10648525 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

mouda0915@ Re[1]:野毛 てづか・移転したてづかさんに初来訪!(08/16) 小径のヌシ(^-^)さんへ 先客の女性二人が…

Headline News

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

長野県

2018年07月16日
XML
カテゴリ:長野県


酷暑の三連休。みなさんはどうお過ごしでしょうか。
せっかくの休みなので軽くプチ遠征ということで、長野県の松本まで車で行ってきましたよ!



昼間は軽く観光し、早めの宿入り!
荷物を置いて早速、松本の街を徘徊。と言ってもこの町へは仕事で20回以上来たことがあり、事情通。

伺ったのは松本の角打ちできる酒屋「​中西屋本店​」
今よりもかなり古い佇まいだった旧店舗は地震で傾き、こちらに移転したという酒屋。
聞かなかったけど、かなりの歴史があると思います。



店内は、まんま酒屋ですね。。
高齢の足の悪いお母さんと腰の悪いお母さんの二人体制!

恐らく配達は出来ないので、店頭販売がメインなのだろう。
ほんとに続けてくれるだけでも有難い!!



角ハイボールと魚ニソから始めます。
昔から通っている常連さんも、歳を取り引退する人が多いという話を聞く。

酒屋でも、たばこ小売販売の免許を持っている店舗はまだマシだが、純粋な酒屋は厳しい時代。
今のお母さん達が辞めてしまったときに、こちらのお店も廃業だろうね、、、



松本まで来て何をやっているのかと思うが、優しいお母さんに囲まれて市販の酒とアテを呑むこの贅沢!
やはり、角打ちが好きな人は少し感性がおかしいと思いますm(__)m



観光そっちのけで、次の店へ!
ちなみに涼しそうな松本ですが気温は34度あり、横浜と変わりありませんでしたm(__)m






Last updated  2018年07月17日 22時05分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月30日
カテゴリ:長野県


2週間ぐらい前の事。
長野県伊那市にB級グルメの​ローメン​を食べに行ってきました。

その日の宿泊地は、松本駅界隈。
10年前は20回以上出張で来ていた地。久し振りになりますm(_ _)m



蔵のある町、松本は古い建物が多い。
都心からのアクセスも良く、松本駅から松本城まで歩いていける好立地のため、外国人観光客も多かったですね!

まぁその辺は10年前に行ったので、呑みに徹する訳ですが!



ハイ!明るい内から1軒目!
松本には知っている限り、角打ち出来る店が2軒あります。

酒屋経営の立ち飲み屋「​8オンス​」ともろに酒屋の「​中西屋本店​」
前者は過去に行ったことがあるので、後者に伺った次第!



現地に行ってみると新しく立て直した建屋は新築の匂いがするキレイな佇まい。
昔の中西屋は上の写真の通り激渋だったのですが、自身により建物が傾いたため、立て直したとのこと。

10年前はまだ、角打ちという飲み方をしていなかったため、入店しなかったのが痛恨の極み!
でも、お店自体残っていてよかった!



店内へ入りカウンターで打ち初め!
年配の常連さんは奥の椅子付き席で打っている!!

お母さんたちが頑張ってお店を切り盛りしている姿が、とても感動的でしたm(_ _)m



2軒目は蔵を改造したビアバー「​ブルワリー タップルーム​」

松本ブルワリーは松本に誕生したクラフトビールメーカー。

ブルワリー タップルームはその直営のビアバーとのこと。



雑貨店のような店内は小洒落た印象で、オーストラリアから来た女性観光客が一人で入ってきたのには驚いた。



先があるので、松本ラガーだったか?
それのハーフサイズを注文。

柑橘系の香りを残しながら適度な苦味で喉越しの良い一杯!
ここで、経営者のお姉さんに、松本のディープなお店情報を入手(汗)



さて、入手したディープ店の情報は、お店が少ない松本駅西口近くにあるホルモン店「​谷椿​」
先に入手した情報だと、写真撮影禁止、頑固親父、料理が勝手に出てくる、店主が気に入らない人は入店禁止とディープ店のお手本のようなお店!



お世辞にも綺麗といえない店内に入ると、赤ら顔の店主が「うちは食事だけはダメ!」
いや、呑みに来ました「では、どうぞ」という会話。

どこから来たの「横浜から!」「おれ、定年まで横浜のT芝にいたんだよ」という70歳は過ぎていそうな店主。攻略成功!!

今日は豚カシラ(500円)が旨いよ!と勝手に出てきたお皿には山盛りのカシラ肉。
お新香も勝手に出てきた。

お酒は瓶ビール、そして日本酒でお会計1700円ぐらい!こちらは次回も必ず来ます!!
ちなみに観光客は私だけでしたm(__)m



続いてはこちらも地元民に聞いた、酒屋が経営しているという立ち飲み屋「​Kadokko(かどっこ​)」
もう、この辺になるとベロベロで写真無!

洋酒メインだけど、いい日本酒も安価で置いてある。
2、3杯呑んで〆へ!



10年前にはたまに通っていた「​ラーメン藤​」
人気店で、並ばないと入れなかったお店にすんなりと入れる。

おやっ、おかしいなと思った次第。





とりあえず晩酌セットを注文。
店員さんも代わっているしおかしいと思い、ネットで調べると以前のコックが他のお店に移ってしまい、味がだいぶ変わってしまったとの情報。

美味しいラーメンで〆たかったため、とりあえずこちらでは晩酌セットのみで終了!



意識混沌状態で入ったのが「​ラーメン専門店若大将​」
この時点で宿がどこだかわからない状態になっていた(スマホナビでなんとか帰れたけど)



〆のラーメンを食べに入ったのに調子に乗って日本酒を飲んだりしているアホンダラ!



メニューに長野名物「山賊焼き」を見つけて食べている図!
アホやわぁ、、、

それでも、山賊焼を食べれたことに満足し、ラーメンは控えた模様m(__)m
すっかり、体調が復調したみたい。。。







Last updated  2017年09月30日 12時17分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月04日
カテゴリ:長野県


南アルプスに囲まれた長野県伊那市にやって参りました。
10年前は仕事で良く訪れていた地!



なぜ、プライベートで訪れたかと言うと、伊那名物の「ソースカツ丼」は、色々なお店でたらふく食べましたm(__)m

ただ、地元民でも好き嫌いが別れるという羊肉のマトンと蒸し麺を使っているという名物の「ローメン」は一度も食べたことが無かったのです。

だって、ソースカツ丼の方が余程のことが無い限り、外れないじゃない!
という事で、今回は噂のローメンをロメりに来た次第!!



伺ったのは、郷土料理の店「​とざ和​」
伊那市内にはローメン専門店が数多くありますが、こちらに入ったのは、あいつとこいつを一緒に食べれるお店だからと言う理由!



メニュー
ローメン専門店にもソースカツ丼は置いてありますが、2品を頼んで食べるのにはきつすぎる!

でもね、こちらのお店の「ローメンセット(980円)」は、ローメンにミニソースカツ丼が付いて来て、伊那のb級グルメを同時に食べれちゃうという訳!



もちろん頼んだのは「ローメンセット(980円)」

ローメンとは、羊肉のマトンを使い麺は蒸し麺。
それに野菜などを煮込んだ、ラーメンとも焼きそばとも違う、羊肉スープ焼きそばと言いましょう!
言い方を変えると、かなり中途半端なグルメ!!




楽しみは最後に取って置いて、まずはソースカツ丼から!
ご飯の上に千切りキャベツが敷かれており、その上に分厚い揚げたてのカツをソースでくぐらせた伊那名物「ソースカツ丼」

まぁ、これは、揚げたてカツにソースですから、よほどのことが無い限り外れませんよ!
カツがジューシーで美味しいのは当然の事!!



さて、問題のローメン!

実はローメンにも種類があり、炒める系のローメンと煮込むスープ系のローメンがあるという。
こちらのお店は後者のスープローメン系。

もちろん肉はマトン、そしてプチプチとすぐに切れる蒸し麺。
味は薄目で調理してあり、ソース、お酢、ごま油の3種類の調味料で、好みの味に調節してくれとの事!!



さて、まずは調味料を一切加えない状態での初ローメンを一口!
癖の少ないマトンを使っていると言うが、少しだけ匂いを感じる。でも、羊肉好きな人なら許容範囲内だと思う!

そしてスープは少し甘くて、広東麺のスープに似ている。
ここで調味料を投入!ソースは味を濃くして、ごま油は香り付け!
お酢はサッパリしたい時に使うという!!

初心者は、すべての調味料を一掛けして食べるのが良いらしいので、それを実行してみる。
すると、香りと味が濃くなり、酢の効果でサッパリ食べやすくもなる!

正直、ローメンは不味いと聞いてましたが(汗)自分で味変しながら食べると病みつきになるグルメ!!
かなり食べやすいローメンでしたが、確かに好き嫌いがハッキリするb級グルメだと思いましたねm(__)m






Last updated  2017年09月04日 22時17分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年11月30日
カテゴリ:長野県
ちょっと前に骨休みに出かけた温泉ツアー。
泊まったのは長野県の諏訪湖近くのにある上諏訪温泉のホテル。

風呂に入ってから、お楽しみの居酒屋行脚。
1軒目は定番の鰻屋から開始。2軒目は蕎麦屋攻めだったのですが、どちらも普通すぎて全く面白味無し!

もっとディープなお店は無いのかい!とツイッターで呟いていたら、上諏訪駅近くに吉田類の酒場放浪記で紹介されたディープな名物酒場があると言う!さっそく現地へ!!



上諏訪駅から徒歩2分ほどの線路沿いには、赤提灯の古いお店が何軒か軒を連ねている。
その中央に位置する場所にそのお店はありました。居酒屋「とんちん

よくあるガード下の居酒屋にある佇まいは、一見の客を拒否するかのような雰囲気!
中が見えませんが、もうベロンチョなので突撃特攻!イザ潜入!!



年季の入った店内はカウンター10席ほどにテーブル席が2卓。
厨房には、あれ?年配の方が経営していると思いきや、厨房には昔は綺麗だった風のお姉さんが切り盛りしている。
お客さんはもちろん地元の人ばかりで、雰囲気で言うと野毛の都橋商店街のお店に似ているか。



こちらのお店の名物は入店から時間制限制での呑み放題メニュー。
情報では入店から一時間まで飲み放題が千円だったはずが、なんと千五百円に値上がりしているではないか!
でも、入ってしまったからにはしょうがない。



お酒は、ビール、日本酒、ワイン、サワーなどが呑み放題。
すでにベロベロなので軽めの緑茶ハイから開始!



お通しは二品が無料となっており最初に出てきたのが、具があまり入ってないビーフン。
もう、食べ物はどうでも良い感じなので、味は覚えてない。。。



続いて出てきたのが、ゴボウサラダ?
他にも別注文で単品メニューがありますが、あまり安く無かったイメージでした(腹パンで頼まず!)

正直、何を喋っていたのかは覚えておりません。満席の店内はほとんどが地元の常連さんのアウェイ状態でしたが、適度に適応していた模様・・・それと、〆のラーメン屋さんの話をしていたっけ!

そんなこんなで一時間が過ぎてしまい、追加30分500円加算してお会計は二千円!
まぁアウェイ状態でしたが、滅茶苦茶で楽しかったですわ!



続いて向かったのが、並びにあるオススメ頂いた餃子とラーメンの店「喜平
こちらもかなりの歴史がありそうですが、一見客は入りそうにもない外観!



店内は昔ながらの線路沿いにある呑めるラーメン屋さんと言った雰囲気。
明らかに酔っぱらった一見客が入って来たためか、店主が露骨に嫌な顔をされていた。



メニューを見ると、味噌ラーメンが530円!安い!!
でもね、懲りずに吞んじゃいますよ!ウーロンハイ(380円)を注文!



恐らく、無料と思われるお通しは、カボチャの煮つけ。
機嫌の悪そうな店主に横浜から来たことを告げると、娘さんが以前横浜にいたという話を聞く。
これで話が盛り上がり、店主の機嫌も回復(-_-;)



酒のアテは、餃子(400円)でございますm(__)m
名物と言うだけあって、モチ皮に肉々しい餡がとても合い、とても旨い餃子で餃子いました!



〆は信州味噌を使っているという味噌ラーメン(530円)
餃子は当たりでしたが、こちらはイマイチm(__)m

味噌の風味が強すぎて、他の味が全くしたかった記憶があります。でも、安いし味覚も麻痺しているし、まぁ、いいか!

地方に行って地元民が集まるお店に行くと、本当に面白い!
皆さんもお試しあれ!!

とんちん居酒屋 / 上諏訪駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3







Last updated  2016年11月30日 23時10分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月06日
カテゴリ:長野県
IMG_4292.JPG

深夜に横浜を出発し諏訪までやってきました。
目的は温泉入って酒を吞むだけの一泊弾丸ツアー!

早朝に到着し、伺ったのは朝から営為業のラーメン屋「中華そば大石家 諏訪店
店名に「家」が付くので家系かと思うけど、醤油系のラーメン屋。イザ潜入!!

IMG_4294.JPG

7時の開店直後に店に入ると、先客は無し。そりゃ平日の金曜日、当たり前ですな!
目の前は諏訪湖が広がる眺望良好へ着席。まぁ、結露でほとんど湖が見えませんが・・・

IMG_4293.JPGIMG_4296.JPG

メニューを拝見。
中華そばだけの清いメニュー。

朝ラー価格だったら嬉しいのだけど、朝でも通常と同じ価格か。
まぁいいや。んじゃぁ、朝なので軽めの「中華そば 並盛(800円)」をお願いします。
IMG_4297.JPG
しばらくして、「中華そば 並盛」の到着。
IMG_4299.JPG
具にはチャーシュー3枚、太目のメンマ、ネギにカマボコが3枚入っている。
少し高いかな?と思ったけど、このクオリティならまぁ、満足!
IMG_4300.JPG
麺は細めの縮れ麺。スープは、昔懐かしい鶏ガラベースの醤油系。適度に脂が浮いており、アッサリすぎず、こってり過ぎない丁度よい塩梅!
今の洗練された人気ラーメン店のように感動するレベルではないけど、こんな懐かしい系のラーメンなら、毎日食べても飽きそうにない。

IMG_4302.JPG

豚バラのチャーシューも厚めに切られたのが3枚入っており、この量であれば昼でも満足できるのでは?
でも、朝からだと少し量が多いかな。。

IMG_4303.JPG

こんな懐かしい系の中華そばは、久しぶり。
昔はその辺の街中華店に入れば食べれた味だったんだけどね。。






Last updated  2016年11月06日 15時34分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月03日
カテゴリ:長野県
ちょいと骨休めに温泉地である諏訪にやってきました。というかまだ、諏訪にいますけどね!



せっかく長野に来たからには一度は蕎麦を食べておかないと思い、向かったのは白樺湖近くの茅葺屋根が渋い蕎麦屋「利休庵

こちらのお店、かき揚げが有名だと言う。
休日なら店の前に並ばないと入れないらしいが、平日の開店前は一組のみの待ち客、すんなりと入店できました!


中央に囲炉裏があるのが渋い店内はテーブル席のみ。お母さんと息子さんの二人で切り盛りしているようですね。




メニューを拝見。
蕎麦は手打ちらしく、他にも丼ものや定食類が揃っております。で、ターゲットのかき揚げが付くのは「かき揚げ丼」と「かき揚げ天ざるそば」の2種類。

お値段は1400円弱かぁ~、でもせっかく、長野まで来たので、「かき揚げ天ざるそば(1480円)」の方を注文!



まずは、大皿に無料で置いてある総菜の大根漬物と野沢菜漬物をポリポリを食べながら、出来上がりを待つことに!しばらくしてやってきましたよ!!



ハイ!ドン!!チョモランマかき揚げ(笑)
高さは15cm以上はあるはず・・20cmまで届いていたかも。。。



かき揚げの具材は、ゴボウ、玉ねぎ、春菊?と海老が一本。意外に種類が少ない。
細長いゴボウを使って高さを稼いでいる訳ですが、揚げる前はどの様な姿なのだろう?



あっ一応、脇役の蕎麦も到着したので紹介しておきますm(__)m
恐らく二八の蕎麦は、手打ちにしては盛りがなかなかのもの!



まずはかき揚げを横にして、すこしづつバラシながら頂くスタイル!
で、これが意外に重い系の揚げ物でして、つけ汁は蕎麦用にとっておき塩でひたすら食べる。。

そして、最後の方は胃が持たれる!
申し訳ないですが、きつくて・・・最後の方は衣の部分だけ残してしまいました。
蕎麦は、新そばなのかな?まぁ、普通でしたね。

もうちょっとサクッとしたかき揚げで、つけ汁も多ければ美味しく頂けたんだけど、最後の方は味変用の塩も無くなり、我慢大会みたいになってしまいましたわ・・






Last updated  2016年11月05日 08時09分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月06日
カテゴリ:長野県

201209071147_8357_iphone.jpg

 諏訪サービスエリアで冷やしおろし蕎麦を食べます。

いまは松本を過ぎて、高山市に向かっています 







Last updated  2012年09月07日 11時52分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年07月03日
カテゴリ:長野県

DSC02144.JPG

2ヶ月前(笑)に行ってきた北陸旅行の最終回です。

最終日の宿泊地は長野県の松本!おおっ、駅前は、いつの間にかに立ち飲み屋なんかが出来ていて、横浜と変わらない雰囲気になってますね、、DSC02149.JPG

繁華街を抜けて、ちょっと寂れた街並みが続く、松本城方面へ向かいます。DSC02151.JPG

松本城近くにある何十回と通った炭火焼 笹のしずくへ・・・DSC02153.JPG

そういえば、このお店、、開店当初時から通っていた記憶がありますね。DSC02154.JPG

お通しは茶碗蒸しとバイ貝の煮付け。東京都内の和食料理屋で修行した大将の味付けは完璧で美味い!!

DSC02163.JPG

ズッキーニ炭火焼き胡麻酢。わざわざ七輪を持ってきてくれるので自分のペースで焼いて食べれるのが嬉しい!

DSC02161.JPG

熱々のホクホクのズッキーニ!酒が進みます。DSC02164.JPG

牛ハラミ炙り。厨房の奥にある炭火の焼き場で焼いてくれます。ガスで焼くと匂いが気になりますからね!

DSC02165.JPG

トマトのおでん煮。出汁にトマトの旨味成分が溶け出していて、とても旨いDSC02167.JPG

花めかぶみぞれ和え。ネバネバ系大好き!体にも良い!!DSC02168.JPG

これは〆のお茶漬けかな?よく覚えていない・・・DSC02169.JPG

昔は、この後にBARとラーメン屋に行ってたのだが、明日も早いし体力無いし・・・ホテルに帰ってさっさと寝ましょう!

DSC02173.JPG

翌日、、、宿泊した松本ツーリストホテルの朝食バイキングへDSC02177.JPG

松本には色々なホテルに泊まったけど、ここの朝食バイキングは別格!DSC02174.JPG

自家製ジャムに手作りドレッシング!DSC02175.JPG

地元産の山芋は器にたっぷりと入っていて、粘りがかなり強いの!DSC02176.JPG

地元産のかぼちゃを使った手作りパンプキンスープは甘みたっぷり!DSC02181.JPGDSC02184.JPG

あまり朝は食べないのですが、ここの料理は美味しいので食が進みました。やっぱり和食は体にも良いし最高だね!日本人に生まれて良かった(山菜汁も最高でした!)DSC02194.JPG

容量の関係でもう書けませんが、帰りの中央高速は川のようになっていて2輪ではとてもこわかったです。あぶなく三途の川を渡るとこでしたわ・・・







Last updated  2012年07月03日 23時40分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年06月17日
カテゴリ:長野県

DSC02099.JPG

日本一を誇る黒部ダム

昔から行ってみたいと思っていたですが、ダムヘ行くまでが大変という話を聞いていたので今まで躊躇してたんだよね。でも、松本から1時間半で着いちゃってちょっと拍子抜け・・・(でも富山側からだと大変みたいですよ)

DSC02115.JPG

お腹が空いたのでまずは腹ごしらえ!売店でベーコンバーガーを購入!!おもいッきり冷凍物だったが、味はまあまあ、、

DSC02118.JPG

やっぱり軽食では足りなかったので、食堂で黒部ダムカレー(笑)おもいッきりレトルトだけど場所が場所だけにしょうが無いですね。DSC02120.JPG

ダムをひと通り見学後、黒部ダム記念館で記録映画を鑑賞!

約80mにも達する大破砕帯に遭遇し、実に7ヶ月にわたって格闘することになったんだ!DSC02106.JPG

DSC02123.JPG

工事初期の頃の日電歩道・・・・こりゃ、あり得んでしょ、絶対にあり得ない!・・・落ちたら死んじゃうから!!

DSC02130.JPG

トロリーバスの模型。このバスが走っているのは黒部アルペンルートだけ!DSC02121.JPG

外へ出ると20度近い気温だったのだが、一旦トンネル内に入ると10度以下!いかに厳しい環境かわかるでしょ!

DSC02112.JPG

ケーブルカーを使ってもっと上に行こうかと思ったが、値段が高いので止めておきます!富山側まで抜けるには壱万円近くかかりますよ。

DSC02124.JPG

14:00台には黒部ダムを出ましょうと思って改札に行ったら、スゴイ並んでるやんけ!DSC02126.JPG

なんとか座ってトロリーバスに乗ることが出来ました。並ぶのが遅かった人は立っているからね。といっても扇沢駅までは20分ですけどね。

DSC02132.JPG

15:00ぐらいに扇沢駅に到着。ここから、宿泊地の松本に向かいます。

DSC02137.JPG

下道で松本市内へ。黒部ダムが松本から、こんなに簡単に行けるなんて思ってもみなかったわ!

DSC02142.JPG

今日泊まるホテル、松本ツーリストホテルへ到着!実は3年前ほど出張でよく泊まっていたホテルです。

DSC02144.JPGDSC02145.JPGDSC02149.JPG

すこし休憩した後、夜の徘徊の開始!!

続く・・・

 

 

 

 

 







Last updated  2012年08月05日 11時47分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年06月13日
カテゴリ:長野県

DSC02032.JPG

岐阜県の高山駅から出発!

DSC02039.JPG

山の中を突っ切るR158を走り、ひたすら長野方面へ

DSC02041.JPG

オー、マイガッ!

この道を通らないと、かなりの遠回りになってしまう!というか今日中に宿を予約した松本には、辿りつけないかも・・・

DSC02042.JPG

と思ったら、すぐ上に通行止め区間を走っている有料道路があるじゃんか!てゆーか、、わざと通行止めにしてんじゃねーの?

DSC02049.JPG

有料道路を降りてからは、険しい山道を下っていきます。こんな険しい道なのに上りは結構な交通量だ!と思っていたら、この道は上高地に向かう道だったのね。

DSC02055.JPG

長野県の松本市内に入ります。松本に来るのは3年ぶりかな?

DSC02057.JPG

松本から高速に乗って、すぐ次のインターで降ります。

DSC02063.JPG

ひたすら、山の方を目指して走ります。

DSC02075.JPG

山道を登っていくと回りは雪だらけ!もう5月なのにベイスターズは寒いぜ!(というか5月のネタを今頃更新しているのも問題ですが・・・)

DSC02079.JPG

関電トロリーバスの始発駅 扇沢駅に到着。

DSC02083.JPG

初めて乗る関電トロリーバス

トロリーで地獄まで突っ走れ!

DSC02091.JPG

黒部ダム駅に到着。地獄までは行かなかったわ!

DSC02099.JPG

DSC02100.JPG

黒部ダム・・・巨大すぎる!

続く・・・(ちょっと手抜きですみません・・・)

 







Last updated  2012年08月05日 11時47分21秒
コメント(2) | コメントを書く

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.