000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

福岡・博多 人力車出張サービスで思い出イベント       あなたの夢を運びます!博多人力屋

PR

Freepage List

Favorite Blog

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

地下から湧く池 New! 釈円融さん

梅酢de生姜漬 新鮮美感@川島さん

My Present Diary~… NZmasumiさん
"ピカピカ車検"マイ… 修理屋マイスターさん
ゆけ!ポジティヴく… 豊浦魂1996さん
MASHROOM mash roomさん
人生はアドベンチャ… ベンチャー大学の栢野/カヤノさん
kako☆ビューティ… ☆kakoヨガクラブ☆さん

Comments

永松昭仁@ Re:博多駅前の居酒屋「味処ひさ」さん閉店・廃業。(02/23) お世話になります。 もう30年前ほどになり…
神谷商店@ Re[1]:呉服町界隈 飲食店閉店から学ぶ。(10/13) まるやまさん 当ブログへのコメントあり…
まるやま@ Re:呉服町界隈 飲食店閉店から学ぶ。(10/13) 丸功ちゃんぽん店主です。 呉服の店にご来…
神谷商店@ Re:早速のご返事、ありがとうございます!(11/14) くにさきさん  やはり、あの時の軽運送…

全7件 (7件中 1-7件目)

1

気になる書籍

2012.10.29
XML
カテゴリ:気になる書籍
 日曜朝のNHKラジオで、新刊書籍の著者にインタビューする番組がある。28日は、東京渋谷のんべえ横丁で60年に亘って焼鳥屋「鳥重」を営む名物女将・東山とし子さんがゲスト。今年12月でお店を畳むのを機に、これまでの半生をつづったのが「ぶつよ!」。インタビューの中で最も印象に残ったのは、以下二つの言葉。

☆「お勘定を払う身になって商売すれば、どんな不景気な時代になっても怖くない」
→この言葉は自分も商売しているので大いに実感がある。特に価格設定に関して自ら決断する際の判断基準は
「自分が逆(お客様)の立場だったらどう思うか?」
を旨としている。

☆「一人で切り盛りしているので、営業時間中には絶対にトイレに行かない」
→お客様に一言言えば可能だろうが、きちんと手を洗うとはいえ、人前でトイレに席を外すのは、食べ物を提供している自分のプライドが許さない。

 残すところ二ヶ月のお店は、おそらく予約で満杯でしょうから、一般人には幻のお店。このプロ意識だけはせめて見習いたいもの。

 以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま46位に。






Last updated  2012.10.30 09:20:39
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.08
カテゴリ:気になる書籍
 先月の山笠(追い山ならし)ビール会に出向いた際、主催会場の「よびりん」さんこと市川社長から一冊の書籍をいただく。超訳・易経~自分らしく生きるためのヒント(竹村亞希子氏著)という本だが、漢文からの引用が多数登場するため、中々読み進めていくのが大変。読み始めて三分以内に猛烈な睡魔が襲ってくる(笑)。が、何とか歯を食いしばって読み進めていくうちに、興味を惹かれる記述もいくつか。「同人(どうじん)野(や)においてす」の意味を説明する際、銀行キャッシュカードの開発当事者であった友人から直接聞いた話が紹介されていた。以下引用してご紹介。

 ある六つの都市銀行の技術開発者が集まって、どの銀行でも共通に使えるカードの開発を検討していました。しかし当時、各銀行のトップは、どの銀行でも使えるカードをつくったら。他行に顧客が流れてしまうと考え、共通カードにはしないことに決まったのです。
 しかし、技術者たちはどう考えても、将来、社会はどこの銀行でも使えるカードを求めるだろう。それももう間もなくのことだと、先を読んでいたのです。そういう時代が来て、つくり直すことになれば、また莫大な予算や手間がかかります。しかし、いまはトップが共通カードにすることを了解しません。
 そこで、技術開発者たちはそこに集まった者だけの申し合わせにして、共通に使えるカードのシステムをつくり、当面は各銀行の本、支店だけで使えるように、しっかりとロックをかけることにしたのです。
 それから何年か後、やはりどこでも使えるカードが必要だとつくり直すことになったのですが、そのときはシステムのロックをはずしただけで、時間も予算もかからず、ニーズに素早く対応できたのです。

※「同人(どうじん)野(や)においてす」とは
同じ志をもって人と協同していくには、自分の日常から出て、私利私欲、自分の社会的地位、プライドをなくして、隠し事のない公平無私の場に立たなければならない。誰かの名誉や損得にかかわるようなやり方ではだめだと教えています。

 以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま36位に。






Last updated  2012.08.09 09:55:52
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.26
カテゴリ:気になる書籍
 新聞広告欄の見出しと書籍にDVDが添付されていること、そして手元にQUOカード1500円分があったので、タイトルの書籍を天神ジュンク堂で衝動買いし、一気に読破した。著者の井上裕之氏は現役の歯科開業医で歯学博士の他に、経営学博士、コーチ、セラピスト、経営コンサルタントという肩書を持たれた異色の方。
赤ペンチェックは以下のとおり。

☆漢字の「諦める」は、「帝が言う」と書きます。偉い人、自分ではどうしようもできない巨大な力が「やめろ」と言っているから、あきらめる。私にはそう受け取れます。あきらめる理由など何ひとつありません。理由とは、あなたがあきらめるための口実にすぎません。

☆やりたいこととは、あなたの(夏休みの)宿題です。(中略)一つだけ違うのは、大人の宿題には提出期限がないことです。宿題を終わらすことができずに、それこそ永遠に8月31日を過ごしているのです。(中略)あなたがやりたいこと、夢、目標に挑戦しなければ、「9月1日」は永遠にやってこないのです。

☆潜在意識は「ナビゲーション」です。カーナビに目的地を入力すると、行き方や所要時間を教えてくれますが、潜在意識にやりたいこと、夢、目標を植えつけると、それを実現させるために必要なこと、やるべきこと、最適な方法などをあなたに教えてくれ、かつあなたをその道に誘導してくれるのです。

☆古いモノを捨てなければ、新しいモノが入ってこない。何かを捨てなければ、得たいモノが入ってこない。それが、「代償の法則」です。

☆「価値観」と「やりたいこと」はセットなのです。もっというと、価値観と密接に結びついていなければ、「やりたいこと」があっても、問題に直面したらすぐに挫折しかねません。価値観とはそれほど重いものなのです。

☆「応援」と「協力」は違います。応援はやりたいこと、夢を共有した100%本気の行動ですが、協力はその人ができる範囲でのサポートです。(中略)本気の応援があれば、やりたいこと、夢の実現スピードが速まっていきます。そのスピードを出すためには、なによりも本人が自分を信じてやりたいことの実現に向けて、やるべきことを本気で続けていくしかないのです。

 以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま47位に。






Last updated  2012.07.27 07:47:28
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.25
カテゴリ:気になる書籍
 最近新聞の広告欄で頻繁に著書の掲載がある南雲吉則さんのことがずっときになっていた。うたい文句は「50代なのに30代に見える!」。ちょうどお手頃な文庫本「実年齢より20歳若返る!生活術」が刊行されたので、試しに読んでみた。内容はかなりの極論で賛否両論あるかと思われるが、私自身も納得のいく内容ダイジェスト(一部)は以下のとおり。

☆「やせる」「お肌がツヤツヤになる」「抗酸化作用あり」「血液がサラサラに」。こういううたい文句のついた食品や成分を、あたかも日頃の不摂生に対する免罪符のように探し求めては食べる(はやりすたりによって変わりゆく)健康法に飛びつくのは、間違った食生活。

☆真に若さを保ちたい人が食に関して持つべき視点は
「この世のあらゆる生物は自分が生き延びて子孫を残そうとする」、
「人間に食べられたいと思っている植物や動物はない」、そのために
「自分の身を守るための毒を持っている」
ということ。

☆ゴボウ茶の効果の秘密
・野菜や果物の皮には外敵から身を守るための「防菌効果」、傷を治す「創傷治癒作用」、酸化を防ぐ「抗酸化作用」があるポリフェノールが含まれている。ゴボウに含まれるポリフェノール=サポニン。
・ゴボウ茶を飲めば腸の中の脂肪を中和・排泄してくれて、ダイエットになる。
・サポニンが血中で悪玉コレステロールを中和・排泄してくれて、動脈硬化の血管にこびりついたコレステロールもきれいに掃除してくれる。
・ゴボウ茶を飲むと腸管の中ではイヌリン(吸水性ポリマー)が水分を吸収して便を軟らかくしてくれ、血管の中では余分な水分を吸収してむくみを取ってくれる。

☆野菜と果物の違い
=野菜は「食べられたくない」。果物は「食べられたい」。

☆美容の大敵「スモーカーズフェイス」(喫煙者の顔の特徴)
・目の下にくまができる。
・肌がどす黒くなる。
・キメが粗くなる。
・小ジワがよる。

 最も気になったゴボウ茶をネット通販で手に入れて早速飲んでみたが、効果てきめん(笑)。○○で悩んでいる方には一考の価値ありかと。あくまでも個人的見解ですが。。。

 以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま25位に。






Last updated  2012.04.26 10:10:48
コメント(2) | コメントを書く
2011.06.30
カテゴリ:気になる書籍
 先日友人からいただいた図書カードを使って、読んでみたかった書籍を購入。以前のブログでも紹介したことのある近藤麻理恵さんの著書「人生がときめく片づけの魔法」だ。昨年末に発売されてから半年ほどで既に35万部突破のベストセラーとなっているが、人気の裏付けとして、定価1,470円(税込)の書籍がネットオークションでの平均落札価格1,000円で取引されているのも驚くべき事実。
私なりの赤ペンチェックは以下のとおり。

片づけで必要な作業は「モノを捨てること」と「収納場所を決めること」の二つだけ。大事なのは「『捨てる』が先」の順番だけ。
☆モノを一つひとつ手にとり、ときめくモノは残し、ときめかないモノは捨てる。
☆ジャージ姿で過ごす独身女性の部屋には、なぜかサボテンの鉢植えが置いてあることが多い。
☆「過去」がどんなに輝いていたとしても、人は「過去」を生きられるわけではありません。今ときめくことのほうがもっともっと大事だと、私は思います。
☆ときおり、「老後の楽しみに写真を残しておきます」といって、未整理のままの大量の写真を段ボールのままとっておく人がいます。断言しますが、そのいつかはけっしてやってきません。

☆片付けをしてモノを減らしつづけていると、あるとき、自分の適正量に気づく瞬間が訪れます。私はこれを「適正量のカチッとポイント」と呼んでいます。不思議なことに、このカチッとポイント、一回通過すると、その後は絶対にモノが増えなくなります。だから、絶対にリバウンドしないのです。
他人が示した基準に自動的に従っていくノウハウ型の片づけでは、たとえ一時的にきれいになったとしても、それが自分の心地よさの基準に合っていなければ、結局元に戻ってしまう。
☆私の片づけの裏テーマは「お部屋を神社のような空間にすること」。つまり、自分が住む家を清らかな空気の漂うパワースポットにすることなのです。
☆捨てられない原因を突き詰めていくと、じつは二つしかありません。それは「過去に対する執着」と「未来に対する不安」。この二つだけです。
☆すべてのモノは、あなたの役に立ちたいと思っています。モノは、捨てられて燃やされたとしても「あなたの役に立ちたい」というエネルギーは残ります。

 以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま21位に。






Last updated  2011.07.01 11:59:42
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.23
カテゴリ:気になる書籍
 現在数冊の書籍を並行して読んでいるが、その中の一冊は今から10年位前に刊行された
失われた「売り上げ」を探せ!~商売繁昌の大冒険~(小阪裕司氏著)
ほぼ半分くらいまで読み進んだところで、商売人にとってパワーアップのために必要な5つのアイテムなるものが登場する。すなわち、
1.感性
2.知識・情報量
3.発想力
4.編集力
5.表現力


 この中の「編集力って何?」の部分で、
「AとBとを組み合わせて新しいものを作る」
という説明がなされていた。
読書を一旦中止してたまたまテレビをつけると、ものまねタレントのコロッケさんが出演されていて、デビュー後30年の歩みを「モノマネ」をしながら振り返っていた。実は、その終盤で登場したのがまさにこの「編集力」と密接に関連のあるもので、
☆五木ひろし+ロボコップ
☆森進一+ジュラシックパーク
と、本来全く関係のない二つのものを組み合わせて新たな笑いを創り出しておられた。前者のみだが論より証拠、まずはご覧あれ。



 以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま23位に。






Last updated  2011.06.24 16:05:58
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.20
カテゴリ:気になる書籍
 6年も前に初版が刊行されて以来100万部以上のベストセラーとなり、ずっと気になっていた書籍「病気にならない生き方」(新谷弘実氏著)を今さらながら読破。一冊丸ごと鵜呑みにしてしまうと、普段口にしているものが何も食べられなくなってしまうが、全体的には賛成の立場ということで、その内容の核心部分を本文から引用すると以下のとおり。 

・植物食と動物食のバランスは、85(~90)対15(10~)とすること。
・全体としては、穀物(雑穀、豆類を含む)を50%、野菜や果物を35~40%、動物食は10~15%とすること。
・全体の50%を占める穀物は、精製していないものを選ぶこと。
・動物食は、できるだけ人間より体温の低い動物である魚でとるようにすること。
・食物はどれも精製していないフレッシュなものをなるべく自然のままとるようにすること。
・牛乳・乳製品はできるだけとらないこと(乳糖不耐症やアレルギー体質の人、牛乳・乳製品が嫌いな人は、いっさいとらないようにする)
・マーガリンや揚げ物は避けること。
・よく噛んで、小食を心がけること。

 ネット上の書評等を見ても賛否両論ではあるが、胃腸内視鏡外科医として、約30万例以上の患者の胃腸を診てこられた方の発言に敬意を表し、努力目標として参考にしたい。

 以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま22位に。






Last updated  2011.06.23 08:37:43
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


神谷商店

Recent Posts

Archives

Category


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.