2146823 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

クライマー系 最強

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マコッティー二

フリーページ

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

夏山や ツワモノどもが 夢の跡@ Re:2018 乗鞍(08/27) 頑張ってください。 来年の乗鞍も応援して…
夏山や ツワモノどもが 夢の跡@ Re:乗鞍 2017(08/28) 頑張ってください。 応援しております。 …
けーすけ@ Re:2016 7月まとめ(08/15) 乗鞍3連覇おめでとうございます‼ 24時間テ…
マコッティー二@ Re:2015 菰野ヒルクライム(03/29) けーすけさん、スーさん、 ご購入ありがと…
スーさん@ 乗鞍連覇応援してます。 けーすけさんと同様に特集記事読ませてい…

ニューストピックス

2017.06.25
XML
カテゴリ:レース
日曜の夜に少し書き始めたものの、なかなか筆が進まなかった。。
コースは比較的クライマー向きと聞いていたが、去年の沖縄で味わった挫折感、絶望感が悪いイメージを思い起こさせ、完走すら不安になっていた。非常に個人的だが重いものがあったのと、レース中のさまざまなことが思い返され、他選手のレポートを読んでいるうちに、何を感じていたのか曖昧になるという、、w

では、簡単にサクッとレポートを。

今年初のロードレースにして、いきなりの本命レース。
約6000kmほど乗り込んで来たが、正直、去年の沖縄以降、長いロードレースに対する苦手意識が芽生えてしまい、考えれば不安になるのであまり深く考えないようにしてきた。

富士ヒル一週間前のASO練では、アソには当然のように、そして清宮さんにも千切られまくりorz、富士ヒル本番でも苦しい走り。。


金曜、八戸の宿から自走で会場へ。木曜は一日中運転していたためか、やはり脚、カラダともにダルイ。2周ほどこなしたが、確かに、ほとんど平坦がない。ただ、クライマーには坂が短すぎる。

一旦試走はやめて、エリート男子のレース観戦&応援へ。
絶好調の龍太郎に期待してしまうが、本調子ではなかったようで、打倒西園ならず。
ブリの若手の伸びがすごい。

終わって、再び試走へ。
アップもしていない北野を後ろに付けて、逃げてるイメージで1周。2つめの急坂で北野が上げて行くが、すぐにバックファイヤ。悪いイメージを抱かせてしまったか。。

前日の土曜は、海岸線をゆるーく流して会場まで、女子エリートの観戦&応援に。
調子よさそうだったヒロミさんだが、まさかの先頭集団からのドロップと思いきや、粘って3位入賞。与那嶺選手、頭3つくらい飛びぬけてますな。

さて、日曜はいよいよ自分のレース。
前日夕方に近くのパン屋で買っておいた惣菜パン+菓子パンを思う存分食べまくる、、が、思ったよりも早めにギブアップで推定1700kcalほど。ソフトラスクとグラタンパンを残してしまった。。

会場には630くらいに着き、ゆっくりと準備を進めながら、バナナ×2を追加投入。あとは、ジャスミン茶で喉の渇きを潤す。

補給食は、羊羹×2と梅丹赤、黒×2、ゴールド×2のみ。
ボトルは水とCCD。

==============================

定刻通り、そしていつも通り最後尾からスタート。
序盤の落車を避けるには、先頭付近か最後尾かどちからが吉だが、、性格的に自分は後者。近くには才田とか武田とか。まぁ、草食系ですなw

下りきって一つ目の上り、集団はなが~く伸びており、さすがに少々焦る。はるか先頭では、審判がまだ赤旗を掲げているが、なんかペース速くないか?!
予定ではここでサクサク位置を上げて行くはずが、、あまり上げられず微妙なところに収まる。
そして、続く下りにて、、前方で落車発生にて選手が一杯に広がっている。このままでは自分は止まれても後続に突っ込まれるかも、ということで、ガードレールの隙間から飛び出し、あぜ道へ突っ込んで停車。
後ろで続く玉突き落車。。

すり抜けて行くときに落車の様子をチラッとみたところ、優勝候補の内間選手と隼人が倒れているのが見えた。さすがにこのメンツだと集団も一旦緩めて待つだろうとは思うが、急坂でも前方に集団は見えないので全力に近いペースで追う。下りで20人ほどの集団になるが、佐野選手らが居たので坦々と回して、S/F地点あたりで無事に合流。

2周目から8周目くらいまでは特に大きな動きもなく、定位置で様子を伺う。
高岡さんは相変わらず先頭付近で動いていて、ブリッジする場面も何度かみかけたので調子よさそう。才田は序盤は潜んでいたが、5周目くらいか、得意の”なんとなくの飛び出し”からの逃げを決めて行ってしまう。
龍太郎もまだまだ余裕ありそう。
自分は、、何周目か忘れたが、早くも脚が攣りそうな、あのなんとも言えない予兆が太ももに現れはじめ、いやーな気分に陥る。またなのか。。 清宮さんも攣りそうと言っていた。

最初は上りというよりも、平坦や下りで姿勢を少し変えた拍子に何度も攣りそうになり、その後は上りもいよいよ厳しくなってくる。中盤を超えると、時折、上りでかなりペースが上がることが出てくるのだが、ここで、、不思議なことに、気持ちは半ば諦めているのに、脚がまだ動いてくれる、という状態に入り始める。

10周目くらいか、攣りそうな予兆は消え去り、むしろ上りでは余裕を感じられるようになる。長いロードレースでは、自分にとって逆風の時と追い風の時が何度かやってくるが、ちょうど先頭で下れた時に、追い風の時だと感じたので、そのまま2個目の急坂に突っ込みもハイペースで上る。

そのまま活性化した集団は次の周もかなり速く、一つ目の上りで最後尾付近から追い上げるが、まったく先頭に追いつかない。とは言え、なんとか食らいつくべく耐えていると、意外にも高岡さんや別府選手が降ってくる。前はバラバラだが、シマノの選手らと合流し、少し下ってからの2段目も全力で追って、頂上付近で土井選手や西園らの先頭に合流。

で、どこかのタイミングで才田らの逃げも捕まえており、このあたりから激しい打ち合いが始まる。このままでは取り残されるのも時間の問題か、、ということで、アマチュア選手特権の単独先頭飛び出し(放置プレー)を使って、逃げてみる。

と、すぐにシマノとブリジストンが1名ずつ合流してくれて、、そこからは気合で逃げる。これはいいペースだと自分で感じていたが、、S/F地点を過ぎて左折した直後くらいで?、畑中選手と土井選手が合流。(才田も居たらしいが、姿は見えず。。)うーん、こりゃ、後ろも追ってくるぞ、と思うが、まぁ坦々と回すのみ。

2個目の急坂の後半で、土井選手と畑中選手が軽そうにダンシングでペースを維持するが、3mほど差が開いてしまう。「付いて来てよ、間あけないで、、」と言われるが、こちらがイーブンペースだ!と思ったのは脚が厳しかったからか^^:)  下ってからのアップダウンで急激に脚が厳しくなってきて、もう虫の息。 広い道に出るところで一旦集団が止まったタイミングで、畑中選手が飛び出す。少なくとも土井選手は追うと思っていたのに、皆動かない。さすがに少しして、ペースが上がりだすが、自分はもう回せず、、ここでギブアップ。

あとは、ただ完走を目指して進む。
監督から受け取るコーラのうまいこと!!
なんだか2本目も取ってしまったが、、どうも、高岡さんにとってあったのを奪いとったらしいw

とにかく今までにないくらい疲弊しており、視界も暗く、宙に浮いてる感じで、残り僅かなのに全くチカラが湧いてこない。後続にどんどん抜かれるが、まぁマイペースにしかならない。

最終周に入って割りとすぐ、えらい勢いでroppongiexpressが通過して行く。。
今やこちらは各駅停車。

2個目の急坂も歩いてしまいたい衝動に駆られるが、後ろから回収車が来ており、それは踏みとどまる。ゴールでは皆撤収し始めているが、残ってくれていた監督とハイタッチし、デストラの奥村さんともタッチしてゴール。
長かった。

結局、とった補給食はジェル3つ+CCD3袋ほど。
途中から久しぶりの楽しいロードレースに浮かれてしまい、完全に補給のことは忘れていたな。。とは言え、最後まで空腹感はなく脚がパチンと終了したので、あれ以上は無理でしょう。


==========================================

途中で終わったと思った脚がなんとか最後までギリギリもってくれた。
こんなことは初めてで、あのペースが上がった時の、こちらは諦めてるのに脚が動いてくれる不思議な感覚はいまだに残っている。

素晴らしきかな YONEX CARBONEX

沖縄でも楽しいレースが出来そうだ。






最終更新日  2017.06.30 21:48:44
コメント(0) | コメントを書く
[レース] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.