264131 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

パーマカルチャー研究所のブログ

PR

プロフィール


パーマカルチャー研究所

カレンダー

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

パーマカルチャー研究所@ Re[1]:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) こここざるさん、 こちらのブログにも遊び…
こここざる@ Re:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) 本当ですね。 昔は上野の桜が咲きました …
ひろこ@ Re:タイ75〜フランスの物価は高いようです(02/15) お世話になりました。ブログの写真に、あ…
パーマカルチャー研究所@ Re[1]:タイ65〜ヘチマスポンジ(02/05) ヒロシさん、どうもです。 そうなんですね…

フリーページ

2016.06.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回、3日前のブログでは、井戸掘り器の棒が壊れたけど、井戸の中に井戸掘り器が落ちなくて不幸中の幸いだった、という話を書いた。
だけどついに、やってしまった。
砂が固くてなかなか掘り進まないから、久しぶりにシャベルを使った。
はじめの2回ほどは順調に砂が柔らかくなり、井戸掘り器に入ってくる砂の量も少し増えた。
しかし3回目、シャベルを差し込み、長い棒の先端をぐるぐる回して砂を柔らかくしていたら、突然砂の抵抗がなくなって回転が軽くなった。
もしや・・・

引き上げてみると、木の柄だけしかなくて、掘る金属の部分がない。
無理やり回転させすぎて、木の柄と金属の部分に力がかかりすぎて金属部分が柄から外れ、砂に刺さったまま残って
しまったと思われる。
次の日、もう一度棒でつついてみたが、金属部分の感触がない。
多分、砂に完全に埋もれてしまったと思われる。
なぜかというと、掘っている間は、井戸の水をばしゃばしゃとかきまぜるので、その水に交じって砂が井戸枠にくっつく。
だけど時間がたつと、それらの砂がゆっくりと水とともに落ちてきて底に堆積してくる。
だから、それらの砂に埋もれてしまったのではないか。
磁石でくっつけて拾い上げようかと思ったが、そういう状況では、それもかなわない。

いったん井戸枠を抜いて、手でシャベルを拾い上げられないかと思い、井戸枠をツーバイフォー、3メートルぐらいの木材を使っててこで抜くことにした。
すると、バキッと、木材が折れた。
縦にして使っているツーバイフォーが折れるとは。
もう、井戸枠を抜くこともできなくなってしまった。

ということで方針転換。
今度は車の排気ガスを井戸の底に吹き付け、それで砂を舞わせて、その砂をキャッチしながら掘り進めていく方法に切り替える。
そしてある程度砂がとれてシャベルを拾える状況になったら、磁石でくっつけて救い上げる方法でいこう。

わずかでも望みがある限り、掘り進めます。
正念場ですね。






最終更新日  2016.06.15 19:39:54
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.