1777540 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

私家版 さいたまの石仏

私家版 さいたまの石仏

PR

Profile

☆いたやま☆

☆いたやま☆

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Free Space

自転車とカメラが趣味で、気軽に写真を撮っています。
お地蔵様や庚申塔などの石仏にはまってしまいました。

さいたま市の石仏探しの参考書として
「石の文化財-浦和の石造物」浦和市教育委員会
「郷土の石佛 写生行脚一期一会」酒井 正

私家版さいたまの石仏のホームページ版は
http://saita-seki.jimdo.com/

2013.11.19 ブログ開設
2014.11.08 10,000アクセス
2015.04.02 20,000アクセス
2015.10.22 50,000アクセス
2016.06.27 100,000アクセス
2017.04.12 200,000アクセス
2018.01.25 300,000アクセス
2018.08.17 400,000アクセス
2019.04.07 500,000アクセス
2019.11.19 600,000アクセス
2020.05.28 700,000アクセス
2020.10.27 800,000アクセス
2021.03.07 900,000アクセス
2021.07.02 1,000,000アクセス
2021.11.28 1,100,000アクセス
2022.03.29 1,200,000アクセス
2022.07.14 1,300,000アクセス
2022.10.28 1,400,000アクセス
2023.03.29 1,500,000アクセス
2023.09.06 1,600,000アクセス
2024.03.12 1.700,000アクセス

Calendar

みほとけよ祈らせ給へあまりにも
短きこの世を過ぎゆくわれに (河野裕子)
2024.07.21
XML
ホームページ「私家版さいたまの石仏」はこちら

今日は大崎の残り二か所と浦和民家園の石仏です。

大崎薬師堂墓地 緑区大崎3142​[地図]


大崎公園の西、見沼代用水東縁の北の台地に薬師堂の墓地があった。


薬師堂の左手前に石塔が並んでいる。右の小さな丸彫りの地蔵菩薩塔は銘が見当たらず詳細は不明。


その隣 普門品供養塔 文政2(1819)四角い台の上の角柱型の石塔の正面、梵字「サ」の下に「普門品供養塔」下の台の正面に大きな字で「講中」


塔の右側面に造立年月日。台の右側面に9名の名前。台の左側面には6名と世話人1名の名前。合わせて講中16名になる。

美園中学校東住宅庭 緑区大崎2559​ [地図]


日光御成街道、美園中学校入口のすぐ南、道路西側の造園屋さんの庭に石塔が立っていた。


庚申塔 享保4(1719)大きな四角い台の上の唐破風笠付き角柱型の石塔の正面 日月雲 青面金剛立像 合掌型六臂。台の正面に「大崎村中」


白カビが多く、像は風化のためにはっきりしない。顔はつぶれていた。


足下に全身型の邪鬼。首がねじれ、手は奇妙な形で折られ、足が異様に小さい。その下の三猿は比較的大きく、両脇の猿が内を向く構図、頭が大きく背中を丸めて座る姿が、なんだか胎児のように見えた。


塔の左側面に造立年月日。続いて武刕足立郡南部領大崎邨施主敬立。


右側面中央に「奉造立青面金剛守護」右脇に庚申供養、左脇に二世安樂と刻まれていた。

浦和民家園内 緑区下山口新田1282​[地図]


国道463号線、芝川に架かる念仏橋の東の国道南側に「浦和くらしの博物館民家園」の入口がある。国道の北側が大崎、南は下山口新田になるが、今回は大崎の石仏と一緒に取り上げることにした。入口から右回りに進む。中央の広場を取り囲むように古民家が並んでいた。


しばらく進むと右手に三基の馬頭観音塔が並んでいる。10年前にはなかったもの。脇に解説板が立っていて、この三基の馬頭観音塔は浦和区針ヶ谷から移設されたらしい。


右 馬頭観音塔 嘉永5(1852)駒形の石塔の正面、梵字「カン」の下に「馬頭觀世□」下部は剥落。


塔の右側面に造立年月日。左側面に針ヶ谷村 施主とあり個人の名前が刻まれていた。


中央 馬頭観音塔 天保14(1843)四角い台の上 舟形光背に一面三眼忿怒相二臂の馬頭観音立像を浮き彫り。ふっくらと馬口印を結ぶ。


頭上の馬頭は鮮明。塔の右側面に造立年月日。左側面には針ヶ谷村 馬持講中と刻まれている。 


左 馬頭観音塔 文化10(1813)四角い台の上の角柱型の石塔の正面に力強く「馬頭觀世音」


塔の右側面に造立年月日。左側面に當村 講中と刻まれていた。
 
さらに進んでゆくと、その先、美しい竹林の前に二基の庚申塔が並んでいる。こちらも脇に解説板が立っていた。


右 庚申塔 安政3(1856)二段の四角い台の上の角柱型の石塔の正面 日月雲「庚申塔」上の台の正面に三猿。中央の聞か猿は頭を抱え深刻なポーズ。両脇の言わ猿と見猿はそんな聞か猿のほうを向いて座るが、寄り添うこともなく距離を置いている。


塔の左側面に造立年月日。右側面 右から大願成就。二行目に「奉再位馬場稲荷大明神」その左下に三室村馬場組。この部分がこの石塔の主銘だろう。左上に三行、正一位 宝暦2 馬場位 嘉永6 雨屋再建天保4。「馬場稲荷大明神」の履歴か?宝暦2(1752)に正一位稲荷大明神、天保(1833)その雨屋を再建、嘉永6(1853)馬場遷移、ただ当時すでに損傷甚だしく、安政3(1856)に馬場組の人たちがこれを再建して、その記念にこの石塔を造立したという流れだろうか?左下の部分、社主 梓治右エ門、大宮宿在八王子産、幼名 磯五郎。「庚申塔」との関連については定かではない。


左 庚申塔 享和3(1803)四角い台の上の角柱型の石塔の正面を彫りくぼめた中「庚申塔」その下に小さな字で是より ゑど ミち。


塔の右側面を彫りくぼめた中 右ハ よのミち。その下に沼影村願主とあり、沼影の大地主、細渕氏の名前が刻まれていた。


左側面を彫りくぼめた中には うしろハ 引きまたみち。下部に造立年月日。三方向三地名の刻まれた道しるべになっている。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.07.21 18:02:40
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.
X