10790829 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

通りすがり@ 懐かしい! いつも楽しく拝見させて頂いてます。 チケ…

Headline News

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

中華街

2017年02月08日
XML
カテゴリ:中華街


平日の午後に会社を休んだ病院通いの日!
その前に中華街で平日ランチを楽しんでいました(笑)

まずは、中華街でも老舗の「一楽
夜の部は行ったことがないけど、それなりの値段がするでしょう。でも、平日ランチは650~750円というオトクな価格。



頼んだのは定番の「特製四川麻婆豆腐定食(750円)」
熱々の鍋と一緒に出てきたのは、麻辣たっぷりの四川山椒?が効いている激辛風の麻婆豆腐!

下が麻痺しそうな咽るような辛さで、体中の毛穴から汗が吹き出しそうな辛さ!
でも、けっこうこれが快感だったりする!



スープと漬物付きで、ご飯はお代わり自由だったはず。
普段は少食ですが、唐辛子のカプサイシン効果で食欲が進み、ご飯をお代わりするほど旨い麻婆豆腐!



手作りの杏仁豆腐までついて750円はお得ですm(_ _)m



続いては、こちらも四川麻婆豆腐で有名な「景徳鎮



確認していないが、恐らく平日限定のランチは750円からとやはりお得な価格。
中華街の平日昼から宴会するお客なんて、そうそう居ない。少しでも足しになればという考えなのでしょうかね?



頼んだのは750円の定食では無く、スペシャルメニューの「四川風麻婆豆腐掛け麺(1080円)」
麻婆豆腐は辛いだけでなく山椒で口の中が痺れるほど。
でもね、これが快感だったりする。。。



で、ちょい汚いですが、麻婆豆腐の下には隠れ麺があり、これを絡めて食べるのですが、やはり麻婆豆腐には、ご飯のほうが合うという結論ですm(_ _)m

でもね、麻婆豆腐味のレベルとしては「一楽」と同じでしたよ!
まぁ、どちらもレベル高いです。。。



最後は平日のランチではありませんでしたm(_ _)mさーせん!
平日の夜に伺ったスープチャーハンが有名なお店「接筵



頼んだのは各メディアでも取り上げられている名物の「スープチャーハン(1050円)」
大皿の中央にはお椀で型取りしたチャーハン。

その周りに高菜入りのスープが添えられている。




メディアやグルメサイトでは絶賛されているスープチャーハン!
実際に食べてみると、チャーハンの油がスープに溶け出してしまい、チャーハンの雑炊を食べているようで、かなり油っぽい印象!!

これは自分の口には合わなかったm(__)m
普通に片栗粉系の餡掛けで、チャーハンにした方がよっぽど良いのではと思うのは、自分だけでしょうか?

という事で、最近は飽きてしまったのか、中華街に入っておりません。
また、記事が溜まり次第、更新したいと思いますm(_ _)m






Last updated  2017年02月09日 11時21分50秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年09月12日
カテゴリ:中華街
IMG_0765.JPG

もう、夏も終わりの今日この頃。
この機会を逃すと来年まで持ち越しの冷やし中華ネタ!!
 
IMG_0032.JPG
 
日付を見ると、今年の6月下旬に行ったらしい。中華街の賑やかな通りから路地に入ったところにある「広東料理 徳記」 
 
こちらは手打ち麺の豚足そばが有名なお店!でも、冷やし中華も有名みたいよ!!
イザ潜入m(__)m
 
IMG_0783.JPG
 
大衆食堂に近い雰囲気の店内は、渋い丸テーブルと4人掛けテーブルだけの構成。
接客担当のおばちゃんは、店内に入るなり「お一人の方はこちらへどうぞ」と、かなり仕切りたがる江戸っ子風のお母さん。
 
でも、歳を取ると逆に先輩が仕切ってくれるこんなお店の方が落ち着くんだよね~
 
IMG_0780.JPG
 
店内には芸能人の色紙が沢山と飾られている。
ここは夏以外なら、やはり定番の豚足そばを頼みたいところだが、夏限定の美味しい冷やし中華的なメニューがある訳!
 
IMG_0033.JPG
 
頼んだのは夏限定メニューの「冷やしネギ蕎麦醤油ダレ(980円)」 
ちょい量的には少ないと思うような、いで立ちの冷やし中華!
 
具にはトマトに刻み胡瓜、ネギ、焼き豚のなど、、、、
 
IMG_0035.JPG
 
正直に言ってしまうと、具は大したことは無い。
でもね、この手打ちと思われる平打ち麺!ものすごいコシとモチモチ感! 

麺ウマ~!
そして、レモン風味のタレが麺に絡んでホントに美味しい!!!
 
ただ、やはり価格の割には量が少ない感はありますよ!でもね、それでもこのモッチモチの手打ち麺は食べる価値はありますね!
 
9月に入った現時点で、冷やしメニューがあるかはわかりませんが、もしあれば食べる価値大だと思いますm(__)m 
 






Last updated  2016年09月13日 00時10分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月22日
カテゴリ:中華街
これは北海道に旅立つ前に訪れた平日夜の中華街。
中華街って、中華ばかりでしょ!。
中華街でカツ丼を出しているような個性的なお店は無いのかと調べていたのです。
 
ん~、やはり、カツ丼をメニューに載せているお店は無さそう。でもね、カツカレーを出しているお店はあるようなので、さっそく会社帰りに伺ってみることに!
 
IMG_2046.JPG
伺ったのは、中華街に良くありそうな外観の広東料理店「鳳林」 
さっそく中へ。
 
IMG_2047.JPG
店内はありがちな中華店の内装。小汚いお店なら一人で入っても空気に溶け込めるが、夜の中華街は、二人以上の客が多い。
 
IMG_2044.JPG
こちらのお店は昼のランチ時に、裏メニューとしてカツカレーがあるというらしい。
夜に食べれるという情報が無かったため、店員さんにカツカレーが食べれるかを聞いてみる。
すると、厨房に相談し「出来ますよ!」との回答を頂く。それでは大盛りでお願いしますm(__)m 
 
IMG_2052.JPG
しばらくして、出てきたカツカレーは、サラダに杏仁豆腐付き。そして、メインのカツカレーは、、、カツカレーを紹介する前になにかおかしい事に気づく。
 
IMG_2050.JPG
うーん、どうみてもお皿が30cm以上ありそうだし、その上にはご飯がこんもりと盛られている。
カレーのルーも2人前ぐらいありそう。。。
 
IMG_2059.JPG
カレーは粘度が高めの通常、良く出てくるようなタイプのもの。その中に玉ねぎ、ジャガイモ、牛肉、鶏肉が具として入っている。
 
その下には、ワラジのような揚げ立ての大きいカツがカレーのルーを被って存在している。
まさか、お上品な中華街で、これだけワイルドなカツカレーに遭えるとは!! 
 
IMG_2062.JPG
どれだけ大盛りなのかをお見せするため、断面を崩してみると、凄い量のテラ飯(メシ)!
まさか、大盛りがこれほどの量とは誰が想像していたか・・・
 
カレー自体はさすが名門中華街だけあって、家庭的な味では無く、コクのある美味しいカレー!
ただ、あまりに白米の量が多く、最後はルーが無くなる始末。醤油掛けて白米を食べてました(笑) 
 
IMG_2048.JPG
残すのは嫌なので、頑張って食べましたよ。
さて、お会計。裏の特別メニューのため、三千円ぐらいするのかと正直、思ってましたm(__)m
価格を聞いて驚き!この量のカレーが、な、なんと950円(税抜き価格)
 
なかなかCPが高くて美味しいカレーだったのでまた行きたいけど、次回は普通盛で注文します(汗)
 

鳳林中華料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅







Last updated  2016年08月23日 07時23分45秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年07月27日
カテゴリ:中華街
IMG_0771.JPG
さて、最近気になっているb級グルメ?「冷やし担々麺」。
どこで食べられるかとすぐに思いついたのが横浜の観光地、中華街。
 
うん百軒の中華料理屋があるし、どこかで出してんじゃないの?とい思い休日の中華街を徘徊。 
でもね、休日の中華街は、人が多くてうんざりして帰ろうかな?と思っていたところ、冷やし担々麺の看板を発見! 
 
IMG_0768.JPG
お店の名は刀削麺で有名な「中華第一家 杜記」。こちらのお店には入ったことはないのですが、伊勢佐木モールにある支店?の方は何度も入ったことがあります。 イザ入店!!
 
IMG_0023.JPG
店内はL字のカウンターに奥にテーブル席。
私がカウンターに着席しても催促しなければ水が出てこないところが本場らしい雰囲気。
 
まあ、日本人では無いので気にしないですが、店員さんがくっちゃべっていてもお店の人も全く注意せず、そういう国民性なのかな?と我慢しましょう。。
 
IMG_0024.JPG
頼んだのはもちろん「冷やし担々麺(950税込み)」
こちらは おなじ中華街にある「福龍酒家」の冷やし担々麺とは違って、スープと麺が別々に出てくるスタイル。日本で言う、つけ麺ね!
 
IMG_0025.JPG
まずは麺の方から紹介。
麺は刀削麺とは違い、白くて手打ちっぽい縮れ麺。 その上にモヤシ、青菜、半ゆで卵にロースチャーシューが添えられている。
 
IMG_0026.JPG
スープの方は真っ赤でいかにも辛そうな印象。
表面にはゴマと脂とネギが浮いている。これは期待できそう!!
さっそく頂いてみましょう! 
 
IMG_0027.JPG 
IMG_0775.JPG
刀削麺では無い白い麺は、のど越しが良くて適度なモチモチ感があり、これは美味しいですね。
ただし!問題はスープの方で、見た目は真っ赤なのに全く辛くない!
 
なんだ、口がおかしいのか?担々麺に使っているスープを水で薄めたような感じで、ゴマの香りやコクも感じない。
 
でも、脂が浮いているスープにしてはくどさを感じないのは良かったが、全く辛くない。。。
冷やし担々麺自体、それほど食べたことが無いので、これがこう言うものなのか?
それとも手抜きなのかが判断できないのが難点。
 
ひとつ言えるのが「福龍酒家」の冷やし担々麺の方が美味しかったのは、事実です(汗)






Last updated  2016年07月27日 19時22分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年07月17日
カテゴリ:中華街
IMG_0908.JPG
珍しく休日に横浜屈指の観光地、中華街に行ってきました。 歩いてもいける距離の中華街ですが、やはり遠方から来る観光客が多くて、実は数える程度しか伺ったことが無いのが現状。
 
IMG_0063.JPG
ちょっと前まで、夏の風物詩である「冷やし中華」に凝っていたのですが、相変わらずの天の邪鬼な性格でして、人があまり攻めてない冷やしメニューを求めて、最近は中華街を彷徨ってます。
 
IMG_0070.JPG
この日に伺ったのは、中華街郵便局の正面にある福建料理店「福龍酒家」というお店。 
中華街ではあまり知られていないこのお店ですが、ちょっと変わった冷やしメニューが
あるとのこと。さっそく中へ。。。 
 
IMG_0066.JPG
休日にしてはお客も少なくて落ち着いた印象。地元の人や知り合いなどの客が多いみたい。2Fにある席にはママさん連中が子連れで宴会してましたから!   
 
お店は家族経営なのかな?接客担当の女将に調理担当の大将とそのお母さんらしき人が 、レジに入ってますね!
 
IMG_0067.JPG
頼んだのは、最近嵌っている「冷やし担々麺(950円)」 
冷やし中華なら、日本中のどこに行っても食べれるけど、冷やし担々麺というのは、なかなかお目に掛かれない。やはり中華の本場、横浜だからこそ食べれる逸品! 
 
IMG_0068.JPG
ゴマ風味の赤いスープの上にはキュウリ、白髪ねぎ、肉味噌が乗っている。
麺は少しコシのある冷やし用の麺かな?ちゅるんとした食感で喉越しが良い!
 
そしてスープ!冷やしラーメンって、脂の処理をきっちりしないと、口の中が冷えた脂でベトベトになり後味の悪いものになってしまう。
 
IMG_0069.JPG
こちらの冷やし担々麺は、ゴマの香りと適度な酸味。少しだけスパイシーで、サッパリとしている。
 
脂の処理も完璧で、かなりレベルの高い冷やし担々麺でした!! 
 

福龍酒家中華料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅







Last updated  2016年07月18日 19時09分14秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年06月01日
カテゴリ:中華街
このブログですが、味音痴の私が呑んだり食べたりした毎日の記憶を日記に綴って公開しているだけですので、雑誌やメディアのような正確な評価などは出来ません。よって、参考程度に見て頂けると有り難いです。
 
DSC04851.JPG
さて、一時期嵌っていた中華街の平日ランチ!その中でも特に評価が高い「菜香新館」のランチに行ってきました。
 
店内に入ると店員から通常の食事かランチかを聞かれるため、目的のコースを告げてください。もちろん私は「ランチで!」と答えると、エレベーターで5Fに上がってくれとのこと。
 
DSC04862.JPG 
5Fに到着すると店員が席まで案内してくれます。高級感漂う店内にビビりますが、聘珍樓よりか敷居が高くない印象!!なんてったって、作業着みたいな服装で入ってますから! 
 
DSC04852.JPG
さて、ランチメニューを拝見!こちらの平日限定のランチは「清芳午餐」(2100円で10品とデザート、お茶が付いてくるというCPの良い内容。メニューを見ると、アワビやフカヒレの文字。。楽しみい! 

DSC04858.JPG
最初はお茶の選択!お茶は高級中国茶か台湾烏龍茶を選択可能。以前に台湾通から、台湾の烏龍茶は高級だよ!と言われていたので、台湾の凍頂烏龍茶を選択。
 
テーブルの上にはポットが用意され、お茶の葉が入った蓋碗に湯をいれて何度もお代わりすることが可能。香高くて濃厚な烏龍茶でした! 

DSC04863.JPG
最初に出て来たのが、「ミニ鮑の姿蒸し」と「よだれ鶏」。鮑は凝縮した旨みが食べた瞬間に口の中に広がる旨さ!よだれ鶏は茹でた鶏肉を冷やして、香辛料たっぷりのソースに絡めたもの。適度な辛さが食欲を湧き立てます。
 
DSC04866.JPG
続いて出て来たのは「菜香蒸し点心」というもの。 
 
DSC04867.JPG
モチモチの皮に包まれた中にはキャベツを中心にした野菜が入っていたか?中身よりもシットリモチモチの皮が美味しかったなあ、、、
 
DSC04868.JPG
メインディッシュは二つの籠の中に3品づつ入れられて運ばれてきました。
上から「鱈と帆立の甘酢餡かけ」、「豆苗と押し豆腐の和え物」、「清芳ミニフカヒレ」の3種類!
 
やはり印象に残ったのは、小さいながらも高級食材のミニフカヒレ!とろける食感と極上の舌触りで、至福の時間!ああ最高。。。
 
DSC04869.JPG
もうひとつの籠には「腸詰と百合根の炒め」 、「細切り肉とザーサイの黒豆蒸し」、「大根餅豆板醤添え」
 
どれも高級中華料理店でしか味わえない上品な中華が、少量ながら安価なランチで食べれるのが嬉しい。人気になるはずだよね!
 
DSC04874.JPG
最後は「干し貝柱入り広東白粥」!小皿には薬味になるのかな?小さい揚げパン、アミエビ、ザーサイが乗せられており、お好きなものを乗せて頂いてくださいとのこと。
 
もちろん貧乏性なので、全部乗せで美味しくいただきます!濃厚なアミエビが一番美味しかったけどね!
 
DSC04875.JPG 
最後のデザートは、杏仁豆腐っぽいけど、これ「湯葉のデザート」。湯葉ってこんなに美味しいのっていうくらい上品な舌触りのデザート!これでポッキリ2100円(税込み)は安い!
 
平日なので並ぶような事も無いし、休みが取れたらもう一度行ってみたいなぁ。。。 

菜香新館広東料理 / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9







Last updated  2016年06月06日 21時44分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月13日
カテゴリ:中華街
平日の会社帰りにたまに寄っている中華街。平日の昼でも並んでいる人気店でも、夜の19時過ぎならなら、閉店間際なので並ばずに入店できる。 
 
IMG_6520.JPG
 
今回伺ったのは何回か訪問しているのですが、中華街屈指の人気店であり歴史のある老舗店「海員閣
 
IMG_6520.JPG
 
休日なんて長蛇の列が出来ていて、地元民は絶対に入りたくないけど、閉店30分前とかは待ち時間全く無しで席に座ることが出来る。しっかし、相変わらず年季が入ってる外観だなぁ。。。 
 
IMG_4908.JPG
 
もちろん、店内の内装や店員さんも年季が入ってます!このお店、入り口横に急な階段があり、2階席があるようなのだけど、どんな内装なのでしょう? 大人数用で使っているようですが、いつも一人なので、1Fのテーブル席へ。
 
IMG_6523.JPG
 
前回、「牛バラそば(900円)」を食べたところ、「豚バラそば(850円)」の方が美味しいよ!という情報があり、それを頂きに来た次第。出てきた品をみてビックリ! 
牛バラそばよりも安いにも拘らず、とろみ感たっぷりのスープの上には青菜と山盛りの豚バラ肉がゴロゴロ入っているではないか。
 
IMG_6526.JPG
 
まずはスープを一口飲んでみると、肉の旨みが溶け出した甘みのあるスープはアッサリとしていながらコクのあるスープ。豚バラもトロトロに煮込まれていて、下手なラーメン屋に行くのだったら、こちらの方に来ちゃうな!!
 
IMG_6528.JPG
 
前回食べ損ねた「シューマイ(500円)」も頼んでみました。出て来たのは小皿に乗った、イモ虫みたいなシューマイが4個。
でも、どうやったらこんな形になるのだろう?とは言え、実はこんな歪な形をしたシュウマイや餃子が美味しかったりするのは経験済み。さっそく頂いてみる!
 
IMG_6531.JPG
 
一口食べてみると、肉々しさを感じるシューマイは旨みを凝縮したイメージ。そして、一個に付き、プリプリの小海老が一匹入っている。。。いや~、このシュウマイは旨いなぁ。初めて来た人には是非、このセットを食べてもらいたい!
 
IMG_4927.JPG
 
帰り際にやはり休日は長蛇の列が出来ている小籠包専門店「玉府井」の前を通ると、やはりお客はほとんど居ない状況。せっかくなので買い食いなんかしてみよっかなぁ(JKか!)
  
IMG_4919.JPG
 
頼んだのは一番安かった「正宗生煎包(500円)」
熱いので気を付けてと言われたが、見た目はそれほど熱そうでは無い! 

IMG_4923.JPG
 
一口食べてみると、肉汁がピュピュッとな!熱い~!!そして旨いー!
とにかく肉汁がすごいの!まるでスープを飲んでいるような感じ。あーこれは人気出ますね。。まー、味的には、新杉田にある立ち食い小籠包専門店と変わらないかも知れませんけどね。 
 
あっ、今日もお酒は呑んでませんよ! それと携帯を無くしたので、ツイッターの方にメッセージをもらっても返事できません。よろしくお願いしますm(__)m
 
 






Last updated  2016年04月13日 23時41分18秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年03月05日
カテゴリ:中華街

DSC09955.JPG

平日の夜に良く伺っている横浜屈指の観光エリア「中華街(China town)」最近は午後に休みを取り、平日限定ランチも食べに行ってます。

伺ったのは中華街でも老舗のお店「四五六菜館 別館」。外観は少し高級なイメージだけど大丈夫かな?では入店。

IMG_4612.JPG

店内に入るとすぐにスーツ姿の店員さんに2Fへ案内されます。椅子やテーブルも気品に溢れた少し高そうな物を使っているのですが、作業着姿でランチを食べに来ている人も居て一安心。と言うことは当たりの店!?

IMG_4599.JPG

さっそく平日限定のメニューを拝見。

おおっ、老舗の中華店にしては700円~800円が中心のリーズナブルな価格!お昼のランチには、ライス、漬物、スープが付く。ランチビール200円に惹かれるけど、車なので諦めますね。。。

IMG_4606.JPG

頼んだのは「豚肉の唐揚げ特製ソース掛け(700円)」

最初に来たのが、ザーサイ、玉子スープ、ご飯が入ったおひつ。

DSC09946.JPG

玉子スープはトロミ加減が絶妙で、流石、老舗中華店という印象で手抜きなし!

DSC09948.JPG

おひつの蓋を開けて見ると、普通盛り2杯分はあるかという量のご飯!嬉しい事にご飯を全部食べてしまっても、さらにお代わり可能との事!!まだ、メインの品は来ていないけど、やはり、このお店は当たりかな?

IMG_4608.JPG

しばらくして、豚肉の唐揚げ特製ソース掛けが到着。お皿の上には千切りキャベツのが敷かれていて、その上にピンク色をした豚の唐揚げ。上には冷たいガーリックソースが掛けられている。

豚肉を食べて見ると衣が少し甘いかな?揚げた後に甘酢に通しているのかも。そして、上に掛かっているガーリックソースがサッパリ系で美味いのなんの!お昼は小食だけど、ご飯がもりもりススム!

IMG_4602.JPG

ご飯が少し余ってしまったため、せっかくここまで来たので追加の品を注文。この日は、四五六点心フェアというのを開催していたため、「なごみ焼まん(500円)」を注文。

IMG_4611.JPG

出てきた焼まんはお皿の上に5個、潰れたシュウマイのような見た目ね。

ひじきや枝豆、沢庵、干しえびなどが入った焼まんは、和テイストの味がして、沢庵のポリポリ感にホシ海老の香り、、うめえ、うめえ。。さすが中華街の点心フェスティバルで金賞を受賞しただけのことはある! 

DSC09954.JPG

最後にコーヒーと杏仁豆腐が出てきて終了!これで700円(焼まんは除く)は破格としか言いようが無い!平日は行けないという方はお高くはなりますが、土日もランチ営業しているので、そちらに伺ってみてください!

四五六菜館 別館上海料理 / 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅
 







Last updated  2016年03月07日 08時09分10秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年02月26日
カテゴリ:中華街

DSC04927.JPG

さて、この日は半休を使って平日昼間の中華街に降り立ちました!横浜屈指の観光地だけあって、平日でも修学旅行の学生などで混んでますね~

IMG_7666.JPG

今回伺ったのは、広東系焼き物専門店「金陵」。一見、テイクアウトしか出来ないようなお店の作りですが、雑居ビルの2Fに上がると食事も出来ると言う!

IMG_7665.JPG

店内のお母さんに、「食事は出来ますか?」というと2Fに上がれと言うそっけない返事。さっそく薄暗い階段を上がり、怪しい2Fへ。ってこれ、人が住んでいそうだけど大丈夫!?。。。

IMG_7644.JPG

薄暗い部屋に入ると中央にお世辞にも綺麗とは言えない円卓!その横にある2人掛けのテーブルに座ろうかと思いきや、お化けのように立っていた(薄暗いのでね)中国姉さんに円卓か一人用の席に座れと言われる。怖っ!

円卓の方は別の一人客が居たため、窓の前にある、おひとり様席に陣取ります!

IMG_7642.JPGIMG_7649.JPG

メニューを拝見。

おおっ。こんなお店っぽく無いお店なのに、ちゃんとチャーハンや麺類が揃っている。でも、自分が目指してきたのは下のメニュー!

13種類のお肉の中から2種類を選べる2色丼(メニューには説明が一切書いてない)を選択。一種類めのお肉は、ここの名物と言う「皮付き焼豚」。そしてもう一種類はやはり早めに売り切れてしまうという「焼きあひる」を選択!

DSC04929.JPG

しばらくして出てきましたよ!あひる丼のセットが!!

内容は小鉢のザーサイにスープ。そしてメインの2色丼(1200円)

DSC04928.JPG

2色丼には下に中盛りぐらいのご飯が潜んでおり、その上にはボリュームタップリの2種類のお肉!その横には青菜が添えられている!

まずは皮付き焼豚!厚さは1cmほどのものが8切れ。さっそく食べて見ると、皮の部分がパリパリと音がするほどのパリッパリに焼かれている。いや、流石に焼き物専門店だけあって、美味いわぁ、これ。。

DSC04930.JPG

続いて皮が飴色に焼かれているアヒルちゃんを頂く!一口食べて見ると、八角の味が口に広がる。皮はパリパリで身は柔らかく、変な癖は無い。ああ、これも焼豚とはまた違った感覚で美味し~い!

ただ、小骨が気になったのと八角が駄目な人は止めた方が良いかもしれない。下のご飯は特に普通のものだったよ!

IMG_7663.JPG

最後のスープは取って付けたような、ニンジン、グリンピースなどが入っている、語る気もおきない普通のスープ。これはおまけだと思った方が良い!

平日の怪しい店舗だけに観光客は少なかったが、休日になると早めにアヒルなどは売り切れてしまうとのこと。食べたい方は、早い時間に行った方が良いかもね!!

あっ、それと、接客は現地そのものなので、日本的接客を求める人にはイラっと来るかもよ!

金陵広東料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7







Last updated  2016年02月27日 13時28分35秒
コメント(8) | コメントを書く
2016年02月09日
カテゴリ:中華街
休肝日の平日夜に攻めている中華街グルメ。この日は半休を取り、珍しく平日昼の中華街を攻めて来ました! 
DSC04903.JPG 
伺ったのは中華街最古のお店と言うよりも、日本で一番古い中華料理店と言った方がその凄さがわかるだろうか?明治17年創業の老舗高級中華レストラン「聘珍樓」!
 
今まで生きて来て、萬珍楼や重慶飯店辺りなら何らかの行事で入ったことがあるが、夜の部になるとチャーハンが三千~四千円というこちらには流石に入った事がない。でも、平日の限定ランチは一般人でも気軽に食べれる価格と言うので伺って見た次第。入り口から重厚な雰囲気がひしひしとするわね。。。 
DSC04925.JPG 
ロボットみたいにガチガチに緊張しながら店内へ。中へ入ると清潔感溢れる豪華な内装。中央には大きな観葉植物が植えられている。受付に行くとランチは飲茶席と食事席があるので、安い飲茶席を選択(笑)
DSC04907.JPG 
案内されたのはセレブ達が食べていた円卓席のずっと奥にあるテーブル席。周りには誰も居なくて作業着みたいな恰好で行ったのがマズかったか?それとも一人なので気を使ってくれたのか?まあいいや!静かだし、、、
IMG_7076.JPGIMG_7077.JPGIMG_7078.JPGIMG_7079.JPG
 
まずはメニューを拝見(クリックで拡大)
心配しながらメニューを見てみると、一個づつ頼める飲茶が300円以下という価格。税込み価格での記載もありサービス料10%も廃止されたということでホッと一安心!  
DSC04910.JPG 
まずは前菜で頼んだのが「本格窯焼きチャーシュー(1190円税抜き)」
これは少しお高いけど、甘めのタレで香ばしく焼かれたチャーシューは流石の一言。洗練されたお味でとても美味しい! 
DSC04911.JPG 
注文を頼みます。最初は「大根餅(260円)」 
DSC04916.JPG 
大根、腸詰、干し海老、椎茸を上新粉と一緒に揚げた拘りの一品は、サクサクモチモチでこんな美味い大根餅は食べた事ねぇ! と言っておきましょう! 
DSC04912.JPG 
続いて近所の中華店でも良く見掛ける「春巻き(260円)」一般的な中華店だと一個でこの価格は高いと感じるけど、このお店だと安く思えるのが不思議。
DSC04915.JPG 
餡には筍、椎茸、海老、豚肉が入っており、パリパリの春巻きは美味しいけど、それほどの感動は無いかも、、、 
DSC04917.JPG
これは「海老入り蒸し餃子(260円)」
半透明の皮から桜色の海老が透けて見えて見た目にも美味しそう!一口食べてみると、ああ、海老がプリプリだ。もう旨いとしか表現できない!
DSC04920.JPG 
点心の〆は「小籠包(210円)」
一口食べてみると、食べ口から肉汁が溢れだしますよー!一緒に出て来た漬け汁は、なんだかやたら臭いものなのですが、食べると酸味があってナンプラーのような物なのかな?
DSC04922.JPG 
最後にこのお店が発祥の「サンマーメン(900円)」で〆。出て来たサンマーメンは器が小さい(笑)具には豆モヤシ、青菜、パブリカなどが入っており、野菜は全てシャキシャキで優しい味のスープで文句無しに美味い!ちなみにお会計は三千円弱。
老舗高級店でも平日のランチはお得なので、休みが取れる方は是非、来訪することをお勧めしますよ!

聘珍樓 横濱本店広東料理 / 日本大通り駅元町・中華街駅石川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8







Last updated  2016年02月10日 08時30分03秒
コメント(0) | コメントを書く

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.