119408 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

地球をまるごと抱きしめる!

地球をまるごと抱きしめる!

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Profile

echo+

echo+

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

echo@ Re[1]:恵比寿「黄金屋 隠れ艶」(12/16) keiko’s timeさん keiちゃんキャラ全開…
keiko’s time@ Re:恵比寿「黄金屋 隠れ艶」(12/16) 本当、美味しかったよね~~ メニューラ…
echo+@ Re:こんばんは(09/23) es9-ジョージさん コメントありがとう…
es9-ジョージ@ こんばんは この店はすごい店ですよね。 牛肉がとて…
echo@ Re[1]:東京国立博物館「仏像」と「猫」(11/30) マミさん すごい~ニアミス! 真ん…

Freepage List

2005.08.23
XML
カテゴリ:チャレンジ
今日はとても楽しみな「チーズ教室」の第3回目。

講義内容は「チーズは生きている」。

チーズはメソポタミア発祥の、パン・ワインと同じ発酵食品。
初めにタイプ別にその様子を学ぶ。

次に

***チーズを美味しく食べるには***

(買うとき)
・保存状態の良い店を選ぶ
・店員がチーズの知識を持っている店を選ぶ
・大量購入せず、食べるだけの量をその都度買う

(食べるとき)
・食べる30分前に冷蔵庫から出しておく
(青カビは1時間くらい前に出すと色や風味が格段に良くなる)
・包装紙をはずし、空気に触れさせる
・包みの中の匂いをのぞく


***チーズの保存法***

・ラップでキチンと包み、冷蔵庫で保管
・断面が流れる場合は、容器の側面に押し付けて保存
・ウォッシュタイプは乾燥を嫌うので、ぬれ布巾に包んで容器へ


***チーズとワインの組み合わせ***

・同じ地方で出来たもの、近くの地方のものが相性がいい
(↑土が同じだからです。スローフードですね)
・ワインを一種類だけ選ぶなら、赤ワイン
・塩分の強いチーズには、酸味の多いワイン、
 脂肪分の高いチーズには、渋みの強いワインがいい


↑一応このようには教わりますが、先生曰く、
「自分の好きなチーズを自分の好きなワインでいただけばいいんですよ」

うん、納得。

この「好みを知る」ためには、たくさんの種類を食べてみること。

そのため本日のチーズは3種類のチーズを
それぞれ熟成度の違いのよる「食べ比べ」をした。


1.カマンベール(未熟)  賞味期限一週間おき
2.カマンベール(適熟)
3.カマンベール(過熟)          
4.ゴーダ   (6ヶ月)
5.ゴーダ   (18ヶ月)
6.ミモレット (8ヶ月)
7.ミモレット (24ヶ月) 


風味・におい・色などが全然違う!
カマンベールはとろーりいい感じになる過熟が、
他のハードタイプは日にちがたつと塩分が強くなるから、
淡白だけど若い方がいい・・・
  
食べないと違いがわからないし、
自分の好みがはっきりすることに気づいて楽しかった。

 
本日の先生はチーズを育て続けて40年の方。
チーズを人称で呼んで大変慈しんで育てている。

何より「ひとつのことを続ける」ことの大切さを切々と語られていた。
それを実行してきたからこその熱い想いが伝わってきた。
    


        





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005.08.25 12:23:19
[チャレンジ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.