してみたいなあと思っていたもの。

チョコレート工場の秘密
英文慣れするのに、大人にもお勧め!
「チョコレート工場の秘密」

日本語訳された絵本もありましたが、ブレイクさんの挿絵ではなかったので
購入を見合わせていたところ、今回、ジョニー・デップさん主演で映画化。
ブレイクさんの絵での新訳も出て、嬉しい限り。

チョコレート工場の秘密
「新訳 チョコレート工場の秘密」

イギリス映画といえば「オペラ座の怪人」のジェラルド・バトラー氏が
「バーンズ」というイギリスの詩人の伝記的映画に主演なさるのですが、
ジョニー・デップさんも候補に上がっていたとか。
スケジュールが合わずに断られたそうで、もしかすると
このチョコレート作品に出るためだったのかも。
どちらにしても、お二人の映画、楽しみです。

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY/ウィリー・ワンカ ミニバスト
名作「ショコラ」繋がりかしら?
「CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY/
ウィリー・ワンカ ミニバスト」

ブレイクさんの挿絵といえば、昨日の新聞に「悲しい本」の広告。
さらに谷川俊太郎さんの訳ともなれば。
次の読み聞かせボランティアの本はこれにしましょうか。

悲しい本
「悲しい本」

三軒目の書店で、ようやく「沖縄論」を購入。
心して読みます。






Last updated  July 10, 2005 10:14:04 AM

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.