5897654 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

蚤とダイエット

全8件 (8件中 1-8件目)

1

精神医療について

2019.02.28
XML
カテゴリ:精神医療について
記事を読んでみましょう。

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会部会は21日、塩野義製薬が申請していた小児期の注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬「ビバンセカプセル」の国内製造販売の承認を了承した。

 近く正式承認される見通し。

 同社の申請後、含有される新有効成分の「リスデキサンフェタミンメシル酸塩」が覚せい剤原料(覚せい剤の原料になり得る物質)に指定されており、部会は厳重管理を承認条件とした。

 このため、同社は適正流通管理策をまとめ、部会の了承を得た。扱う医療機関や医師、患者、薬局、卸売り販売業者を統一システムに登録して一元管理し、登録者以外への納入を禁止。医師は、ADHDの治療経験などを確認して登録する。医師や弁護士らで組織する社外委員会が、登録の審査や取り消し、実施状況の確認などを行う。

 厚労省によると、ADHD治療薬が国内で承認されるのは4剤目。ビバンセカプセルは、他の治療薬の効果が不十分な場合にのみ使用する。脳内の神経伝達物質ノルアドレナリンとドーパミンの濃度を高め、ADHDの症状を改善すると考えられるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000127-jij-pol&fbclid=IwAR3A8Fm_ftmvdPR0LLqRBqKrNGBL7sNQVk0ONEHGtQlaX_oVA7wFIe5lQkE

そもそもADHDなんて捏造された病名でしょう?


テレビが報じない精神科のこわい話 まんがで簡単にわかる!/新・精神科は今日も、やりた [ 内海聡 ]






Last updated  2019.02.28 19:59:19
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.22
カテゴリ:精神医療について

と、タイトルのコメントを農作業モリオ さんからいただきました。
続きはこちら↓

 なんとか薬をやめてほしいのですが、本人も他の親族も全く疑いの目をもってくれません。どうしたらいいのでしょうか・・・

返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

どの動画を紹介したらいいか、といろいろと見ていました。
紹介するのは以下です。
1:43:59という長い動画ですが、ぜひご覧ください。

新春第一弾 「精神科は今日もやりたい放題」著者 内海聡先生講演会
https://www.youtube.com/watch?v=tn7kB_prfw0

(エラーになった場合はすみません、コピペしてください)

ご家族にこの動画を見せてあげてください。

また、内海さんは本も出しています。

関連する書籍を読んでもらうことも大切だと思います。


内海聡の最新NEWS
http://piq.cutegirl.jp/rakufree/7bMAE1mPYd/index.html

(エラーになった場合はすみません、コピペしてください)


人気blogランキングへ

★本日2つめの記事でした。前のも読んでくださいね★


Twitterボタン
Twitterブログパーツ






Last updated  2014.04.23 01:07:37
コメント(2) | コメントを書く
2014.03.06
カテゴリ:精神医療について

内海聡医師は精神医療の薬害を盛んに述べている。

素晴らしいことだ。

しかしながら、薬害は癌医療にもある。

薬療法の共通点は、

しまいには殺されてしまう、ということだ。

(タメヤーク・ニーオ)




人気blogランキングへ




Twitterボタン
Twitterブログパーツ






Last updated  2014.03.06 17:57:41
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.03
テーマ:うつ病(3)
カテゴリ:精神医療について
うつ病患者が増えていることは周知の事実だ。
それはうつ病が作られているからにほかならない。

それではうつ病度チェックを見てみましょう。

うつ度チェック 簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)

設問ごとに、あてはまるもの、近いものをひとつ選択してください。
【設問1】寝つき

・問題ない(または、寝付くのに30分以上かかったことは一度もない)。
・寝つくのに30分以上かかったこともあるが、一週間の半分以下である。
・寝つくのに30分以上かかったことが、週の半分以上ある。
・寝つくのに60分以上かかったことが、(1週間の)半分以上ある。

【設問2】夜間の睡眠

・問題ない(夜間に目が覚めたことはない)。
・落ち着かない、浅い眠りで、何回か短く目が覚めたことがある。
・毎晩少なくとも1回は目が覚めるが、難なくまた眠ることができる。
・毎晩1回以上目が覚め、そのまま20分以上眠れないことが、(1週間の)半分以上ある。

【設問3】早く目が覚めすぎる

・問題ない(または、ほとんどの場合、目が覚めるのは、起きなくてはいけない時間の、せいぜい30分前である)。
・週の半分以上、起きなくてはならない時間より30分以上早く目が覚める。
・ほとんどいつも、起きなくてはならない時間より1時間早く目が覚めてしまうが、最終的にはまた眠ることができる。
・起きなくてはならない時間よりも1時間以上早く起きてしまい、もう一度眠ることができない。

【設問4】眠りすぎる

・問題ない(夜間、眠りすぎることはなく、日中に昼寝をすることもない)。
・24時間のうち、眠っている時間は、昼寝を含めて10時間ほどである。
・24時間のうち、眠っている時間は、昼寝を含めて12時間ほどである。
・24時間のうち、昼寝を含めて12時間以上眠っている。

【設問5】悲しい気持ち

・悲しいとは思わない。
・悲しいと思うことは、半分以下の時間である。
・悲しいと思うことが半分以上の時間ある。
・ほとんどすべての時間、悲しいと感じている。

【設問6】食欲低下

・普段の食欲と変わらない、または、食欲が増えた。
・普段よりいくぶん食べる回数が少ないか、量が少ない。
・普段よりかなり食べる量が少なく、食べるよう努めないといけない。
・まる1日(24時間)ほとんどものを食べず、食べるのは極めて強く食べようと努めたり、誰かに食べるよう説得されたときだけである。

【設問7】食欲増進

・普段の食欲と変わらない、または、食欲が減った。
・普段より頻回に食べないといけないように感じる。
・普段とくらべて、常に食べる回数が多かったり、量が多かったりする。
・食事の時も、食事と食事の間も、食べ過ぎる衝動にかられている。

【設問8】体重減少(最近2週間で)

・体重は変わっていない、または、体重は増えた。
・少し体重が減った気がする。
・1キロ以上やせた。
・2キロ以上やせた。

【設問9】体重増加(最近2週間で)

・体重は変わっていない、または、体重は減った。
・少し体重が増えた気がする。
・1キロ以上太った。
・2キロ以上太った。

【設問10】集中力/決断

・集中力や決断力は普段と変わりない。
・ときどき決断しづらくなっているように感じたり、注意が散漫になるように感じる。
・ほとんどの時間、注意を集中したり、決断を下すのに苦労する。
・ものを読むこともじゅうぶんにできなかったり、小さなことですら決断できないほど集中力が落ちている。

【設問11】自分についての見方

・自分のことを、他の人と同じくらい価値があって、援助に値する人間だと思う。
・普段よりも自分を責めがちである。
・自分が他の人に迷惑をかけているとかなり信じている。
・自分の大小の欠陥について、ほとんど常に考えている。

【設問12】死や自殺についての考え

・死や自殺について考えることはない。
・人生が空っぽに感じ、生きている価値があるかどうか疑問に思う。
・自殺や死について、1週間に数回、数分間にわたって考えることがある。
・自殺や死について1日に何回か細部にわたって考える、または、具体的な自殺の計画を立てたり、実際に死のうとしたりしたことがあった。

【設問13】一般的な興味

・他人のことやいろいろな活動についての興味は普段と変わらない。
・人々や活動について、普段より興味が薄れていると感じる。
・以前好んでいた活動のうち、一つか二つのことにしか興味がなくなっていると感じる。
・以前好んでいた活動に、ほとんどまったく興味がなくなっている。

【設問14】エネルギーのレベル

・普段のエネルギーのレベルと変わりない。
・普段よりも疲れやすい。
・普段の日常の活動(例えば、買い物、宿題、料理、出勤など)をやり始めたり、やりとげるのに、大きな努力が必要である。
・ただエネルギーがないという理由だけで、日常の活動のほとんどが実行できない。

【設問15】動きが遅くなった気がする

・普段どおりの速さで考えたり、話したり、動いたりしている。
・頭の働きが遅くなっていたり、声が単調で平坦に感じる。
・ほとんどの質問に答えるのに何秒かかかり、考えが遅くなっているのがわかる。
・最大の努力をしないと、質問に答えられないことがしばしばである。

【設問16】落ち着かない

・落ち着かない気持ちはない。
・しばしばそわそわしていて、手をもんだり、座り直したりせずにはいられない。
・動き回りたい衝動があって、かなり落ち着かない。
・ときどき、座っていられなくて歩き回らずにはいられないことがある。

https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/


なんじゃこれ?
こんなのでうつ度チェックができるのか?
アホらしい。
しかも該当しない選択肢があるぞ。

さて、以下がぼくの結果です。

>あなたのうつ病重傷度は、27点満点中「12点」で「中等度」です。
>6点以上の場合にはうつ病の可能性がありますので、
>まず医療機関に相談してください。
>※会員登録すると、過去にチェックした結果が確認できるようになります。
> (チェックした結果を残すことができます)

あんなアホくさい設問でどうしてうつ度チェックができるのだ?
「医療機関に相談してください」だとさ。
あたしゃ相談になんぞいかないよ。

以下の動画をご覧ください。

【衝撃事実】「精神科はきょうもやりたい放題」増える子供たちの
http://www.youtube.com/watch?v=3crX003Q6j4


【関連ブログ記事】(見ていただきたい動画もあります)
http://plaza.rakuten.co.jp/miracleenglish/diary/201401030000/






★本日2つめの記事でした。前のも読んでくださいね★

人気ブログランキングへ






Last updated  2014.01.03 23:33:30
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.31
テーマ:謎の精神病(107)
カテゴリ:精神医療について


「え? なんで? どうして? 欝や精神疾患を治すための
薬剤が精神病を促進しているっていうの?」

どうやらそうらしいですよ? 以下の動画をご覧ください。

船瀬俊介さん2「鬱や精神疾患の原因は向精神薬だ」
http://www.youtube.com/watch?v=IziMlPxUsKk


内海聡について話題提供 (すみません。コピペしてください)
http://piq.cutegirl.jp/pGh9327uKe/



人気ブログランキングへ















Last updated  2013.08.31 18:43:33
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.14
カテゴリ:精神医療について

なるほど、そういうことか。目からウロコです。
本日もまた、キチガイ医こと、内海聡医師のFacebook記事をご覧ください。

子供たちのそのような現象の主要な原因の一つは、間違いなく「親」でしょう。個人的な見解として第一に、そのような子供さんを持つと言う親御さんの特徴として、「子供からのコミュニケーションをゼンゼンうけとってない」というのがあります。これは発達障害と診断された親の100%に共通した現象です。

ですから、面白いことに、そのような病名をつけられた子供さんは、気に入らないことや理解できないことがあると、わーわー言い出し、突然パニックのような混乱した状態になることがあるのですが、きちんと受け取ったことを示すと“ピタッ”とパニックがおさまるのです。

続きはこちら↓

私が実際にその子供に聞いた話をまとめると・・・
http://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/449152871835138






星野仁彦医師は発達障害の専門医だそうです。
しかしその原因が親にあるとは書いてないですね。

為谷は星野仁彦医師をこちら↓の本で知りました。

【送料無料】ガンと闘う医師のゲルソン療法 [ 星野仁彦 ]

人気ブログランキングへ






Last updated  2013.05.14 20:15:46
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.28
テーマ:謎の精神病(107)
カテゴリ:精神医療について

タイトルの法案が通った、というのだ。

ニッポンはますます恐ろしい国になりそうだ。

「え?精神保健福祉法改正案ってどんな内容なの?」

と、ほとんどの国民が分かっていないことでしょう。

詳しくは内海聡医師のFacebookをごらんください。

精神保健福祉法は通ったようですねえ・・・全て予定通り進んでいるらしい。
http://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/446789128738179




【送料無料】児童相談所の怖い話 [ 内海聡 ]

【送料無料】児童相談所の怖い話 [ 内海聡 ]
価格:1,470円(税込、送料込)



人気ブログランキングへ






Last updated  2013.04.28 21:13:14
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.03
テーマ:謎の精神病(107)
カテゴリ:精神医療について

ということなんですけど、どうやら関連学会はそれに反発しているようです。

 厚生労働省は,3月29日に選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI),セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI),アドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)のうち6剤について,小児大うつ病性障害(MDD)を対象とした海外の臨床試験において,有効性が確認できなかったとの報告があり, 小児への投与を慎重に検討する必要があることを添付文書の「使用上の注意」に追記するよう求めた。これに対し,関連2学会は「薬物療法の可能性が否定されるものではない」との見解を発表している(関連記事)。

http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1304/1304007.html


これに対するキチガイ医さんのコメントを紹介しましょう。

このため、小児への投与を慎重に検討する必要があることを添付文書の「使用上の注意」に追記するよう求めた。これに対し,関連2学会は「薬物療法の可能性が否定されるものではない」との見解を発表している。←アホです。

https://twitter.com/touyoui/status/319322694233501697


キチガイ医さんの著書↓




★本日4つめの記事でした。前のも読んでください★

人気ブログランキングへ








Last updated  2013.04.03 16:17:05
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


為谷 邦男

Recent Posts

Category

Comments

 為谷 邦男@ Re:在宅介護はすばらしい(10/01) 歌と山さんへ そうですね、多分肺炎には…
 歌と山@ 在宅介護はすばらしい お母上の食事、手作りで、栄養のバランス…
 人間は果食動物@ Re:「人間がもともと草食動物であるという主張は、科学的に虚偽である」(?)(06/09) チンパンジーは昆虫や哺乳類を食べるとの…

Favorite Blog

10/20 リレーフォー… New! JIMEsanさん

今日は時間通りに予… New! メルトスライム25さん

「缶コーヒーで気合を… New! 安食育夫さん

2019年10月20日… New! 藻緯羅さん

自然の花 New! ごねあさん

RV/インテルアラート New! n4316さん

イマジネーションを… New! lovelovelove7240さん

普通に動ける喜び New! ヨーガ1950さん

満月の夜。。。☆ Fugu-chanさん

眠っている間に大腸… 野母伊 志穂輔さん

Archives

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.