10673152 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

Trip-Partner スカウトチーム@ 旅行情報発信メディアでの記事執筆依頼 平素より楽しくブログを拝見させていただ…
mouda0915@ Re[1]:野毛 てづか・移転したてづかさんに初来訪!(08/16) 小径のヌシ(^-^)さんへ 先客の女性二人が…

Headline News

全274件 (274件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

日ノ出町、野毛

2019年09月20日
XML
カテゴリ:日ノ出町、野毛


最初に残念なお知らせがあります。
昼飲みを控えていたため暫く行かなかったのがホントに残念でした。

10年前ほどから通っていた中村川沿いにある早朝から飲めるうどん屋高橋うどん店が閉業してしまったとの事。
時代の流れとはいえ、老舗店が無くなっていくのは寂しい限り、、、



さて、最近は自宅飲みや近所飲みが多く、あまり開拓はできていませんが久し振りに黄金町ガード下のお店に言ったので、その記事を。

京急黄金町駅から徒歩1分のネコ好きが集まる老舗居酒屋「​居酒屋ひょっとこ​」へ。



女将さんが一人で切り盛りしているお店は、猫のグッズが所狭しと置かれている。
お店の屋号通りに、ちょっと怖いひょっとこのお面も何点か飾られているのが面白い!



この手のお店にしては、ホッピーがおいてあるのが有り難い。
但し、市販店向けの少し量が少ないやつね。



お通しは、勝手に4点ほど出てくるシステム。
殆どの場合が、これだけで飲めます。

恐らく価格はワンコインほどかと。



店内には勝手に居付いた猫が2匹います。
なので、動物嫌いの人は行かないほうが良いでしょう。



年季の入った店内にはウィスキー瓶を潰した灰皿など、レアな品が数多く置いてあります。
この並びで一番古いとか言ってたかな?

この後にホッピー中をお変わりして1300円という破格値。
悪いので、ウーロンハイを一杯頂いて帰りました。

なお、お客さんはほとんどが常連さん。
そんな雰囲気が難しい方には、不向きなお店かも知れませんよ。






Last updated  2019年09月20日 18時59分01秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年08月26日
カテゴリ:日ノ出町、野毛


野毛エリアの宮川町にある老舗中華店「中華料理 萬福
実は久しぶりにチャーメンが食べたくなり、有名な三幸園に向かったのですが残念ながらの満席。

昼は競馬客で賑わう萬福も、夜なら空いているだろうと伺ってみた次第。



店内に入ると6割方の席は埋まっていたが、このぐらいなら料理も遅くならないだろうと、腰を据えることに。



ビール中瓶600円。
プラス50円で大瓶を頼んだほうがお得だが、がっつりと飲む気はないので、これで我慢。



中華風つまみ小600円。
大を頼むと1000円なので、恐らく二人分で200円お得と言った感じかも知れません。

あっ、具材の方はネギ、もやし、チャーシュウなどが入っておりました。



漢字のメニューにはちゃんと、ふりがなが書いてあるので安心。



餃子400円。
まぁ、下町の中華屋といった素朴な感じの餃子。

この店で麺食って締めようと思って入ったわけですが、調子が出てきたのでもう一軒梯子しました。
ちなみにここの名物であるカレー焼きそばは、面白いですよ!






Last updated  2019年08月26日 15時14分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月16日
カテゴリ:日ノ出町、野毛
毎年、夏休みは東北か北海道へ旅行に行っていましたが、今年は横須賀や東京への遠征もせず、近場で呑んでいました。

体調が悪いというわけでは無いのですが食べる事がキツくなって来ていて、それに伴い、酒の量も減っている次第。



これは今週の月曜日。観光客で溢れかえっていると思われる野毛に足を運んで見ました。
休みの店が多いということもあって、それほど賑やかでは無かったかな!

入店したのは、野毛の桜木町寄りから宮川町のビル2Fに移転した、割烹出身の大将が営む居酒屋「てづか」移転前には2,3回お邪魔したことがあったかな?



暑かったので、まずは生ビールから開始。
お通しは500円で、いつも手の混んだものが出てきた記憶がありますが、この日は冷奴かぁ。。



地ダコ刺し700円。
先客の女性が、酒一杯で5時間粘っていたという話を大将から聞く。
大変だなぁ。。。



白雪冷酒800円。
サワー類が500円となっていたので、早々と度数高めの日本酒に移行しました。



はもの天ぷら800円。
揚げたての柔らかいはも。日本酒に最高に合う!

並びにある老舗居酒屋「天ぷら なりた」も廃業してしまい、野毛で和食が食べれるお店がだいぶ減ってしまった印象。時代の流れと行ってしまえば、それまででしょうけどね、、、






Last updated  2019年08月16日 14時25分53秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年06月20日
カテゴリ:日ノ出町、野毛


久し振りの野毛。

最近は慢性の痛風や腰痛により、外で呑む事が少なくなりました。
アル中になるまえに身体が壊れて、逆に良かったかも。。。



都橋商店街から見える各海老の看板が、いつの間にネオン管から蛍光灯看板に変わっておりました。。。



馴染みの店を数軒通った後に、久し振りの新規開拓。



野毛で呑んでいる人から評判が良いと聞いていた「​内田日和​」
がっつりと食べる店ではなく、〆でいくような感じの店かな?



酒は泡が細かいという生ビールを頂く。
確かに芸術的なきめの細かい泡。

あっ、ビール飲んじゃったよ、、、



ポテサラはランドマーク並みに高く盛られていた。

最近は食べるものに制限があり、お酒の量も減りました。
そして体重も減るという良いことづくめ!

お会計は1150円。
もう歳だね。。。






Last updated  2019年06月21日 18時49分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月04日
カテゴリ:日ノ出町、野毛


残念なお話があります。あっ、ブログを辞めるとかいう話ではありませんm(__)m。
中区曙町にある老舗中華料理店の「​華楽​」が閉業しました。

某番組のキタナシュランにも出たお店。
看板の字体と一桁から始まる電話番号からすると、100年近く続いたお店知れません。残念!



そして、こちらもキタナシュランや映画の私立探偵濱マイクにも出ていた南区八幡町の「​磯村屋​」
しばらく休業中でしたが、閉店しました。

他にも伊勢佐木の老舗そば店「​出嶋屋​」が閉業したり、令和になって寂しい知らせが届いています。



女将さんもかなり高齢だったため、しょうがないと言えばそれまでですが、令和になっても少しは続いてほしかった。ご健在であることを祈るばかり。



さて今回、紹介するお店は京急 日ノ出町駅から徒歩6分の路地裏にある立ち飲み屋「みんなの居場所」
開店当初から通ってますが、場所が悪いながら5年も頑張っているお店。



当時は毎週末、野毛に通っていて景気づけに一杯という感じで良く通っていたお店。
今では月に1回程度の頻度になってしまいました(野毛もそんな感じ)



アテはツナマヨ350円?枝豆100円。
酒は取り忘れましたが、ホッピーじゃなかったかな?



揚げ物や肉もきつくなってきた年頃。
でも、この日は串揚げ盛り合わせ580円を頼んだ様子。

最近は昼呑みもほとんど辞めて、人間ドックの肝臓の数値が数十年ぶりにA評価になった健康体!
歳を取ると吞めなくなるという事を身をもって実感しました。

昔ほどの勢いは無くなりましたが、ほどほどのペースで呑んでいきたいと思います。






Last updated  2019年06月04日 23時57分01秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年05月24日
カテゴリ:日ノ出町、野毛


半年ほど前の寒い時期。
週末のこの日は、だいぶ足が遠のいていた野毛呑み。

と思いきや、この日も遠征客が凄くてやるき無くなる。関内まで行こうかとも思ったが、
気力がなくなり、ここなら空いているだろうと入った「​ふぐちりトミー​」

知らない人は、ふぐ料理って敷居が高いと思うのでしょうね。
という事で、先客がいながらものんびりとしていた店内へ。



年配のご夫婦が経営していて、別にふぐを頼まなくても全然OK。
名前の由来は富田さんだからだったかな?



焼酎お湯割り300円。
サービスのお通しは、茹でモヤシ!



もずく300円。
市販されているような普通のもずくです。



寒いので鍋を頂く。
頼んだのは湯豆腐800円。

ふぐよりは敷居が低くて、ボリュームたっぷり。
身体も温まるしね!

と思いながらソロ呑みをしていると、ここにいることを知っていた知り合いが参戦。
じゃぁ、初めてのアレを頼んじゃう?



ふぐちり一人前2300円(写真は2人前)
タップリのふぐが乗ったお皿が出てきてびっくり!

鍋の写真は撮り忘れたけど、淡白ながら濃厚と言ったふぐ特有のお鍋。
最後は雑炊かうどんにしたかったけど、まだ1軒目なので我慢。

気軽にふぐが食べれる良いお店です!






Last updated  2019年05月24日 20時17分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月10日
カテゴリ:日ノ出町、野毛


京急 日ノ出町駅のすぐ下にあるワインバー「​kanakoya​」
週末になると必ず呑みに行っていた野毛も観光名所化し、今ではすっかり行かなくなってしまった。

混んでいて入れるお店が無いのよ!
そんな懐かしい野毛で呑んだ後の〆に伺っていたお店へ久し振りに入ってみることに!



メインはワイン&カフェのお店ですが、焼酎、ウィスキーなども置いてあったかと思います。
フードも創作系の手作り料理が揃っていて、1軒目からガッツリと呑む事も可能!



フードも300~600円台のものが多くて、バーと思えば安い方ではないかと思いますよ!



最初は何を呑んだのか覚えてません(-_-;)
恐らく銘柄焼酎の水割りなどを呑んだのかな?

お通しは、カリフラワーのマリネ辺りだったかと!



毎回頼む、当たり前田のクラッカー100円に+50円で追加できる自家製アンチョビバター。
軽く摘まめて150円だから、お得。毎回頼んじゃう!



詳しくは記憶が無いけど、自家製ジャムのお酒だったはず。
この後はウィスキーを何杯か呑んで、かなり酔っぱらったかと。

まぁ、久し振りなので少し呑み過ぎました。



自家製ポテサラ350円。
女性店主が作るだけあって見た目にも美しく、味も完璧。

最近はまさかの両手足に痛風が出て、呑む量がだいぶ減ってますm(__)m






Last updated  2019年05月10日 19時42分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月24日
カテゴリ:日ノ出町、野毛


丁度、一年前ぐらいですかねぇ。。
呑み方が荒れていました。

野毛で呑んだ後に良く伺っていた京急 日ノ出町から徒歩1分の二郎インスパイア店「​麺屋 臥竜​」



今や、大陸系の方が経営している家系や次郎インスパイア系の店が多くなってきた!
昔、聞いた話ですが中国系の方は他国に対する適応能力が高くて、商売上手だそうです!!



こちらは、通常のラーメンが700円。
ただし、ニンニク追加、野菜マシマシ、背脂マシマシ辺りが無料で追加可能!



最近はほとんどラーメン食べてませんが、この頃(1年前)は、胃が若かった!
通常のラーメンに野菜増しだったかと思います。

マシマシだとこの1.5倍くらいでしょうか?
喰えるような気がしますが、満腹中枢が麻痺している状態では歯止めが利かなくなるので、、野菜増しで我慢したかと。。



麺は次郎そっくりだし、野菜の盛や焼き豚のボリュームも二郎系そっくり!
最近はラーメン自体たまにしか食べませんが、ここはかなり本家に近い味だと思いました。

今では〆のラーメンは控えるようになり、体重が8kgも減ったのは驚きです。。。に






Last updated  2019年04月25日 23時12分15秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年03月15日
カテゴリ:日ノ出町、野毛


野毛の日曜日から呑める焼き鳥屋「​田舎屋​」
日曜日って早い時間から呑んで、次の日は仕事なので早めに帰りたい。

そんな時によく使っていたお店ですが、最後に行ったのは半年以上前。



今では観光地化してしまった野毛。
昔は競馬客で溢れていたこのお店も、若い人が多く来るようになった。

まぁ、それだけなら良いけど、最近は混んでいて入れない状態が続いてから、
足が遠のいてしまった次第。



酒はホッピーセット500円?から開始。
お通しはさつま揚げ。代金を取られるかは記憶にない。



焼き鳥5本セットは600円ぐらいだったか?
炭火焼で焼いてくれる普通に美味しい焼き鳥です。



ホッピー中お代わりに厚揚げを頼んで終了。
いや、終了と言っても、他のお店に梯子酒ですけどね、、、

しかし、野毛の観光地化が進み過ぎて、休日は凄いことになっていますよ。
最近は週に一日行くか行かないかぐらいの頻度になってしまいました。
(昔は週に4日とか行ってたっけ!)






Last updated  2019年03月15日 00時11分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月14日
カテゴリ:日ノ出町、野毛


長者町8丁目に佇む浜の名門​エイトセンタービル​。
確か東京オリンピックに向けて建てられた昭和47年施工のビルには数十軒の飲食店が軒を連ねている。

数年前は毎週、野毛に通っており、その帰りに良く寄っていたはず。
今では、野毛に行く事も少なくなり、このビルに立ち寄る余力も無くなってきた。



そんなビルの2Fに佇む酒場「​たらふくちゃん番外編
深夜まで営業しており価格もリーズナブルなので、良く通っていた。

体調悪くなったり梯子が出来なくなったりして、1年ぶり以上の訪問となります。



店内はカウンターのみで6人ほどが入れるスペース。
昼はレコード店の経営をしている店主が一人で切り盛りしているお店。

酒はバイスサワーを選択。
ホッピーセットもあり、焼酎はキンミヤを使用。



名物のたこ焼き280円(4個)は出来合いのものではなく、生地から作り始めます。
このたこ焼きが、ほんとに美味い!



店主と昔話に話を咲かせながら、頼んだ沼さんサンド390円だったかな?
確か、ここの常連の沼さんが良く食べていたので、この名前が付いたとか、、

パンに挟まれているのは、一から作ったコールスロー。
手間暇かかっているだけあって、これも絶品!

カレーなんかもあるので、1軒目で伺うのもよろしいかと。
お会計もかなり安いですし!



そして最後の〆はビルを出てすぐの深夜営業ラーメン屋「太源」
終電が終わった時間でも、満席になっていることがあります。

この日は数席の空きがあったため、こちらも久し振りの訪問。
〆のラーメンは月に3回ほどしか食べなくなってしまいました。



いつも食べるのはパンチのきいたニンニクラーメンですが、この日は奮発して名物のカレーラーメン950円を選択。
はっきり言って、少し高い!

でも、界隈の家系ラーメンを食べるのなら、こちらの美味しいカレーラーメンを食べた方が良いかなと思う年齢になりました。家系なんて、もう食えない!!

このブログも始めてから、もう12年。
そりゃぁ、呑めなくも食えなくなりますよ。。。






Last updated  2019年02月14日 22時32分24秒
コメント(5) | コメントを書く

全274件 (274件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.