2864401 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「小さな花宇宙」そして それから「老いふたりの小宇宙」

全596件 (596件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 60 >

パンジー・ビオラ

October 25, 2019
XML
カテゴリ:パンジー・ビオラ

今夜は強風です。テラスの苗が心配なので部屋にいれました。






Last updated  October 25, 2019 11:42:08 PM
コメント(0) | コメントを書く


April 8, 2019
カテゴリ:パンジー・ビオラ
今日は午前中晴れ、風もなく暖かでした。

今日こそはしっかり液肥をあげなくちゃ、勇んで花畑に出て作業開始。



まだまだ成長が進行中、寒い中頑張ってくれていると思うと可愛いです。

種蒔きした苗はことさら愛おしい気持ちになります。

ポットから葉っぱがはみだしてきました。

ここまでくれば後は花芽があがってくるのを待つばかりです。

早く暖かくなってくれないかな。





tottokoさんから頂いたエレムルスです。球根を確か5個植えたはず。

2個増えてただ今4個成長進行中です。あと一個、どうしたかしら。



rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  April 8, 2019 09:59:19 PM
コメント(3) | コメントを書く
January 15, 2019
カテゴリ:パンジー・ビオラ
今日もビオラのお話、

弁の縁が綺麗に彩られているのは覆輪(ピコティ)と言われるタイプ

お店先に並ぶのもあまり見ませんし、タネの種類もあまり多くないようです。、

私はこの種類のビオラも大好きです。







バイカラーと言われているビオラもあります。

こちらのビオラ軍は上弁が側弁下弁が色が違っています。

このバイカラーのビオラを見るたび思い出すことがあります。







美術の時間、色彩を学ぶ教材に様々な洋服のシルエットのプリントを渡され、

色を塗りながらの授業でした。

私の色塗りを見て教師は言いました。「君は色合わせのセンスないね~」

友人たちが覗きました。

「ちょっと奇抜すぎ~」

今風に言えば「ダサイ~」

「こんな色の洋服、着るの~」

教師がさらに言いました。「こんな色の洋服着てたら、もてないよ」

私としては「こんな色の組み合わせはどうかな??」と

言う程度での色塗りだったのですが、

さんざん言われてすっかり自信をなくしてしまったのです。

ですから、その時間の本来の学習のねらいが何だったのかさえ

思い出せないままなのです。



ところがガーデニングを始めて間もなくの頃、

ビオラへの興味関心が強くなってきて実物やカタログ

ネットなど様々なビオラを見ていて驚きました。

まさしく、私がさんざん不評を買った色合わせと同じビオラに出会ったのです。




その名のビオラは「オレンジ ジャンプアップ」

友人、教師に受け入れられなかったオレンジとダークパープルは

何の違和感もなく、ビオラに再現されていました。

自然が作り出す色彩の妙に感じ入りました。

そしてこのビラが好きになって何度もタネを購入して育てました。



でも

ちょっとこの色合いではブラウスとスカートは無理かもしれないけれど・・・・・・


rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  January 15, 2019 08:26:41 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 14, 2019
カテゴリ:パンジー・ビオラ
パンジーやビオラでお庭を飾るとしたならどのような種類を選びますか。

ヒゲやブロッチのビオラは「ビオラらしいビオラ」と言えるような気がします。

ガーデニング初めの頃はそうしたビオラにばかり目がいっていました。

だんだんビオラやパンジーの多様性に驚き興味関心が広がりました。

特に花弁がフリル状やギャザーのようになっているものが不思議に思われ、

様々なタネ蒔きや苗の購入をして育てました。

フリフリの花弁のビオラと交配すると、素敵なフリフリ誕生ということもあり

とても楽しいことを経験しました。



以下のお花はヒゲやブロッチのビオラとフリフルを交配して

生まれた中の一番美人のお花です。



昨年はフリフリパンジーやビオラの採種がうまくいきませんでした。

それを蒔いたのですがどのようなお花が咲いてくれるか気になりますが、

少しでもフリフリが咲いてくれたらぜひ交配をして

オリジナルのフリフリパンジー、ビオラを

育てたいと思うのですがどうなるでしょうか。

昨年育てたフリフリパンジーは「フリズルシズル系」ビオラは「ミルフル系」です。






こちらは市販のタネが殆どですが、同じ種類を交配して採種、それから生まれたお花です。

フリフリのお花は蜂はちょっと苦手なのかなと思っちゃいます。

仲良くするのにフリフリの花弁が邪魔して中まで入れないのじゃないかしら。

大抵は親と同じコピー種のようなお花が咲きます。

蜂にお世話にならないで自家受粉でタネを作るのかな?なんて考えてしまいます。



rain

昨年の暮れ、知人が腰が痛くて病院へ。

詳しい検査は年明けにと聞いていたので、今日は連絡を取ってみました。

相変わらず検査の結果がはっきりせず、改めて再検査になるとのこと。

「私にできることあったら遠慮なく言って・・」

返ってきた言葉は

「腰の痛みを取ってほしい・・・」、逆立ちしても私にはできない事。




非常用品を入れるリュックの中身を出し、その他に大きな袋を二つ、

近くのスーパーに行って調理しなくともよい総菜、刺身、筋子、

おでん、ご飯、おにぎり、牛乳、ヨーグルト、栄養ドリンク、

高栄養ドリンク、果物味噌汁・・・あと何だったかな?

テッシュボックスもトイレットペーパーも買い置きあるかな・・・

それも少しだけ我が家の在庫を袋に詰めて

久しぶりにたくさんの買い物をしました。

年末に会った時には苦しいので何も食べたくないと言っていたので、

自分で調理するのは大変なんだろうと思い、いろいろ買いこんで

何とか3つの袋に詰めて後はタクシーにスーパーに来てもらっていざ出発。




男性の一人暮らしは本当に大変と思いました。

「彼は独り暮らしだから僕のように病気になったらどうなるのだろう」

夫がいつも気にしていたのです。

「薬を飲んで少し痛みが和らいだから車で送る」と言うのを断って

待ってもらっているタクシーに乗って帰宅しました。

それでも暮れよりず~っと顔色が良かったのでまずは安心、




彼はひとり暮らしは寂しいからと言ってワンちゃん2匹と同居

散歩に連れて行かなければ・・・・・それが気になってしようがないらしい。


こうした独り暮らしの老人はほんとに大変と思います。

しばらくは私も心身共に忙しくなりそう。

冬季鬱などと言ってられないということになりそうです。

rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  January 14, 2019 08:17:21 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 11, 2019
カテゴリ:パンジー・ビオラ
昨日のブログに書いたように早速ビオラのタネを蒔きました。

タネはいろいろな種類が混じったビオラです。採種後タネを網で濾して

不純物を取り除く作業をしているうちにあちこちタネがこぼれてしまいます。

それを捨てられずまた集めて残してしまうのです。

お試し用のタネ蒔きなので今年はそれを使うことにしました。

ひょっとしてそのタネの中に宝物が隠れているかもわかりませんからドキドキです。



タネ蒔き記録

用土:ビート板(サカタのタネ)

容器:トマトが入っていたプラスチック筒型容器(透明)

ビート板を膨らませには少しぬるま湯にする。活性液HB-101を加える。

冷めてからタネをバラ蒔き、覆土はバーミキュライト

ラップをして温水器の上に乗せておく。温水器の場所は日が当たらない。




ビオラはいろいろな形、表情、色彩を持っています。


画像の中から「また会いたいな」と思うビオラを10種類拾ってみました。




この中には市販のタネや苗購入によって再会がが叶うビオラもありますが

私が交配したり、自家受粉したり、蜂さんや虻のお世話で

素敵に咲いてくれたのもあります。

このビオラのお花たちの共通点にお気付きですか。

花芯の周りにヒゲがありますね、5弁すべて、下弁だけにヒゲがあります。

私はタネや苗を選ぶときに気が付いてみればヒゲのビオラを選んでいます。

今回も特別にヒゲばかりを選んだつもりは全くなかったのですが

こうして整理してみたらヒゲだけでした。

又、明日はフリフリやブロッチなど楽しんだビオラ(パンジー)も

画像から選んで懐かしみたいと思います。


今日のタネ蒔きビオラは15,16日ころに発芽してくれるかしら、楽しみです。

rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  January 11, 2019 08:31:20 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 23, 2018
カテゴリ:パンジー・ビオラ
今日は曇りなれど風もなく穏やかでした。最高気温は4.9℃

午後から長靴履いて雪が融けてドロンコのガーデンで作業しました。

比べてもどうしようもないと思いながらも旧宅での

ビオラの冬越しの様子が浮かんできてしまいます。

すでに12月となればポットから伸びた根はしっかり大地に張りつき、

びくともしなかった株を思い出してしまうのです。




それでも

ここでのビオラトンネルのビオラたち、

嬉しいことに成長を確かめることが出来ました。

花が咲き、茎の先に新芽が伸び、葉っぱが大きく展開していました。

ですから一見すると株が太ってきたように思えるのですが、

大きな葉を取り除き、伸びた新芽をピンチすると、

脇芽がポット全体を覆いつくすのははまだまだ先のことのようです。

今日は、そのお手伝いのためのピンチをしました。





チューリップをきれいに咲かすためには冬の間の水分補給が大切です。

戸外の水道は凍結防止のために使用不可の状態にしてしまいましたので

雪が融けたらあちこちから雪を集めてきてせっせとチューリップに被せます。

雪の水分量と言うのはほんのわずかで、バケツ一杯の雪が融けてもほんの少しの水です。

だからたくさん雪を集めたかったのですが、雪捨て場は遠すぎて今日の体調ではちょっと無理、

厨房への道路の雪を掻き集めたのだけの雪を運びました。





雪に閉ざされてしまっていたデージー、気になっていました。

今日は長靴に履き替えてドロンコに足を取られながら、とんでもないところでコボレが

花を咲かせたデージーに会いに行きました(少しオーバー:笑)





rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  December 23, 2018 09:41:03 PM
コメント(1) | コメントを書く
December 17, 2018
カテゴリ:パンジー・ビオラ
昨日は気温も6℃まで上がり午後から雨が降り続き、雪がかなり解けました。

今日の気温も日中は4.9℃、最低気温は1.7℃でした。

そのために今朝の散歩は昨日融けたザクザク雪の下に解けずままの氷の塊があって

思わず足が捕られて何度も転びそうになりました。用心、用心。


花畑もこの通りかなり雪が融けて嬉しい花たちとの交流でした。





この小さな芽はアリッサム、タネを採った跡のごみをここに捨てたら芽が出てきました。

「春まで元気で大きくなってね」と声を掛けました。





先日凍り付いた不織布を傷つけて無理に中を点検したビオラたち、

その時には縮こまって葉も悴んでしまっていたのに、

今日はどのトンネルも元気なビオラが顔を見せてくれました。





rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  December 17, 2018 03:45:22 PM
コメント(1) | コメントを書く
December 15, 2018
カテゴリ:パンジー・ビオラ
​今日も午前中はきれいな冬晴れでした。

こんな素敵な太陽が出ているのにマーガーデンにはその光も暖かさも届きません。

先日積もった雪がそのままに花畑も真っ白です。

すっかり埋もれてしまう短靴を後悔しながら、雪を踏みしめてトンネルコーナーに。






真冬日が3日間続きその後も低温続きでした。

さぞかし、ビオラたちも寒かろうと心配しておりました。

ようやく今日はトンネルを開いてみました。


予想した通り身を固くして悴んでいるみたいな葉っぱでしたが、

土は柔らかな状態でしたから少し安心しました。

たぶん、この場所はいつもいつも真冬日状態が続くのだろうと思います。

かえってたっぷりの雪に埋もれてくれた方がいいのかもしれません。

この場所のビオラの越冬の適否は春を待たなければなりません。

rain

今日の認知症予防として私の実行したことです。

① 日々認知症になりにくい生活習慣の実行。

食習慣:3食きちんと食べる。管理栄養士による食事が提供されています。

朝、「もっと寝ていたい」「朝食予約をドタキャンしようか」などといつもこの誘惑に

負けそうになりますが頑張っています。外出以外は欠かさず食堂で食事をします。



運動習慣:たっぷりの紫外線に当たるように心がけて今日も午前中に散歩(4000歩)

午後からは廊下散歩で3000歩追加しました。

土曜日は毎週「ヨガ体操」があります。これはほとんど出席しています。



対人接触:食事の配膳をしてくださるスタッフの方との交流

ヨガ体操が終わった後のおしゃべりなどがありました。



知的行動習慣:ブログをアップすることを今日も実行しました。
(ブログの効用についてはいつか詳しく書きたいと思います。)

お歳暮を頂戴した方にお手紙でお礼状を書きました。

「星の王子さまと10人の探究者たち」の本を少し読み進めました。



睡眠習慣:昨夜の睡眠時間は6時間、12時前には就寝したいと思います。

昼食後は30分の昼寝をしました。



記憶力減退予防のために、食事内容を部屋に戻ってから書き出してみました。

100均ショップで4点お買い物しました。(セロテープ、靴下、大小サイズS字フック)

なかなか思い出せないのが一つありましたが何とか思い出し、家計簿にレシートを

みなくとも整理できました。今日のお買い物は散歩の途中で買い物のメモなしで購入、

そういう時にはなかなか思い出せません。



本日、良かったと思うことは

※ 〇〇時までにはこれをやってしまおうと時計を意識したこと

そのせいか、〇〇時には何をしていたかがいつもよりもず~っとよく思い出せました。


rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  December 15, 2018 08:40:04 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 22, 2018
カテゴリ:パンジー・ビオラ
今日は昨日より冷え込みました。最高気温は6.4℃、最低は0.8℃

この冷えが今夜の雪を呼ぶことになるのだそうです。

たぶん明日はすっかり白くなるかもしれません。

暖かな秋を過していたのでオーバーコートの準備をしていませんでしたので

今日は半コートで出かけましたがやはり寒かったです。



1週間ごとにビオラの苗の様子を記録しておこうと思っていたのですが

少しさぼっていました。約10日ぶりに不織布の中のビオラ・パンジーの苗に会いました。






一つ一つの株に目をやると確実に成長し、小さな脇芽が伸びています。

雪が積もらないうちに大きな葉っぱを取り除いてやろうと思います。

でもちょっと大儀、寒さに負けずにやれるかな・・??







テラスに置いていたお花もすべて部屋に取り込みました。

ガザニアは二株、まだお花が咲いています。

そこの鉢に居候して芽を出した勿忘草が伸びて蕾となり咲きだしました。






こちらは6階ロビーにあったアロエ

先日、茎が伸びてきてオレンジの房がいっぱいになり、お花が咲いたと喜んだのですが

それは開花したのでありませんでした。

長い釣鐘型の房がさらに開きました。それがアロエの開花の状態



rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  November 22, 2018 05:13:48 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 14, 2018
カテゴリ:パンジー・ビオラ
ビオラやパンジーの花、蕾を摘み、大きな葉を取り除き、固形肥料を施し、

しっかり不織布を掛けて冬支度を整えてから1週間経過しました。

その間の気象状況と照らし合わせて苗の状況を観察し、その違いの訳を考えてみました。




ずいぶん日照時間が少なく、曇り、雨の日がありましたが、例年に比べてみると暖かでした。

ただ、最低気温の差が大きいので朝夕の体感温度は大きく変化し、

いよいよ「冬」の到来が感じられるようになりました。

この1週間中、一番気に掛かったことは暴風雨が一日以上続いたことでした。

暴風雨去って畑に行き、驚きました。

あれだけの暴風雨でもサフィニアが元気に咲いていましたし、

不織布が少しも乱れていませんでした。

実は不織布を止めるパッカーをビオラトンネルからフリージャの方に回したために、

ビオラトンネルの方はパッカー止めが粗くなっていたのです。

「明日にでも買いに行こう」と思っていたのですがその夜半からの暴風雨

気に掛かりながらなす術もなくそのままにしておいたのです。


この新しい花畑は朝陽が当たらない場所ですが、正午からは日差しがあります。

そのまま、西日となり、明るい庭が半日続きます。

日当たらいの悪いのは残念ですが2棟がL字型になりその建物に遮られて

風当たりがかなり弱くなることがわかりました。






ビオラを埋め込んでいるトンネルはドーム型も含めて5か所です。

「トンネル1,2」はこの画像だけではその成長の変化を

はっきりととらえることが難しいですが、退化の様子がある苗は一つとしてなく、

わずかながらも成長が見られました。

今度は見本苗をきちんと決めてしっかりその変化を観察していくようにしたいと思います。









1,2トンネル比べると「トンネル3,4」は、かなりはっきりと

その成長を確かめることが出来ます。

それはたぶん、苗床の土の状況によるものと思います。

「トンネル3,4」の土はレンガ鉢を作り今までの畑の土をたっぷり入れました。

その土にはたぶん肥料分も残っていたかもしれませんが、何よりも

十分に柔らかく、ポットの底までもその状態が保たれていました。

したがって穴あけ器で穴をあけるのも楽でしたし、

柔らかな穴にすっぽりポットを植え込むことが出来ました。

それに比べて「トンネル1,2」は柔らかな土ではありませんでした。

元の畑からも土を運び入れましたがその量は少しで表面的な程度でしたから

穴あけ器使用ではかなり辛かった感覚が残っています。




旧宅時代の苗床はそれまで使用していた野菜コーナーやヘブンリーブルーを片付け、

他の鉢もすべて取り除き、深く掘り起こして天地替えしをして虫よけの薬を蒔き、

雨を待って湿らせ(またはたっぷり潅水し)耕してからビオラのポットを埋め込みました。

それに比べるとかなり粗雑な苗床作りでした。

たぶん「トンネル1,2」ではスリットからでた根が十分に伸びていけないのでは

ないかと推測されます。









「トンネル5」は場所が全く他の4つのトンネルと違います。

今迄使っていた花畑に埋め込みました。そこは朝陽が当たります。

朝陽でトンネル内は保温され、温かさが維持されます。

他の場所のトンネル内に比べると温度に大きな差があると思われます。

その差が苗の成長に良い効果を与えると思います。



越冬はビオラトンネル内での温度、ポットの用土ばかりでなく根が伸びていく

大地の条件も大きく影響されると思います。

ビオラの根が安心して心地良く、伸び伸び大地に根を伸ばしていける状況設定が

キチンとすることが要のようです。来年の課題が少しずつ整理されていきます。

rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  November 14, 2018 06:29:26 PM
コメント(2) | コメントを書く

全596件 (596件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 60 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.