10943194 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

小径のヌシ(^-^)@ Re:野毛 大衆酒場ビートル・チェーン展開する居酒屋が野毛にオープン!(10/11) おぉ~ この肉豆腐は一度食べてみたいで…

Headline News

全374件 (374件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >

黄金町、阪東橋

2019年08月01日
XML
カテゴリ:黄金町、阪東橋


最近、自宅で天ぷらを揚げて食べる喜びに目覚めました。パン粉系の揚げ物と違って、なかなか難しい訳です。という事で、横浜橋商店街内にある老舗の蕎麦屋「​いろは​」に天ぷらの勉強に行ってきました。



蕎麦屋と言っても定食類も揃っているし、野菜などは静岡の方から送ってもらっているらしい。
昔に昼のみで入ってことがあるけど、今回で2回目の訪問。夜は20時ぐらいまで営業している。



なにか懐かしい店内。
店頭に創業明治から引き継いだ麺つゆを使っていると書いてあるので、相当な老舗かと!



接客担当の元気なお母さんと厨房の担当は息子さん達かな?
客の年齢層はかなり高めでした。

こんな昔の雰囲気に、ほっとしに来るのかもね。



酒は瓶ビールと日本酒しか置いてなかったかと。
最近、糖尿が進んでいるのでビールを選択。
まぁ、痛風にも悪いけどね。。。



一品料理も揃って居るので、昼から呑むのも良し。
ちなみに昼呑みを控えるようになってからは、体調がすこぶる良くなりました。



季節野菜の天ぷらと蕎麦のセットを注文。


天ぷらは、大葉、ミニトマト、ピーマン、サツマイモなど。
ちょっと揚げ方は、自分のレベルと大差ないかも。。。



年季の入った器で出てきた蕎麦。
これもこしが少し足りないか?

まぁ、ここは近所の人が通う庶民的な価格と味の蕎麦屋でもっていると思うので、味としてはいたって普通かと思います。

ただ、下町のこの雰囲気で、昼から呑むのにはよろしいかと!






Last updated  2019年08月01日 19時22分27秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年07月11日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


大分、前の話ですが、曙町で長年営業していた年中無休24h営業の早い安いで有名な中華一番が閉店しました。

そして、系列の閉業した和食一番の後に「​お食事処 一番​」として、新しくオープンしたのが数年前。
こちらの晩酌セットがお得だし居心地も良いので、たまに伺っている次第。



頼んだのはもちろん、晩酌セット1200円。辛い冷奴に焼酎のミニボトル(300ml)。
そして氷と水(薄い麦茶)は、テーブルの上に置いてあるポットのを使用します。

もう一品は今月のサービス品か、ミニ野菜炒め、豚冷菜などが一品付いてくるセット。
以前は1100円だったけど、消費税を見越してか値上がってしまったのが残念。



セットの一品は今月のサービス品の中から、豚の味噌炒めだったか?
得意の豚バラと玉ねぎを炒めて、キャベツの千切りの上の乗せただけのもの。

生野菜も摂取できて、つまみにはちょうど良いけど。



もう一品、今月のサービス品350円から頼んだのは、豚の甘酢炒め。

酢豚っぽいものを予想していたわけですが、これも得意の豚バラを甘酢ソースで炒めたもの。
下にはモヤシが敷いてありました(笑)

しかし、300mlのミニボトルは呑みごたえある。
呑めない人は持ち帰っても良し!



もう、最近は全く食べれなくなりました。〆でガツンとカツカレーなんて食べていた数年前が懐かしい。
で、軽めのミニサンマーメン480円?

注文して2分ぐらいで出てきたけど、どういう調理をしているのか?
これも野菜摂取するにはちょうど良いメニューです。

ちなみにミニチャーハンは通常ぐらいのサイズがあるので、今回は止めておきました。






Last updated  2019年07月11日 19時20分08秒
コメント(3) | コメントを書く
2019年07月04日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


平日の夕方。早く帰れたので昼から体力的に無理となった角打ちでも行ってみようかと永楽町へ!
永楽湯近くの「​愛知屋酒店​」向かうも、平日休みで嫌な予感。

おかしいなぁと思いSNSなどで事情を調べてみると、やはり5月で閉業をいう情報。
酒屋自体、続けていくのは厳しいかと思うけど、ほんとに残念。
南区にある11軒の角打ちできる酒屋のうち、今年だけで2軒閉業するらしいです。




こちらもかなり久し振りになる愛知屋酒店から徒歩で5分ほどの「​山上酒店​」へ
歴史はわかりませんが、かなりの老舗酒屋。



お店に立っているのは、かなり足が悪くなってしまった高齢のお母さん。
息子さん夫婦は配達専門だったが、今も配達しているのかはわかならい。

今の時代、酒屋だけで生計立てていくのは、難しいから。。



アテは、缶詰に乾きもの。
10年前はガラの良くないお客さんもいましたが、今では会社帰りのサラリーマンがメインです。



ホッピーに焼酎半分、氷にスルメを頂きました。



店内の様子。
電源の入っていないスタンディングゲーム機に壁には横浜高校のペナント。
恐らく、出身校なのでしょうね!



壁に掛かっている廃版になった「南区の歴史」が読める貴重なお店。
奥のそろばんは、お母さんの電卓。



焼酎の中身お代わりにソフトせんべえを頂いて退散。
お母さんの足も悪そうだし計算間違いも増えてきて、こちらも早めに何度が足を運んでおいた方がよさそうかも知れませんm(__)m






Last updated  2019年07月04日 20時03分29秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年05月28日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


黄金町界隈で刺身が食べたいと言ったら、安くて旨いこちらの「大衆酒場 和泉屋」に行く事が多いです。
が、最近は平日でもなかなか入れない混雑ぶり。

おまけにBSの酒場を放浪している番組の取材があったらしく、放映後にはしばらく入れなくなるかと思います( ノД`)



酒は菊正宗の樽酒から開始!
お通しは枝豆。



780円(税抜き)というお得な価格の青魚三点盛から。
中央のはブリかな?たまに青魚が切れると、少しだけお高い刺身三点盛のネタを乗せてくれたりもします。



ツマはスライサーを使わない手切りなので、繊維が潰れて無く透き通っている。



アサリの酒蒸し。
同じ価格でアサリバターも選べます。



カキフライ。
こちらの店主は洋食の経験もあるので、フライ系は特に美味い。
自家製?タルタルソースが逸品!



タイの兜焼き。
自分のところで一匹ものの魚を捌いているからこそ出せる一品。



酒はハイボールに移行。
そして、イワシが余ったのかな?

出来立てのイワシのつみれが出来たというので、すかさず注文。
あー美味いね!
暫く行けなくなると思うと残念だなぁー、、、






Last updated  2019年05月28日 23時37分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年05月20日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


ちょっと前の元気だったころ。
横浜橋商店街を抜けて、酔来軒とは反対方面に100mほど歩いたエリアに前から気になっている居酒屋があったんです。



お店の屋号は「​酒処 美せん​」みるからに老舗と言った外観!
ただ、店内が見せなくて、とても入り辛い雰囲気。ヨボヨボのお婆さんが出てきたらどうしようかと思ったりして!

まぁ、老舗店がぼったりすることはないだろうと思い、思い切って潜入してみました!!



店内は6席ほどのカウンター席に小さな小上がり席があったかと。
店を仕切っていたのは、60歳後半?ぐらいのおばさん。



話を聞いてみると、もうここで30年ぐらい営業しているとのこと。
この日の夜の部は客は居なかったが、昼のランチ時には満席で入れないことも多いと言ってました。



まずは様子見で生ビールを注文。
店内の造りは昭和の定食屋と言った雰囲気で、初めてのお店と言えども落ち着きます。



お通し代は取られたかは記憶が無いですが、この日は2点のお通しが出てきました。
作り置きだったので、ランチで作って余った分とかのような気がします。
でも、おふくろの味と言った感じで味付けが決まってる!



メニューにあった餃子は、冷凍してあったものを焼いてくれました。
庵が多くて美味しい餃子。おそらく手作り品かと!



緑茶ハイを頂いて終了。
いや、居心地が良かったので、また後日伺ってみました。



この日は店頭におでんの幟があるので、名物なのかな?と思い頼んでみました。
おでんセット。まぁ、普通に美味しいおでんだったのは覚えてます。

写真を見ると、お通しはかき揚げだったのかな?



キムチ納豆。
焼き魚などもあるのですが、メニュー構成をみているとランチの延長で居酒屋をやっているというような印象。界隈は南区役所もあり、夜よりも昼の方が賑やかだと思いますので!



ソーセージ炒め。
昔からある普通の居酒屋なので遠征してまで来ることはありませんが、静かな時間を過ごしたいという飲兵衛にはうってつけの酒場かと思います。

2回伺いましたが、お会計は大体2500円ほどでしたね。






Last updated  2019年05月20日 23時25分37秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年05月14日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


地下鉄 阪東橋駅を出て、すぐの医大通り沿いにある老舗の中華料理屋「うらふね」
特にこのお店でなければダメと言う訳ではないけど、半年に一度ほど伺いたくなるお店。



味は普通だと思うのだけど、平日は団体客でいつも賑わっているお店。
まずはホッピーセット380円。

今思えば、このホッピーの安さに惹かれて入ってしまったのかもしれない。
お通しの枝豆は、恐らくサービス品。



メニュー
価格は標準的な中華店と変わらないかと。
変わり種メニューのカレーラーメンは経験したが、焼肉ラーメンはまだ未食!

ストレートなお店なので、ラーメンの上に焼いただけの焼肉が出てくるはず!!



酒のアテは、餃子350円。
価格は安い。ただし、下町の中華料理屋に出てくるような、素朴な味の餃子。
なんだか、懐かしい。。。



最近は、痛風の連鎖が続いているので、早めの〆。
頼んだのは、かたやきそば600円。

量が多いのでツマミ代わりになるが、課長が効いていて喉が渇いたな。。。



夕食を食べるついでに、軽く飲みというパターンで使っています。
ホッピーの中身が150円というのも、通う理由かも!

ほんとに普通のお店で遠征してまでくるお店ではありませんが、地元民にとっては居心地がとても良いお店。大体が二千円以内で済むのも嬉しいお店!






Last updated  2019年05月14日 23時24分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月28日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


市営地下鉄の阪東橋から医大通り沿いにある老舗の食堂「​めしの伊勢屋​」

界隈で食堂と言うと中村川沿いにある埼玉屋食堂が有名ですが、向こうは食堂というより、
殆どの人が呑んでいるため、酒場に近いものがありますね。



こちらは呑むというよりも、食事がメインの食堂。
この界隈は中華、韓国、タイ、台湾料理などは多いけど、焼き魚、煮魚が食べれるお店は貴重な存在。

と言っても魚系の定食は、まだ食べたことが無いけど、、、



店内は、思いっきり大衆食堂と言った印象。
夜の閉店1時間前はお客がいなかったけど、平日の昼はどうなんだろう?
混んでいるのだろうか?



定食の他にも、お惣菜や煮物、玉子焼き系などの単品メニューが置いてあるので、
呑む事も可能!

ただし、酒の種類は少なくてビール、日本酒、サワー類ぐらいしか置いてない!




お茶割の中400円を軽く一杯頂く。小だと300円。



さて、定食。
価格は総じて安く、揚げ物系の定食がメインかも。

大体が650円から食べれてしまう!
そういえば10年ほど前から価格が変わっていないような気がするが、消費税があがると
値上げしてしまうのだろうか?



頼んだのは、てごねメンチカツ定食650円。
メインのメンチカツが2枚にお新香、サラダ、みそ汁は春菊が入っていた。

味的には普通なのだけど、こんな家庭的な食堂なんて昔は沢山あったけど、
時代の流れか、どんどんと閉業していってしまう。

そういえば、川崎駅近くの大衆食堂も閉店するっていう情報を聞いたっけ。。。。






Last updated  2019年04月28日 12時28分48秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年04月04日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


下町にある濱の台所「横浜橋商店街」
最近は近くに出来たスーパーのせいなのか、閉業するお店が多くなってきた商店街。

その入り口付近に出来た立ち飲み屋がけっこうなお気に入りで、たまに伺っている次第。



「立ち飲み処 まいめり」
以前は、お惣菜屋、その前は床屋だったかな?

伊勢佐木モールのオデオンビル前にあるお好み焼き屋「メリケン波止場」の系列店。
さっそく中へ。



店内はL字のカウンターのみで、奥の席は年配のためにか?座れるようになっています。
酒はお得なサービスホッピーセット400円から開始!

1合ほどの焼酎が付いてくるので、呑みごたえあり。
サービスというので一度きりしか注文できないのかと聞いてみると、何度でも注文可能らしい!



魚肉ソーセージ100円。
なんも手間が掛かってないけど、安いので満足できる一品。
角打ちと同程度の価格だね。



オニオンスライス100円。
価格設定をみていると、このお店儲ける気があるのかと思ってしまうような価格設定。

一番高いもので300円だったかと。



ホッピーサービスセットをお代わりして、アテは柿ピー50円。。。
こちらのお店は朝の10時から営業で、夜の20時には片付け始めてしまう昼間営業型の店舗。

話を聞いてみると、土地柄的なものなのか、昼の方が混んでいるみたいよ!!






Last updated  2019年04月04日 23時44分04秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年04月01日
カテゴリ:黄金町、阪東橋
花見の季節です。
昔は楽しみにしていたこの季節。

量が呑めなくなった今では、まったくの苦痛にしか感じなくなってしまった季節となりました。



さて、調子が良かった平日の夜。
馴染みの酒屋に伺った後、伊勢佐木モール沿いの酒屋「甘粕屋酒店」が気になり、目の前を通ると20時過ぎなのに営業中!

1年ぶり以上ですが、気になったので入ってみました!



日本酒豊富な酒屋です。
店主は40代ぐらいの若大将。

ほとんどの酒屋が今の代で終了する中、息子さんが継いだのはえらいなぁ。
お店の奥にいたお母さんも健在で一安心!



平日で日本酒呑むとやらかしそうだったので、軽めにウコンハイ380円を注文。
アテは、何を頼んだか覚えてませんが、小鉢は160円台のものが8種類ほどあったかと!



カウンターの上には日本酒造りの過程が順番に描かれているフィギア。
酒蔵を見学したことがありますが、思った以上に手間がかかってます。



日本酒は呑み比べセットもあり。
最近は記憶をなくしてしまうので、控えてますが!



2杯目は薬用酒のデルカップで〆。
赤いラベルの甘口は12度。辛口は倍の24度だったかな?

もちろん売れているのは辛口の方!



たのんだのはもちろん24度の辛口220円の方。
お新香も追加でね!

呑むとカァーと胃が熱くなるお酒。
でもね、薬用成分が10種類ほど、入っているので悪酔いはしないです!

界隈、酒屋が多すぎて身体の方が持ちませんね。。。






Last updated  2019年04月01日 23時36分42秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年03月21日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


最近は呑む量が少なくなってきたと同時に、物忘れが激しくなりました。これは去年の初夏か秋口に行った写真と思います。

とにかくすがすがしい陽気の日としか覚えてません。阪東橋の角打ちエリアにある大正創業の老舗酒屋「​内藤酒店​」



うろ覚えですが、恐らく近くの大衆食堂に休日昼間に向かうも満席で弾かれて、ここで呑んでから近くの磯村屋で焼きそばを食べたのではないかと思います。

遠征してくる客は、近くの銭湯でひとっ風呂浴びてからここに来る客もいるという。



昔は毎週のように昼間から、この界隈で呑んでいたことが懐かしい。
歳をとると、誰しもお酒が飲めなくなってくるんだね!



月に二度ぐらいは昼呑みの日を設けて、もう一度この界隈を散策してみようと思っているこの頃。
いつまでもあると思うな、親と酒屋って言うからね!






Last updated  2019年03月21日 23時51分05秒
コメント(4) | コメントを書く

全374件 (374件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.